07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

男もすなる鉄カフェなるもの 

久々に1日フリーの休みが取れたので大阪へ行ってきました! 出発は20日朝。高速バスで行き、当日深夜なんば発の高速バスで広島に帰る、とても30目前の男がやらないような弾丸ツアーです。


当初は高校野球観戦を狙っていました。例年20日は準決勝や決勝がある時期。特に日程表を見ず、ローテーションで20日が休みだったので「じゃあ」と出発日を決めました。ところが今年は五輪との重複をできるだけ避けるため(主催者の都合?)スケジュールが前倒しになっていたのです。決勝戦が18日。後になって気が付きました←オイオイ。


雨で2日ぐらい延びるじゃろう



しかし、今年の球児はよほど行いが良かったのでしょう。1試合スライドした以外は順調に日程を消化。予定通り18日に夏の高校野球は終わってしまいました。広島→大阪は人気路線で直前だと満席なので、すでに高速バスのチケット購入済み。ならばと大阪漫遊旅に予定を変更。昨夏、今年3月に一緒に甲子園へ行った岡山の友人(ここここを参照)も大阪へ行くと言うので現地で合流することにしました。



20日午前7時15分、心地よい風が吹く広島バスセンターの1番乗り場に大阪行きの2階建てバスが到着。発車オーライネットを冷遇する中国JRバスのことだからもしやと思っていましたが、案の定割り当てられたのは2階9B。目の前に階段の壁があるため足を伸ばせられない席です(T T) (このサイトの「ドリーム大阪号」の座席配置と同じ)


幸い空席があったので最初の休憩地・八幡PAで引っ越し。途中ウテシ交代がある吉備SAはリニューアルしていて、総裁が岡山に住んでいたころの面影はありませんでした。端の空き地にはちょっと凝ったダイドーの自販機コーナーが。
08080101

自販機の厚さ分しかない「半ハリボテ」。よくできてるなあ。



阪神高速が少し混んだため定刻10分遅れで大阪駅に到着。まず梅田の旭屋書店へ。総裁が前から気になっていた「ピクトレイン」グッズを期間限定で売っているのです。


ピクトレインとは、駅や空港の案内看板にある絵文字「ピクト」をデザインに採り入れた鉄道グッズ。JR東海の関連会社がプロデュースしています。(ピクトレイン公式サイトはここ


従来の鉄道グッズは新幹線の写真がデーンとあればイイや的な感じで、デザインもイマイチなものが多く、部屋や職場に置いたり、持ち歩いたりしにくいものでした。一方パリ交通公社やロンドン交通局のグッズはなかなかセンスがよく「日本にもこんなんないかなあ」と思っていた次第。


ピクトレインはパリやロンドンにだいぶ近付けたと思います。ピクトをシンプルに、すっきりと使ったスマートなデザイン。ほんのりと、ヲタ臭いを感じさせない程度に鉄を漂わすあたりエエなあと。いくつか購入しました。詳細は明かしませんが、女子ウケも結構良いです。



少し遅れて着いた岡山の友人と合流。日本橋へ行き、彼が以前から気になっていたというトルコ料理屋で昼食です。店頭でトルコアイスやケバブを売ってるあの店。ランチを頼んだところスープが品切れとのことで代わりに別の品が出てきました。料理名は分からないが、これがなかなか美味い。その後「大阪に来たからには粉モン」ということでたこ焼きをつつき、いざ漫遊です。もう午後3時ですけど…。


最近日本橋で増えているのがホビーショップ。マニア心をくすぐるグッズや、ガチャガチャや食玩の中身だけなどを取り扱います。(ここは一例) 意外な掘り出し物や物欲をくすぐる逸品があったりして、時間が過ぎるのを忘れて色々買ってしまいました…。


