03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

友あり、遠方より来る 

昨年5月の出来事になりますが…今さらながらご紹介させていただきます。これからの行楽シーズンの参考までに。



広島から前の職場の女子2人組が遊びに来ました。


しかもバスで!(バスヲタがこんな表現をすべきではありませんが、それぐらいクルマがないと生きていけない地域なんです)


ありがたい話です。昼前に到着して、ピザが美味しい洋食屋さんでランチ。ちょうど当日あった地元で500年以上続く祭りに案内して、夜はオープン直後の某店で絶品の石見和牛をいただきました。


翌日は某宿泊施設まで迎えに行って、石見銀山遺跡へ移動。総裁も楽しみにしていた銀山最大の坑道・大久保間歩を巡るツアーに参加してきました。バスで移動するようだし、受け付けを担当する世界遺産センターのホームページには特に注意事項もない。バスで行ってちょっと歩いて、じっくり話を聞くのだろうと思っていました。


ところが。


どうやらこのツアー、ガチの山歩きをせんにゃあいけんらしく「半袖はダメなんですよ」「サンダルの方はスニーカーを貸しますので」とホームページには書いていなかった条件が次々と出てきました。半袖の総裁はビニルのカッパを着て、エセ長袖です(笑) 同行者たちもしぶしぶ着替えます。表情からは「こんなん聞いてない!」と不満がにじみ出ています。


明らかに元ローカルバスだったトップドア(前に1カ所だけドアがあるタイプ)のエアロミディ(三菱ふそうの中小型バス)にゆられて登山口へ。ここから坂を登っていきます。トイレがあって脇にたくさんの杖が置いてありました。普段山歩きをしない同行者はそろそろ我慢の限界に近づいたようで「えー、これを登るの!」「最後まで付いて行けないかも」と非難轟々。完全に下調べ不足で、当方の株下がりまくりです。とはいえ途中で帰るのはもったいないと思ったのでしょう。最後尾を付いてきてくれました…。


広い砂利道を5分ほど登り天領(幕府直轄地)との境目にある関所・番所跡に到着。かつてはここに武士や人夫がひしめいていたのでしょう。このあたりに建物や台があった姿を想像していくうちに…「山賊」(山口県にある巨大な飲食店=このへん参照)を思い出しました(^^;

11071801

いよいよ世界遺産の中心部に入ります。斜面に金属柵が挿してある場所でストップ。

12040701

この洞窟が「間歩」(まぶ)と呼ばれる銀山の坑道です。間歩は大きく分けて3種類あります。地面に露出した鉱脈を掘る(というより剥ぐ?)「露頭掘り」、地下から延びた鉱脈に沿って掘り進んでいく「ひ押し」、地上と水平に掘って地下水の排水路を確保しながら鉱脈にたどり着く「横相」(よこあい)。映画「インディージョーンズ」シリーズなんかに登場する洞窟も、写真の下金生坑も「横相」です。世界遺産登録でたくさんの観光客が訪れることから、勝手に入らないように入口を塞いでいます。思った以上に狭いですね。


さらに坂を上ったところに次の間歩・金生坑がありました。何とこの間歩は地面と垂直な坑道でさっきの下金生坑とつながっているらしい。つまり2階建ての坑道で、上で採掘した鉱石などを下に落としていたようです。これなら山道を運ぶ手間が省けます。銀でボロ儲けしているので「細けぇことはいいんだよ」的なノリになるんでしょう。

12040703


もう少し上った場所に小屋があり、ヘルメットとライト、長靴を手渡されました。女子は当初不満そうでしたが、探検隊気分にテンションが上がったのか、笑顔が見られるようになってきました。川口浩探検隊効果とでもいいましょうか(勝手に命名)。ひと安心したところで石見銀山の最大坑道「大久保間歩」に入ります。このツアーでしか入ることができません。

12040704

他とは群を抜いて高さがあります。初代石見銀山奉行の大久保長安が馬で入った、という伝承があるのも納得。手掘りと明治以後の機械堀りが重なってここまで広くなったみたい。鉱脈を求めて男たちは岩を掘り続けました。2010年秋に訪れた明延鉱山(このへん参照)を思い出します。中に入ると外の蒸し暑さが一転、ひんやりとした空気に包まれました。安全云々以前に長袖で来た方が正解です。

