12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

補足旅余話 バス旅本への道7 

失意の中、広島に帰って1ヶ月。当方の希望で一番遅い時期まで先延ばししていた夏休みがやってきました。東京までバス旅してからもう1年経ったんですね。


春先までは、またバス乗り継ぎの旅をしようかと思ってリサーチし、ある地区で季節運行のバスが走る7月下旬-8月下旬に休みを取ろうともくろんでいましたが、5月に突然の痔ろう。肛門をいたわるためにも今年は普通に旅することに。昨年10月29日更新から何回か書き連ねている(しかもまだ完結していない…汗)の西表島旅がそれです。


そちらでも書きましたように、せっかく長い休みがあるなら、ということで、千葉県船橋市に住む友人の結婚新聞制作に向け「取材」をして、オープンしたての鉄道博物館(さいたま市)に行ってから沖縄へ飛ぶことにしました。逆に言えば、東京へ行く道中でバス旅本向けの写真を撮るチャンスがもう一度訪れたのです。推敲作業が遅れた「けがの功名」ですな←自己弁護


何を撮ろうか。まず前回失敗した姫路駅前のバス乗り場は絶対。あと、本文中で散々触れたのに写真がない新静岡のバスターミナルと、富士の吉原中央駅を撮ろう。ついでに箱根へ行く道すがらで臨める駿河湾と三島の町並みも。


というわけで、広島-姫路-静岡-富士-三島-東京、という静岡県知事が泣いて喜びそうなプランが確定しました。で、ルートを検討。これが意外に難しかった。


まず静岡に停まる新幹線少なさ杉! 元々「ひかり」さえ通過する便があった静岡。それが2002年10月改正で「のぞみ」中心のダイヤになったもんですから、さらに不便に、時間がかかるようになりました。以前静岡県知事が会見で「静岡にも『のぞみ』を停めてくれ」と言ったそうで、その気持ちよく分かります。(だからこそ静岡空港建設に熱心なのかも)


加えて「のぞみ」の半数しか停まらない姫路をコースに組み込むといよいよ身動きが取れなくなりました。


前日に出て関西で泊まろうかとも思いましたが、突然会社の研修が入って前夜出発がかなわなくなった上(怒)、姫路で明るい時間に写真を撮ろうとすると広島を朝イチに出てもあまり時間が変わらないことが判明。マニアックな行き方を好むマニアとして泣く泣く「普通に」新幹線のきっぷを買ったのでした。(あらゆる可能性を調べた上でこれしかなかったんです。無念)




三島で1時間に1本の元箱根行きバスに乗る関係で、結局広島発6:40ののぞみに乗りました。これでも順調に行って東京18時着予定。のぞみが停まらない&空路がない都市を行き来するとかくも時間がかかるのです。


天気予報は曇りのち雨。広島は傘なしで大丈夫でしたから、何とか持つかなと思いましたが、7:38に姫路へ着くと土砂降り。幸い神姫バスターミナルまでは屋根付き通路で行けましたが、ターミナルに着いて気が付きました。
08010401

バス多杉! ファインダーの中がバスで埋め尽くされて全体が分かりにくいのです。考えてみれば土曜とはいえ朝ラッシュの時間帯。事前に気づけよ、という話です。まあホームドアの様子が分かるからぎりぎりセーフでしょう。


1階の待合室に降りると、朝から泥酔したオジちゃんがシャウト中。待合室の職員さんが手慣れた様子でなだめていました。ちょっと身の危険を感じながらバスターミナルの出口から撮影。
08010402

きょうになって気付きましたが、この乗り場、雨の日は大変ですね。


結局本文に沿う、ということでホームドアが入った最初の写真をバス旅本では使いました。




姫路からは8:38ののぞみに乗り、名古屋でひかりに乗り換えます。


先述した02年改正で自由席を5両つないでいた東海道直通のひかりがほとんど消え、その代わりとしてのぞみに自由席が設定されました。しかし3両しかなく、5両分の客が3両に押し込まれることに。以後岡山より東ではかなり混み合うようになりました。まあ岡山から50分ほどの新大阪まで行けば一気に便数が増えるので、「ちぃと我慢してつかあさいや」ということなんでしょう。


今回乗ったのぞみの例外ではなく、途上国の難民列車よろしくデッキまでギュウギュウ。姫路段階で「何とか乗り切れた」といった感じでした。外が雨なもんだからムシムシして不快指数急上昇。デッキが混み合っているもんだから、客室とデッキの間の自動扉は開きっ放しです(笑)


新大阪で客の半分以上が降り、ようやく席にありつけました。前の日あまり寝ていなかったこともあり、気付いたら意識が飛び、車窓には岐阜羽島の駅。名古屋で降りたら吐く息が白くなりました。冷たい雨は勢いを増し、風も強くなってきました。
スポンサーサイト

