03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

閑話休題・新道楽のココロ 

以前、当ブログ(3月1日更新分)でも紹介した広島ローカルの深夜番組「道楽のココロ」。4月から「Local★STARひらめっ娘学園」と改称、リニューアルスタートしました。


中身は道楽と同様、広島の素人+セミプロ?(プロ?)の女性によるグループ「ひらめっ娘」が色々なところへ出かけ、ゲームなどにチャレンジするもの。新バージョンからは「ドロン◆ジョ」なる敵役女性3人も出現し、より「対抗色」が強くなっています。(道楽時代も「くじらっ娘」という敵役の設定があったが、途中からは敵役も含めて全員が「ひらめっ娘」として扱われるようになった。なお「そんな説明じゃ番組内容がよう分からん」という方はWikiの説明公式サイトをご参照ください)


と、マジメに書けばこんな感じですが、ドロンジョがベタすぎたり、旧ひらめっ娘メンバーの1人が「ヒラメンジャー」として登場するなど前にも増してユルくなっています。「Local★STAR」として「全国には出んぞ」と割り切っているからこそできる番組でしょう。この潔さ、結構好きです。


ただ、ひらめっ娘4人のうち2人は広島を中心に活躍する歌手ユニットの構成員だし、1人は旧版から続けての出演。募集はしていたが、やっぱり世間体を考える人が多かったのか。広島クラスの都市といえども世間は狭いですからね。


ともあれ、ちゃんとリアクションできる人を揃えているので今後に期待ですね。
スポンサーサイト
テレビ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・Love涙色 

きょうは休日で、昼過ぎに起床。カープ観戦に行こうかと思うも「今年は連勝はあるまい」と止め、夕日の写真を撮りに浜田へ出かけることにしました。


千代田JCTから浜田道へ入る頃には日がだいぶ傾き、時間的に厳しい感じ。少し急ぎ目に車を走らせていました。あと10kmほどで浜田IC。気分良く飛ばしていたら、突然、ダッシュボードに置いていたレーダーからけたたましいアラーム音が鳴りました!


ん、とバックミラーを見上げるとパトカー!しかも赤色灯ついてる!!!


一瞬何が起きたか分からず完全に動揺していると、とうとうサイレンが鳴り始め、こっちに向かってパッシングするじゃありませんか!


ああ、とうとうやってしまった。しかも車内では大音量で音楽を流していたからまったく気づかず、事実上のカーチェースをやっていたのです…。総裁の知人で、取り調べに対し2時間以上ゴネた人がいますが、今回はまったく言い逃れの余地はありません。


かくて一発免停が確定。GW過ぎごろ、しかるべき場所へ出頭することとあいなりました。夕日も撮れず、心の傷を温泉津温泉で癒したのでした。ああ、LOVE涙色。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

閑話休題・マリンエア 

甲子園をたん能した後で時計を見ると、高速バスの出発時間まで4時間ほどあります。大阪をぶらぶらするにはちょっと時間が足りなさそう。今まで通過することはあっても、じっくり歩いたことのない神戸で時間をつぶすことにしました。


まずは、観光客らしく南京町へ。


横浜もそうですが、中華街で適当に店に入ると損した気分になることが多いので、屋台をぶらぶら。数年前に来たときに比べ、この屋台が随分増えましたね。一つひとつの単価は安いのですが、結局それなりにお金を使ってしまうわけで、実は上手い商売だったりします。


かくいう総裁も気づいたら1000円近く使った気が。各店、肉などを皮で挟んだ「チャイニーズバーガー」なるものを売っており、北京ダックを挟んだやつを食しました。北京ダックはこれが初体験。やはり店に入って食べたら損した気分になったかも。


腹が膨らんだところで、今度は2月16日にオープンしたばかりの神戸空港を見物に行きます。


三宮からはアストラムラインの兄貴分、新交通システムのポートライナーで18分。東京の「ゆりかもめ」同様無人運転です。ビルの谷間や阪神高速のすき間を急傾斜・急カーブで通過。まるで遊園地のアトラクションに乗った気分で、先頭車からの車窓は見ていて飽きません。
(ポートライナーの詳細についてはWikipediaあたりを参照してくだされ)


途中の市民広場駅を過ぎたとこからが新線区間。先端医療センター駅周辺は、行政が全力投球したためか(笑)、近代的なビルが並んでいますが、その先はまだ開発途上。広大な空き地が目立ちます。


神戸空港開港のニュースで「空港はできたが、土地利用のめどは立っていない」という話が出ていましたが、まさにその通り。(写真はポートアイランド南駅より)
041201

