04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑧ 

御坊でお金をおろせないことは分かったので、紀伊田辺へ向かいます。


JR西の場合、カードできっぷが買えるので、みどりの窓口に並びます…が、前のおっちゃんが粘る粘る。10分以上待って総裁の番になりました。紀伊田辺まで1440円、カードで買いましたよ。しかもJRのライバル、ANAのマイレージカードで


金がないのでお茶を買うことも、電車で食べる菓子を買うこともできません。欲しがりません勝つまでは状態です(何に?) 紀伊田辺行き電車で検札がありましたが、なかなかきっぷが見つからず、あと少しで再購入するはめになるなど、踏んだり蹴ったりです。


43分乗って紀伊田辺着。ATMはいずこにと改札を出ますが、それらしいものがありません。駅前通りの先にローソンの青い看板を発見。一縷の望みを託しますが、ここもATMなし。駅への帰り際に見つけた銀行にいたっては開いてさえいません。


結局広島支部長にお金を借りて昼ごはん。まるで自分で財産を管理できないと裁判所に認められた人のよう。きつねそばの湯気が目にしみます(うそ)


昼過ぎになってやっと振った最初のさいころは「9」。さて、次の電車は…特急オーシャンアロー、何と京都行き! 停車駅が少ないオーシャンアロー、9が出た時点で京都へワープ決定です。


紀伊半島脱出だけではありません。ATMを置くセブンイレブンがある=お金をおろせる街へ行けるのです。一気に形勢逆転です。
7番目 JRきのくに線 特急オーシャンアロー22号・京都行き 紀伊田辺14:44→京都17:17

「くろしお」みたいな昔ながらの特急車両が来るのかと思いきや、名前が違うだけあって新しい車両が来ました(wiki参照)


JR西の新型在来線特急、というと4月25日更新分で紹介した「おき」みたく、安っぽいイメージがあり、あまり期待していませんでした。ところが、オーシャンアローは違いました。絶妙なホールド感で、とても座り心地が良いのです。(昨夕から何度も普通電車に乗っていたからかもしれませんが)


総裁らが乗った隣の車両には展望デッキがあり、眺めも格別。テンションも上がります。
07051101




こうなると欲しくなるのがビール。広島支部長に「あんちゃーん、ビールが飲みたいのう」(はだしのゲンの弟風)とたかります。もうヒモ状態。広島支部長があきれ気味にビールと、クエのカマボコを買うてくれました。


クエのかまぼこは初めて食べました。普通のかまぼこに比べて濃厚な味わいで、なかなか美味かったです。(製造している会社のHPはこちら。くえ!と書かれたパッケージは結構総裁好み)


この電車は「振り子」という、車体自体が傾いてカーブを高速で走ることができる車両です。確かに普通列車に比べると抜群に速いのですが、車両が傾くときの微妙な感覚も別格。ビールが入った胃にはなかなか厳しいものがありました。


また速い分よく揺れます。トイレに行くと小便器付近の床が結構濡れ、男たちの無念さがにじんでいました(TT) 行きの「スーパーくろしお」ではこんなことなかったのですが。。


とはいえ、段々眠くなってきました。和歌山を発車した記憶はあるのですが、次に目覚めたときは天王寺の手前でした。西九条を過ぎ、背の高いビルが迫ってきました。都会へ帰ってきたのです。
07051102


新大阪でほとんどの客が降り、がらんとした車内をオレンジ色の夕日が照らします。さっきまで南紀にいたのがウソのようです。西大路から線路がたくさん分岐し、新幹線が近づいてきました。京都です


少し後ろ髪ひかれる思いで下車。何と着いたのは日本で一番長いホーム「0番線」でした。
07051103



車内でi-Modeを駆使して探し出した京都駅近くのセブンイレブン。駅を出て一目散に向かいお金をおろしました。これで人並みになりました。ホッ。
スポンサーサイト

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑦ 

総裁は死ぬほど朝が弱いです。仕事やバス旅のように「何時に起きなければならない」と決まっていればどうにかしますが、さいころ旅にそんな規則はありません。


隣のベッドで広島支部長が起きていたのは気付いていました。しかし体が動かない。あと10分…何度そう思ったことでしょう。そして一念発起。起きたら9時前でした。。


最初は「10時チェックアウトだし」とのんきに構えてました。しかし、まずはスタート地点の紀伊田辺まで行かねばなりません。このままだと昼過ぎ着になる…やっとエンジンがかかりました。


