04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

球場行きまくり 

4月にご紹介した新球場(マツダスタジアム、このへん参照)。書いた後、4月に1回、5月に2回観戦に行きました。27日のロッテ戦で、4回目にして総裁の新球場初勝利を達成。やっと厄が落ちました。それにしてもよく観に行っています。05年に広島へ勝ってから07年度まではゼロ回、旧球場ラストイヤーだった昨年でさえ3回でした。我ながら驚いています。まあ、それぐらい楽しめるスタジアムということでしょう。


4月24日の阪神戦は外野指定席で見ました。


球場が広がってホームから遠くなりましたが、観客席の傾斜がなだらかな分、臨場感がアップ。打球の行方もよく見えるようになりました。今までよく見えない分応援一辺倒でしたが、今年からは外野でもプレーをしっかり見られそう。当方と広島支部長が「嶋、きょうぐらい打てぇや」と野次ったら、周りのオッさん(会社員集団と三次から来た土建屋軍団)に火を付けてしまったらしく、


「赤星、もちいと後ろで守らんにゃあ捕れんで」
「ワシが守備を教えちゃる」
「三次から来ました。頼むけえもう1点入れて下さい」


とにぎやかなスタンドになりました。そうそう、バーベキューができる「びっくりテラス」からは、ちゃんと「のろし」が上がっていましたよ(笑)


試合終了後は人がいなくなったのをいいことに、ごろ寝シート「寝そベリア」でひっくり返ったり、外野のベンチ席に座ったり。寝そベリアは思った以上にクッションが利き、なかなか快適でした。家族連れやカポーにはうってつけではないでしょうか。


そして5月15日はある方にお呼ばれして、某社の年間指定席で見ました。見よ、この近さ!


09050201


選手の声まで聞こえるんですよ。今まで真面目に生きてきて良かった、と思えた瞬間でした。


しかし、やっぱり一長一短でした。選手が近すぎて野次りにくいんです(^^; ハイ、ヘタレです。


この日もまたシーボルが好機で凡退し、失点につながる失策をやらかしました。でも、今にも泣きそうな顔でベンチに帰ってくると、「何にも言えねえ」ですよ。やっぱり。その代わり「打席に立つと声が聞こえんじゃろう」と、打者にはおらび上げました。シーボルには「I want to see your homerun!」とシャウト。初の英語声援でした。(シーボルはいつも通り凡退しましたが)


あと、パフォーマンスシートが狭い分、激しい応援が内野にも広がりました。総裁が座ったあたりでも沢山のジェット風船が空を舞いました。素人観客的には球場全体の一体感が強まったなと感じます。


09050202


最後に、初勝利を飾った27日は内野指摘席。雨交じりで傘を閉じたり開いたりの観戦になりました。


ロッテに先制されましたが、中盤で追い付いて勝ち越す理想的な展開。ベンチから少し離れたので舌も滑らか。「マクレーン、日本語読めんのんならSUNSTAR(のラバー広告)を狙えー」「(1塁塁審の微妙な判定に)友寄、雨が降っとるけえ早よう帰りたいんじゃろうが」などと大声を出してしまいました。


そして待望の「CCダンス」を間近で見ることができました。


CCダンスは今年からスタートした、5回裏終了後のイベンですト。某地元紙キャンペーンソングを担当したことで広島にコネクションを持ったとみられるラッキィ池田が振り付け。これをビールの売り子さんたちが各列の一番前に立って踊ってくれるんです。前回は最前列に座ったのに、別のイベントがあったせいでCCダンスがなかったんですよ(´・ω・`)


09050203


結構萌えます。最初は「これは何じゃ!」と呆気にとられましたが、最近は楽しみになっています。次はサビだけでも一緒に踊ろうかな。(ようつべやニコ動で「CCダンス」と検索するとヒットします)


あと萌えたのがロッテの応援。とにかく統率がとれてて迫力があるし、終盤、一カ所に集まって声を張り上げるさまは圧巻でした。選手も絶対気合いが入りますよね。あの中に入ってみたいなあ、と思ったほどです。


09050204


昨年見たソフトバンクもそうですが(このへん参照)、パ・リーグ球団の応援ってとっても楽しい。少しでも他と違うことをやっちゃろうという気概を感じます。その辺はカープ応援団も同じですが、違う進化の形を遂げているのが面白い。交流戦を観に行く楽しみがまた増えました。