補足旅余話 バス旅本への道6 

ちょうど16時25分に天理駅を出る上野産業会館行きがあります。急ぎ足で西へ戻れば17時ごろに高峰SA前を疾走する上野行きバスが撮れるのです。バス旅をする限り、自分の乗ったバスが走っている様子を外から撮るチャンスはありません。日にち・時間こそ違えど、またとない機会。夕方になってさらに交通量が増えた名阪国道を天理方面へ走りました。


前を走るクルマがスピードを落とし、何度か冷や冷やしましたが16時45分、下り線の高峰SAに到着。「この人何やってんの?」とほかのクルマからの視線を浴び続けること15分、あの日と同じいすゞエルガミオがやってきました。日が暮れて速いものを撮影するには限界の時間。無理かなあとも思いましたが、どうにか撮れました。
08010324

ホッとしたのもつかの間。撮りたいものを早く片付けないと、暗くなってしまいます。五ヶ谷ICで名阪国道を降り、山の中の住宅地を抜け、陸橋からΩカーブを撮影。へろへろ脇道の強烈な下り坂を進み天理東ICをくぐって、山を越えると、明らかにビルなのに屋根が入母屋造り(こんなの)になっている一角に突き当たりました。


そう、宗教都市天理の中枢に入ったのです。甲子園でおなじみの天理高に天理教本部。その威容に驚くばかりです。写真を撮ろうかと思いましたが、信者に取り囲まれたりしたら大変なのでおとなしく通過。バス旅中、「天理のビルはみんな屋根が入母屋造り」との情報が夜で確認できず、「昼間の天理を見に行かんにゃあいけんのう」と書いた手前(このへん)、駅前へ行ったのでした。早速写真を撮ってみると…
08010325


微妙…。ということでこの写真は本に載せずじまいでした。。


軽く渋滞に巻き込まれながら、阪神高速で兵庫県に入るころにはあたりは真っ暗になっていました。


途中尼崎市内でひと休みしたせいもあって(するなよ)、写真を撮りたかった姫路駅前に着いたのは22時前。ウテシに向かってフラッシュを炊くのはイヤだし、広い構内だと光が届かないのでスローシャッターで撮ったらこの有様。
08010326

うーん、ボケボケ。
08010327

ということで、またのリベンジを誓って山陽道に乗って、広島を目指したのでした。


帰りはETC深夜割引(説明はこのへんを)を狙って、am4:00までに広島ICを出るつもりでしたが、途中猛烈な眠気に襲われて三原市内の高坂PAで仮眠。ふと目が覚めたらam3:45! これでは広島ICまで行くと確実に4時を過ぎてしまいます。泣く泣く河内ICで降り、下道で広島へ帰りました。


明けて24日、ひろしまバスまつりがあり、出掛けましたが、アタマは半分溶けた状態でした。ちゃんちゃん。


(いかにも終わったような感じがしますが、補足旅には後日やった「その2」があります。よってまだまだ続きます)

補足旅余話 バス旅本への道5 

(名古屋中心部の地図を見ながら読むと分かりやすいです。このへんあたり←縮尺1/8000で追うと良いかと)

あの日と同じ長久手車庫行きに乗りました。休日の昼時とあってガラガラ。平日夕方は満員になるのが信じられないぐらい。


栄を過ぎ、大津通から道路中央のバスレーン走行がスタート。地上から撮ると車線の切り方などが分かりにくいので、おそらく上からのアングルが良い。となると歩道橋があって、その真下にバス停があるところがベストでしょう。


そんな都合のいい場所はないかなあ、とキョロキョロ。バスは名古屋城を左手に見ながら県庁、市役所前を過ぎ、住宅地に入りました。市役所前近くに早速歩道橋がありましたが、バス停から離れていて×。名古屋高速をくぐり徳川園新出来でようやくバス停脇に歩道橋があありました。早速降ります。


で、歩道橋に上がると、バス停が真下すぎて屋根しか写らない! やむなく地上から撮ってもこんな感じ。
08010322

ここは断念して、次のバス停・古出来町まで歩きました。何と、ここもバス停脇に歩道橋。しかも歩道橋がバス停より少し離れています。これはイケる! 思い切り不審者の視線を浴びながら、バス2台が並ぶ瞬間を写真におさめました。これでいっちょあがり。反対車線にバスレーンが食い込んでいる様子、分かりますでしょうか。
08010323

抑えで大津通にある2階建て駐車場からも写真を撮りましたが、郊外方面からのバスレーンが既に終わっていてダメ。結局古出来町の写真を本に使うことになりました。


名古屋駅できしめんをすすって、結局14時25分発の三交伊賀車庫行きに乗車。滞在時間は2時間強でした。まさに写真を撮るだけの名古屋入りで「どんだけぇ」って言われそう。


