08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

涼風・日本海 その2 

長門市を発車した「おいでませ山口号」は4,5分ほどで仙崎に着きました。仙崎は山陰本線支線の一番端っこ。年月を重ねた駅舎と、駅の隅で途切れた線路が終点駅の風情を漂わせます。線路の向こうは普通の民家。軒先に駅がある感覚です。Stand by meよろしく思わず線路から降りて写真を撮ってしまいました(もちろん列車が来ない方側ですよ)

08080301

08080302


駅舎内には金子みすゞのモザイク画がありました。かまぼこ産地の仙崎らしく、一つ一つのマスはかまぼこ板でできています。
08080303


よく見ると1枚1枚にメッセージがあります。上手いこと考えたなあと感心。今もメッセージを募集中のようですが、トロンとした頭ではろくなことしか思い付きそうにないのでやめておきました。
08080304




さて、次に乗る「みすゞ潮彩」まで1時間半以上あります。今乗ってきた「おいでませ山口号」は折り返し長門市行きになるので、長門市へ戻ることも可能。仙崎で過ごすか、長門市で過ごすか。


当初仙崎に滞在しようかと思いました。総裁の理想としては駅前にかまぼこ屋があって、かまぼこが仕上がるさまを見ながらできたてを食べて、ビールを一杯…でしたが、駅前を見る限り何もありません。もしかしたらただ歩くだけになるかも。いや、美しい街並みをのんびり眺めるのは全然アリなんです。普段は。でも寝不足で参加したアタマにその選択肢はありませんでした。


結局駅前にショッピングセンターがある長門市へ戻ることに。最悪フードコートはあるだろうし、土産物も買えるかもしれない。


長門市駅前に取り立てて土産物屋はなく、ウェーブなるショッピングセンターへ直行。途中高校生らしき男女に「すいません文芸部の方ですか?」と間違えられたりしながら、居場所を探し、本当にフードコートでひと休み。ここは長門の若い衆のたまり場なんでしょう。おばちゃん2人しかいないのに客が続々と訪れ、カウンター内は完全にテンパっていました。


少し早めにウェーブを出ました。日曜の昼下がり。買い物客は皆クルマで訪れるため駅前に人通りはなく、まるで時間が止まったよう。銅像の足下に捨てられた紙パックが、妙にマッチしていて思わず苦笑いしてしまいました。こういう何も考えずに、何もしない時間って大事ですよね。
08080305




駅に戻ると、仙崎行きの「みすゞ」が到着。この列車は仙崎まで行って折り返し下関行きになります。ならば始発の仙崎まで乗ってしまおうということになりました。


「みすゞ」の車両は元々は普通の気動車。観光列車にするため幡生工場(下関市)で8000万円かけて改造を受けました。呉線を走る観光列車「瀬戸内マリンビュー」と同じ経緯ですね。詩人・金子みすゞが生きた時代に合わせアール・デコ調を基本としています。フェース部分は正直どうなん?と思わなくはありませんが…
08080306


窓枠が普通の長方形でないあたりはレトロさを醸し出していてエエ感じです。金子みすゞは画一的ではない、色々な目線があったからあの優しい言葉を紡ぐことができたのかな…なんて想像が膨らみます。
08080307

08080308


列車は間もなく仙崎に到着。仙崎を散策していた他のメンバーと合流し、いざ指定席に移ります。何と全席海向きなんです。瀬戸内マリンビューの海側席はボックスシートでしたが、やっぱりこういう方がエエですよね。
08080309


定刻の12:52、ブルルとエンジンがうなりを上げて発車しました。
スポンサーサイト
旅・そのほか  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

涼風・日本海 その1 

夏の風景といえば、真っ青な空にもくもくと湧いた入道雲、そして響き渡るセミしぐれ。ラジオから聞こえる高校野球中継があれば完璧でしょう。より高い場所から照りつける日差しは、山や大地の影を薄め、普段とは違う眺めを作り出します。


総裁がこんなことを感じたのは昨年6月新潟へ行ったとき(このへん参照)。ともすれば大雪のニュースのイメージがある新潟で、瀬戸内海以上に美しい空を見られるとは思いませんでした。そんな凛とした青空を見に、山口県の日本海側、長門市へ出掛けてきました。このへんこのへんで登場した総裁行き付けの古本屋さん「芸備書房」のオフ会です。


大型観光イベント「山口デスティネーションキャンペーン」で運行された臨時快速「おいでませ山口号」(厚狭-仙崎)と、観光列車「みすゞ潮彩」に乗車。見どころは「おいでませ」で走る元芸備線急行車両キハ58と、みすゞ潮彩から眺める晩夏の日本海です。



「おいでませ」の厚狭発は9:30。「山口」デスティネーションキャンペーンのため、現地に泊まった人向けの時間設定になんです。青春18きっぷが使える期間。まず在来線を調べると、広島5:51発に乗らんと間に合いません。てか5:51とか無理だから!! というわけで厚狭まで新幹線を使うことにしました。学生時代だったら様々なテを駆使して安く上げるのですが、社会人になると心にゆとりができますね。


「大人の旅」は新幹線を使うだけではありません。やっぱり酒です。24時間スーパーで総菜やビール、酎ハイ、日本酒などを買い込み広島駅へ。広島支部長と合流しこだまに乗り込みます。一本後のひかりレールスターに乗れば徳山でこのこだまを追い越し、新山口で乗り換えられるのですが、どうせなら乗り換えなしで飲める方がエエじゃないですか。このへんも大人の余裕です(なんか違う?)