そして夕方。岡山の友人が一番楽しみにしていた鉄カフェなるところへ行きました。
08080102


広さ十数畳ほどの3階建て店舗には巨大なレイアウト(ジオラマ)が鎮座。
08080106



模型を見ながら飲み食いができるほか、30分何百円か払えば自分が持ち込んだ模型車両を走らせることができます。友人はでっかいリュックサックを持参。当初から「何が入っとるんじゃろうか」と思っていましたが、中身は鉄道模型。5,6編成、二十数両の車両を持ってきていたのです。テーマは30-40年前の山陽本線。友人が115系湘南色(オレンジ&緑)のほか、581系「月光」をセットします。
08080104


ちょうど飲み物が到着したので、まずは乾杯!
08080105


鉄道模型は金がかかるので手を付けていませんでした。よってあまり興味は無かったのですが、コトコトと走る模型を見ると不思議と飽きがきません。まるで車内でビールを飲んでいるような気分になるから不思議なものです。食べ物も来ました。食堂車でメシを食うというのはこういう感覚だったんでしょうか。
08080107


そしてこの店の凄いところはCCDカメラがレイアウト中に4台あり、スイッチを押せばカメラ映像がスクリーンに映し出されるのです。
08080108


気分良く列車を走らせ、それぞれ写真を撮るウチ、2杯目のビールを注文。しかしこれがいけませんでした。元々あまり寝ずにバスに乗った上、日本橋を歩き回って疲れていました。コトンコトンと心地よい走行音とも相まって、一気に眠くなったのです。気付いたら30分寝ていました。岡山の友人はその間も色んな車両を走らせていたようです。すまん。


しばらくして他のお客さんも来ました。ちょっとオサレなお父さんに、お母さん、子ども。てっきり子どものリクエストで来店したのかと思いきや、子どもは早々にどこかへ消えてしまいました。と、お父さんがマイ模型を取り出し、走らせ始めました。総裁が乗ったことあるオーシャンアローです(このへん参照) 我々は山陽本線、お父さんは紀勢線。みんな地元路線から始めるんですな。


結局店に2時間いました。その後友人と解散。総裁は岡山時代仲が良かった同業他社氏をたずねて堺へ。駅近くのバーで一杯やって、なんばへ戻って夜行バスに乗ったのでした。なんばを出て間もなく夢の世界へ行き、起きたら中筋駅直前でした。ホンマよう寝ました。バスセンターで降りたら、涼しい秋の風が吹いていたのが印象的でした。


相当な強行軍でしたが、やっぱ、旅っていいですね。リフレッシュできました。
スポンサーサイト
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

宮島水中花火大会~ 

世間は盆休みですが、総裁は関係なく仕事です。混んでるときに休むより、ね←若干負け惜しみ


そうはいっても、せっかくの夏。この時期を満喫しようと宮島水中花火大会へ行ってきました~。3年ぶりです。


実は総裁、花火大会へ行くのはあまり好きではありませんでした。原因は学生時代。バイト先の地域で年1回花火大会がありました。当日はまさに「死ぬほどの」混雑。その対応で身を削る思いをしました。後年明石の花火大会で余りにも観客が集まって将棋倒し…というニュースを見たとき、人ごととは思えないほどでした。その時からお客を見て「こがに混雑するところに、よう好きこのんで行くのう」と思っていました。


ところが05年、大阪から帰省した友人となぜか花火に行こうという話になり、出掛けたのでした。その時は…
・ギリギリに着くも、トイレ脇は空いていた
・途中で切り上げたらフェリーにすぐ乗れたし、船上から一番キレイな花火が見えた
・宮島口で10分ぐらいで広電に乗れた

と戦略的にかなり上手くいったのです。それに味をしめて、今回「宮島水中花火へ行こう」との提案を受けたのでした。


14日は日勤。通常は19時ぐらいまでかかる仕事を、様々な手を使い、15時に終わらせ、逃げるように帰宅。一緒に行く人の仕事終わりを待って、18時半過ぎ、横川駅を出発しました。入場規制がゆるい松大船に乗り、宮島着が19:20。3年前と一緒です。


でも、座る場所がない!