モスで簡単に朝食を済ませ、いざ南へ。紀三井寺駅を出た段階では結構乗っていましたが、次の黒江でたくさんの人が下車し、ボックス席を確保。その後も駅に着くたび人が降りていきました。


周参見まではきのうも通りましたが、往路は爆睡、復路は夜で外を見ずじまい。やっと見られた海南-加茂郷間の和歌浦湾は絶景でした。総裁は山の郊外団地出身なので、海を見るとテンションが上がります。あるラジオ番組で奈良出身のMCさんが同じことを話していました。


海を見慣れてくると、今度は山側にみかん畑が広がります。そういえば有田市、駅でいえば箕島、紀伊宮原あたりはみかんの一大産地ですね。


セーターの縫い目のような畑と道が山のてっぺんまで続き、みか畑特有のモノレール?がどこまでも伸びるさまは壮観。見てるだけで口の中につばがたまりそう
07051001



湯浅で少し海が見えた後はずっと山の中を走り、紀三井寺から1時間ほどで御坊に着きました。紀伊田辺へ一直線に行っても良いのですが、せっかく南紀へ来たので、ちょっと寄り道。紀州鉄道に乗ります


紀州鉄道(Wiki参照)はJR御坊駅と西御坊を結ぶ2.7kmほどの非電化線(沿線地図はこのへんを参照)。日本2番目のミニ鉄道です。沿線人口、路線規模でいえば間違いなくローカル線ですが、本社は東京都千代田区。総裁も東京で「紀州鉄道」と書かれたでっかい看板を見たことがあります。


元々は御坊臨海鉄道という純粋な地場企業だったのですが、モータリゼーションが進み経営が悪化。1972年、東京の不動産会社が買収したのです。地元は「なんで赤字路線を?」とも思ったようです。


不動産会社の目的は「鉄道会社の不動産部門」とすることでネームバリューを上げ、信頼を得ること。確かに鉄道会社だと、あまり聞いたこと無い名前でも「まあ地域ではそれなりの会社で、つぶれることはなさそう」と思いますわね。


事実上、ホテルや会員制リゾートを運営する会社の一部門なのですが、お蔭でその後廃止の話もなく元気に走っています。しかも1時間に2本運行しているのです。全線乗っても所要時間10分なので車両1台で間に合うにしても、JRのほとんどの電車に接続。この頻発ぶりはちょっとビックリです。


もちろん総裁らが乗ってきた電車にも接続。レールバスには総裁らのほか、3人ほどが乗って発車しました。


ガガガとエンジンがうなりをあげましたが、JRの線路と離れたあたりですぐにノッチオフ。速度計によると時速30kmほど。車窓の景色も、カタンコトンという音もゆっくり流れます。実に心地良い揺れ具合。あまりののんびりぶりに踏み切りで待つクルマには悪いなあ、と思ってみたり。


民家の軒先をかすめるように右カーブすると学門駅です。ああ、聞いたことある、この駅。全国にある「受験生に縁起のイイ駅」の一つです。


大学時代の友人が私塾を開いているので、そこの子どもたちに切符でも買ってやろうと思いましたが、広電の駅と一緒でホームだけの無人駅。ウテシから買うのかな、と思っていたら次の紀伊御坊に駅員氏がいました。帰りに寄ろうっと。


終点西御坊は相当年季が入った駅舎。周りに溶け込み、街を渋く彩っています。微妙にかび臭いのさえも味わい深く思え、シャッターを切りました。
07051002
まるで模型の中から飛び出したような、風情たっぷりの街並みにレールバスが去った後もしばらく立ち止まり、ローカル線風景をじっくりたん能しました。
07051003



紀伊御坊までは歩きました。国道に出るとロードサイド店がズラズラ並び、クルマが頻繁に行き交います。どこにでもある地方都市の景色。確かに便利だし、総裁も御坊に住んでいたらこちらの方に来るでしょう。でも何か味気ない。


国道を右折して住宅地をしばらく歩くと、先ほどの有人駅、紀伊御坊に着きました。人の良さそうな駅員氏から硬券や学門駅入場券入りお守りなどを購入。と、ここで財布の現金があと200円ほどになりました。和歌山県って関西圏だからコンビニATMぐらい当たり前じゃろう、と深刻に思いませんでしたが、後でこの考えが甘いことを思い知らされます。


さっきのレールバスが西御坊行きでやってきて、さらに13分ほど待ってJR御坊行きに乗車。列車からは明らかに鉄ヲタと分かる3,4人が降りてきました。また硬券が売れるんじゃろうなあ。