「やっちゃった」感が強く漂います。


もう1回大きな橋を渡って神戸空港のある島に到着。駅の出口にある自動ドアを開けると、目の前に航空会社のカウンターがあり、そのすぐ後ろに危険物検査のゲート。上手くいけば「駅を出たら2分で搭乗口」なわけです。おそらく日本で一番利便性を考慮した空港でしょう。逆に言えば、ものすごくこぢんまりしているわけですが。(神戸空港ターミナルのホームページに行くと、フロアガイドがあるのでご参照あれ)
041202

(写真は航空会社カウンターのあるフロアを上から撮影。一部しか写っていないように見えますが、これで全部です。カウンターのほか、土産物屋もあります)
必要最小限のものにとどめ、建設費節約しました、といった感じ。ある意味出費は最小限にとどめられるわけで、これで赤字が出るということになれば、初めから成功の見込みがない「どんぶり勘定の事業」と言われても仕方ないですな。


出発便がない時間帯だったので、閑散としていて「もうブームは終わったか」と思いきや、展望デッキは人ひとひと…。家族連れを中心に結構なにぎわいです。


4階が屋上で、和食店と中華料理店へ登る階段があるのですが「このスペースは展望デッキではありません」(=店への通路です)と張り紙があるのに人がたまっていて、関西人のたくましさを感じますね。
041203

ちょうど出発/到着便がないため、飛行機の姿を見ることはできませんでした。日没後に来れば誘導灯に彩られた滑走路を見られそう。20時以降が良さげです。


この数日後に暴走車が侵入。生命線の羽田便を運航するスカイマーク、日本航空が踏んだり蹴ったりの状態になるなど、ケチがつきまくりの神戸空港。「株式会社神戸市」最後の事業とも言われていますが、利用者獲得、国際線をどうするかなど課題を多く抱え、最「難」の事業とも言えます。


「震災から立ち直った」と美化するのではなく、できちゃった以上、どう育てて行くのか真剣な議論が必要です。ターミナルは効率的になったんだし。


東の空に月が出始め、高速バスの時間まであと40分ほどに。そろそろポートライナーで引き返しましょうて。思った以上に中身の濃かった関西への旅でした。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・ハプニング 

第1試合中にちょっとしたハプニングがありました。


ちょっと眠気に襲われかけた終盤、横浜の1番打者白井が打ったファウルが3塁スタンドを直撃。跳ね返ってきたボールが総裁の方めがけて飛んできたのです!


そして何と、床に置いていたビールのカップにイン! ビールは倒れましたが、棚ボタでファウルボールをゲットしてしまいました!
040802

実際はただ拾っただけなのに、周りからは「おかげで当たらずに済みました。ありがとうございました」と言われたりして、照れまくり。これだけでも甲子園へ来たかいがあったというものです。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・清峰は強かった 

最近、仕事が遅くなり気味ですっかり更新が遅れました。ああ、恥ずかしい。


この甲子園記は前回分までスタンドにて携帯電話で更新していました。しかし、ほとんど寝ずに来たところへビールを飲み、昼ごはんを食べたもんだから…前回更新直後、一気に爆睡モードに。メールを打つと寝そうになるので、後日の更新に任せることにしたのでした。


さて、本題に戻りましょう。


ウトウトしていた時間帯もありましたが、第2試合、清峰vsPL学園もしっかり観戦しました。大阪の高校が出るということで、アルプスのみならず、総裁の座った内野特別自由席も混雑。気づけばPLファンのまっただ中にいました。


しかし、試合は清峰ペース。とにかくソツがありません。PLがミスをすればそこに徹底的につけ込んで得点。守備はしっかりしていて、「ザッツ高校野球」を極限まで究めたチームですね。PLの主戦・前田も決して調子が悪いわけではなかった。逆に「何でこんなになったんやろ」と思いながら降板したかもしれません。


(翌日清峰が記録的敗北を喫したのが今でも信じられません。やはり投手が1枚しかいないと強豪校には勝てないのでしょうか)


さしものPLファンも「あかん、強すぎるわ」「負けるかもしれへん」。あの統率されまくった(慣れまくった=洗練された)応援が見られなくなるのは少々残念でしたが、仕方ないですね。少し西に傾いた春の太陽が、PLナインを優しく照らしていました。
040801

3分咲きの桜が咲く道を行き、阪神甲子園駅を後にしました。甲子園って本当にいいですね。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・安堵 

第一試合、岐阜城北が結局4点を入れて意地を見せました。1点でも入れれば「あの横浜から点を入れた」って少しでも胸を張れるし、球場中に響いた大声援にも恩返しできたというもの。まったくの他人事ながら安堵しとります。0点だったら凹みきりますもんね。
20060403135416



次はPLが登場。噂に聞いていましたが、吹奏楽のレベル高杉。もう、オーケストラかと。某国ばりのマスゲームが観られない位置に座ったことが残念でなりません。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・何とまぁ 