そうそう、場外にも変化が起きています。広島駅-球場沿道にある飲食店の軒先販売が、観に行くたびに増えているのです。最初は愛宕踏切の焼鳥屋と向かいの弁当屋ぐらいでしたが、今では十軒近くになり、ホルモン焼き屋の焼き肉弁当には行列ができるほどに。球場の活気が少しずつ地域に広がっているようです。


ともあれ、「どうすれば新球場をより楽しめるか」が段々分かってきた気がします。次の観戦はどこで見ようかな。
スポンサーサイト

広島県カントリーサインの旅・下 

フェリーのTVではGW恒例「ひろしまフラワーフェスティバル」のよさこいコンテストを中継していました。広島市内は豪雨のよう。


最初は大変じゃのうとぼんやり見ていました。でも、こういうのって出場者とその関係者以外は興味がなかったりするんですよね。作業服姿のオジちゃんたちも同じ考えだったらしく、別の局に変えようと試行錯誤し始めました。でも、AQUOSのチャンネルボタンは見つけられず。結局自分のケータイでワンセグを見始めました。ダラーンとした空気が客室を包み、竹原までの25分がとても長く感じました。


行きに山陽道付近を覆っていた雲が、竹原の市街地までたれ込めていました。空は今にも泣き出しそう。大急ぎでチャリをレンタカー屋に返しました。途中フェリー乗り場へ向かうチャリ高校生とすれ違いました。島へ帰るのかなあ。通学時間帯はチャリ軍団がここを縦走するのかもしれません。


さあ、次の目的地を決めましょう。総裁が缶に手を突っ込み、くじをひきました。


09050127

ええーっ!! どちらからともなく声を上げました。よりによってここで庄原市。県の北東端じゃん。。 へなへなと力が抜けます。


09050120


もう夕方。こういうときはメシじゃろう。うん。


行きに発見したイカしたネーミングの中華料理屋へ。学習塾のすぐ近所にあったその店は、


09050128


竹原唯一の大学でした(笑) あ、味は普通にいい感じでしたよ。


TVでやってた二十数歳年の差夫婦の特集にチャチャを入れながら、のんびりディナー。外に出た頃にはザーザー雨でした。間一髪、島から帰れて良かったと思いましょう。


出発です。県内の高速道路は広島市を中心にX字状に伸びています。(このへんを参照) このため、竹原-庄原を高速で行く場合、いったん広島市へ遠回りすることになります。これなら一般道を使った方が早いかなと思いましたが、アクセラのカーナビは高速経由のルートを示しました。となれば、河内ICへ、元来た道を戻ります。


と、IC近くの電光掲示板に何やら表示が。


河内-広島東 渋滞25km


ありえんけえ!!! というわけで、一般道経由が決定。ナビの、高速に乗せようとする執拗な誘導を無視し続け、山あいの国道を東へ、北へ向かいます。総裁にとっては初めて通るエリアです。すっかり夜。河内駅を過ぎて白龍湖までは家も途切れ、真っ暗で、ろくに対向車も来ません。こういうとき2人で旅をしていて良かったと思います。


久々にあったセブンで休憩。レシートを見ると「三原市大和町下徳良」とあります。徳良…そう、総裁が広島-東京のバス旅で三原駅から乗ったバスの終点です。(このへん参照) こんなところなのかあ。


さらに進むと看板に「小国」とありました。今年3月末まで西条からバスが来ていた場所です。よくぞこんな遠くまで…。三次までの道筋は驚きの連続でした。


竹原を出て1時間半、20時過ぎに三次まで来ました。中心部の国道沿いにはロードサイド店がずらり。久々に街らしい場所です。さらに東へ走り、やっと庄原市境に着きました。ところが…。


真っ暗すぎる


街灯も家の明かりもネオンも何もないのです。標識が上すぎてフラッシュも届かないし、スローシャッターを超マックス最高に利かせてこのレベル↓


09050129


これは弱りました。通り過ぎる車のヘッドライトを利用したりしましたが、全然ダメ。人が歩くことが想定されておらず、歩道がないのもしんどいです。結局、交通量が少ないのをいいことに、アクセラを超低速で走らせて、ヘッドライトを使うという暴挙に及び、何とか撮れました。


09050130


これが限界。許してm(_ _)m


時間的にもう1カ所ぐらい行けそう。「三次だと楽だなあ」「安芸高田もええじゃろう」「竹原が出たら笑えんな」。談笑しながら広島支部長がくじを引くと…


09050131


ガッデム!!!!!!!!!!!!!!!!!! この世には神も仏もいないのか! 「勇気ある撤退をしよう」。条件反射的に言いましたよ。同じあの道を今からまた帰るなんて無理。


というわけで、きょうのチャレンジはここまでとなりました。クジ運の悪さもあり、1日で拝めたカントリーサインは5市町。次回は竹原市からです…って、やるの?