そう、3年前と違ってトイレ前までびっしり人が座っています。あちゃー。何となく見えそうな気配のする場所に腰を下ろすも「通路ですから」と警備員に立ち退きを迫られました。やっと座れる場所を確保。缶ビールを空けて開始を待ちます。


打ち上げ区域にいたプレジャーボートがサーチライトに照らされて追い出されて、定刻から少し遅れてスタート。あいさつが終わり、いよいよ…ん、何も見えない!?音がしないのでまだ準備中かなと思っていましたが「はあ上がっとるらしいで」との声。ん、と前の方に行くと見えた、見えた!


屋台の屋根や松にはばまれながらも7割方は楽しめました。水中から上がるやつもどうにかこうにか。広島みなと花火大会よりも発数が多く、見ごたえがありましたね。


そして残り20分になった20:30、フェリー乗り場へ出発しました。15分で船に乗れればオーラスを海上で見られる。ところが。すでに港には行列!並んでいる間にもバンバン上がり、焦ります。30分後、やっと船に乗ったとき、オーラスの一発が上がりました。時間が押したおかげです。プレジャーボートありがとう(笑)
08070110
JR駅前では入場規制で30分以上並びました。昔混雑対応のバイトをしていたのでこういうとき血が騒ぎます。行列を整えるときはハンディースピーカーとかでわめいてもダメ。一人ひとりに話し掛けなければ人は動いてくれません。大きな流れを作るためには小さな動きを積み重ねるしかないのです。なんて考えるうち、やっと電車に乗れました。広島では味わえないような大混雑で、113系ということもあり、東京の東海道線気分を体験できました(笑)


当日JRは車両、駅員を大動員。いきおいこんな編成も
08070111
見づらいですが、方向幕の幕部分を取り外して「臨時」の紙を貼っています。付いてた幕はもう使わないのか? モケットを見る限り岡山の車っぽいですが、廃車前の最後の奉公なのか? 大きなお友達的には興味が尽きません。


そんなこんなで宮島を出て2時間後、横川に到着。セブンの「白くま」で疲れを癒したのでした。。

センバツ行5・完 

広島へ18きっぷで帰るとき、真っ先に考えるのは難所の姫路-岡山をどう超えるか。大阪・神戸方面から姫路までは15分おきに8-12両編成の新快速がありますが、姫路から岡山県内へ行く電車は1時間1本、しかも3,4両編成に激減するのです(乗り物スキーの方には釈迦に説法な話ですが、念のため)。


しかも今新大阪を出ると姫路発が夕方ラッシュ時になりそう。とりあえず三原行きが出る20分前に姫路へ着くようにして万全を期します。(前にこの区間を乗ったとき、20分前に着いて席を確保できました)


しかし、忘れていたことがありました。関西の新快速って一日中激コミなのです。総裁が学生時代18きっぷで旅した時って多くは始発の米原(滋賀県)から乗ったので、余裕で座れた記憶しかなかったのです。


新大阪で乗った段階では「大阪で降りる人がいるから大丈夫だろう」程度にたかをくくっていましたが、社会は厳しかった。混雑に慣れた関西人は席が空くと、我々が動く前にスススとやって来て座ってしまうのです。百戦錬磨の地元民にヨソモノが勝てるわけがありません。結局1時間以上立ち放し。姫路の1つ前の停車駅・加古川でやっと座れました。


三ノ宮あたりから腹がゴロゴロきていたので「ふう」と一息つきます。トイレに行きましたが、中に人がいる&待ち人アリで×。新快速って編成が長い割にトイレが1,2カ所しかないので大変です。車内での処理を断念しました。