12040705

12040706

フラッシュを光らせたのでここまで見えますが、実際は真っ暗です。ドラクエとかでガンガン洞窟に入りますが、リアルだと結構怖い。正直すまんかった、などと考えながら奥へ奥へ歩きます。途中には地面と垂直の坑道がそこここに。ダンジョンの落とし穴ってこんなに怖いんですぜ、旦那。

12040707

12040708

足元には線路がありました。ここで線路に出合えるとは思ってもみませんでした。明延みたいに車両がいませんが、どんなクルマがここを走っていたのだろうと想像が膨らみます。まあ手動のトロッコなんでしょうけど。

12040709

見学コースは入口から150mで終了。上下に垂直坑道が延びる手前が広いホールのようになっており、ここでレクチャータイムです。大久保長安は馬でここまで来たそうです。いまはただの山間地になった石見銀山ですが、ピーク時には世界で流通する銀の2割程度を産出していました。一獲千金を夢見て各地から集まった鉱夫たち。サザエの貝殻で作った明かりだけを頼りに、真っ暗な中を一心不乱に掘り進めました。鉱夫たちの平均寿命は30歳程度だったとか。たくさんの男たちの熱と命の上に間歩は形作られたのです。

12040710

12040711

目を閉じれば槌音が聞こえてきそうな大久保間歩を後にして、もう少し登山。釜屋間歩に着きました。備中出身の山師・安原伝兵衛が夢のお告げで発見。石見銀の生産量を一気に増やしたとされます。岩盤を加工したテラスが残っており、標高の高さを相まって南米のマチュピチュを彷彿とさせる眺めです。(ちょっと言いすぎかな) ふもとから結構距離はありますが、銀という「ニンジン」を前に人間はあらん限りの力を振り絞りました。

12040712

女子たちも満足そうな様子でツアー終了。行きと同じエアロミディで世界遺産センターへ帰りました。


その後五十猛で魚の美味しい食堂へ行き、温泉津温泉を満喫。邑南町あたりを漫遊して、広島行き高速バスが止まる瑞穂インターまで送りました。島根県央の実力をあらためて知った2日間でした。
スポンサーサイト
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

バースト!! 

9月某日、仕事でお世話になっている方と「広島に行こう」という話になりました。総裁大好物のホルモン天ぷらとカムジャタンを楽しむ食い道楽ドライブ。ついでに車検に出してきます。広島で合流するため島根を出発しましたが…何か変なんです。


ハンドルがカクカクしてクルマが安定しない感じ。2,3日前からでしたが、この日は症状がひどくなっていました。そういえば1週間前、となり町のガソリンスタンドで給油したとき店員さんから何か言われましたが、声が小さかったのと急いでいるのとで内容が聞こえず、生返事をしました。タイヤかなあ。まあ広島で車検に出すから、あと100km持ってくれればいいや。


そんな思いで走り続けました。しかしカクカクは激しくなるばかり。浜田道から中国道に出て、時速70km程度で慎重に走ります。そして、広島北ICを過ぎて、3つ目のトンネルに差し掛かる直前、


バァァーーーーーン


クルマが左前側にボコっと落ち込みました。そう、


左前輪がバーストしたんです。さいわい付近にはトラックが1台だけ。トンネル入り口で登坂車線が終わるところだったので、本線脇に停めやすいスペースもありました。ここなら大丈夫そう。

11122402

11122401

派手にやってしまいました。とりあえずJAFに電話して場所を伝えると「1時間ほどかかります」とのこと。そして「高速道路会社への連絡はこちらでしておきます」とも。総裁、ついに電光掲示板に「●km先故障車有」を灯しました(^^;


トンネルの電気を供給する変電施設を眺めたり、通りかかる高速バスなどを観察したり、Twitterで状況をつぶやいてみたり。30分後ぐらいに反対車線をJAFのクルマが走っていくのが見えました。どうやら市内中心部から来るみたい。そして電話で言われた通り、ぴったり1時間でレッカー車が到着しました。


ここで作業するのは危ない、ということでトンネルの向こうにある久地PAへ移動。廃車回送ではありませんが、アタマにドナドナが響きます。

11122403

最近のレッカー車はハイテクで、スタッフさんがボタンを押すと車両後部が下がってスロープが出てきました。荷台にクルマを移動させ、輪止めでがっちり固定。総裁がレッカーの助手席に座って、いざ出発です。