いかがでしたか? 北海道に比べれば遙かに狭く、市町数も少ないですが、意外と回れませんでした。走行距離は600km。広島県の広さを思い知らされました。


個人的には自分でやる以外に、実はどこかのTV番組がやってくれないかなと期待しています。理由は2つ。1つはカントリーサイン標識の設置率を上げるため。もう1つは北海道に続いてカントリーサインマグネットの発売を実現するためです。


事前の調べで、県内にはカントリーサイン標識を設置していない(とみられる)自治体があったんです(具体的には坂町)。ネットで調べた限り、簡易な標識しかなさそう。あと、たくさんある市町境のうちどこにカントリーサインがあるか探すのが大変そうな自治体もありました。


TVが取り上げれば「街をPRするチャンス」と設置したり、増やしてくれるかもしれません。番組でカントリーサインをデザインするのも面白そう。


そして、「水曜どうでしょう」みたいにムーブメントを起こせれば、マグネットを商品化しようという話も出てくるかもしれません。いちいち補助金を出して新しい特産物を仕立てなくても、市町の個性を出せるおみやげが作れるんです。記念にもなるし、こんな楽でおいしい話はありません。ネットを見てください。北海道で、どれだけ多くの人がカントリーサインマグネットを収集しているか分かると思います。


特に「夜型人間」(TSS)「アグレッシブですけど、何か」(HOME)には強く期待しています。中の方、やってみませんか? くじ運が悪ければ悪いほど盛り上がりますよ(笑)
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

広島県カントリーサインの旅・中 

実は前日、くじを作る段階で大崎上島町の存在を知り、フェリーの運賃・時刻表とカントリーサインの有無をリサーチしていました。まさかこんなに早く活かせるとは思いませんでしたが(^^;


フェリーは思った以上に充実。メーンは対岸の竹原発着便で、1時間に1-2本あり、21時台まであります。平成の大合併まで島内が3町(東野町、大崎町、木江町)に別れていたため、カントリーサインも旧町境に健在らしい。まだ昼過ぎなのでクリアできそうです。もっとも、港から一番近い旧町境まで2-3km離れており、徒歩では厳しいみたい。


ということで、いざ竹原へ。広島北ICから高速に乗るべく、もと来た峠道をズンズン下っていきます。


ちょっと気持ちが折れそうだったのでカーラジオをON。「きょうはスタジオにお客さんがお越しになっています」と紹介されて登場したのは、何と、メイドさんでした。某メイド喫茶オリジナルの広島風つけ麺をPRしに来たそうで、車内はほえーっとした空気に。(どんな放送内容だったかはこのへん、オリジナルつけ麺にはこのへん参照) メイド喫茶の常連になる人の気持ちがちょっと分かった気がしました。


広島北ICから竹原市最寄りの河内ICへ。そう、前回(このへん)の渋滞写真で登場したあのICです。


我々の思いが通じたらしくウソみたいに渋滞は解消していましたが、広島市を出たあたりから…ポツポツポツ。。雨です! 参ったなあ。再び気持ちが折れそうになりました。ところが、竹原の市街地に近づくと不思議と雲がなくなり、また晴れてきたのです!! 暗い雲の中にぽかんと開いた青空。神々しいと表現してもオーバーじゃない、そんなキレイな日差しでした(ちょっとオーバーか)。


せっかく晴れてきたので、竹原駅前の観光案内所でちょっと聞いてみました。「このへんで貸し自転車ってあります?」


前日に大崎上島行き航路はフェリーなのでクルマは乗せられますが、同乗者の運賃を入れて2人で往復4470円と結構な運賃になります。島にそんなに長居しないのにこれはもったいない。そこで貸し自転車を探そうと思ったわけです。案内所の人に教えられたレンタカー屋に行くと「自転車ありますよ」。作戦成功です