元々親子連れが乗っていたほか、紀伊御坊でも総裁ら以外に1人、学門でも1人乗ってきました。地元の人はいずれも普段着で「ちょっとそこまで」の感覚で列車に乗っているよう。地域に根ざしているんですねえ。


安全な運行を支える現場の皆さんの努力にアタマが下がります。急がず焦らずいつまでも元気に走り続けて欲しいものです。


「駅前にはATMがあろう」と御坊駅の改札を出ると、早速ローソンがありました。が、コンビニATMがありません! となりに信金出張所があったのでATMにカードを入れると「このカードはご利用できません」。GWだからか…。


ローソン奥に発見した紀陽銀支店のATMにすべてを賭けますが、ここでも「このカードはご利用できません」。ガッデム! サラ金を使わんにゃあいけんのか?

リスペクトこそ物の上手なれ 

夜勤後、そろそろ新しい歌をi-Podに入れようと某所のフタバ図書へ。今までずっとレンタル中だったアルバムをやっと借りられました。中川翔子の「しょこたんかばー」(リンクはアマゾン)です。


相当なアニヲタである彼女が、数あるアニソンの中からマイベストと、ファンからのリクエストが多かった5曲をカバーしたアルバム。


以前Youtubeで松田聖子「渚のバルコニー」を歌う中川翔子の動画を見ましたが、これがどうして結構上手かった。加えてネット上で「原曲の雰囲気を良く出せている」と好意的な受け止めが多く、気になっていたのです。


聴いてみて確かに、これはグッときた


まず選曲のセンスが良い。普通アニソンベストだと主題歌オンパレードになりがちですが、「残酷な天使のテーゼ」は別にして、後はエンディングテーマや挿入歌ばかり。しかし脇役だけど、主題歌と同じぐらい耳に残る、印象に残っていた歌なんですね。「タッチ」のエンディングだった「青春」はマジで懐かしかった。


また中川翔子の声に本当に合っている歌をチョイスしている点もGood。原曲の雰囲気を壊すことなく、中川流を出せています。少し前の歌をカバーする場合ヘンなアレンジをしがちなだけに、これは好印象。アニヲタの支持を集めているのもうなづけます。


モトを大切にした上で、それを進化させた仕上がり。彼女自身が原曲をリスペクトしていることが大きな要因といえるでしょう。好きだからこそ大切にしたくなる。自分がやってエエんじゃろうか、という思いがあるからこそエエものができるんでしょうね。


改革の名の下、締め付けを厳しくして自分だけヌクヌクしている人、いますよね。中央政界や経済界だけでなく、会社とか地域など狭い世界でも。


上手いこと回っていたシステムを無理からガラガラポンするのを見ると、ちょっとリスペクトが足りないんじゃないかな、と思ってなりません。リスペクトした上で変化していく、つまり色んなものを少しずつ積み上げていく方が結局は世の中上手くいくものなんですけど。
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑥ 

紀伊田辺から御坊行きに乗り換えた後もひたすらi-modeを操作。関空近くの南海貝塚駅付近に1泊\6500の宿を発見しましたが、大阪府内まで戻ると紀伊田辺まで行くのがたいぎい(広島弁で面倒くさいの意味)。何とか和歌山市内でとどめたい。


しかし、電車はどんどん北上。この間に貝塚のホテルすら取られては目も当てられません。


これで最後にしようとiタウンページでめぼしいホテルを検索。知らなかったのですが、いつくかについては施設の詳細案内も付いてるんですね。N902iに機種変する最大の決め手になったフルブラウザもフル活用。パケ代怖いなあ…


そして御坊に到着しました。
07050901
↑写真は紀伊田辺-御坊まで乗った、中間車を先頭車に改造した、いわゆる「食パンマン」電車。このルックス、どう見ても微妙。


和歌山行きの電車を待つ間、ホームでピックアップしたホテルに電話します。まずは和歌山より南、紀三井寺の宿。


「ちょっと聞くんですが、きょうこれから泊まりたいのですが、空きはありますか?」
「何名ですか?」
「大人2人、男2人なのでシングル2部屋でもツイン1部屋でもエエんですが」
いや、さすがにダブルはイヤなので。


一瞬の間。


「さっきちょうどツインのキャンセルが出たところなんですわ」


よっしゃあ!!!!!