久地PAに着いて、再びクルマを観察するスタッフさん。「××さん(総裁の本名)、こりゃあ右前輪もはあダメですよ」。聞くとタイヤからワイヤーが出ていて広島市中心部の車検工場まで持たないだろうとのこと。高速や西広島バイパスでバーストするのは御免被りたいので、追加料金を払って、工場までクルマを運んでもらうことになりました。7000円は安くないけど、命には替えられない。


工場へ向かう途中、JAFのスタッフさんから色々と話を聞きました。島根県は拠点が少なく、民間のレッカー業者に業務を委託しているが、そちらも台数は多くない。トラブルが多発する冬場は浜田や益田あたりだと広島から応援に行くことも多いそうです。つまり、冬に浜田や益田でJAFを呼ぶ事態になった場合、助けが来るまで2,3時間かかる可能性があるのです。これには背筋がゾッとなりました。


現場から1時間、車検工場に到着。車検とともにタイヤを全部変えてもらいました。クルマが変な動きをし始めたら、まず点検。苦い教訓になりました。


なかなかに恥ずかしい現場だったわけで「知り合いに見られたらイヤだなあ」と思っていました。案の定数日後、某役場に行ったら職員氏から「あんたぁ、あがなところでどしたんかな」と聞かれました。次から気をつけます。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

中国山地グルメ 

先日厚木でご当地グルメ日本一を競う「B1グランプリ」かありました。全国から選りすぐりの逸品が集まる中、2位は中国地方から登場。岡山県北端の蒜山焼きそばです! 岡山は総裁が3年過ごした勝手知ったる場所。地元で盛り上げていたと聞いていたので、出掛けてみました。


広島から1000円高速で3時間、道の駅は大混雑でした。恐るべしB1ブランド…考えてみれば矛盾した表現ですね。外に屋台が出ていて、味噌だれのいい匂いが漂っています。1も2もなく並びましたよ。一度にたくさん作れるので思ったより早くありつけました。投票で決まるB1。たくさんの人に振る舞えるのは大きいですね。




蒜山周辺は冷涼な気候を利用したキャベツ栽培がさかん。地元食材を有効活用しようと、高度成長期ごろから各家庭でジンギスカンを食べるようになりました。村の食堂がアレンジ、自家製たれの焼きそばを作って評判に。最近のB級グルメブームで光が当たるようになったのです。


麺をすすると、味噌の濃厚な味わい。思わずごはんがほしくなる頃合いにそばが絡まります。かしわの歯ごたえも加わり一気にいけます。津山のホルモンうどんが、うどん&ホルモンのやわらかいコンビだったのに対し、こちらはやわらかい麺と硬い肉の王道コンビ。総裁は蒜山焼きそばの方が好みだなあ。ごちそうさまでした。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

晩夏 松江へ 

諸事情あって島根の同業他社さんと打ち合わせをするため、松江へ行ってきました。「自分のペースで休める」「バスより早く行ける」と思ってクルマで出発。途中布野のセブンで休憩しただけですが、結局五日市ICから3時間。


高速バスと15分しか変わりませんでした…orz


三次~三刀屋木次までは高速が開通していないため片側1車線の下道経由。どう頑張っても必ず詰まるんですよね。結構疲れたので次からは高速バスにします。。


1日目は打ち合わせをした後、先方イチオシの鶏鍋店へ。後日松江の出先経験者が猛烈にうらやましがっただけあって、だしが絶品でした。大橋川をのぞむオサレなカフェバーでワンクッション置き、歓楽街・伊勢宮町へ。大いに飲み食いして夜を明かしました。


翌日は夜勤に間に合うよう広島へ帰るだけ。前日、同業他社さんから「スピリチュアルブームのあおりで、八重垣神社、出雲大社など松江・出雲の縁結び巡りがブームになっている」と聞いていたので、近場の八重垣神社へ行きました。市街地からクルマで15分ほど、住宅地を抜けたらもう着きました。駐車場には「わ」ナンバーがずらり。夏休み中とはいえ普通の日曜なのに、本殿はかなりにぎわっていました。近付くと…


本当に20~30代女子しかいませんでしたよ!


