09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

日本の最南端で都営バスに乗る 番外 

先ほど宿へ帰る西表島交通のバスで日本最南端のバスグッズを発見!
07103001

昨日(10月29日)更新分で紹介したアノ停留所、「日本最南端のバス停 西表島『豊原』キーホルダー」です!! 1個500円也。本物のバス停を模した粋な逸品です。


西表島交通のホームページにも出ていないレアグッズ。販売元は同社系列のショップ西表島なので店頭にあるかもしれませんが、今のところ同ショップ楽天市場店のメニューには入っていません。


非常に知名度が低いためか、総裁が「これください」と言うとウテシは「初めて売れたよ!!」とびっくりした様子。ネット通販には加えず、最南端バス停を訪ねたご褒美として現地限定販売のままでいてほしいと思います。


(補足)この記事を書いた2日後、ショップ西表島に行く機会がありましたが、ざっと見た限りこのキーホルダーは店頭にありませんでした。また車内販売も元都営の大型方向幕車ではやっていましたが、やっていない車も。本格的にレアなグッズのよう。
スポンサーサイト
バス旅・西表島  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

日本の最南端で都営バスに乗る(2) 

旅は人の心を大きく、そしてユルくします。今泊まっている西表の民宿には「女性の方へ」として知らない人の車に乗らないよう呼び掛ける注意書きがありました。新宿や渋谷の路上で誘われてクルマに乗る人などきょうびいないわけで、「旅先の魔法」の恐ろしさを感じます。


総裁もそんな魔法にかかったのでしょう、那覇からバスで30分ほどかかる、BUBKAなどの裏雑誌でおなじみのある場所へ「社会見学」に出掛けることにしました。さっき国際通り(牧志)経由のバスが5分遅れたので、5分遅れでちょうど良い時間にバス停へ行きましたが、一向に来ない。そうこうするうち別のところへ行くバスが来ましたが、何と定刻通りでした。やられた!


次のバスまで20分以上あるので、一つ先のバス停まで歩きました。見ていると旅行ガイドにあるように沖縄の人はバスを見ると手を挙げて乗る意思を示しています。さっきは定刻通りだったくせに、次は7分遅れで乗るバスが来たので、真似して、授業参観で張り切った小学生みたく手を高々と挙げました。


ふうとシートに身を任せて「両替が必要だったら今のうちにしようかな」と財布を開け、驚愕の事実が分かりました。


万札しかない!!


厳密に言えば小銭も少しあるのですが、全部集めても170円。初乗り運賃にもなりません。あああ…ワシとしたことが。。 とりあえず降りるまでの段階でウテシに謝らなければなりません。ミラーでウテシの顔を見ると、ヤンキー義家氏を少しやつれさせた感じ。アンフレンドリーなオーラ出まくりですよ


うわあ…。気の小さい総裁、すっかりテンションが下がってしまいました。しかし、バスが那覇市から浦添市に入りもはや後戻りできないことを悟り、腹をくくりました。お金を持っていないわけではないのです。今の時代、ウテシもそこまで怒鳴ったりしないでしょう。それに旅先。知っている人はいないので、恥ずかしくありません。


それでも車内の客が少ない方が気は楽なのですが、大謝名で国道58号を外れてからはどんどん乗ってきます。そして降りるバス停に到着。正直に説明したら、ウテシが苦笑い。激怒すると思ったので意外でした。とりあえず「小銭をあるだけ入れてください」ということになりました。「次乗ったとき、不足分もまとめて払いますから」。痛恨のミス。情けないやら、恥ずかしいやら。


近くに地場スーパーがあったので、野菜ジュースを買ってすぐに万札を崩しました。


びっくりしたのは棚の上にある「調味料」「菓子」などの分類表示が「缶詰」ではなく「肉缶」「魚缶」になっていて、ポーク(ランチョンミート・商品名でいうところのSPAMなど)がものすごく充実しているのです。広島では見たことない商品も沢山。しかも安い! 旅先でなかったら大量に買うところでした。


ほかにも広島で見たことがない商品が続々。2ちゃんねるでオススメの沖縄土産店にイオンを挙げる人がいましたが、理由が分かりました。
バス旅・西表島  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

日本の最南端で都営バスに乗る(1) 

ハイサイ!