帰りのバスも8割方座席が埋まっていました。夕方の便は乗り切れなかったかもしれません。16時すぎ、三交上野車庫に着き、すぐ名阪国道へクルマを走らせました。実は狙っているカットがあったのです。

補足旅余話 バス旅本への道4 

三重交通上野車庫のバス停に行って発見がありました。バスの日(9月20日)を記念して、きょう(23日)から2日間、三重交通バスの運賃が半額だったのです! 普通こういう場合高速バスは対象外なのですが、今回乗る三交伊賀車庫-名古屋名鉄バスセンターは半額路線に入っていました。総裁も当然半額で、名古屋まで片道900円! クルマより断然安い! ビバ、三重交通!!


広島ファン的には既に終わったシーズンでしたが、中日ファンにとってきょうは「リーグ優勝マジック点灯か」という日。バス停にはドラゴンズのメガホンを持った親子連れがいました。この後ナゴヤドームで広島とのデーゲームがあるのです。


心中複雑でしたが、外国から出稼ぎにきたっぽいお母さんと娘さんがメガホンを持ってうれしそうな顔をしていると「阪神よりは中日に花を持たせた方がエエんじゃろうな」なんて思ってしまいました。(ちなみにそんな総裁の気持ちを知ってか知らずか、この日カープは意地を見せて完封勝ちしました)


バスは少し遅れて到着。半額だけあって、ここ三交上野車庫の次、上野産業会館で座席はほとんど埋まり、御代インター森精機前で満席。関バスセンターから補助席を使うほどになりました。


今回はのんびりと名古屋まで乗られるので、だいぶ気持ちに余裕があります。あの人は違い、晴れて遠くまで見渡せる山々。雨の日は赤い威容ばかり目立っていた伊賀ドライブインは随分にぎわい、よく見るとローソンもあって赤色ばかりでないことに気付きました。雨降りだとどぎつい色ばかりに目を奪われてしまいがちなのです。


関JCTからは有料の東名阪道。と、巨大な橋桁群が姿を現しました。2008年春開通の新名神高速です。(詳細はこのへんで) 名神をショートカットし、雪が多い関ヶ原を避けられる新ルート。おそらくここを多くの高速バスが走るようになるのでしょう。


とはいっても新名神に接続する東名阪道自体は昔からの自動車道です。山陽道より古めかしい造りで、中国道と同じ80km制限。インターの造りも、最近ありがちなやたらダイナミックな橋梁があるタイプではなく、地べたにあるシンプルなタイプです。


桑名を過ぎ、愛知県になると少しずつ家が増えてきて、名古屋高速に入ると遠くにビル群が見えてきました。ほぼ定刻通りに名古屋駅名鉄バスセンターに到着。バス旅のときと違って、昼間は落ち着いた感じで、ちょっとした地方都市の駅みたいです。基幹バスの写真を撮りに行く前に早速ホームドアの写真を撮りました。
08010321

いよいよ、きょうのメーンイベント、基幹バスの撮影です。

補足旅余話 バス旅本への道3 

(名阪国道建設の経緯などについては、バス旅の途中、このへんで書いています)

名阪国道の入口、天理ICは奈良盆地の東端。右前、左前、正面とも山ばかりになってきました。ゆるやかな上り坂は、天理東ICを越えると一気に傾斜がきつくなり、カーブも急に。西名阪道以上に交通量も増えてきました。
08010311

何か、前方の道路、斜めってるんですけど…


そう、いきなりΩカーブスタートです。そういえばバスに乗ったときもそうだった!(このへんの地図をご参照ください)


ゆるやかに右に、左に曲がったところでR=150カーブです。周りが速いスピードで流れているもんですから、結構ドキドキもの。ハンドルを握る手に力が入ります。夕方名阪国道をまたぐ陸橋から写真を撮影(地図上「米谷橋」の右下から↓の向き)。上から見ても激しいですね。。
08010312

傾斜としては、R=150カーブで奧側から手前側へ一気に上ります。
08010313

まあ、メチャクチャなわけですよ(笑)


米谷橋を過ぎてもこんな急カーブが続きます。
08010314

きつい上り坂が続きこのへんから、左車線=脱落して法定速度かそれ以下で走るクルマ、右車線=アグレッシブに走り続けるクルマに二極化してきました。名阪国道初心者の総裁はおとなしく左車線を走ります。


地形と相談しているかのような急カーブと急坂。申し訳程度に登坂車線がありますが、西広島バイパスが超近代的に見える無茶な造りにGを感じ、テンションは上がりっぱなしです。


