03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

気分は本木雅弘 

昨年9月の東京旅行は、日々進化する大都会に刺激を受けるとともに、友だちの大切さを改めて認識した大切な旅になりました。ところが、1つだけ大きなポカがありました。


コンデジを紛失してしまったのです。東京を発つ日までは間違いなくあったのですが…どこかに置き忘れてしまったのです。お金のこともありますが、旅の記録が消えたことがショックでした。


とはいえ、メーンの一眼をフォローするサブコンデジはあった方がいい。そこで新しい機種を買うことにしました。どれにしようか、と漠然と考えていたある日、行きつけの喫茶店でCMを見ました。こういう感じ(このへんで動画も見られます) CMが終わって、マスターと目を合わせました。直後、


「これ、カッコイイ!!」


ほぼハモリました(^^; 従来のコンデジと違って手で回しながらズームができるようですし、色々な設定も外付けのダイヤルでできそう。一眼に使い心地みたいです。用事で広島に帰ったときに量販店の店頭でいじったり、ネットで評判を調べたり。ほぼ同じ値段のOLYMPUS PENに心が揺らいだ時期もありましたが、最後はポチっと決めました。ちょうどクリスマスイブに到着。早速使ってみました。

12010801

クラシカルなデザインはCMで見た通りです。レンズを手でズームさせると電源が入る仕組み。レスポンスはかなり早いです。時々ONにならない時がありますが、アナログっぽくて総裁は好きです。手回しなので「あとちょっとだけズームしたい」「微妙に引きたい」が感覚的にできるようになりました。これは大きい。

12010802

12010803

タッチパネル主流の最近のコンデジと違って、ボタン類が色々。まあ割とコンパクトに仕上がっているのではないでしょうか。内蔵ストロボは背面左上のスイッチを押し上げて出します。フラッシュ禁止モードにしてたっけな、なんて考えなくてもOK。機械に振り回されないことを徹底した仕様です。一眼に慣れていると、この方がありがたいです。


そしてこの機種一番のウリである光学ファインダー。ズームには対応していますが、ピントが合っているかどうか分からないし、ある時期から家庭用スチールカメラにも搭載されたパラメーターの表示機能もない。コンデジなのでレンズの交換もできません。「昔のカメラで撮っているつもり」になれるギミックと考えた方がいいでしょう。そのへんを理解した上で使えば、結構楽しいです。(後ろに写っている横断幕は気にしない方向で)

12010804


ファインダーをのぞいて、すぐ脇にある緑色のランプが点灯=ピントがどこかに合ったことを確認。カシャっと押す。生まれて初めて実家のカメラで撮影した時の感覚が蘇りました。デジカメしか触ったことがない、という世代にはとても新鮮だと思います。


値段が少々高い(PEN並み)、セピアとかトイカメラとかオモシロ撮影機能がほとんどない、カメラを多少知っていないと扱いにくい、など初心者向けの機種ではありません。でも、一眼デジカメのサブ機種(=ある程度使っている人向け)としてはなかなか良いのではと。お出かけに持ち歩いて、どんどん使ってみたいと思います。
スポンサーサイト

Hopefull New Year 2012!! 

新年明けましておめでとうございます。島根の山奥に引っ越して以来、当Blogの更新頻度がすっかり落ちてしまい、ご心配をかけました。総裁、ぼちぼち生きています。少しでも前向きな1年にしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

…あ、30、31両日に1泊2日弾丸東京ツアーをやって、今年はいつもの場所へ初日の出を撮りに行く余裕がありませんでした。まあ、天気悪かったようですし。


いきなり後ろ向きキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!




さて、毎年恒例の各紙「エンタメ面を飾っているのは誰か」調査をやりましょう。今回は初日の出に行けなかったので、山陽と神戸は見られず、代わりに山陰中央新報をゲット。ネットでも情報収集しました。その結果…


中国 武井咲
山陰中央 柏木由紀
朝日 満島ひかり
毎日 本木雅弘
読売 嵐
産経 松下奈緒
日経 橋本愛・大政絢・池松壮亮
赤旗 江口洋介・優香・内野聖陽



どうやら通信社が配信したのは武井咲と柏木由紀みたいです。柏木由紀は山陰中央のほか、信濃毎日、静岡、福井、徳島、西日本、佐賀、長崎、南日本(そりゃあ鹿児島出身じゃけえのう)も掲載していたよう。福島に至っては福島民報、福島民友両方が掲載していたとか。熱心なファンが多く情報が集まっていたので、ネット検索で掲載紙がすぐ分かりました。AKBヲタ、恐るべし。