総裁、実は今沖縄にいます。(ハイサイは沖縄方言で「やあ」「こんにちは」の意味)


一番の目的はコレ↓
07102901

そう、沖縄県西表島にある日本最南端のバス停「豊原」に行ってきました。


世間が休みで混雑する時期を避け、今年も10月に夏休みをゲット。ちょうどANAのマイルが無料航空券をもらえるぐらいたまっていたので、思い切って当地を訪れたわけです。国内ならどこからどこへ行く航空券でも15000マイル必要。ならば、できるだけ飛行距離の長い路線に乗りたいですよね。28日(日曜日)夜、那覇空港に着きました。


ん、広島発那覇行きだったら午前中に着くじゃん、と思った方は鋭い。夏休み自体は27日(土曜日)から。今回は羽田から沖縄入りしました。実は船橋に住む大学時代の友人が結婚することになり、フリーソフト「朝刊太郎」を使って結婚新聞を作ることが決定。その取材をしたり、「タモリ倶楽部」で2週間にわたり濃密に紹介された鉄道博物館に行ったりしたわけです。


東京―沖縄便ということで「有名人がおるかも」と少し期待しましたが、んなことぁない、というわけで、飛行時間の半分以上爆睡(笑 ちょうど日暮れ時のフライトで、窓から見える空は昼の水色と夕暮れのオレンジ、夜の黒色がせめぎあい、起きていた時間はそのコントラストの美しさに見入っていました。


もちろん到着した28日からちゃんとバスに乗りました。むしろ「ゆいレール」に乗り忘れた、といった感じ(^^;


沖縄ではホームページすら持っていないバス会社もあり、「何行きに乗ればいいか」や時刻が満足に調べられませんでした。しかし国の沖縄総合事務所などが振興策の一環で、2004年度に沖縄の交通ポータルサイト「美ら島交通ナビ」を開設。後にバス停ごとの時間や経路検索ができるようになりました。(バス会社が自社サイトで時刻表を載せない要因になってる気もしますが、便利だからよしとしましょうか…)


おかげで何系統のバスに乗ればホテルへ行けるか分かったので心強かったですね。が、意外な落とし穴が。那覇空港のバス乗り場で待っていたら、ホテルへ直行できる99系統が来ました。塗装がそのままなので、見ただけで○戸市交通局からの移籍車と分かりました。。


しかし、ここに落とし穴。普通空港を通るバスって空港始発でどこかへ行くものと思って、行き先の地名がどこにあるか分からずに乗るとウテシが「このバス、具志行きですよ」。


何のこっちゃ、と思うも気になったので「那覇の街中に行かないんですか?」と尋ねると、漠然とした質問が悪かったのか、ウテシは答えに窮しているよう。「国際通りには行かない?」「ああ、行きませんよ(沖縄アクセント)」。


この99系統、郊外から出て空港を通って別の場所へ行く「空港を経由地として通過する」路線だったようで、いきなりやられました。散々バスに乗ってきたのに、この体たらく。もっともこのやり取りを聞いた別のお客さんもバスを降りたので、沖縄のバスが分かりにくいということでしょう、多分(責任転嫁)


しばらくしてやってきた、今度こそ本当にホテルへ直行するバスに乗りました。一番前の席の女子(地元民?)は方向幕に書いてあるのに、しきりに「このバスは名護へ行きますか?」「名護まで何時間かかりますか」とウテシを質問責め。広島空港みたく、空港バス乗り場に係員が1人いればだいぶ分かりやすくなるし、乗る人も増えるような。


沖縄のバスは時間にルーズ、特に国際通りを通る便は時間が読めないと聞いていましたので、渋滞にかかっても特に気にしませんでした。かなりスローペースで結構遅れたに違いないと思っていたら、予定のバス停で降りて時刻表を見たら5分遅れただけでした。沖縄の時刻表はだいぶ正確になってきた?


ホテルにチェックイン。ひと休みして、再びバスに乗ってみることにしました。
バス旅・西表島  /  tb: 1  /  cm: 1  /  △top

広島発 バスに揺られて(番外編0) 

下道の路線バスで東京までたどり着けました。しかし、心残りなことが。


・ルールに反していないとはいえ、事実上高速道路である名阪国道を使ってしまった。
・興津から由比まで6km近くも歩いてしまった。



の2点です。特に名阪国道については避けて通れるルートがあっただけにモヤモヤした思いがありました。そこで2007年2月、平日に連休が取れたので、名阪国道を使った天理駅-亀山駅について、あらためて名阪国道を使わずに再チャレンジ(死語) 数回に分けてその模様をご紹介したいと思います。


前日に大阪入りし、ドヤを初体験しました(このブログでは5月2日更新分で既に触れていますが、時系列的にはこの旅が最初のドヤ泊だったのです)


楽天トラベルのレビューを見る限り、そんなに怖がることはないようですが、なんせ西成です。地下鉄堺筋線が動物園前駅に着いた時点では御堂筋線へ乗り換える人がたくさんいて「何だ普通じゃん」と思っていましたが、エスカレーターを上がると19時だというのに、住民?の方が寝支度の真っ最中。立っている人も独特のオーラを出しています。


