04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑫ 

時間は11:45。当初決めていたように(書き忘れていましたが、旅の前に決めていました)、この旅は3日目の正午まで。これが最後のさいころとなります。せめて京都の地下鉄からは脱出したいところ。最後の目は「」でした。


時刻表の場所に行くと、国際会館方面も京都方面も「本日臨時列車を運行しています」と貼り紙がしてあります。


現在11:40。念のため確認すると、11:50に両方向の電車があります。行き先は国際会館と近鉄奈良。50音順ルールで近鉄奈良行きに決定です。しかも9ということは、京都地下鉄脱出も確定。最後の最後でシャバの光を浴びれそうです。


同じ50分発といっても、厳密には15-45秒違うことがあります。ちょうどそういうタイミングだったようで、先に国際会館行きが到着し、発車。次に京都方面行きが来ました…あれ? 新田辺行きになってる


車両交換でもあったのか、貼り紙にミスがあったのか。とりあえず乗り遅れた場合のルールに従って、この電車に乗りました。
12番目 京都市営地下鉄烏丸線・近鉄京都線 普通 新田辺行き 丸太町11:50→伏見12:06

きのう降りた十条を過ぎ、くいな橋を出ると、車内じゅうを太陽の光が包みます。「間もなく竹田です」とガラガラの車内に車掌のアナウンスが響くと、車窓に線路が何本も広がり、近鉄京都線と合流。数分の時間調整後、発車したらもう伏見です。
07070301

高架の立派な駅でしたが、降りたのは総裁らだけ。行楽地の混雑とは無縁の、静かな住宅地がこの旅の終点でした。
07070302

何かメシを食う店はないかと歩いていたら、近所の公園でこんなものを見つけました。
07070303

元の京都市電。広電で走っているタイプの廃車が集会所になっていたのです。まるで広島から旅人がやってくることを予期していたかのよう。何の変哲もない住宅地は、実はゴールの地に最もふさわしい場所でした。


運を天に任せて関西の鉄路をめぐった旅もここでおしまい。長々と失礼しました。次回は首都圏で…やる勇気はないなあ
スポンサーサイト

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑪ 

朝6時起床。1階でやっているおにぎり、味噌汁サービスがお腹に染み込みました。今回が東横イン初体験。トイレからゴボゴボ音が出るトラブルがありましたが、ほかは特に問題なく(と書いていいのか?)、値段の割に快適に過ごせました。


JRの新快速に乗ったほうが早く京都へ着けますが、同じ景色を見るのもナンなので、阪急を乗り継いで鞍馬口へ向かうことにしました。


神戸線はゆっくり座れましたが、十三でやってきた京都線は微妙に2人分の席が空いてなく、終始立つハメに。やたら天井の低い西院駅で地下鉄に乗り換えました。三ノ宮を8時半に出て、鞍馬口に着いたのが10時前。広島県民は神戸も京都も「関西」とひとくくりにしがちですが、実は相当広いエリアなのです。
07070203

きのうは駅に着いただけで帰ったので、きょう初上陸。名前が名前なので風光明媚な景色が広がってるんだろうなあ、と思いながら地上に上がると…
07070204

普通の住宅地やん…


目に付くのは、「超特急45分、準特急3時間」と微妙な看板がある写真屋ぐらい。仕方ないのでスーパー1階のカフェでコーヒーをすすることにしました。


焼きたてパンの店で、持ち帰りもイートインもできるタイプ。京都に何軒かあるチェーン店のよう。こういうところにありがちなローカルルールに総裁が反したらしく、店員はちょっと不機嫌そう。


総裁がパンを食べていると、今度はカフェの本場、フランスからの観光客がやって来ました(フランス語をしゃべっていたので、そうじゃろう)。


この人たちはローカルルールを知らないばかりか、カフェの正式なルールを知ってる人たち。ローカルルールしか知らない店員は大弱りでした。謙虚さを忘れてはいけませんな。


さてきょう最初のさいころを振りましょう。出た目は「10」。とはいっても乗る電車は国際会館行き。4駅ほどで終点です。
10番目 京都市営地下鉄烏丸線 普通 国際会館行き 鞍馬口10:47→国際会館10:55

