06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

2泊3日四国一周 4 

(地図3)営業所の係員さんや見送りの人に手を振ってもらいながら発車。敷地内を窮屈そうに回って再び国道56号に戻りました。道路が海から山一つ隔てた場所を通っているため、緑色の車窓が続きます。


09060118


と、アナウンスが「次はコアラ」と告げます。コアラ? 総裁の席からは運賃表の次のバス停名表示がよく見えないので目を皿のようにして車窓を見つめます。間もなくあったのは「芳原(ほわら)」。なあんだ。


その直後「次はオドロ」。再び目を凝らしていたら確かに「於泥(おどろ)」というバス停がありました。おどろおどろしくない、ごくごく普通の田園地帯でした(^^; 景色自体は単調ですが、変わった名前のバス停があると真剣に景色を見るので意外と飽きがきません。宇和島自動車はそれを逆手にとって珍名バス停ストラップなるものを売っています。上手いなあ。(詳細は同社公式を参照)


これまた珍名ともいえる「嵐」バス停でついに海が見えました!


09060114


坂を登り、海沿いの断崖絶壁へ。バスはくねくねした国道を走り抜けます。


コバルトブルーの瀬戸内海と水色の秋空、複雑に入り組んだ半島の濃い緑が車窓いっぱいに広がります。同じ青でも海と空では随分色が違うことに気付きました。やわらかい日差しに照らされた海は明るく、暖かみを感じます。猫の額みたいな土地にポツポツとカフェやドライブインが並び、お遍路さんの姿もちらほら。山本コータロー「岬めぐり」が聞こえてきそうです。


(岬めぐりをご存知ない方は↓このへん↓参照)



(地図4)鳥越トンネルをくぐり、愛媛県最南端の愛南町へ。広島では9月が見ごろのコスモスがまだ咲いていました。気付くとバックパッカーも目覚めて車窓を凝視。坂を下る途中のバス停で中学生?のカップルが乗ってきました。港がある室手付近は昔ながらのドライブインが並び、昭和にタイムスリップした感覚。さらに八百坂峠を越えてだいぶ家が増えてきました。


「南レク御荘公園前」を過ぎた先で旧道へ。昔ながらの道幅が狭い商店街をぐいぐい走っていきます。カップルは御荘で下車。若者向けの店は特にない。地図を見る限り、強いて言えばフジグランか明屋書店? 見るからにDQNっぽかったですが、意外とつつましやかなデートです。ガンガレ!


離合に気を遣いながら橋を渡り、城辺古町の手前で停車。何事?思ったら店から人が出てきて、ウテシが「荷物3つあります」。と、宇和島で積んだ段ボールを渡しました。今ほど宅配便が普及する前からずっと使ってるんでしょう。現在でも宅配便より早そうですし。


荷物を降ろして11時10分、城辺営業所に到着。昔の役場みたいな建物で、敷地は結構広い。タクシー乗り場もあります。マックのドライブスルーみたく3カ所で止まります。(こちらのサイトに外観写真があります)


09060119


まずお客さんを下ろし、裏側の通用口へ。ここでウテシ交代です。「交代します。ありがとうございました」と一礼。残った小荷物を手に若いウテシが降り、年配ウテシが乗ってきました。全国的にはそこそこあることですが、広島ではまずないパターン。こちらもウテシに一礼します。


乗り場へ行く途中、事務所の中がチラッと見えました。まったりした感じで、みんな笑いながらトークに花を咲かせていました。今乗っているバスは大都会のテイストをぷんぷんに出していますが、窓の外はローカルそのもの。こういうところでのんびり働けるなら、多少給料が安くてもいいかなあ。。


(地図5)城辺を過ぎると徐々に家が減ってきました。人の流れは宇和島方面が主流なんでしょう。もう乗ってくる人はおらず、お客さんも降りるばかり。一本松病院前でとうとう我々とバックパッカー、宇和島から乗ってきた女性2人組だけになりました。