20060403121827
好ゲームを期待などと書いた一時間半後、この展開です。ここまでのワンサイドゲームは想定外。まるで県大会の様相に、総裁の周りからも「もう見てられへん」の声が漏れています。(写真は11-0の状態のスコアボード)


これまでの試合で力投を見せていた岐阜城北の主戦、この試合はアップアップ、守備陣も浮き足気味。強打の横浜に捕まればひとたまりもありません。


ここまで勝ち抜いたチームをここまで骨抜きにしてしまう…甲子園のおそろしさです。夢の舞台は薄氷の境目を越えると残酷なステージになります。


岐阜城北、せめて一矢報いてほしいものです。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・来てしまいました 

おはようございます。例年になく逆転劇が相次ぐなど、好ゲームが続く今年のセンバツ。四年前、高校野球に関わる機会があって以来すっかりハマってしまった総裁、ついに来てしまいました。
20060403104510


夜勤が終わってすぐ、車で岡山へ。神戸行き高速バスに乗り継いで到着。やっぱ生のものです。


とにかくグランドが近い。市民球場以上です。WBCのとき、「韓国の応援すごいですね」と振られたある選手が「僕らは甲子園の野次に慣れてますから」と応えたのも分かる気がします。


ともあれ、好ゲームを期待したいですね。以上、現場からでした。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

閑話休題・NUDAブーム 

キリンが出している「NUDA(ヌーダ)」という飲み物をご存じでしょうか。キヤノンのCMを「ダンサブル」という長谷川京子が見たら何というんだろうか、というぐらい踊りまくってたCMを覚えている方もいるのでは、と思います。


(上のリンクを見て初めて知ったのですが、あのCMに出てたの、梨花と岡村隆史なんですね。ちょっとビックリ。気づかなかった自分にガッカリ)


平たく言えばただの炭酸水。酒屋に売ってるアレです。これが、今、総裁の職場で大人気です。


人気の秘密は本当に微妙にしかついていない、言い方を変えれば「ほんのり」付いている味。ただの炭酸水と違って、無機質なショワショワではなく、何となく飲み続けられる味なんです。しかもほかのペットボトル飲料より安い!


仕事中、リフレッシュしたいときに炭酸を飲みたい、という人は多いのですが、従来のコーラなどは砂糖が多く体に悪い。だから遠慮してお茶を…という人たちのハートをわしづかみしたんですな。


かくいう総裁もきょう2本飲んでしまいました。もしかして日本もヨーロッパ見たく炭酸水を普通に飲む風習が生まれるかもしれない…そんな可能性を感じる飲み物です。皆さんも早速いかが?

続・奥出雲を往く2 

県境を越えるとまもなく三井野原駅。前回はここが雪景色のクライマックスだったわけですが、すっかり溶けましたね。広島市内と比べればまだまだ大雪レベルですが、2月11日更新分と比べていただければ、一目瞭然。
040201

垂れ幕や、おろちループ最寄り駅を示す看板があったんですね(笑) それ以上に雪の重みでひん曲がった柵! 小さいころ、雪崩で人が死んだと聞いても、ふわふわ雪しか知らず「なんで死ぬんだろう」なんて思ったもの。これを見ると雪の恐ろしさが分かるというものです。
040202

除雪された雪もだいぶ低くなり、デミオ1.2台分といったところでしょうか。ちなみにポールは総裁が倒したのではありません。おそらく雪。新潟とか北海道とかいっつもこんなになるんじゃろうか?


分水嶺を越え、おろちループに。前回は歩道を通れないぐらい雪が積もっていましたが、今回は歩けます。
040203

前回一部に衝撃を与えた(らしい)雪よけもご覧の通り。倒壊の心配はありませんね。それにしてもしぶとい雪だこと。
040204

しかし万が一雪崩で列車が落ちたら、この高さで真っ逆さまなわけで運休が長引くのも分かります。


道の駅に寄ったら、がらんとした中でラジオが鳴り響いていました。午前10時を知らせる時報の後、「一畑百貨店はただいま開店しました」なんてローカルな台詞を聞くともうすっかり旅気分です。


それにしても今日は空いています。休日になると奥出雲町横田のそば屋は混むと聞いていたのですが、こんなにすれ違う車が少ないのは何でだろう?


腑に落ちないまま、おろちループを一気に下り、出雲坂根駅へ。ここまで来ると山肌の雪も消えています。いつ列車が来てもおかしくない状態の駅に、延命水を汲みに何人も来ていました。前回顔だけのぞかせていた停止目標も、誇らしげに立っています。まぁこれが本来の姿なんですよね。
040205



さぁ、木次線の現状は分かりました。いよいよそばとまいりましょう(やっとかよ、という感じ?)


(続く)
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。