もうガッツポーズですよ。聞けば近くにコンビニも飲食店もあるといいます。意気揚々和歌山行きに乗ったのでした。


1時間後、紀三井寺駅到着直前、電話したホテルが見えました。とりあえず看板に明かりをつけられないぐらい経営危機な宿ではないらしい。「駅を降りたら看板があります」との言葉通り畑の中に標識が立っています。


ホテル正面には確かにモスがありました。まあモスで酒は飲めないので、これまた近所にあるローソンへ行き、ビールやらつまみやらを買い込んでチェックイン。駐車場には大学や高校の名前が書かれたバスが何台もいました。どうやら合宿やどのようです。


思ったより広い部屋に入り、早速プシュ☆ のどにビールを流し込みます。ああ、たまらん! 生き返るとはまさにこのこと。体がとろけそうです。


テレビ和歌山にチャンネルを合わせるとちょうどニュースをやっていました。その名も「ニュースライフライン」。午前中の特急くろしおは激混みだったようです。ただ、ライフラインの名にふさわしい、命がけのニュースはありませんでしたが…ま、平和な証拠か。


それ以上に驚いたのがCM。白浜温泉にあるホテルのCMが入れ替わり立ち代り、メドレーのように流れまくります。1泊2日パックの値段は微妙に違いますが、どのホテルも和歌山駅からの送迎付き(笑)


そしてここにもありました、エロDVD店のCM。それも一時期広島でもよく流れていた「トレンド書店」ですよ。和歌山にもあったんですね。主演はもちろん加藤鷹!
07050902

かくてさいころ旅1日目の夜は暮れていきました。

GWスペシャル 大阪発さいころ旅⑤ 

5番目 JRきのくに線 普通・紀伊田辺行き 周参見18:32→朝来19:03
周参見から5駅進んだ先は、白浜の次となる朝来(あっそ)。地図を見る限りはそれなりの市街地であるよう。電車は周参見始発。紀伊田辺から高校生を乗せてきた帰りで、半分回送みたいな感じです。
07050801

総裁らを含め3人ほどが乗って出発しました。間もなくSFで宇宙船の操作パネルが一気に明るくなるみたいに、運賃表の半分以上、新宮から周参見までが一斉に点灯。さっきまで何も表示されてなかったので、あまりのギャップに思わず笑ってしまいました。


日が沈み黒く染まってきた山々。その中、ライトで線路を黄色く照らしながら電車は北へ向かいます。


車窓に家の明かりは少ないですが、紀伊日置の親子連れを始め、駅ごとに2人、3人と乗ってきます。また途中すれ違った新宮行きは座席が一通り埋まっていました。しかし105系で新宮まではつらいだろうなあ…


白浜に着くと学生の集団、数にして40-50人ぐらいが待っています。「大阪へ特急で帰る連中じゃな」と思いきや、大挙乗り込んできました。いきなり満席&立ち客。一体これは何事?と考えるうちに朝来に着きました。結局何だったんでしょう?


朝来はどこかの町の中心部らしく、2車線の国道沿いには地場のそこそこ大きいスーパーやパチンコ屋のほか「しまむら」もあります。そして待望のローソンも!


なぜローソンが待望なのか。日が暮れてそろそろ宿の心配をしなくてはなりません。なんせGW真っ最中。電車内で楽天トラベルやYahoo!トラベルを検索しましたが、和歌山県内はサウナ一軒を除いて全滅。Loppiにある宿予約を使おうと思ったわけです。


ローソンへ向かう途中、横を明光バスが走っていきました。と、リアの広告にびっくり! 何と総裁が以前ダウソしたバカ画像と同じ広告があったのです!


↓これ
07050802
旅は出会いの宝庫ですが、まさかこんな遭遇があったとは…。


さて、ローソンに着きLoppiを操作したのですが何かヘン。当日宿予約がなくなっとります! 昨秋のバス旅のときはあったのに。


とりあえず「何か」はしたので駅に戻ってさいころタイム。出た目は「11」。胸騒ぎを誘う数字ですが、10分後以降で最初の電車は運良く紀伊田辺行き。しかも時刻表を見ると紀伊田辺、御坊でトントン拍子に接続し、和歌山や大阪まで帰れます。よし、きょうは紀伊田辺まで


そうと決まれば宿を探さねばなりません。がらんとした駅で広島支部長と2人、ものすごい勢いでi-modeを操作。しかし、ヒットするのは大阪中心部の1泊20000円以上するホテルばかり。サウナで決まりかなあ…。


そんなあきらめの雰囲気を切り裂くように、便所の方から大音量で「♪こーいーしちゃったんだ」(ByYUI)。着うたのようです。何事かいの、と携帯を操作しているとまた「こーいーしちゃったんだ」。


しばらくするとトイレの戸が開く音がして人が出てきました。さては地元の女子高生かと思いきや…男子高校生でしたよ。しかも体育会系。彼をYUI着うたに駆り立てたものは何だったんでしょうか。