坂の途中、かなり激しい場所にある五ヶ谷ICを過ぎ、さらに10分ぐらい登ると、やっとΩカーブの最高地点に到着。名阪国道のもう1つの名物、高峰SAが見えてきました。


天理ICの標高が70m。そしてここ高峰SAは440m。たかだか10kmほど(ちなみに直線距離なら5km。ものすごいぐねぐねしているのが分かります)で370mも登ったので大和盆地があんなに小さく見えます。写真を撮り損ねましたが、反対車線(下り線)を天理行きの三重交通バスが通り過ぎました。
08010315

そう、ここは夜景の名所なのです。(このへんを参照) しかしそんなことはオマケに過ぎません。高峰SAを全国的に有名にしているのはこれだ(ベストハウス1,2,3風)


08010316



加速車線ないやんけ!! いくら無料でも高速道路並みのスピードで流れている自動車専用道路。交通量も多くなかなか流れが途切れません。西部警察ばりの急加速が求められるわけで、これはデンジャラス。しかも微妙にカーブしている場所で、右側が確認しづらい! 一瞬の判断が明暗を分けるといっても過言ではないでしょう。


ええ、もちろん総裁も挑みましたよ。右側をチラチラ見ながら流れが途切れるのを待ち、アクセルをベタ踏み。気分は大門団長です。無駄にi-Podで西部警察のオープニングテーマを流してしまいましたよ(笑) (ちなみに動画で撮るとこんな感じになるよう。YouTubeにも名阪国道動画はたくさんあります)


福住ICあたりからは一直線の下り坂。間もなく道の駅針T・R・Sです。3連休の中日で大にぎわい。中国地方のSAとは比べものにならないぐらいです。駐車場ではこれから集団暴走ツーリングに出るハーレー軍団が決起集会をしていて、なかなかに壮観でした。


そんな中、少々場違いなバスを発見。
08010317

かわいらしい中型車ですが、時刻表を見るとどうもこのバス、名阪国道を走るようなんです。こういうクルマってコミュニティバスなど住宅地をのんびり走るイメージがあるので、激走するシーンを見て、乗ってみたいものですな。エンジンや足回りをすげえ強い仕様にしてたりして。
(時刻表を見ると、名阪国道を通らない別系統の可能性もあるので念のため)


三重県境の山添村に入るとこんな標識が登場。
08010318

こんな回りくどい書き方せんでも「制限60km」って書けばエエのに。オービスの直前にあるのが実にいやらしい。


三重県に入り、右側に工場が目立つようになりました。ゆっくりと坂を下って上野IC。いったん漢の道に別れを告げます。このまま名古屋までクルマで行ってもいいのですが、亀山ICから先は有料の東名阪道&名古屋高速だし、駐車場代も馬鹿にはならない。そこで上野にパーク&ライド駐車場を完備した三重交通の高速バスに乗ることにしました。


少し時間があるので上野産業会館を撮影。昼間見るとレトロ具合が際だちます。
08010319

ついでにコンビニで地元紙伊勢新聞を買いました。一面トップはある町の使途不明金についての記事。以前取り上げた記事の続報らしく、「伊勢新聞はでたらめばかり書く」などといったん事実を否定した町長をけなくそに書いていて、思わず最後まで読んでしまいました。アグレッシブじゃのう。

補足旅余話 バス旅本への道2 

(たくさんIC名が出てくるのでこのへんをご覧になると分かり良いかと思います)

まずは西条ICへ出発。広島市内→東広島への王道ルートである国道2号を東へ走ります。黄金橋を越え、部分開通した安芸バイパスまでは順調でした。しかし中野から渋滞。そう、ここはいつも混むんだった! いきなり壁にぶち当たりました。


実はこの渋滞、15-20分程度、瀬野駅前まで耐えればスムーズに流れるようになるのですが、当時はそのことさえも忘れていました。ここで天の声が聞こえました。ならバス旅みたく熊野を回ろう! ええ、ぶち遠回りですよ。でもその時は少しでも先へ…という思いが先行していました。


矢野→熊野→黒瀬と抜けたころには日が西に傾いていました。


ところで適当に走ってきたけど、西条から100kmってどこまでじゃろう? 念のためi-modeで玉島ICまでの距離を調べてみると95.8km。ちなみに西条のひとつ先、河内ICからだとどれぐらいだろう? こちらは84.7km。ともあれ全然OKじゃん!