と、気付くとバックパッカーと女性2人が何やら話し始めました。聞こえてきた話を総合すると…
・バックパッカーはイスラエルからやってきて日本を放浪中
・女性2人組は九州から。高知であるランタンまつり?に行こうとしている
バックパッカーは日本語が話せず、女性たちは英語が苦手っぽいので、カタコト英語でやり取り。途中もどかしくなって何度か英訳しちゃろうかと思いましたが、話に加わると県境の標識を失念しそうなので放っておきました(笑)


そして一気に山深くなり、谷あいの集落で「次は県界」のアナウンス。11時35分、長い長い愛媛県を越えて高知県に入りました! 後ろの席のバックパッカーと女性も大盛り上がりです。


09060115


(地図6)愛媛とは打って変わって人家がなくなり、広い広い川に沿って一気に坂を下ります。トンネルを抜けたら一気に市街地が広がり、遠くに土佐くろしお鉄道の駅が見えてきました。宿毛の街です。整理券番号は54まで来ていました。


09060116


大学時代以来、10年ぶりの宿毛。当時駅前は空き地ばかりで殺風景でしたが、今はチェーンの飲食店や家電量販店などが並び随分にぎやかになっていました。3セク鉄道にまだカネをかけていた時代に築かれた、ちょっと都会的でこのバスに似合う風景。2時間のバス旅を終えて、久々に地面を踏みました。ふうー。


09060117

09060121






次に乗る列車まで約1時間。ちょうど昼時、ごはんにしましょう。チェーンの店に入るのはナンだなあと思ってあたりを見回すと、ありましたよ、地元系うどん店。手書きのメニューがいい味を出しています(笑) 総裁はカツ丼定食を、前店主は鴨南蛮を注文。お恥ずかしながら、この日まで鴨南蛮ってカレーだしだと勘違いしていました(汗) ほら、「南蛮」って付いてるから。。


食後は駅の産直市をぶらり。海に近いからか、色々な押し寿司がありました。
スポンサーサイト
旅・四国  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2泊3日四国一周 3 

クリーム色とオレンジが基調の南欧風な駅舎を出ると、ヤシ並木が出迎えてくれました。青空と相まって一気に南国ムード。「次の闘牛大会 ○月○日」なんてプレートもありました。ここから高知県の西端・宿毛までバス旅です。JR予土線でも高知県へ抜けられますが、あちらは宇和島からまっすぐ内陸に入ってしまいます。一周と銘打つからにはできるだけ海沿いを回りたいですよね。


09060118



バス停に向かうと、警察官と外国人バックパッカーが何やら話しています。トラブル? チラ見しながら様子をうかがうと、バックパッカーが「スクモ?」と聞いています。どうやら総裁らと同じバスに乗るよう。にぎやかな旅になりそうです(^^;


宇和島-宿毛のバスは大学時代に一度乗ったことがあります。サークル旅行で四国西半分を一周。フリーきっぷの範囲に含まれていることもあり、宿毛側から乗りました。ただ、ほとんど寝ていたので、ちゃんと乗るのは初めてと言って良いでしょう。乗り通せば2時間かかる路線。確か方向幕が下にある、半分観光バスみたいなクルマが来たような…。


などと記憶の糸をたぐり寄せていると宿毛行きがやって来ました。普通のノンステップバスが


09060111


「まさかこんなところで最新ノンステが来るとは」。当方も前店主も驚きました。10年も経てば、そりゃあ新しいバスが入りますわなあ。交通バリアフリー法もあるし。グレードダウンしたよう見えますが、愛媛県内で大型低床車は宇和島・伊予鉄に数台いるだけ。「貴重な大型低床車を充てている」と考えることもできます。宇和島-宿毛線は宇和島自動車にとって今も特別な路線のようです。よく見ると高知ナンバーでした。


尿意に負けて高速バスを止めた前日の反省を踏まえ、駅で用を足し準備万端。いざ、出発です。


1.宇和島駅9:55→11:45宿毛駅(宇和島自動車)  宿 毛  
09060112

(運賃は1750円)