というわけで、紙面を見ましょう。まずは中国新聞。

12010701

2010年夏過ぎからよく名前を聞くようになった武井咲(えみ)。事務所の猛プッシュもあり、あれよあれよとCM、ドラマ出演が増えていきました。ついにはCDデビューも果たし、いきなり音楽番組に出演。総裁好みではありませんが、仕事でお世話になっている人や同業他社さんの40代以上の人は「武井咲かわいいよ、武井咲」状態です。確かにきれいだとは思います。大河ドラマ「清盛」にも出演されるそうで、一層の飛躍の年になりそうです。

12010702

山陰中央新報です。柏木由紀とは思えないアップの写真にちょっとびっくりしました(笑) CD売り上げとかTVへの露出とか従来の判断基準でいけば、21世紀最大のアイドルとえいるAKB48。共同通信は、その中で総選挙順位を一気に上げた柏木由紀こそ勢いがあると判断したようです。同社が運営する47NEWSのサイトで撮影風景や本人インタビューを収録した動画があります(このへん参照)。向きや表情によって随分見た目が変わるんだなと思いました。


事務所なり代理店なりが「仕掛けた」2人。ここまでは大成功でしょう。一部の層の盛り上がりをどう全体に波及させるか…飛躍の年であると同時に試練の年です。


次は朝日新聞。

12110703

NHK朝ドラ「おひさま」で注目を浴びた満島ひかりです。アニメ「ONE PIECE」の主題歌でヒットしたFolder5のメンバーでしたが、その後伸び悩み、一時期は中国地方ローカルのCMに出たりしていました。どんな役でもこなせる演技力が高い評価を受けています。前述の2人が目指すべき道を体現したような姿で、一部の人たちの「造られた人気」に対する朝日なりのアンチテーゼかのうと深読みしてみたり。まあそこまでは考えてないか。

12010704

ずーっと女子を出し続けていた毎日新聞が路線を変えました。共同通信が配信する「今年伸びそうな女子」より、既に定評がある人の方が読まれるという考え方なんでしょう。多くの読者が「坂の上の雲」を見た後ですしね。それにしてもこの人は何歳になってもカコイイのう。

12010705

読売新聞は昨年から大河ドラマをトップに持ってくる路線に変えたんだ、と思っていましたが、TV露出が多い人を取り上げる2009年(このへん参照)と同じパターンに戻りました。江が思ったより振るわなかったから、社内で色々言う人がおったんかのう? ポストSMAPの域に達する後進がなかなか現れないジャニーズ事務所にとって、嵐は希望の星です。読売は昨秋、ジャニー喜多川氏のインタビュー記事を載せるなど、同事務所への食い込みを見せています。両者の今後の関係にも注目したいと思います。

12010706

産経新聞が珍しく女性芸能人をトップに据えました。ゲゲゲのブレークがあまりにも鮮烈すぎて、その後少々のことをしても「落ち着いてきた」と思われてしまう松下奈緒。長く続く女優として、進化する年にしてほしいです。それにしても、キレイな人です。この人が40,50代になった時どんな顔になるんでしょう? 熟女のキレイの基準を変えそうな…ハ! 文章に思い切り主観が入ってますね(^^;

12010707

昨年いち早く武井咲をフィーチャーした日本経済新聞(このへん参照)。今年はこの3人を「推しメン」にしてきました。橋本愛は映画「告白」でポイントになる役を演じたほか、代ゼミのCMで鮮烈な印象を残しました。今年は出演映画が公開になるそうで、確かにブレークしそう。大政絢は「アンビリーバボー」のMCに抜擢されたほか、かつてマツダのCMにも出たらしい。期待するにはちょっと早いかな、とも思いますが、日経が推すのだからCMに起用したい企業がおるんじゃないかと考えてしまいます。さあ、日経は今年も「当てる」のか。あ、男子はよく分かりません(笑)。