調べると意気揚々と再出発し、西条ICの料金所を通ったのは17時過ぎ。半額ドライブスタートです。


と、ここで猛烈な豪雨に見舞われました。ワイパーを動かしてもなかなか視界が確保できずノロノロ運転。ちょっと眠くなってきたし、八幡PAでひと呼吸入れました。


しかし目は覚めたものの、アタマがとろけたままでした。ここで先ほどの95.8kmと84.7kmを取り違えてしまったのです。つまり本当は95.8km離れた西条-玉島間を84.7kmと思いこんでしまいました。運転しながら数字を覚える、という高度はできんのんですね、やっぱり。


クルマは岡山県に入り、玉島ICが近づいてきました。ここで考えます。「まだ84.7kmだから半額区間はあと15kmもある。次の倉敷ICまでは距離が短いし、(国道2号バイパス上にある)早島ICまで行っても100kmないじゃろう」。かくて、とろけたアタマで玉島IC、さらに倉敷ICも通過しました。


そして早島IC。意気揚々とゲートをくぐると…2950円!! 何!! がおぐぁh;おgさhg;ぁgjさじゃjふぉあ;…


ここで間違いに気付きました。節約するつもりが単に遠回りをしただけになったのです。岡山バイパスで激しい渋滞に引っ掛かったこともあり、しばらく車内で悶絶したのでした。(夕方の岡山BPが混むことは岡山に住んでいた時代は常識だったのですが、それさえも忘れていたんですね)


20時半、兵庫県境がある備前市内で夕食。当初はきょう中にバス旅で泊まったルートイン伊賀上野に行ければ、と思っていましたが、どうやら無理そう。大阪泊に変更し、iモードで東横インを予約。2号線-太子・龍野・姫路・加古川バイパス-第二神明を経て、阪神高速に入って間もなく神戸の明かりが見えてきました。


22時半には大阪のホテルに到着。駐車場探しに四苦八苦しながら何とかチェックインしました。途中、豪雨にやられたせいか、普段の2割増ぐらい疲れました。。




翌朝、カーテンを開けると胸のすくような快晴。ホッとひと安心です。気持ちいいぐらいに空いた大阪市内で道に迷いながらも何とか夕陽丘から阪神高速に乗り、いざ南へ。直角カーブを何度も過ぎ、松原JCTから西名阪道に入りました。


法隆寺なんて「これぞ奈良!」なICで自損事故があり多少渋滞しましたが、8時半、ついに男の憧れ名阪国道に突入しました!

(西名阪道の位置はこのへんを、阪神高速の路線図はこのへんをご覧になると分かりやすいです。なお名阪国道についてはこのサイトに詳細レポートがあります)

07年紅白歌合戦 

紅白歌合戦、ご覧になりました? あの日総裁は夜勤。12月31日更新で「職場でずっと紅白を見る」なんて書きましたが、結局まじめに仕事をしたため(いえ、普段からまじめにやってるのですが)、最初の1時間しかゆっくり見られませんでした。もっと突っ込みどころを知りたい方は今(08年1月14日)発売中の週刊文春が特集をしていますので、そちらもどうぞ。


まず11月29日更新で書いた予想の結果。ごめんなさい(めざましテレビ占いコーナーの高島彩風)、流行語同様惨敗でしたm(_ _)m


YUIや東京事変は出やしないし、AKB48、リアディゾンは出ちゃうし、「初出場は思い付かない」なんて書きながら、広島に縁のある馬場俊英を外すし…。mihimaruGTや秋川雅史は2年連続で出るし、北山たけしは何事もなかったように登場。あみんを当てたことが唯一の救いでしょうか。にしてもピンクレディーを出さないこと、サプライズが寺尾聰止まりだったのは意外でした。いや、ルビーの指輪が聞けてうれしいんですけど。




本番を振り返ると、しょっぱなはモーニング娘。一派「ハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊」でした。以前からそうでしたが、今回特に「××紅白バージョン」「●●紅白スペシャル」みたいなパターンが増えました。CD売り上げが全体に芳しくない中、知られていない新曲より、みんなが知っている歌を、という傾向が強まったのでしょう。「LOVEマシーン」とかが歌われました。


なぜハロプロ10年を公共の電波で祝わないといけないのか(出場者が決まったとき、職場の人が一斉に言った)というのは置いといて、宝塚大劇場ばりの大人数は確かに圧巻でした。しかし、昔に比べて歌唱力が落ちている。中学生のカラオケを聞いているようでした。マァ08年ノ紅白シーズンマデ残ッテルカ分カラナイシネ。


Berryz工房や℃-uteの初耳な歌を聞かされ、さらに後味は悪くなりましたが、次の美川憲一が吹き飛ばしてくれました。何とホストみこしに乗っての登場です。あまりに度肝を抜かれて笑うしかありませんよ、こうなると。電飾衣装より遙かにインパクトがありました。で、いかにもイマドキな登場をしたのに、歌うのは「さそり座の女」。いや、これには負けた。


さらなる異変は中村美律子あたりから。突然バックにマッスルミュージカルが登場。歌の雰囲気を無視して跳び箱をしたり、バク転をしたり、やりたい放題し始めたのです。こりゃあワヤじゃ、と思ったのですが、気付いたら後ろで繰り広げられる筋肉の躍動に釘付けになっている自分がいました。