4両編成の便だったらあんまり騒げないなと思いましたが、やって来たのは300系。何とガラガラ必至の便に16両編成ですよ! 半分回送の便とはいえ、JR西に感謝です。
08080201


そしてその感謝をアダで返すかのように、早速酒宴の支度。2人分にしては明らかに多杉ですな(^^;
08080202


のどが渇いていたので発車と同時に乾杯! 本川を渡る前にプシュッといきました。
08080203


最初は住宅地を走り抜け「いつも行くスーパー銭湯だ」「××の家があるあたりだ」と騒いでいましたが、大野ICを過ぎるとトンネルばかりに。酒食はものすごい勢いで進み、新岩国を出て徳山に着くころには、ちくわと日本酒を残すのみとなりました。


徳山でツアー客が乗って少しにぎやかになりましたが、16両編成はそんなことでは混雑しません。厚狭に着くまでオッサン乗りを満喫したのでした。


厚狭は山陽新幹線で一番最近開業した請願駅。地元が長年要望した結果つくられました。乗降客数は東広島や新岩国より多いですが、駅前はこんな感じ。
08080204


衝撃的に何もありません…そりゃあ滋賀県で新幹線駅反対の知事が通るわなあ。東広島は開業20年でやっとビルやマンションが建ち始めたので、厚狭も何年かすれば…無理か。ちなみにメーンの出口は反対側でこちらは昔ながらの街並み。


美祢線ホームへ着くと、もう「おいでませ」が入線。大きなお友達がたくさんいます。総裁も混じって写真撮影。JNRマークのヘッドマークを付けるあたり心憎い演出ですな。
08080205

08080206


大きなお友達が心なしか少ないな、と思った方、鋭いです。厚狭9:30という時間が災いしてか車内は全員が座れる程度の混みよう。5月、津山で美作スローライフ号に乗ったとき(このブログではまだ書いてないですね…)、激コミだったので少し心配していましたが、いい意味で予想が外れました。いい感じにクッションが利いたシートに身を任せました。


美祢線は今回が初乗車。列車は厚狭を出ると、急峻な山に挟まれた谷を縫うようにゆっくりゆっくりと走ります。ゆるやなか坂を登るため、キハ58ならではの重厚なエンジン音が車内に響き渡ります。谷を越えて平地に出ると家々が増えて駅。また坂を登って谷を縫って…車窓はその繰り返しです。
08080207
08080208

08080212


途中、美祢では貨物列車との行き違いも。ここでも総裁を含めた大きなお友達がゾロゾロとホームに降ります。車内の会話に耳を傾けると九州方面からのお客さんが多いよう。美作の時は車内で関西弁が飛び交っていましたから、県外の観光客を呼び込むという目的は見事に果たしているようです。
08080209

08080210


元々美祢線の主役は石灰石を運ぶ貨物列車。昼夜問わず多数の列車が走りました。しかし最大顧客の宇部興産が自社専用道を整備したため一気に本数が減少。今は駅の長いホームや沿線の採石場に面影を残すだけとなりました。
08080211


ただ山や田んぼがあるだけなら他のローカル線と同じです。美祢線が違うのは昭和的な重厚長大さを感じられる点でしょう。目をつぶると槌音が聞こえてきそうな、高度経済成長時代を感じられるからこそ「はじめてなのになつかしい」というキャッチフレーズが意味を持つのだなと思いました。
08080213


上り坂が一転、下りになって車窓に住宅やビルが並ぶようになりました。左から山陰本線が姿を現し長門市に到着。長い時間停車した後、列車は仙崎に向けて発車しました。
旅・そのほか  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

総裁は生きています 

しばらく更新をしていませんが、総裁は生きています。


同業他社若手交流会を今月15日に開催しました。昨年8月にやったアレ(このへん参照)。限りなく「合コン」に近い響きですが、実際は労働組合主催の健全なイベントです。念のため。


今月はその準備やら、総裁が就いている組合役職の後任探しやら、突然降ってきたやねこい仕事(同期との隠語でいう「ロイヤルな香りがする仕事」)の処理やらをしていました。ここで書くネタはたまってきているんですけど…(^^;


そんな中、あす(20日)、あさって(21日)と組合出張&大学時代の友人の結婚式出席のため、東京へ行ってきます。ええ、台風へ突撃してきますよ


あす午前中の飛行機に乗る予定。羽田発朝イチが東京へ折り返す便。果たして搭乗機は広島空港にやってくるのか? たいぎい思いをしそうですが、逆に貴重な体験ができそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。