今回は近鉄の車両。車内の広告が少し違い、眺めが違うので助かりました。最後ぐらいは地上に出るのかと思いきや、国際会館までずっと地下でした。
07070205

北大路で時間調整のため少し止まりましたが、そんなに客が乗るわけでもなく、終始ガラガラでした。現在積極的に地下鉄延伸を続けている自治体は名古屋と、当地京都ぐらい。こんなんで大丈夫なんかなあ、と素人ながらに思ってしまいます。


さて、終点だからバスターミナルとかスーパーぐらいあるじゃろうと、地上に上がると…
07070206

さらになーんもない


確かにバスターミナルとタクシー乗り場がありましたが、それだけ。あとは閑静な住宅地だけ。それは余りにも衝撃的な光景でした。時間を潰そうにもこれだけ何にもないのでは…。結局一服しただけでした。


気を取り直して、サイコロを投げると…「6」が出ました。乗換駅の烏丸御池か京都を狙いましたが、またしても地下鉄だけ駅がある場所。完全にドツボです。
11番目 京都市営地下鉄烏丸線 急行 近鉄奈良行き 国際会館11:07→丸太町11:19

07070208

京都の地下鉄から近鉄奈良へ直通電車があるとは知りませんでした。JR、近鉄の京都駅が観光地から離れているだけに宣伝次第では客が乗るような気もしますが…これまた座席の半分が埋まる程度。


丸太町って何があるとこだっけ、と地図を開くと、京都御所の最寄りなんですね。駅に着き、階段を上がるとまぶしいばかりの新緑が迎えてくれました。御所がある京都御苑の沿いを歩き、堺町御門から中に入ります。


砂利道を歩くと間もなく案内図がありました。きょうは御所が見られる日ではありません。何かめぼしいものは、と探すと、御門の近くに「!!」な神社が。早速向かいました。
07070209

何と京都に厳島神社!


こちらも弁才天をまつっています。入口の橋が、本家?厳島神社にある通行止めの反(そり)橋を彷彿とさせています。京都御所の風景にマッチングさせたのか、色こそ違いますが、何となく雰囲気は再現しています。


拝観料がいらないこともあり、近所の人が憩う場になっているようです。
0070210

ちょうど親子連れが来ていました。この女の子が修学旅行で本家厳島神社を見たとき、どんな反応をするでしょうか。GWのラッシュとは無縁の静かな時の流れが、ここにはありました。

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑩ 

すっかり日が暮れた京都駅前。206系統の乗り場にはまだたくさんの人が並んでいました。さて、さいころを振りましょう。現在20:03。出た目は「」です。


2とはいえ、「のぞみ」なら新横浜or品川まで行ってしまいます。ドキドキしながら時刻表を調べると…20:15に東京行きのぞみ!!一瞬戦慄が走ります。


しかし天は我らを見捨てていなかった。20:14に姫路行き新快速がありますた。さらに調べると、同じ時刻に地下鉄の新田辺行きが。50音順ルールに従い、地下鉄の新田辺行きに決定です。


8番目 京都市営地下鉄烏丸線 普通 新田辺行き 京都20:14→十条20:17

地下鉄ホームはそれなりに人がいましたが、みんな総裁とは反対方向、国際会館方面の電車を待っているよう。新田辺行きは立ち客がいるぐらいで着きましたが、半分以上のお客は京都で降りていきました。


ガラガラになった地下鉄に乗り、2駅3分で十条。短い気もしましたが、景色が見えない分これぐらいでちょうど良かったのかも。十条で降りたのは総裁らを含めて5人もいませんでした。
07070201

さて、そろそろ宿探しをしなければなりません。電波が入る上、誰もいないので丁度良い、ということでホームでi-modeをいじくります。


昨日同様、楽天トラベルで引っ掛かるのは大阪市内の高いホテルばかり。仕方なく東横インのモバイルサイトで検索をかけると、京都府はダメでしたが、大阪市内で空室がヒットしました!