2008年夏に導入されたばかりで、車内はまだ新車の臭い。大都市みたいに背の低い座席だとしんどいなと危惧していましたが、ハイバックシートでした。そして驚くべきことに、運賃表は液晶タイプ! 日々年季が入ったバスに乗っている広島市民は「負けた」と思いましたよ。(勝ち負けつく話ではありませんが)


そして、さっきのバックパッカーがやってきてウテシに「スクモ?」と尋ねています。ウテシがうなづくと、今度は5minutes云々と英語で質問。「発車までまだ5分ぐらいある?」と聞いたようです。


すでに発車時間ですが、ウテシは質問が分からなかったようで「ウン」とうなづいてしまいました。バックパッカーはこれ幸いとタバコをぷかぷか。困ったウテシが入口ドアを閉めようとしてドアブザーを鳴らしたら、慌てて乗ってきました。「人体」ではなく、「車体」でボディランゲージ(笑) 結局5分遅れで発車しました。


地図1)ロータリー出口で右折して西へ。駅の向かい側の、「宇和島自動車」看板&「宇」フラッグ(勝手に命名)があるビルが次の「本社前」でした。次の恵美須町は真新しいガラス張りの待合室を完備。一部blogによると冷暖房完備らしい。宇和島のバスは広島より乗客サービスが進んでいます。


駅前を東西に走る国道320号は別名「ワシントンヤシ通り」。片側3車線の中央分離帯と左右にヤシ並木が続きます。特に進行右側に高いビルがなく、猛烈に広く感じました。突き当たりで左折。宿毛まで寄り添う国道56号と合流し、片側2車線に絞られました。昔からの市街地に入ったようで、両側にビルが密集するように。さっきが広かっただけに随分道幅を絞られたなあと感じます。


宇和島城を右側にのぞみ、年季の入った「お茶撰橋」(おちゃよりばし)を渡ると宇和島バスセンター。櫛形のホームがアタマから入って、バックで出る構造です。別のバスがいたため敷地端で少し停車し、バックして位置を修正。アタマから突っ込みます。(外観写真は宇和島自動車HPの会社案内で見られます)


両替機の調子が悪かったらしく、ココで運賃箱の小銭ボックスを交換。ガソリンスタンドの事務所を思わせるこぢんまりとした待合室ですが、ちゃんと係員さんが2人いました。と、ここで段ボールが何個か積み込まれました。田舎ではバスが新聞や荷物を運んでいると聞いたことありましたが、ナマで見るのは初めてです。バスセンターで2,3人乗ってきて、車内は総裁らを含めて10人に。地方の土曜朝にしては上々の乗り具合でしょう。


城南中学校前で早速1人が降りてまた乗って。片側1車線になった、ぐねぐねした国道をバスはゆっくり走っていきます。短距離利用も結構多く、バス停のたびにお客さんが乗り降り。道路沿いはダイキ、ジョイフル、はるやま…とロードサイド店が大集合。山に挟まれて市街地が狭い分、外へ外へ街が広がっているようです。


地図2)15分ほど走り、市街地を避けてきたバイパス(自動車専用「宇和島道路」)と合流。やっと市街地の外れに着いたようで、「出口」バス停には転回場がありました。先ほどのバックパッカーはもう飽きたのか、最後列で、横になって寝てしまいました。 我々とは根性が違います(笑)


ようやく道路の流れが速くなり、新車バスがその加速性能を発揮。宇和島道路の建設が進むすぐ隣の坂をぐいぐい登っていきます。徐々に家が減って「松尾トンネル口」。バス停の名前にもなっている長いトンネルをくぐって旧津島町に入りました。


と、液晶運賃表の右半分でCMが流れ始めました。高速バスやバスツアー、宇和島バス経営の自動車学校…運賃表メーカーもこの点をウリにしているのですが、意外に使っている会社は少ないです。ただ、画面が小さい分字を大きくしないと後ろの席からは見えません。。


「四国の道路整備はまだまだ遅れています」という激しい看板がある坂を下り、川沿いに家が連なるようになったところで岩松営業所です。


09060113


待合室こそありますが敷地は狭く、停車場所から寸分たがわぬ位置にバスが整然と並んでいます。大型バスだとぎりぎりの幅にぐいっと入って停車。一気に10人乗ってきました。このバスに接続する町内線があったようです。お母さん?がバス停で見送る子どもたちに手を振っていました。鉄道が通らないエリアで、バスは唯一の交通機関。出会いと別れの舞台なのです。
旅・四国  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

日本の最南端で都営バスに乗る 番外 

総裁のようなバススキーの皆さんに朗報です! 以前激レア品として当Blogで紹介した最南端バス停キーホルダー(このへん参照)、何とネット通販で手に入るるようになりました!!!