よくよく考えると上手い演出です。ハッキリいって中堅どころの演歌は若者ウケしない。普通に歌わせるだけだと、お茶の間で子どもたちが「チャンネルを変えようよ」とギャアギャア言い出し、他局にスイッチされかねない。これだと「演歌に興味がない方はマッスルミュージカルをご覧ください」な見方もできるわけです。チグハグっぽいですが、実は演歌好きと演歌に興味がない人をつなぐ演出だったのです(総裁仮説)


おかげで、総裁が興味ないゾーンを一気に通過することできました(笑)


mihimaruGTで大量のエキストラに驚き、EXILEの間に仕事を進めたら、総裁の好きな布施明「君は薔薇より美しい」、前川清「そして神戸」。そして「おしりかじり虫ショー」です。痔の手術をした総裁はこの歌を聞くと激痛の記憶がよみがえり、心から楽しめません。それ以前にこの歌、おさかな天国とかだんご三兄弟みたいに盛り上がりましたっけ?


ショーが終わり、案の定客席が盛り上がらなかったAKB48とリアディゾンの後はしょこたん。当方と、同じ職場のアニメファン、「空色デイズ」が主題歌になったアニメを子どもと見ていた上司はこれが一番の楽しみでした(^^;


奇抜なコスプレきぼんぬだったわけですが、意外にも(ていうか、それが当たり前ですが)普通の衣装。まあアニメの衣装は著作権とか他局との絡みとかありますからね。。




というわけでここまではちゃんと見ました。あとはたまにテレビを見たとき、気になった点をいくつか。


小林幸子の衣装は回転あり、ラメあり、電飾ありで期待通り。少しコンパクトでしたが、紫っぽい光が美しかった。今年は「この衣装はこんな風になっている」みたいな楽屋裏ネタもあり、興味深かったです。


あと、ラスト。紅か白か勝った方の色に東京タワーが染まるという演出があり、白組が勝ったので、白色のライトが点灯しました。しかし、どう見ても青色だろ! 4時間半の紅白で唯一職場から一斉に声が上がった瞬間でした。


色々意見はあるでしょうけど、07年は総じて楽しい紅白でした。視聴率はイマイチだったようですが、前年より下がらなかったんだからオンの字じゃないでしょうか。初日の出を撮影する間、後ろにいたジイさんカメラマンたちも「今年のはワシらが見ても面白かった」と言ってましたし。


例年なら再放送がありますので、是非ごらんになってみては。視聴率が下がったといっても国民の4割近くが見る娯楽番組ってそうそうあるもんじゃないですし。総裁も見逃した後半部分を楽しみたいと思います。それでは!
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

流行語大賞予想結果 

今さらになりますが、流行語大賞の予想結果をご照会します。発表当日アクセ消えた年金スが急増して「大ハズレだったらどうしよう…」と結構プレッシャーだったんですよ、これでも。


(「気になる」も含めて)赤い大きい字で列挙した11ワードのうち、選ばれたのは5ワード


そう、的中率半分を切りました!! 一番ショックだったのは自信満々だった「KY」が外れたこと(アベシンが発表イベントへの出席を断った?)、そして「消えた年金」を外したこと。来年こそは「どげんかせんといけん」ですね。


以下、予想しなかった新語・流行語などについて書き連ねていきます。




消えた年金
一時期流行語大賞に必ず選ばれていた、政界でしか使われていない「永田町方言」。ブッチホンや小泉劇場、米百俵などが好例でしょう。毎回「こんなの流行りましたっけ」を言われ続けて、昨年とうとう駆逐されました。おそらく選者が変わったんでしょう。それもあってノミネート語のうち、何とか還元水(発言者が自殺したのでこれは絶対ないと思いましたが)、お友達内閣、背水の陣内閣、マダムスシなどとともに消えた年金は外しました。


しかし考えてみれば、ほかの永田町方言とは格が違っていました。最初こそマスコミも見過ごしていましたが、段々話が大きくなって、とうとう参院選での与党惨敗を招きました。社会的な
影響が強かった言葉であり、外したのは明らかにミスでした。


会社が社員全員分の年金記録を照会してくれ、先日社保事務所から(会社を通じて)回答の紙をもらいました。学生時代って手続きすれば年金保険料支払いを免除してもらえますが、総裁は「同い年の官僚がポカしたとき、デカい態度で文句が言えるから」と支払っていたんです。


紙を見ると国民年金、厚生年金とも支払い時期に間違いはなし。しかし、国民年金を払っていた当時横浜市に住んでいたのに、紙にはなぜか「岡山市」と出力されています。


確かに岡山市に住んだこともありますが、それは就職後=厚生年金の時期。一番最近住んだ市町村なら広島市になるわけで何かヘン。支払い時期は正しいので給付額に問題は出なさそうですが、やっぱ第三者委に申し立てすべき? しかし21世紀に手続きしたのに、この有様かよ、年金って…。