よっしゃあ、と「次へ」をクリックするものの、同じ考えの人がほかにもいるのでしょうか、なかなかつながりません。「この間にほかのモンに取られるかもしれん」。i-modeでの予約をあきらめ、直接電話しました。しかし、間一髪「あいにく本日は満室となりました」


何といういうことじゃ! しかし、やり方は分かりました。再度東横インのモバイルサイトにアクセス、大阪府はいっぱいなので、今度は兵庫県を検索します。そしたら今度は三ノ宮に1軒ありましたよ。


前回を教訓にここでi-modeをあきらめ、宿に直接電話。「2人なら大丈夫ですよ」。晴れてきょうの宿が決まりました。まあ三ノ宮ならギリギリよしとしましょう。


落ち着いたら腹が減ってきました。いちおう「条」がつく場所は京都でも碁盤の目の中。飲食店ぐらいあろう、と階段を上ると…なーんもない!



十条というところは街外れらしく、あたりはトラックターミナルだらけ。かろうじてコンビニがある程度です。広島でいえば商工センター的な場所。飲食店も雀荘併設?のラーメン屋ぐらい。


「ここでメシはやめとく?」「そうしよう」ということでローソンでヌューダを買って飲んだのでした。


こうなれば長居は無用。さいころを振ると「」。時刻表を見るとさっきやってきた京都方面の電車です。


9番目 京都市営地下鉄烏丸線 普通 国際会館行き 十条20:50→鞍馬口21:05

がらんとしたホームからがらんとした電車に乗り込みます。渋滞の多い京都市内ですが、地下鉄は良い場所を通っていないからでしょうか、見た感じ、全体に空いています。


さっきと同じ広告の場所に座ったため、眺めは京都→十条とまったく同じ。強いて違うことは京都から結構人が乗ってきたぐらいで、その人々も四条や烏丸御池で降りてしまいました。
07070202

鞍馬口で降りたのは総裁らを含めて10人程度でした。京都-三ノ宮って近いようで遠く、新快速を使っても鞍馬口から1時間半近くかかるので、きょうはここまでとします。


実は新幹線に当たり一気に東京へ飛ぶことの次に恐れていたのが、こういった乗り換えの少ない路線に閉じ込められてしまうことです。楽は楽ですが、変化が少ないんですよね。さてあす脱出となるか。


もう1回京都まで乗って新快速に乗り換え。地下鉄と違ってこちらは21時を回ったというのに混んでいます。車内広告はデスティネーションキャンペーン中の岡山だらけ。観光客を呼び込みたいなら、日に2-3本でも新快速を岡山へ延長運転すればエエのにね。


大阪で男性に見送られた女性は「ありがとうございました」何て言いながら乗ってきて、メールを熱心に打っています。さては初デートだったんかな。


そんなほろ苦い光景を横目に、明日広島へ帰る高速バスを携帯で予約。運良く3列シート車が取れました。どこまでも続く家の明かりを見つめるうち、高いビルが林立する場所に来ました。三ノ宮です。


ホテルにチェックイン後、近くのトンカツ屋でまずはビールを一杯。ああ、とろけそう。。ミルフィーユトンカツ(要は薄い肉を重ねてトンカツの厚さにしたもの)なるミー○ホープ的工夫が詰まった食い物が何ともうまかったです。


ホテルに戻り、サンテレビでグランシャトー天気予報を見ようと頑張って起きていましたが、別会社の天気予報に変わっていました。ショックで気づいたら寝ていました。

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑨ 

世の中金だけじゃない、とはいいますが、やはり札が何枚かあると安心感が違います。喉が渇けば飲み物を買えるし、腹が減れば食い物を買える。だからでしょうか、心に余裕が出てきました。


せっかく京都に来たんじゃけえ、寺にでも行かんか
「エエねえ」


早速京都駅地下街の本屋へ行き、ガイドブックをめくります。時間は18時。当たり前ですが、寺って朝開いて夕方閉まるところがほとんどです。この時間に開いてるとこなんてありゃあしねえ。


しかし、仏は寛大でした。ありましたよ、夜型人間にうってつけの場所が。京都駅から北東へ約2.5kmにある高台寺です。何と3月からGWまで夜間拝観をやっているようです。こうでなくっちゃ。


おおよそのエリアと最寄りのバス停をインプット。電子回路並みに複雑な市バスの路線図をじーっと見つめて、206系統に乗れば良いことが判明。同じ場所へ行くっぽい人たちと列に並びます。