17:47に姫路着。三原行きは18:05発です。


ホームには既に列! 座れんかのう…。さっきまでピカピカの新快速電車に乗っていたのがウソみたいな、昭和のかほり漂う電車が来て、ドアが開くと同時に席取りバトル! 何とか車両端っこの席を確保。長丁場に備えて駅そばをすすりに行くうち、発車時刻になりました。入口あたりは相当な混雑です。毎日こんなんに乗る人って大変じゃ…。


駅を過ぎるごとに客が降りていき、兵庫県内最後の駅・上郡を出ると立ち客はいなくなりました。空いている座席もちらほら。


ここで便意をどうにかしようと考えました。いわゆるN40改造車(内装と塗装をリニューアルした古い電車。JR西にゴロゴロ)でしたが、何とトイレだけは昔のまま! 兵庫・岡山県境付近のカーブが多いエリアで和式で用を足すのは危険です(笑) どうしよう。


「電車の本数が増えるあたりで、駅前にコンビニとかある場所はないか」。岡山に住んでいたころの記憶の糸を必死でたどります。そうだ。東岡山駅前が新しくなったときにファミマができたんだった! 東岡山なら赤穂線からの電車も来て、本数が一気に増えます。三原まで座り放しよりはマシということで、東岡山で途中下車することになりました。


東岡山駅前で恍惚の(以下略)を経て、次の電車で糸崎へ、そして糸崎から広島行きに乗り換えました。途中福山や三原で「新幹線に乗りたい欲」との激しい戦いがありましたが「ここまで頑張ってきたんじゃけえ」と普通電車に乗り続けました。もはや乗り換えるのもたいぎかったということでしょう。


23時前に広島着。長い長いセンバツ観戦旅を終えました。


教訓。新快速は途中から乗っちゃあいけん!


(センバツ行 完)
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

センバツ行4 

夏の高校野球真っ盛りの時期にナンですが、このまま未完のままで終わらせるのはアレなので勇気を出して続きを書きます。過ちを改むるにはばかることなかれ(論語)


ていうか先送りしすぎだよなあ…ごめんなさいm(_ _)m




まだ春になりきれていない、少し冷たい風に当たっていると、第2試合を戦う興譲館の選手がグラウンドに飛び出してきました。


総裁は卒業生ではありませんが、岡山にいた時分、仕事で野球部の監督さんたちと話をさせていただく機会がありました。その後年賀状をいただくように。感情移入しやすい性格なので、少しでも関わると愛着がわくんですよ。やっぱり。でも、岡山の高校野球の壁は厚かった。それだけに今回出場が決まったとき、ジーンときました。


興譲館のユニフォームが甲子園を走る…もう感無量です


卒業生でもない人間(ちょっと例外?)がこうなんだから、OBたちはもっとハイテンション。総裁の前に陣取ったオッちゃんたちは試合開始1時間前からジャンジャン飲んで、売り子さん相手に岡山弁で超口説きモードです。やっぱ球場はこうでないと。総裁も負けじとビールをぐびぐび。普通に缶で飲んでいたらスタッフが飛んできて紙コップに移されました。すいません、確信犯です。。


ほろ酔い加減で広島の人たちにメールするうち、試合が始まりました。テンションが上がります↑


でも世の中そんなに甘くはありませんでした。相手(千葉経済付)の主戦がかなりの好投手だったんです。きわどいコースにビシビシ決めてきて、得点はおろか、安打さえままなりません。


一方で興譲館の先発はフラフラしていましたが、要所を抑えなかなか本塁を踏ませない。「1点を争うゲームになる」。手に段々力が入ってきます。2回裏に千葉経済付が、3回表に興譲館が得点圏に走者を進めますが0点。


そして4回裏に均衡が破れました。長短打、犠飛などで3点を失ったのです。先制点が入ったとき、バントに備え前進守備の興譲館内野陣の脇を、ヒッティングのボールが抜けた瞬間「あ!」と声をあげていました。相手の投手がイイだけにこれは痛い。もう決まったか。