どんだけぇー
予想では「どんだけぇは次点だろう」なんて書きましたが、実はノミネート語のうち、総裁が一番使ったのはこれだったんです。ええ、女子のいる飲み屋で場をつなぐときとかに使いまくりましたよ。その姿勢、どんだけぇ?って言われそう。


この言葉のいいところは毒を含んでいながら、何となく流れていってくれる軽さでしょうか。「美しい国」をうたいながら美しくない辞め方をした某二世議員みたく、デカいことを言う割に大したことないオッちゃんたちへのアンチテーゼだと思います。


鈍感力・食品偽装
まず鈍感力。永田町方言から決別した流行語大賞ですが、数多くの語録を生み出した小泉純一郎好きは相変わらずだったよう。不完全燃焼気味な流行でしたが「小泉力」で選ばれました。


食品偽装は夏休みシーズンでニュースが薄い時期に降って沸き、報道が一気にヒートアップ。もはや何を見ても信じられないという気持ちになるぐらい出まくりました。今までがズサンすぎたわけですよね。食品表示の信頼性を地に堕とした罪は重い。しかし、途中から重箱の隅をつつく話になったのは否めません。


これは最近とみに思うのですが、軽微なミスや過失まで徹底的に叩き、中途半端なワルがやったこと以上に罰を受け、本物のワルはその陰でヌクヌクと…という風潮があります。ミートホープや白い恋人に隠れてその後コソコソと発表した事例の中に実はオオゴトがあったのではないか、と思っています。


悪いことには反省を求めるにしても、程度は考えるべき。私たちにも時として鈍感力が必要、ということなんでしょう。


ネットカフェ難民
日テレの特集から火が付いた、ワーキングプアを象徴するキーワード。ネットカフェ業界から「言葉を変えてくれ」という要望が出たらしいですが、これほどイマドキらしさとキャッチーな響きがある言葉はそう簡単には変わらないですよね。一部の外食チェーンでは評判が悪くなることを恐れ、長居をしないよう張り紙をしています。ワーキングプアの居場所はどんどんなくなる一方です。


そうかと思えば、テレビを見ていたらある政治家が「若者は好きで派遣とかフリーターを選んでいるんだ」と声高に主張していました。根本が分かっていない人が政治をやっている以上、多くは期待できそうにありません。


猛暑日
報道業界には「夏枯れ」という言葉があるそう。夏休みシーズンは企業も役所もみんな休みを取るもんだからニュースな動きが少なくなって、ネタに困る時期らしいです。そんな時期の救世主だったからでしょうか、猛暑を伝えるニュースが特に多かったように思います。いえ、もちろん記録を更新する強烈な暑さだったからですよね。


加えて「猛暑日」が本年度から使われることになった気象用語。つまり「新語」で、鮮烈でインパクトが強かった点も大きいでしょう。まだ暑さが続いてるのか、今年の冬は思ったより寒くないですね。。不都合な真実(←しつこい?)がどこかで起きているのでしょう。


大食い
それにしてもギャル曽根、年末年始特番出まくりでしたね。多分全チャンネルを制覇してるんじゃないでしょうか。キモいとか、もったいないとか異論もあるようですが、総裁はギャル曽根、好きです。あれだけうれしそうに物を食べる人っていないし、見ていて清々しさすら感じます。理屈をず、純粋に食べる喜びを全身で表しているからだと思います。あれだけ食べて太らない方法を教えてほしいぐらいです。




ということで、ちょっと毒を含み気味だった07年の新語・流行語大賞。08年はどんな言葉が生まれるんでしょう。五輪も総選挙もあるから今年こそは「これだ」という本命が出ると思います。次こそは予想的中率が上がりますように。それでは、また12月ー。
ニュース  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

富士急静岡バス 富士宮駅 

広島-東京バス旅で、天理-亀山以外にもう1つ心残りだった清水-吉原中央駅間。より徒歩距離が少ないルートでの補足バス旅を今週末敢行しました


旅行記は後日載せるとして、富士急静岡バスがホームページを持っていないため、ネット上ではブラックボックスとなっている富士宮駅のバス時刻表&運賃・路線図を撮って来ましたのでうpしておきます。下道バス旅を考えているどなたかのお役に立てばと。
08010301

08010302

大阪-広島夜行バスまとめ 

銚子電鉄に乗った話を4回ほど書きました。18きっぷで大阪→夜行バスで銚子、という超強行軍でしたが、翌日も無茶しました。


さすがに早起きはできず、8時まで寝た後、ホテルの大浴場(今回宿泊した秋葉原のドーミーインは小さいながらもスーパー銭湯ばりに大浴場があった)にゆっくり浸かってスタンバイ。神保町の書泉グランデで交通関連本を調達し、東京駅へ。何とこの日も18きっぷを使いました