間もなくバスがやってきました。思った以上に列が延びています。総裁が乗った段階でキツキツでしたが、乗り場の係員は「もうちょっと中に入ってくださーい」。スーパーの詰め放題よろしく、まだまだ乗せます


さすがに乗り場の人もあきらめたところで発車になりました。車内の後ろの方がどうなってるか、もう見えません。こんなん横浜で学生生活をしていた時以来です。


普段から渋滞が激しい京都ですが、きょうは特にひどい。まず駅前の道路が混雑しているため、バス乗り場から道路へ出るのに8分。しまったかなぁ、と思ううち、車内で赤ちゃんが大泣きを始めました。周りの客やお母さんが色々あやしますが泣き止みません。


さらに京都駅前の交差点を左折するまでに5分。ここで1人「もう下ろしてくれ。運賃を返してくれ」とウテシに申し出ました。しかし「乗った以上返りませんよ」。車内の雰囲気が段々険悪になってきます。


206系統は市バスの中でも幹線。バス停ごとに乗り降りがあるのですが、ぎゅう詰めでいちいち手間取ります。車内温度も上がってきて、額から汗がにじみサウナ状態。さらに赤ちゃんが泣き続け、もうワヤ。バスはダダ遅れです。


挙句の果て、そんな状態なのに降りるとき運賃箱の前でやっと財布を取り出すカップルが登場。カレシは財布の中をガサゴソと見て、小銭が足りないことに気づき両替します。その後ろで彼女も同じ動作。こちらも小銭が無く1000円札を出しました。おいおい、こんなに時間をかけて、さらに1人両替すんの…。


さすがにウテシがキレて「そんな時はこないすんねん」と両替機の受け取り口に出ていた小銭から、2人分460円をもぎ取って運賃箱に入れました。多少乱暴ですが、やむを得んですね。


30分経って、やっと高台寺の最寄り「東山安井」に着きました。外の空気の涼しかったこと。ていうか、GWで観光客が多いときぐらい増発ぐらいせえよ、京都市交通局! 広電でさえGWは続行便出すで!! 道路が混むなら、できるだけ混雑を避ける行き方を案内するとか、やりようがあるじゃろうに。。


当方、広島支部長とも微妙にイライラした状態で高台寺の参道を上ります。この時間拝観できる唯一?の寺だけあって、たくさんの人がぞろぞろ。みんな知ってるんですなあ。


拝観料を払い中へ。
07070101

寺らしく茂みの中に置かれた電灯のみ。間接照明が庭を淡く照らし、幽玄をかもし出します。高台寺は秀吉の妻ねねの菩提寺。58歳のときに移り住み、以後76歳で没するまでを過ごしたといいます。あるいはねねが見た夜の寺はこんな眺めだったのかもしれません。


と、400年前に思いをめぐらせていたのもつかの間。書院での展示は最近描かれた和風テイストな絵。期待に胸脹らませて行った庭園は…現代風にライトアップされていました
07070102

前に座っている人(写真手前)は、暗くなるのを待つためかケータイでワンセグを受信していましたよ…orz。まあ風情台無しと言わず、「平成流の拝観」とシャレてみようと、座ってしばらく風の音とテレビの音に耳を傾けたのでした。変に格式ばらず、庶民的に楽しめるってのは、この寺の魅力かもしれません。


ねねの菩提に手を合わせ、風にそよそよ揺れる竹林を抜けて拝観終了。ネオンでぎらついていない、人々の営みでほんのり明るくなった京都の街がとてもきれいに見えました。
07070103


さあ、京都駅に帰ろうとバス通りに出ると、駅方面は大渋滞。まったく動いていません。コトにならんので鴨川沿いまで歩き、橋を渡って河原町通りへ。河原町松原なるバス停で待ちます。東山安井と違い、京都駅行きの路線が複数あるよう。


早速205系統が来ましたが…満員でした。一緒に待っていた別の観光客ともども一本待つことに。しかし次の便が来ません。来ても京阪バスでこれは京都駅に行かない。


「どうなんかいの」と総裁がブツブツ言っていたら、広島支部長は何やら携帯をいじくっています。と、「次のバスはもうすぐ1つ手前のバス停に着くみたい」。何と携帯で見られるバスロケーションがあるんです。さっきは「何とかせい」と言いましたが、何とかしようとはしているよう。