やたらペダルの重い自転車。最初は「しまったか?」と思いましたが、スピードが出ると気持ちいいもので、思わず歌いたくなります。


駅前のレンタカー屋から10分もかからずに大崎上島行きの港に到着。4月末で廃止になった中四国フェリー(竹原-愛媛県波方)の船が寂しく停泊していました。路線が維持できなくなった主な原因は、昨年の原油高騰と1000円高速。その1000円高速をフル活用して県内をめぐっているだけに、複雑な気持ちです。


09050118


定刻の16:00になり、出港です。


09050119


GW中だからでしょう、観光客らしき関西弁ファミリーがいて、記念写真のシャッター押しなんてしてしまいましたよ。間もなく右前方に、まるで「天空の城ラピュタ」に出てきそうな工場島が見えてきました。帰宅後の調べによると、島は「契島」、工場群は東邦亜鉛の精錬所と判明。日本の鉛の大半はここで精錬されているそうです。知らなかったなあ。


09050121


契島精錬所の向こう側に大きな島が現れ、竹原から25分で島の東端・垂水(たるみ)港に着きました。神戸の垂水にさえない「SOGO」看板にちょっとびっくり。(そごうギフトの取次店のようなもの?)


09050122


クルマの後に続いて上陸。重いペダルを親の仇みたいに踏みしめ、一路西へ向かいます。メーン道路に沿って家がどこまでも連なり、醤油の醸造元や、地酒の蔵元、「タレ販売中」の看板を掲げた焼き肉屋など「ちょっと気になる」店もちらほら。島特有のくねくねした海沿いの道を走り抜け、広島商船高専の脇を過ぎたあたりで坂になってきました。


結構飛ばして疲れた上に、激重ペダル。帰りのフェリーの時間もあり、心の中に弱気が芽生えます。いけんいけん。もうひと頑張りと坂を登り切って、今度は下り。道がなだらかになった頃、やっとお目当てのアレが現れました。


09050123


「あれじゃー!!!!」 思わず叫びました。北広島町を出て2時間半、ついに着いたのです。


09050124


反対側も撮影。


09050125


最難関クリアです。真面目な話、ちょっとこみ上げてくるものがありました。4市町目終了! 行きはしんどかった道のりも、復路はテンションが高かったせいか、一気にフェリー乗り場まで帰れました。さらば大崎上島。気になっていた醤油と焼き肉のタレ、フェリー乗り場の売店にあったのでもちろん買って帰りましたよ(笑)


09050126


どこかから社員送迎船がやってきて、作業服姿の人たちがたくさん下船。総裁と同じ竹原行きに乗りました。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

広島県カントリーサインの旅・上 

曜日の関係で5連休になった2009年GW。総裁は平日・休日関係なしのローテ職場にいますが、今年は何と4-6日が3連休になりました。ありがたい限りです。(反動が怖いなあ) 聞けば当Blogにたびたび登場する広島支部長も5日がフリー。スーパー銭湯へ行く道すがら「どっか行くかねえ」なんて話になりました。そこで思い付いたのが07年に続く「水曜どうでしょう」のパクリ企画。(07年の記録はこのへんにあります)


広島県23市町カントリーサインの旅


カントリーサインとは、市町村境にあるイラスト付きの自治体名標識。こんな感じ(←リンクは北海道道路ポータルサイト「北の道ナビ」)のやつです。ご覧になったことありますよね? 「水曜-」では97年夏、タレントの大泉洋さんらが「北海道212市町村カントリーサインの旅」を敢行しました。その広島版をやろうというわけです。平成の大合併で極端に自治体が減った広島県には現在、23市町しかありません。1日あれば半分ぐらいはどうにかなる?


ルールは…
1.箱から市町名が書かれた紙を1枚引く
2.実際にその市町の「一般道の」カントリーサインを撮影する
3.ちゃんと大きくイラストがあるタイプだけを「カントリーサイン」とする。ただし、どうしても無い場合は簡易タイプの標識もOKにする

の3点。番組ではカントリーサイン入りのカードをひいて、市町村名の目隠しシールをはがしていましたが、直前に思い付いたのでごくごく簡単なくじに。「一般道」としたのは、高速だと停止して撮影できないからです。さて何市町回れるでしょうか?