広島まで18で帰ろうとすると9時前の東海道線に乗らなければならないので、これは無理。とりあえず昼前に東京をスタートして、行けるところまで18を使おうという次第。結局上郡までしか行けないことが分かり、大阪から夜行バスを使いました。今回は中国JRバスの山陽ドリーム広島号。


で、はからずも広島-大阪夜行バス3路線(うち1つは枚方に立ち寄る京都行き)完乗を達成しました。パチパチパチ。(南海バス「サザンクロス」はここ、防長交通「まいこ号」・京阪京都交通「SANYO EXPRESS」はここで紹介)




せっかく3つとも乗ったので乗り心地とかを比較しておこうと思います。(停留所以外の時刻は総裁の腕時計による)


1.山陽ドリーム広島号 中国JRバス運行
(大阪駅桜橋口23:20-宝塚IC23:46-西宮北IC23:57-淡河PA(0:20-0:30)-中筋駅5:47-不動院駅5:57-広島バスセンター6:00-広島駅新幹線口6:10)
大阪駅-広島バスセンター 5700円
トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト→こんなの…太もも位置にあるやつ):有 スリッパ:無 毛布:薄い まくら:無 休憩:消灯前1ヵ所→淡河PA・深夜のため自販機のみ営業
※2号車=予備車だったため、本来の2階建てバスではない。念のため


2.サザンクロス 大阪発は南海バス運行
(あべの橋23:10-湊町バスターミナル23:30-南海なんば高速バスセンター23:50-中筋駅5:57-不動院6:03-広島バスセンター6:10-広島駅新幹線口6:20)
なんば-広島バスセンター 5700円
トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト):無 スリッパ:有 毛布:厚手 まくら:無 休憩:なし
021201



3.まいこ号・SANYO EXPRESS 防長交通・京阪京都交通共同運行
(洛西バスターミナル21:50-西本願寺前22:20-京都駅八条口22:35-京阪枚方市駅23:20-小谷SA(5:00-5:10)-中筋駅6:23-広島バスセンター6:36-大竹IC入口-7:19岩国駅前-7:33玖珂IC-8:03熊毛IC-8:14徳山駅前8:33)
京阪枚方市駅-広島バスセンター 5900円
京阪京都交通車→トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト):無 スリッパ:有 毛布:普通 まくら:有 休憩:早朝に小谷SA(24時間営業)
07071401





どれも同じに見える夜行バスですが、意外に違いがあります。


寝心地はレッグレスト付きの山陽ドリーム広島号と、枕付きのまいこ号が拮抗。起きたとき、より疲れが少なかったまいこ号が僅差で一番でしょうか。サザンクロスはごくごく標準的な座席ですが、特に平日は空いていることが多く、周りに気兼ねする必要がありません。


経路・時刻で軍配が上がるのはサザンクロスでしょう。23:50と大阪の発車時刻が一番遅く、人と飲んだり遊んだりするのも梅田よりなんばの方が何かと便利で、2次会までしっかり出られるこの時間は魅力的です。まいこ号は枚方という場所がネックになりますが、京橋発22:49(土休日は22:50)の京阪の急行に乗れば間に合うので、意外と遅くまで大阪にいられます。いずれも発車後すぐ消灯で、睡眠時間を長く取れます。


山陽ドリームの発車時刻も割りと遅め。最終的に梅田界隈やJR沿線で用がある方はサザンクロスよりこちらの方が良いでしょう。ただ、宝塚や西宮北に停まってから休憩があるため、0時半以降にならないと消灯されません。とっとと寝たい、という方には不向きですが、休憩があるのは心強いですな、やっぱり。


休憩といえばサザンクロスは唯一休憩がありません。乗る時はしっかり飲み物を買い込みましょう。(逆に言えばそれだけ寝ることに集中できます)


まいこ号は休憩ではなく「リフレッシュタイム」といいます。終点に着く前にトイレへ行ったり顔を洗うなど支度をする時間、という位置づけ。特にアナウンスなどはなく、気付いて外に出たい人だけが降りられます。まあ大抵の人はバスが停まると「ん」と気付くもので、なかなかスマートでよくできたシステム。


ちなみに大阪駅桜橋口は、地下にもぐってすぐのところ阪神梅田駅の西改札横に、南海高速バスセンターはエスカレーターで下りた南海なんば駅2階に、京阪枚方市駅は駅反対側の広場に、それぞれ関西私鉄系コンビニのアンスリーがあります。大阪は都会じゃのう。


まあこんなところでしょうか。バス選びのご参考までに。


惜しむらくは、総裁の中では意外と健闘しているまいこ号が今月末で廃止されること。徳山まで行くとダイヤ上色々制約を受けますからねぇ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。