そのバスは混んではいましたが、さっきに比べればまだマシ。20時過ぎ、やっと京都駅に戻りました。次から電車旅に戻ります。

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑧ 

御坊でお金をおろせないことは分かったので、紀伊田辺へ向かいます。


JR西の場合、カードできっぷが買えるので、みどりの窓口に並びます…が、前のおっちゃんが粘る粘る。10分以上待って総裁の番になりました。紀伊田辺まで1440円、カードで買いましたよ。しかもJRのライバル、ANAのマイレージカードで


金がないのでお茶を買うことも、電車で食べる菓子を買うこともできません。欲しがりません勝つまでは状態です(何に?) 紀伊田辺行き電車で検札がありましたが、なかなかきっぷが見つからず、あと少しで再購入するはめになるなど、踏んだり蹴ったりです。


43分乗って紀伊田辺着。ATMはいずこにと改札を出ますが、それらしいものがありません。駅前通りの先にローソンの青い看板を発見。一縷の望みを託しますが、ここもATMなし。駅への帰り際に見つけた銀行にいたっては開いてさえいません。


結局広島支部長にお金を借りて昼ごはん。まるで自分で財産を管理できないと裁判所に認められた人のよう。きつねそばの湯気が目にしみます(うそ)


昼過ぎになってやっと振った最初のさいころは「9」。さて、次の電車は…特急オーシャンアロー、何と京都行き! 停車駅が少ないオーシャンアロー、9が出た時点で京都へワープ決定です。


紀伊半島脱出だけではありません。ATMを置くセブンイレブンがある=お金をおろせる街へ行けるのです。一気に形勢逆転です。
7番目 JRきのくに線 特急オーシャンアロー22号・京都行き 紀伊田辺14:44→京都17:17

「くろしお」みたいな昔ながらの特急車両が来るのかと思いきや、名前が違うだけあって新しい車両が来ました(wiki参照)


JR西の新型在来線特急、というと4月25日更新分で紹介した「おき」みたく、安っぽいイメージがあり、あまり期待していませんでした。ところが、オーシャンアローは違いました。絶妙なホールド感で、とても座り心地が良いのです。(昨夕から何度も普通電車に乗っていたからかもしれませんが)


総裁らが乗った隣の車両には展望デッキがあり、眺めも格別。テンションも上がります。
07051101




こうなると欲しくなるのがビール。広島支部長に「あんちゃーん、ビールが飲みたいのう」(はだしのゲンの弟風)とたかります。もうヒモ状態。広島支部長があきれ気味にビールと、クエのカマボコを買うてくれました。


クエのかまぼこは初めて食べました。普通のかまぼこに比べて濃厚な味わいで、なかなか美味かったです。(製造している会社のHPはこちら。くえ!と書かれたパッケージは結構総裁好み)


この電車は「振り子」という、車体自体が傾いてカーブを高速で走ることができる車両です。確かに普通列車に比べると抜群に速いのですが、車両が傾くときの微妙な感覚も別格。ビールが入った胃にはなかなか厳しいものがありました。


また速い分よく揺れます。トイレに行くと小便器付近の床が結構濡れ、男たちの無念さがにじんでいました(TT) 行きの「スーパーくろしお」ではこんなことなかったのですが。。


とはいえ、段々眠くなってきました。和歌山を発車した記憶はあるのですが、次に目覚めたときは天王寺の手前でした。西九条を過ぎ、背の高いビルが迫ってきました。都会へ帰ってきたのです。
07051102


新大阪でほとんどの客が降り、がらんとした車内をオレンジ色の夕日が照らします。さっきまで南紀にいたのがウソのようです。西大路から線路がたくさん分岐し、新幹線が近づいてきました。京都です


少し後ろ髪ひかれる思いで下車。何と着いたのは日本で一番長いホーム「0番線」でした。
07051103



車内でi-Modeを駆使して探し出した京都駅近くのセブンイレブン。駅を出て一目散に向かいお金をおろしました。これで人並みになりました。ホッ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。