5月5日午前9時。どうせスタートするなら広島市らしい場所しようと、マツダスタジアムにやって来ました。試合がないのに、見物客が結構います。


09050101


くじはボンネット上のクッキー缶に入れました。職場の人にもらったアクアス土産だったのは内緒の話(笑) では運命の1回目、総裁がくじを引きました。


09050102


福山市。いきなり県最東端が出ました。広島支部長から「エーッ」と声が。いやーな予感がする出だしになりました。広島支部長のアクセラで出発です。


09050103


福山へは山陽道で1時間半程度。しかし、1000円高速の影響でGW中は連日大渋滞しているといいます。かといって国道2号経由はカーブが坂が多く面倒くさい。広島東ICの電光掲示板によると「河内-本郷 4km渋滞」とのこと。とりあえず行けるところまで高速を使うことにしました。


前回大阪に行ったとき(このへん参照)よりさらに交通量が増えていました。一見穏やかですが、何かあれば即渋滞、という緊張感が漂っています。そして河内ICの手前、7kmに延びていた渋滞がついに始まりました。


09050104


出発前「とくダネ!」でやっていましたが、こういうときはイライラしても仕方ありません。普段じっくり見ることがない路側帯や路面を観察しながらジリジリと進みます。ナビの予想時間では30分かかると表示されていましたが、20分ほどで抜け出すことに成功。渋滞の原因となった故障車は処理が終わっていたようです。


その後は順調。福山西ICで下り、いったん尾道市に入ったら亀○静香氏の選挙区らしさ満点のポスターが迎えてくれました(^^;


09050105


国道2号を西に走ると、イラスト入りのちゃんとしたカントリーサインがありました!


09050106


スタートから1時間40分、1市町目クリアです!


09050107


さあ、次です。広島支部長が引き当てたのは…


09050108


まさかの府中町。スタート地点・マツダスタジアムから数百メートルの場所なんです!! ヘナヘナと力が抜けます。総裁、広島支部長ともくじ運が相当悪いようです。


09050109


せめてもの救いとして、尾道に来たのだから尾道ラーメンを食べようということになりました。テンションを上げながら市街地へ。しかし、きょうがGW中だということを忘れていました。名店朱華園は既に長蛇の列orz 現実に引き戻されて「ファミレスでいいや」となり、結局ガストで昼ごはんを食べました。向かいに有名ラーメン店がありましたが、ここも長ーい行列でした…。


午後に入って山陽道下り線の渋滞はいったん小康状態に。クルマは多かったですが広島東ICまでノロノロ運転になることなく行けました。最初は幹線道路に行こうと考えていましたが、広島高速を下りて間もなく、ふと左を見たら何でもない市道にカントリーサインがあるのを発見!


09050110


「幹線道路じゃ簡易タイプの標識しか見た覚えないかも」と話していた矢先でしたので、ラッキーでした。2市町クリアー。


09050111


次に総裁が引いたのは北広島町。島根県境の町なので一瞬「遠い!」と思いましたが、よく考えてみれば広島市の隣。まだ近い方です。どうやら運が向いてきました。


09050112


09050113


きょう3度目になる広島高速1号線で広島東ICへ。今度は西に、北に進路を取って広島北ICで下ります。山々に囲まれた狭い谷沿いに民家が点在する地域ですが、ここも広島市。高速を使えば1時間以内に市街地へ出られることから、山深い場所に住宅団地が何カ所かあります。広島市中心部には平地が少なく、山を切り開いての団地造成と、相次ぐ合併で人口が増え、政令市になりました。その一端をかいま見られるエリアです。


北広島町への国道は中国道を横目に、きつい傾斜とつづら折りで標高を稼ぎます。規格が古く、線形が悪いとされる中国道ですが、下道から見るととても重厚長大。こんな山の中によく造ったよなあと感心しきりです。鈴張地区を過ぎてさらに山を登り、やっと北広島町境に着きました。ここが山陰山陽の分水嶺です。


09050114

09050115


これで3市町クリア。さあ、勢いよくいきましょう。広島支部長が引いたのは…大崎上島町!!


09050116


ちょ、一番難易度高い町じゃん!!!