ていうか、宿どうするよ! そして電車が来てしまいました…。

6番目 JRきのくに線 普通・紀伊田辺行き 朝来19:54→紀伊田辺20:02
直前に朝来駅に着いた女子高生たちは、当然ながらきょうの宿の心配はいりません。もう元気もりもり(死語)で騒いでいました。


一方で総裁らは宿が見つからぬまま紀伊田辺に着きました。
07060803

とにかく街に近づこう。街に向かえば何とかなる。その一心で接続の御坊行きに乗りました。そういえば、きょうは紀伊田辺がゴールなのだから記念写真ぐらい撮れば良かったかも。

島根の弁護士 

昨年3月10日更新で紹介したマンガ「島根の弁護士」。その際「非常にドラマ向きなので、(中略)テレビで見聞きする機会があるかもしれません」などと書きましたが、現実になりました。


仲間由紀恵:日本一少ない「島根の弁護士」に 人気マンガを2時間ドラマに(毎日新聞@Yahooニュース)


この記事と、フジテレビホームページ中の公式サイトなどによると、主役の山崎水穂役が仲間由紀恵、水穂を見守る法律事務所長の秋田弁護士役が香川照之、水穂が下宿している石材店の息子役に八島智人、水穂の母役に樋口可南子といったところ。


今や若手女優トップの仲間由紀恵を起用した点にフジの並々ならぬ意気込みを感じます。視聴率女王でもある彼女ですが、最近唯一失敗気味だったのがフジの月9「東京湾景」。それ以来のフジのドラマ出演なんですよね。


長い黒髪は水穂そのものだし、熱い正義感とおっちょこちょいの両方を併せ持つ役は仲間由紀恵だからこそ。ただ、仲間の凛としたイメージはマンガに出てくる水穂とはちょっと違う気がします。


総裁的には内山理名がイメージに近かったのですが、フジの本気ドラマで主役は張れなかったか…。もっともヘンに上戸彩とかになるよりは良かったかな。


香川照之も性格的にはエエ秋田役になれそうです。見た目のギャップをどう魅せるか。風貌的には宇梶剛士あたりもアリだった気がします。逆に樋口可南子は文句なしのハマリ役でしょう。期待大です。


すべて島根県内で収録したそう。稲穂の香りが漂う緑と、夕日と風が美しい宍道湖、そして時がつむぎだした松江の街並みをどう映し出すか。そして原作が大切にしている人と人とのつながりをどう表現するか。楽しみです。


ただ、これだけ豪華なキャストにしたら連続ドラマは無理っぽい? 


ちなみに山陰中央新報のサイトに収録に関する記事やインタビューがありました。島根の弁護士でググればヒットするはず。
テレビ  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

GWスペシャル 大阪発さいころ旅④ 

4番目 JRきのくに線 特急スーパーくろしお21号・新宮行き 新大阪15:03→周参見17:44
自由席は新大阪でほぼ席が埋まりました。車内放送によると指定席も満席のよう。そこへ天王寺からかなり乗ってきました。禁煙車では立ち客が出たよう。座れただけマシだったようです。


当然といえば当然ですが、車内は旅行客だらけ。総裁らの横は白浜温泉へ行くであろうカップルでつよ。彼氏は早う白浜に着かんかのう、と息子を長くして待っとることでしょう。いや、ワシならそうなる。


それはともかく。とりあえず缶ビールを開けてぐびぐび。半分ヤケなのでテンションが上がっていきます。「GWらしい旅じゃ」「こうでもないと和歌山に行くことなんてない」などと広島支部長とお互いを納得させに入ります。アルコールが入ると超プラス思考になれるからエエですね。そうこうするうちに意識が飛んでいました。


目が覚めたころには、風光明媚な車窓に変わっていました。日は傾き車内をオレンジ色に照らしています。結構時間は経ったよう。ここどこ? と、「間もなく紀伊田辺です」との放送が入ります。あ、線路沿いにローソンもある! ちょっとオーバーなリアクションには訳があります。


南紀は大学時代に2度来ました。1回目は当時まだ走っていた通称新宮夜行(wiki参照。夜に新大阪を発車、早朝新宮に着く普通電車)を利用。2回目はこれまた今はなきブルーハイウェーラインのフェリーくろしおに乗りました。