6回表「試合の流れ」が傾きます。何と初めて3塁を踏んだのです。ここで1点でも返せれば後につながる。しかしここで打者が三振。7回表も得点圏に走者を進めましたが、走塁ミスがあり得点ならず。万事休すでした。
08070108

しかし、興譲館ナインが圧倒的に勝っていた面がありました。それは全力疾走。アウトになったとき、攻守交代でベンチに戻るとき、ナインはいつも全力疾走でした。何回か甲子園に足を運ぶ中で、あそこまでキビキビと走る球児を見たのは初めてです。試合に負けはしましたが、とてもすがすがしい気持ちになれました。月並みな台詞ですが、夢をありがとう。


ここで仕事の都合がある岡山の友人と別れ、広島支部長と買い物をしにいったん大阪へ。最後に土産物を買いに新大阪へ行きました。何とあの赤福がありましたよ! ニュースで聞くたびあの味を思い出し「食いたいのう」と思っていた総裁、一も二もなく購入。職場へのネタができました(笑)


きょうはここから18きっぷで広島を目指します。
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

夜中の白球劇場 

最近深夜にNHKでアニメ「メ ジャー」の再放送をしていますね。「メ ジャー」って総裁が高校生のころサンデーで連載が始まった漫画です。当時はリトルリーグが舞台でしたが、気付いたら高校球児になってたんですね。。時が経つのは早いなあと痛感しています。放送時間が夜勤中心の総裁にジャストフィットして、気付いたら8割方見ているような…。


今でこそ総裁は高校野球ファンですが、自身はもともと運動オンチで、社会人になって仕事で少し関わるまでは高校野球に興味はありませんでした。でも不思議と高校野球アニメは見てたんですよね。ホームテレビで再放送していた「ドカベン」や「タッチ」はこれまた8割方見たような気がします。日本人の琴線に触れる要素があるんでしょうね、高校野球には。


「メ ジャー」の作品評は他の方に譲ります。現在原作の漫画は60巻を超えて、主人公は文字通りメジャーリーガーになったようです。「キャプテン翼」に影響されてサッカーを始めた少年がいるように、この漫画がきっかけで野球を始めてプロに入る人が出てくるかもしれません。

太陽と北風 

暑中お見舞い申し上げます。暑中というより猛暑でしょうか。1カ月以上更新していなかったら広告カキコミが付いてしまったので、少し慌て気味にカキコミを。ていうか、こっちだって仕事が忙しい時期があるんだし…ブツブツ。


7月26日、広島港エリア一帯で「広島みなと花火大会」がありました。大学時代のバイト先では年に1回花火大会があり当日は大変な混雑。列に並ぶのが不得意な総裁は「よく好きこのんで来るよのう」と思っていました。以後花火大会は基本スルーしていました。


今回は広島支部長から誘いがあり出掛けました。激コミの広島港ではなく、クルマで少し離れた場所で見るということ。これなら楽そう。


目指したのは南区に今年オープンした地場系ショッピングセンター。無料の屋上駐車場から見られると踏んだのです。着くと同じ考えの先客が大勢いました。屋上の縁に行くとどうにか会場方面が見通せる感じ。ほっとしていたら警備員がやってきました。まじぃ追い出される。しかし、警備員氏は意外なひと言を発しました。


「あちらに観覧スペースを用意していますので」


カラーコーンで仕切られたスペースへ行くと、確かにここの方が障害物なしで会場が見えそう。下手に追い出すのではなく、一カ所に集めて目が届くようにしようという作戦なのでしょう。携帯カメラでは限界がありましたが↓のように見えました。

08070104


変に禁止すると「わしゃ今から買い物するんじゃ」「今下で買い物してきたんじゃ」などとつばぜり合いになるのは目に見えています。現実的なやり方だと思います。総裁も見事に乗せられて、花火を見た後フードコートで晩飯を食べ、本屋で酷道本を買ったのでした。。
ドライブ  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。