広島県内は平成の大合併で自治体数が3分の1になりました。瀬戸内海の島々にもたくさん町村がありましたが、ほとんどは本土の市と合併。その中、島単独の自治体になったのが、江田島市と大崎上島町です。


江田島市は本土と橋でつながっていますが、大崎上島町は船でしか行けません。地元の方には申し訳ないですが、スタート前から「出たらどうしよう」と思っていた町だったんです。思わず2人で「うわー」と声を上げてしまいました。現在午後2時で、ナビの到着予定時間は4時。遠いよう…。。

09050117
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

GW記念 

せっかくの連休。きのう会社でイラつくことがあったので、わが街の花イベントに対抗して、神画像フェスティバルやります。


4月23日、テレビから僕が見られなくなります
09043001


職人ベッカム
09043002


横浜ファンの叫び?
09043003


象vs象
09043004


アデランス涙目
09043005


恍惚のブルース
09043006


サムネイルの方が分かりやすいエロ
09043007


実は生中継?
09043008


半井さんの服装って微妙だよね
09043009


きれにまとまったところで、今回はここまでー
09043010

1000円高速の威力 

1000円高速、使いました?


ETC車&土日祝&首都圏・関西圏以外限定で高速が上限1000円で使い放題。最初聞いたときは「選挙用のエサで、どうせ実現せんじゃろう」と思いましたが、国の緊急経済対策としてあれよあれよと話が進み、ついに本当の話になりました。正式名称「休日特別割引」より「1000円高速」の方が有名になっていまい、ネットで公式情報を探すのに迷いました(笑)


正規通行料金と割引分の差額を穴埋めするため、莫大な税金が投入される事業。いち納税者として恩恵を受けないとアタマにくるので、日勤→単休→夜勤と事実上の2連休になった19日の日曜日、早速利用してきました。行き先は大阪です。当ブログでたびたび登場する芸備書房の某常連氏(東広島在住)と2人旅です。


当日朝4時、自宅を出発。まずはガソリンを入れに新球場近くのエネオスに立ち寄ると、ん…給油口が開かない!! そう、レバーを引いてもカチカチ音はするのですが、開かないのです。


格闘すること15分、どうにもならんので一旦帰宅。ネットで対処法を調べてみました。結構同じ目に遭った人がいるんですね。どうもレバーを上げた時だけしか給油口が開かないようになっているらしい。もしかして、とペンをつっかえ棒にしてレバーを上げっぱなしにしたら、給油できるようになりました(^^)v


5時に再出発し、今度はちゃんと給油。東広島に着く頃には夜が明けていました。某常連氏を乗せて西条ICから山陽道へ。


本線に合流する段階でもう気付きました。クルマ多いし!


朝6時とは思えない通行量。法定より低い速度で大名行列を作ったり、トラック2台で走行・追い越し車線をふさぐ輩が現れると途端にノロノロ運転になります。渋滞こそないものの、その前兆段階になることがしばしば。岡山県の瀬戸PAで朝食を、兵庫県の三木SAでトイレ休憩を取りましたが、駐車場は普段の倍近いクルマで埋まっていました。


そろそろ日差しが強くなってきました。クーラーのスイッチON…あれ? ぬるい風しか出ない。。 そう、こんなところまで来て今度はクーラーの不具合が判明したのです。


こないだ定期点検に出したばかりなのに。マツダア○フィニ、どうなっとるんじゃああああ!!


と叫んでも事態は変わらず、結局窓をオープン。ビュービュー入り込む風を浴びながら走り続けました。


そして午前10時、ほんの少しだけ本四高速区間に入った神戸市内の垂水ICで運命のゲート通過。


割引1175円!


西日本道路区間は本当に1000円でした。思わず拍手。その後使った第二神明&阪神高速が合わせて1000円近くかかったので、この割引がいかに凄いか分かります。その後は関西を漫遊。常連氏と時々運転を代わりながら、再び1000円高速で広島に帰りました。


結局ガソリン代、高速・有料道路代などを合計すると1人5000円計算。1人なら高速バス・18きっぷの方が安く済みますが、出発時間を選ばず、常に座席が保証されている点は大きい。また使おうと思いました。


一部報道によると、1000円高速で通行量が3割程度増えたそう。正直これ以上増えると危惧された渋滞が発生するだろうなと思います。(現にGWは例年以上にグチャグチャに渋滞しましたし)


あと国道沿いのドライバー向け店舗(コンビニや外食店)などは大打撃を受けていることでしょう。一部週刊誌で「高速道路ファミリー会社丸儲け」なんて書かれていましたが、SA・PAの盛況ぶりを見ると確かにその通りだと思います。浮かれるだけではなく、冷静な視点も忘れてはいけません。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。