高速道が整備されていない南紀は物流の便が悪いせいか、当時大手コンビニがなかった気がします。南紀行きが決まって不安だったのが「コンビニがないかも」という点です。


とりあえずコンビニがあれば、そこまで大ハズレでない、味わい慣れた食べ物、飲み物に「普通の値段」でありつけますし、ATMがあるのも大きい。何より街とつながっている安心感があるんです。青春18きっぷやバス乗り継ぎ旅、長距離ドライブをした方なら分かっていただだけるかと思います。


それゆえローソンを見つけた喜びはひとしおだった次第。何とかなりそう。


話を戻しましょう。あんなにいた立ち客は一通り降りて、空席も見られるように。白浜で隣のカップルを含むかなりの客が降りて閑散としてきました。一方で白浜駅の大阪方面ホームは人だかり。白浜はリゾートでもあり、「安近短」の旅行地なのです。


紀伊田辺を過ぎると海から山一つ隔てた内陸を走る。家はポツンポツンとあるだけで、あらためて「ここまで来てしまった」と実感。果たしてきょうはどこに泊まることになるのか。


実は温泉があるらしい椿で停車後、海沿いに戻ったところで周参見だ。ホームに降りると少し潮の香りを含んだ、涼しい風が酔い覚めの体を包みます。ここでもたくさんの帰省客?が降りました。
07050704
このあとまだ1時間走る特急を見送り、改札の外へ。街を照らすオレンジ色はさらに濃くなり、五月晴れの太陽が最後の輝きをみせています。海と夕暮れ。アタマに流れるのは金曜ロードショーのテーマです。とにかく海岸へ向かいます。


駅前の細い路地を抜けると、もう港でした。


イベントをやっていたのでしょう、何かの撤収作業をやっている横で何枚も夕日撮影。男2人で撮り合ったわけで、傍から見ると危ないことこの上ない。ともあれ写真はエエ感じに撮れました。夕日は男たちを青春時代に引き戻すのです。
07050705

周参見はケンケン漁という独特の捕り方をしたカツオが有名なよう。駅にポスターがありましたし、駅前の食堂からは空腹を刺激する磯の香りが漂っていました。GWじゃなかったら(宿が簡単に取れる時期なら)ここで止めて、カツオをつまみに焼酎を飲んでいたかも…。


とりあえずここでさいころタイム。「5」です。新宮方面だったら、いよいよ本気で宿の心配をせねばならないところですが、10分後、ていうか次に来るのは30分以上先の18:32発の紀伊田辺行き。大阪方面へ戻る電車ということで、とりあえずひと安心です。

GWスペシャル 大阪発さいころ旅③ 

うっすら汗ばみながら阪神尼崎駅へ戻り、さいころタイム。「3」が出ました。尼崎は阪神電車のほかに、結構離れた場所にJR駅もあります。いずれも名前は同じ「尼崎」。ルールに従って同駅とみなし、時刻表を調べます。


で、出てきたのが13:51発のJR宝塚線の新三田行きと、JR神戸線の西明石行き。どちらにせよJR駅発になりました。早速市バスに乗って移動です。


阪神尼崎から乗ったのは総裁らを含めて7,8人。まあ休日の昼間だし、ガラガラのままJR駅まで行くんじゃろうなと思っていました。


しかし、西長洲バス停前にある葬儀場の前に人だかりができています。ちょうど葬式があったよう。広島人の感覚では葬儀はクルマで行くもの。マイクロバスも止まっているし、関係ないと思いきや、大挙バスに乗り込んできました…


一気に防虫剤臭くなった車内。さっきまでのガラ空きがウソのように混雑し、立ち客も。やれやれと思っていたら、10分も経たないうちに終点に着きました。


阪神尼崎からJR尼崎は10分で移動できっこないので、とうに13:51は過ぎています。となると、乗るのは改札に着いて最初に出る電車。特急に当たったらどうしよう…なんて不安もよぎりましたが、14:06のJR神戸線高槻行き普通電車が最初でした。

3番目 JR神戸線 普通・高槻 尼崎14:08→新大阪14:21
関西エリアのJRは新快速中心で各停は実にのんびりしたもの。3駅ですが、結構乗った気がします。


新大阪はこの旅で最初の新幹線駅。「のぞみ」に当たった場合、3以上ならいきなり首都圏、あるいは広島、九州だったりします。道楽でやってる割に結構ドキドキ。まあ地下鉄の駅もあるから大丈夫だとは思いますが。
07050701