12010708

いまの事務所は近所付き合いで昔から赤旗日曜版を取っています。政治記事はバイアスがかかっているのですが、ほかは意外に面白い記事があって、やわらかい話題を取り上げることも分かってきました(このへん参照。初音ミクを特集した記事を掲載したことも)。代理店の意向とか一切関係ない世界なので、なかなか渋いチョイスをしてきました。優香は流行り始めたころから全然顔が変わらないですね。11年ぶりのドラマ主演。最近とんと見なくなっただけに、反転攻勢の機会にしてほしいです。


というわけで、各社の思惑や姿勢が垣間見えた「エンタメ面を飾っているのは誰か」調査でした。新しい人が伸びるだけじゃなくて、Restartを切る人たちが再び輝く年になればと思います。個人的には…AKBで出すなら敗者復活を果たしてじゃんけんでセンターを確保した篠田麻里子、AKB以外では「おひさま」のマイコ、「カーネーション」の尾野真千子、吉高由里子あたりもいいんじゃないかと。


来年の今ごろ、どんな人が流行ってるんでしょうか。次の正月紙面を楽しみにしたいと思います。

スマートサイズ 

2年半使ってきたガラケーのバッテリーがへたってきて、フル充電しても1日しか持たなくなってきました。ハードな使い方をしたせいで見た目もボロボロ。電源が勝手に切れて再起動しなくなるトラブルも発生しました。なので、


スマホに機種変更しました。9月の話。いまさらの報告になりました(^^;


携帯を取り出してボタンをプチプチ…こないだまで「イマドキ」だった光景を見かける機会が減ってきました。代わりに増えてきたのが画面の指タッチ。iPhone登場で一気にスマートフォンが普及し、島根の山奥でも利用者が増えています。スマホは「色々な機能が付いている携帯」ではなく「通話ができる小さなPC」という発想。いままで旅をしてきた経験を考えると、PCと同じ画面のホームページが見られるのは大きな利点です。時刻表など交通機関のサイトってi-mode対応ページがなかなかないんですよね。


かくのごとく、前々からスマホに興味があったのですが、いまいち踏ん切りがつきませんでした。理由は


デカい。鈍い。壊れそう


Docomo以外電波が弱い地域なので、iPhoneは泣く泣く除外。初代のXPERIAあたりは昔の電卓みたい。でっかいし、太いし、動きももっさりしている。胸ポケットに入らないし、通話するにも手が疲れそうだし、バッテリーの減りがめちゃくちゃ早いし…とにかく評判が悪かったのです。その後薄型機種も登場しましたが、ズボンの後ろポケットに入れるとポキンと折れてしまいそうな頼りなさ。いっそほぼ完成形の域に達しているガラケーにしちゃろうかのうとも思いました。


しかし今夏「これなら何とかなりそう」と思える機種が出てきました。XPERIA Rayです。(公式はこのへん参照)

11122601

11122602


胸ポケットに入るコンパクトさで、太くなく薄すぎない厚み。バッテリーもへたったガラケーより持ちそうです。XPERIA当初のもっさり具合やアプリの不備も解消されてきたらしい。ただ唯一の問題点が、


キャッチコピーが「女子スマホ」


なこと。女性モニターの意見がかなり反映された機種なんだそうです。ドコモショップで「XperiaRayにしてください」とは言いにくいなあと思いながら、9月広島であったバスまつりの当日、某ドコモショップへ行きました。


「女子スマホ」のポップが並ぶ中、あたりを見回しながら体験機をいじり、機種変を決断。黒はテレビのリモコンみたいだし、白は業務用の貸与携帯と同じ色なのでパス。シャンパンゴールド(スケベイス色)はどうも好かん。というわけで赤(タラコ色)にしました。ただ、この赤はDocomo公式では「ピンク」。つまり総裁は


ピンクの女子スマホに機種変



したわけです。この字だけ見るとアタマがおかしい人ですね(笑) 意外に男性需要もあるようで、ドコモショップの店員さんは至って普通の表情。総裁が意識しすぎのようでした。内勤→外勤になったので料金プランも変更してもらいました。休日だったため事前の待ち時間を含めて1時間半近くかかりましたが、無事機種変などが終了。液晶画面の保護フィルムを貼ってもらいカバーを付けてスマホデビューを果たしました。