フェスティバルゲートへつながるにぎやかそうな出口を横目に人気のない階段を登ると、もう西成ワールド。明らかに他の街とは違う空気が流れています。労務者風のオッちゃんたちが黙々と行き交い、100円ショップの前でカップラーメンをすすったり、1人で演説をしているおっちゃんがいたり。そんな中あったファミマの緑看板が何と心強かったことか


もっとも、防犯カメラ稼動中!と大きな注意書きがあったりと、いい感じで緊張感があります。そこで発見したのが「ドカッタオル」。伊良部もびっくりの直球ど真ん中。思わず買ってしまいました。


宿のとなりには韓国系の教会があり、炊き出しに多くのおっちゃんたちが来ていました。ただ労務者自体が減っているのでしょう、「前は駅の方まで並んでたんやで」なんて話し声が聞こえました。いったん宿の中に入ってしまえばこっちのもの。5月2日更新分で触れたように、環状線の音さえ気にならなければいたって快適です。30分間に救急車が2回走っていきましたが、考え方を変えて海外旅行に来たのだと思えば、気にならなくなりました。


そしていよいよ入浴。近隣のドヤについて、楽天トラベルのレビューで「中2の娘がトイレ帰りに後を付けられて半泣き」(←そもそも中2の娘とドヤに泊まること自体間違っている)「風呂場でここではかけないような不愉快なことがあった」なんてありました。これまたおっかなびっくりでしたが、大浴場へ行くと外国人や自分と同じ一般ピープルばかり。


ゆっくり湯船に浸かり、部屋でぐっすり寝ました。狭くても遮音性が悪くても我が城。不要不急の夜間外出はしない!など海外と同じような感覚ですね。何だか過ごし方のコツが分かった気がしました。今後大阪での定宿になりそう。(事実5月に早速利用しました)
07101701

翌朝6時。ロビーでサービスのコーヒーをすすってチェックアウトすると、もう何人かのおっちゃんが所作なさげに立っていました。




御堂筋線のなんばで乗り換え。スタート地点の天理を目指し、東向き、朝の方向に向かって近鉄電車に乗る。


都会とは反対側へ行く電車だが、座席は一通り埋まり立ち客も。瓢箪山を過ぎると少しきつめの上り坂に差し掛かり、びっしりと山の上まで建った家が線路に近付く。そして、その後ろにある山々も迫ってきた。反対側には冬のベールに包まれた東大阪の街並みが、はるか眼下に広がる。近鉄は通勤で使うには不便らしいが、総裁はこの眺めが好きで、毎日見ながら通勤通学できる人がうらやましい。


石切を越えて奈良県に入ると、雲の隙間から昇ったばかりのやわらかい朝日が差し込んできた。車内は段々混んできて、大和西大寺で乗り換えるときには、たくさんの人がものすごい勢いで階段を昇って行く。ちょうど京都行きの急行に接続しているらしい。天理行きに乗って発車を待っていたら、向かい側ホームに難波行き快速急行が到着し、ものすごい数の人が車内に吸い込まれていった。


天理は特急も走る橿原線の枝線だが、意外に乗る人が多く、天理に着くとかなりの人が改札に殺到していった。時間は7時半、通学のピークなのだ。


(というわけで、次回からバス旅に入ります)

甲子園 今年も行きました③ 

一刻も早く甲子園へ行こうかと思いましたが、お目当ての広陵×聖光学園は第4試合。あんまり早く行っても暑くてかなわん。大学の友人と生徒は青春18きっぷで来ているので、ちょっと足を伸ばして元町の南京町で中華をがっつり食べました。


15時を過ぎ、少し涼しくなったところで甲子園入り。銀傘下を狙って「追加発売があるかもしれない」内野特別自由席の列に並びます。第3試合が終わり、やっと発売開始決定。場内に入って空いている場所を探したら、何と最前列のブロックに座れました! 甲子園自体、グランドと同じ目線で見られるのが魅力ですが、やはり前の方は格別です。
07101612

やむを得ず聖光学園側ベンチ近くなってしまましたが(^^; ベンチからの声が聞こえてくるんですね。見ると、誰よりも前に出て人一倍声を張り上げている選手がいました。試合は広陵が強さをいかんなく発揮したワンサイドゲーム。広島県民としてはうれしい限りですが、くだんの選手はどんなにリードされてもグランドの選手たちを激励し続けます。見ているこっちの胸にも響いてきました。ああ、甲子園ってエエなあ


試合の最終盤、ずっとベンチを温めていたその選手が代打で指名され、見事出塁。歓声と拍手が沸き起こります。聖光ファンはひたむきに頑張っていた姿を見ていたのでしょう、試合の中で、聖光応援団はそこで一番盛り上がっていました。