大阪駅も結構混んでいましたが、新大阪駅も負けず劣らずの人、人、人。これから帰省や旅行に出掛けるのでしょう、そこここに2、3人のグループがいます。


とりあえず緊張を鎮めるため?構内の喫茶店へ。ここも新幹線までの時間つぶしの人でいっぱいです。アイスミルクティーとアイスコーヒーを注文したら、ウエイトレスは厨房に「アイミティとアイコ(イにアクセント)」と一言。まあ合理的だけど、朝鮮語の「アイゴー」みたいで何かまずそう…。


総裁がかつて仕事で出掛けた某所が見下ろせる場所でさいころタイムです。出た目は「10」。ちょっと大きめの数に不安がよぎります。まあ、新大阪は頻発している地下鉄御堂筋線もあるし…。


現在14:53。総裁が調べた新幹線は15:11の岡山行きのぞみ、15:10の東京行きのぞみが最初でした。広島支部長が調べた地下鉄御堂筋線は15:05に天王寺行きがあったので、最悪の事態は回避!


このまま地下鉄に決まりそうな雰囲気。ひと安心しながら在来線を調べたら15:05にJR京都線普通電車がありましたが、行き先は長浜。50音順で先の天王寺が序列1位のままです。


これで地下鉄に決まりか。最後に在来線特急の時刻を調べると…15:03発スーパーくろしお新宮行きがありました。北陸や山陰じゃなくて良かった…って新宮行き!! ぴったり10分後にある電車はこの1本のみ。南紀行き決定です。


10進んだ先は…西九条、天王寺、日根野、和歌山、海南、御坊、紀伊田辺、白浜、椿、周参見(すさみ)。周参見ってどこよ! 確か釣り人が多いところだよね、周参見って。それしか聞いたことないし。そもそも帰って来られるのか。泊まる場所はあるところなのか。


普段の3倍ぐらいアタマが回転し、パニック状態です。とにかく急いで乗車券+特急券を購入。5450円もしましたよ!
07050702

しかもクレジットカード対応券売機でやたら粘っているヤシがいたせいで、現金払い機で買うはめになるし!


ホームに下りたところで新宮行きが到着。
07050703

余韻にひたる間さえありません。キオスクで速攻でビールを買って乗り込みます。周参見着まで2時間半。どうするオレ? つづく!(LIFEカード風)

GWスペシャル 大阪発さいころ旅② 

やってきました、JR大阪駅
07050601

今回のさいころ旅、スタートはここです。大阪駅という場所は待ち合わせには不便な場所で、携帯電話でお互いの場所を確認する「待ち合わせ難民」だらけ。かくいう総裁も広島支部長となかなか合流できず、5月3日11時半すぎ、やっと出会えました。


フラワーフェスティバルも市民球場のデーゲーム、岩国基地開放も無視し、広島県民らしからぬ旅、ただいまスタートです。


ここで簡単にルールを紹介しておきます。


1.使用するのは12面体さいころ。普通の6面体だとあまり遠くまで進めないためです。
2.駅でさいころを振り、10分後以降で最初に発車する電車に乗車。目の数だけ停車駅を進む。「10分後以降」としたのは、時刻を調べたりきっぷを買ったりする時間を取るため。
3.乗車する電車は国土交通省に鉄道事業者として認定されている会社が運行する、旅客を運ぶ路線。路面電車、新交通システム、ケーブルカーもアリだけど、貨物専業の鉄道はダメというわけです。当たり前といえば当たり前。
4.複数の鉄道事業者が乗り入れている場合、同じ駅名、または「鉄道会社名+同じ駅名」のときのみ「同じ駅」とみなし、乗る電車選びの対象とする。例えばJRの「名古屋」と名鉄の「名鉄名古屋」は同じ駅、阪急・阪神・地下鉄の「梅田」とJRの「大阪」は別駅とみなします。一方で「尼崎」はJRと阪神で少し離れていますが、同じ駅名なので同一駅とします。
5.同じ時刻に複数の列車がある場合は、行き先の五十音順が早い列車に乗る。姫路行きと天王寺行きが同時刻にあったら、天王寺行きに乗車します。
6.列車の終点に着いたら、たとえ目が余っていてもそこで打ち切りにする
7.乗車駅への移動中や、きっぷを買っている間に乗る予定の列車が発車した場合、その次、その鉄道会社の駅を出る最初の列車に乗る。下手すると、2つ3つの駅を行ったり来たりになりかねませんから。当初乗る予定だった方面行き先は関係なしで先発の列車を選びます。
8.列車に乗って駅に着いたら、改札口を出て、何かしらやる。改札出てすぐにホームへ戻るのでは味気ないですし。


記念すべき第1投。出た目は…「1」!駅の時刻表を見ると、10分後以降で最初の列車は何と環状線外回り。12:11に城崎温泉行き特急があったので、実は間一髪。大阪でやるとこういうスリルがあります。
07050602