使い始めて3ヵ月。色々分かってきました。


・バッテリーは思ったほど減らない
機種変直前のガラケーがヘタり切っていたため、世間で言われるほどバッテリーの減り具合は気になりませんでした。もちろん節電には努めています。GPS、WiFiは基本オフ。画面の明るさも暗めにして、ネット接続はなるべくしない方向で。通話も事務所の固定電話や貸与携帯を使いました。朝フル充電で出発。普段は翌日夕方まで持ちます。ただしネットにガンガン接続すると夜にバッテリー残量20%以下になることも。使い方次第ですね。


・ネット接続には限界アリ
ネットができる携帯ではなく、通話機能の付いた小型PCと考えてください…なんてよく言われます。しかし、ネットの接続速度は携帯程度なのでサイトを表示するまで結構時間がかかります。急いでいるときはイライラしそう。WiFiにつなげると少し早くなりますが、PCみたいにサクサクは動きません。ネットについてはPCのサブ端末と考えるべきでしょうね。


・合コンで困る
XperiaRayには赤外線通信とお財布ケータイの機能がありません。お財布~については携帯Edyでちまちまとマイルを貯めていたので、かなりショボーンですが、仕方ないと割り切りました。しかし、弱ったのは赤外線。合コンや仕事先で知り合った人と連絡先を交換するのに苦労するんです。自分の連絡先をQRコード表示するアプリを入れましたが、メールや電話をしてくれないと向こうの連絡先が分かりません。


・手帳代わりになる
従来の携帯にもスケジュールソフトは入っていましたが、ほぼスタンドアローンで使い勝手もイマイチでした。しかしPCと同期できる手帳ソフトをスマホに入れると、これがなかなか便利なんです。PCのgoogleカレンダーで編集、入力ができるので開いた時間にサッサと管理できるし、ホーム画面に表示されるようにしておけば今日の予定もすぐに見られます。3月に外勤になって以降もずっと紙の手帳は使っていません。ようやくそのレベルになりました。


ちなみに総裁がインストールした主なアプリは次の通り。


ADW.Launcher : プリインストールのホーム画面が総裁のニーズとかけ離れすぎたので速効で変更。自分で細かくカスタマイズできるのでオススメです。
電話帳R : 既存の電話ソフトは電話帳機能が貧弱でグループ化を思ったようにできない。このソフトはガラケーと同じぐらいの使い心地で連絡先を検索できます。こちらも速効導入。
年齢・干支・年号・西暦電卓 : 仕事で人の年齢を確認したり、和暦→西暦に書き替える機会が多いので重宝しています。
VoiceRecorder : 音質は悪いですがmp3形式で保存できるので、PCを含めて大概のハードで再生できます。ICレコーダーを買わずに、仕事での録音もこのアプリで済ませています。
Raziko : 公式ではない方です。総裁の住んでいる場所はNHKしか入りません。このソフトがあれば広島や大阪のラジオが聴けるので非常に助かっています。


とまあ、最初は不自由を感じていましたが、気づけば機械に慣らされています(^^; せっかく買ったので色々使い倒していきたいと思います。

真珠男爵 

総裁、男爵になりました


いよいよアタマがおかしくなったか…と思うのはまだ早い。これが証明書です。

11102904

以前当BLOGで紹介した(このへん参照)シーランド公国です。家で飲んだ勢いで申し込みました。独立を巡って英国と争いましたが、ロイヤルメール(英国郵便)で届きました(^^; 国旗とキーホルダーも購入したのでシーランド島根大使館を自称すべく、国のPRに努めたいと思います。

とうとう、箱で 

総裁、とうとう食べ物の箱買いをしてしまいました。

11102901

北海道名物「焼きそば弁当」このへん参照)


以前からネット通販で買おうと思っていましたが、少し高めの値段設定で送料別の店ばかりだったため躊躇していました。今回送料込みの店を発見してポチった次第。総裁が注文した「ドラッグストアウェルネス」ってどこかで聞いたような…と思っていたら、松江の会社でした(^^; 札幌に本社があるツルハドラッグの子会社なんですね。もしかして店舗でも販売があるんでしょうか?


きょうの昼、さっそく食べました。ジャンクな味わいがたまりませんでした(・∀・)!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。