広陵は攻撃の手を緩めず、チャンスがあればガンガンに盗塁。めまぐるしく選手を交代し、層の厚さを印象付けました。いやあ、中井哲之監督も容赦ないのう、と思っていたら、広島に帰ってびっくり、何と監督がダウンして、選手が采配を取っていたそう。二重にびっくりしました。そりゃあ決勝戦までいくわけですよ。 昨夏の決勝第2戦ほどではないにせよ、今大会の節目となる試合を見られて大満足でした。
07101613

だから甲子園観戦は止められない。試合が終わるころ、グランドはカクテル光線に照らされ、何とも幻想的な眺めでした。


さて、そろそろ帰りのことを考える時間。帰りも行きと同じ路線の夜行バスに乗ります。まずは尼崎市内のスーパー銭湯で汗を流し、大慌てで土産などを購入。枚方駅で待っていたら、けさ乗ってきたバスが折り返しでやってきました。疲れが一気に回り、高速に入る前にはもう寝ていました。


翌朝、小谷SAのトイレ休憩で降りたら、なんばからの南海サザンクロスと、大阪からの中国JRバス呉大阪ドリーム号と揃い踏みになりました。
07101614

ちょっとだけ大阪の空気を引きずりながら、広島センターに着き、帰宅したのでした。ちなみにこの日いきなり夜勤だったわけですが、さすがに頭が回りませんでした…。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

甲子園 今年も行きました② 

40分ほど仮眠して、少しだけ疲れが取れたところで出発。健康ランドの送迎バスで阪急塚口へ向かいます。


車内はラジオがガンガンに流れていました。関西の朝といえば、MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」。このウテシも好きなようですが、ちょうど流れていた映画コーナー(浜村淳の名口調であらすじを99%喋ってしまう名コーナー)はあまり好きでないらいしく、ラジオ関西(旧称AM神戸)とザッピングしながら。おかげで羽川英樹の鉄道トークも、10時のヤマトヤシキの時報も聞けましたよ。


塚口からは阪急電車を乗り継ぎ池田へ。ん、なぜ池田?
実は大学の友人で、岡山県内で私塾を開いている男がいます。ちょうど総裁らと同じ日に塾の修学旅行?で大阪に来ている、ということで合流し、駅にほど近いインスタントラーメン発明記念館へ行くことになったのです。
07071402


日清食品の関連財団が、インスタントラーメンを発明した安藤百福氏の業績をたたえる目的で建てた、インスタントラーメンの殿堂。入館無料の展示室にはまず百福がチキンラーメンを発明した小屋が再現され、インスタントラーメンの歴史を振り返る展示物がずらりと並びます。
07101601

こんな感じで店頭に並んでました、を再現。英語表記のダンボールに詰められ、ちょっとした高級食品ですね。
07101602

袋は中身が見えるようにシースルー。当時インスタントラーメン自体がまったく新しいものですから、何が入ってるか見せた方がエエと考えたのでしょう。
07101603

国道脇名物キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!! 昔国道54号の赤名峠で食いましたよ、この自販機で。あと実家がある団地の入口にもなぜかこの機械がありました。


そして、さらにマニア心をくすぐる展示が↓
07101604

日清が歴代出してきたインスタント食品が勢ぞろいしているんです! しかも偉いことに、明らかにスベッた商品もちゃんと並べています。さすがチャレンジャー・安藤百福の会社。
07101605

画期的なチキンラーメンを出した直後、いきなり野菜を練りこんだ緑色麺を発売。
07101606

パスタにも挑戦。その名もスパゲニー!! 思わずプッと噴き出しましたが、パスタを出しちゃるんじゃという意気込みがあったからこそ今のSpa王につながったわけで、常に前向きに挑むことの大切さを感じました。
07101607

総裁の幼心に刻まれた珍名「とりりのり」「うししのし」もありました。たまらんですよ。


そしてさらにグッとくるものがありました。何とオリジナルカップヌードルが作れるのです(有料)。すでに長い列ができています。
07101608

スープを4種類から1つ、12の具から4つを選びます。↓のような感じでスタッフさんが麺をカップに封入し、具やスープを入れ、パッケージしてくれます。
07101609

総裁はカレースープにシーフードな具を入れて、ジャワカレーをイメージした南国ムードな組み合わせにしました。となるとネーミングは…
07101610

「アレンのシーフードヌードル」。いや、カープファンに分かっていただければそれでエエです。一緒に作った広島支部長は日本一早い「新球場記念ヌードル」。すっかり童心に帰って楽しみました。


最後は地域限定めんが食べられるイートインコーナー。東北限定の芋煮うどんはしょうゆが効いていてなかなかの味でした。元々インスタントラーメン党でしたが、もっと好きになることができました。
07101611

(奥に見えるのは九州限定ごぼ天うどん)


ええと、次こそは甲子園へ行きます。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。