10090101


ごくまれに男もいましたが、いずれもカップル連れ。純粋な単体男子は総裁だけで思いきり浮いていました…。広島支部長の分も含めてお守りを買うと早々に名所「鏡の池」へ。こちらも女子校状態でした。


10090102


神社で売っている半紙に硬貨を載せる→水に浮かべる→どの辺で沈むかで自分がどれぐらい近い相手と縁があるかを占う場所。しかし、総裁がそれを知ったのは帰宅してからでした(^^; いきなり沈んで隣の参拝者といきなり縁ができるというのもアレですしね。いづらかったので早々にクルマに戻りました。


快晴の宍道湖を眺め、広島に帰りました。地元の人は、鳥取以外の他県から非常に来づらい=閉ざされた街だと気にしているようですが、だからこそ川と湖を大切に残した、自然とともに歩む街が形作られました。働き口があって、買い物趣味がなければ松江って住みやすい街だと思います。


10090103


でも田舎だからこその一面もあります。帰りの国道54号の掛合にこんな看板がありました。


10090104


「竹下総理は掛合町の誇り」。リクルート事件と消費税で火だるまになって退陣してから、別の交通安全標語に書き換えられたよう。しかし年月と共にはげてしまい、また竹下総理の文字が蘇りました。死後なお島根の奥底に横たわる竹下信仰。7月の参院選で地元民放アナウンサーが民主党から立候補した際には、局幹部が青木事務所に詫びを入れにいったそう(by朝日新聞) 島根の影の部分をかいまみた気がしました。交通安全看板だった名残で警察署の文字が入っているのがなおさら、ね。


看板の近く、掛合の道の駅には竹下氏を称える銅像と、平山郁夫氏による銘板がありました。


10090105


自分が手を染めてしまった「お金」を引き金に始まった自民退潮。小泉時代、政権交代、そして部下だった小沢一郎氏が総理大臣になるかもしれない今の局面を竹下氏はどう思っているのでしょうか。「悔しい」と考えるか、それともカオスな状態になった永田町を見て「ワシならこうする」とニヤニヤしているのか。昼下がりの赤名峠を上りながら思考にふけりました。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

カッとしてビリビリ 

16日(先週の水曜日)の夜中、カッとなって島根県大田市の温泉津温泉まで行ってきました。昔ながらの湯どころがほとんどない広島と違って、島根は良泉が点在する「温泉天国」。中でも温泉津は成分が濃く、長い時間入ると半日は体がほくほくビリビリするほどです。5年前岡山から広島に戻ってきた当初は夜勤後に時々出かけていましたが、その後の原油高などですっかり足が遠のいていました。


朝は午前5時から入浴可能。我が家を午前2時半出発しました。中国道安佐SAで休憩中の福岡~出雲線の中国JRバスを眺め、霧に包まれた浜田道を北上。28日から無料化になるので、有料時代最後のドライブです。浜田ICまで行くと遠回りになるので、金城スマートICで下りてくねくねの農道を進み、午前4時半、江津市内のローソンでひと休み。公共浴場が開く直前に温泉津に着きました。


10062101


温泉津温泉には有名な公共浴場が2つあります。響きと歴史の古さから「元湯」が最初に紹介されますが、少し狭くて時間を問わず混雑気味。総裁はもう一方の「薬師湯」が好みです。空いている分ゆっくり浸かれるし、多少観光客を意識しているので敷居も低い。


10062102

見事一番風呂をゲット! 鉄分と酸味がする濁った湯に身を任せます。最初は熱さだけですが、ジンジンと成分がしみてきます。ああ極楽。


間もなく地元のオッさん5,6人が入ってきて世間話に花が咲きます。少年野球の監督?らしく、県大会展望のほか高校野球や社会人野球についてもたっぷり話が聞こえてきました。体がホクホクしてきたところで上がりました。やっぱり温泉津の湯は効きます。汗がしばらく止まりませんでした(^^;


ちょうど日の出の時間。朝イチの浜田行きになる石見交通のバスが港の片隅に止まっていました。


10062103


たまにはいいですね、朝風呂。体の芯から生き返った気がしました。浜田道が無料化になったらお客さん増えそうだなあ。高架工事が進む山陰道を横目に通勤時間帯の広島へ帰りました。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。