スロースタートにちょっと拍子抜け。まあ運を天に任す旅ですから。。


1番目 JR大阪環状線 環状 大阪12:09→福島12:11

大概人が多い環状線ホームですが、GW後半初日ということもあり、いつも以上に混雑しています。ちょうど電車が着いたころあいだったこともあり、右も左も人、人、人。スタートから酔いそうです。
07050603

大荷物を抱えながら、やっと車内の立ち位置を確保しました。しかし福島まではたった1.0km。並走するJR神戸線が離れたらもう到着です。何とホームから大阪駅のホームが見えました…


大阪の中心部にある駅ゆえ、近くに名所旧跡があるわけでもありません。近くにABC朝日放送がありますが、一般人が行っても仕方ないしなあ…。とりあえず近所の福島公園で一服することに。


「Gウィークは自○ウィーク」なんて見出しが躍るスポーツ新聞が落ちていたりして、見た目は普通の公園。しかしよく見ると「煮炊き禁止」「テント貼り禁止」など「?」な注意書きがあります。
07050604

ここで気が付きました。ここはホームレスが何人も住んでいた公園だったのです。


よく見ると入口付近に、注意書きに抗うようにテントが1貼残っています。1月の厚生労働省調べによると、大阪府はホームレスの人数が4911人と全国一。うち4069人が大阪市内で生活。ある意味大阪らしいものが見られたのかもしれません…。


ガード下にあり、1区切りごとに「①」「②」「③」「④」と看板を出している怪しげな製麺工場?を横目に福島駅へ。ここでさいころタイム。


出た目は「7」。ちょっと大き目の数が出ました。JR大阪環状線と阪神電車の駅がある福島。駅の時刻表とi-modeを駆使して調べると、阪神電車が先、ということで地下にある阪神の福島駅に向かいます。


2番目 阪神電車 普通・高速神戸 福島12:43→尼崎13:00

GW真っただ中、オフィス街の駅から乗る人は少なくがらんとしています。遠くから電車がやってくる音がよく響き、ちょっと不気味。各駅に乗っている人も少なく思い切りリラックスして座りましたよ。


向かいの席にはカタギじゃなさそうなオッちゃん3人組。中でもリーダー格っぽい人は、明るいパープルのスラックスを履いています。そんなんどこで売っとるんじゃ!と突っ込みたくなるのを我慢していたら、住宅地にある千船で降りていきました。これからどこへ行くんじゃろ?
07050605

改札を出ると、駅前広場でちょうど憲法記念日の集会をやっていました。護憲系らしくプロ市民のオーラを出している人がいっぱい。無線を付けた、見るからに公安と分かる人もいてなかなか本格的です。
07050607

改札の外で何かする、というルールなのでこの集まりに加わっても良いのですが、たいぎいのでメシを食うことに。故渡辺美智雄氏の「アッケラカンのカー」発言(wiki参照)を思い出しそうな看板を見ながら商店街へ行きます。
07050606



この阪神尼崎中央3番街と隣接する2商店街は、阪神尼崎駅から隣の出屋敷駅近くまで東西南北計2km続いていて、ちょっとやそっとでは端っこに行き着きません。プロ野球開幕当日から「阪神優勝のマジック144」なんて看板が出ることでも有名。


その中ほどにあるチェーン系定食店でひと休み。少し汗ばむ陽気で、氷水をガブガブ飲み干しました。とりあえずここまでは順調。さあ、次の目的地はどっちだ?

広島発 バスに揺られて 2nd stage 

愛知県長久手町の民家に男が立てこもり、けがをした警察官を救おうとした機動隊員が射殺されました。4月にあった町田での事件、長崎市長射殺事件に次ぐ銃の凶行に憤りを感じるとともに、亡くなられた機動隊員の冥福を祈ります。


この現場、実は今回のバス旅で通過した場所4月27日更新分で登場した区間です。テレビで言われているように実に静かな場所。


世間を震撼させる事件、ともすれば自分と無縁の世界と考え勝ち。しかし、いざ自分の行ったことある場所で起きると、急に身近なことに感じられ、思わず絶句してしまいました。


容疑者は以前から問題人物だったそう。もしかしたら自分がバスに乗っていたときに起きたかもしれない。そう思うと心底恐ろしくなりました。


朝は通勤のクルマが多い地域。総裁が乗った日進駅行き名鉄バスも迂回運行か運休でしょう。一刻も早い解決を願って止みません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。