西表島交通運営のネット通販「【楽天市場】ショップ西表島」(このへん参照)で買い物をした人にプレゼントされるよう。「7月31日まで」とありますが、その前は「6月30日まで」となっていたのでズルズルと延びているっぽいです。在庫処分? とすればとても再生産するとは思えませんので、これが手に入れる最後のチャンスかも。


あれから西表島には、神奈川県ですごくよく見るカラーのバスと、元某大手ショッピングセンター送迎用と思われるエアロスターが入ったよう。また行きたいですねえ。
バス旅・西表島  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

イライラ解消 

最近色々イライラすることがありました。こんな時は動画&画像でつよ。


来年のフラワー歌手決定





よう言うた!





兄のハウス捜せ





離婚、乙


09060204


暴走特急


09060205


通勤快速


09060206


激辛


09060207


半井さんの服って微妙だよね


09060208


手抜き更新すいませんでしたorz


09060209

お帰りなさいませ! 

久々に実家へ。ボーッとテレビを見ていたら、タカトシが温水洋一さんと都電沿線をぶらぶら歩く番組をやってました。「温水さんを接待しよう」と東池袋4丁目で下車。もしやと思ったら案の定、メイド喫茶でした


09060202


ぬっくん、すでにハイテンション


09060203


ぬっくん、もっとハイテンション(笑)


そうえいば、しばらくメイド喫茶に行ってないなあ。


広島にオープンした当初は職場の人と行きました。妻子持ちの人が奥さんの許可をもらってから来たり、普段おとなしい人がホットケーキお絵かきをされながら饒舌になったり、こういうのが好きそうな後輩が冷めまくってたり。一緒に行った独身の同期(男)は先日オヤジになり、同期(女)はもうすぐ産休に入ります。ああ、なついなあ。


広島では一時3軒ありましたが、結局元祖だけが残りました。そして今春、その元祖が新球場近くに2号店をオープン。8/6に向けて客に折り鶴づくりを呼び掛けるプロジェクトや、オリジナルつけ麺など独自の取り組みも続けています。街の身の丈に合った規模・カタチで根付いたということでしょう。


一時雨後のタケノコのように増えたメイド喫茶。あのブームはその後どうなったのか、ちょっと知りたくなりました。岡山あたりはいっぱいありましたよねえ。。

都民さまさま 

昨秋ごろからでしょうか。広島市内に、ガラスの風よけと屋根、大きな広告看板が付いたバス停が一気に増えました。先日までdocomoが広告を出していて、人であふれる本通りも、大芝のエロDVD屋前も堀北真希づくしでした(^^;


09060201


大学の卒業旅行でロンドン、パリに行ったときそっくりなバスシェルターをたくさん見かけました。それもそのはず。このテのバス停は欧州が発祥で、日本国内も仏企業「エムシードゥコー」がプロデュースしているのです。無償で設置し、広告代でシェルターの維持・建設費用を捻出しているそう。いわば自己完結型のバス停というわけです。


そんなバス停に一時期あったのが、東京五輪招致のPR広告です。 招致委員会のホームページを見ると確かに書いてあります。(このへん参照) 天下の東京都が、わざわざ総裁の生活圏にまで広告を出していたことにびっくり。だてに本年度予算で招致経費を46億円も計上していません。実物の写真を撮れば良かったなあ。


このバス停広告、結構いいお値段がするようです。さて効果は? 心優しい人が揃う総裁の職場では…


「東京五輪? せんでエエよ」
「どうせ東京だけが盛り上がる話」
「東京まで見に行くのはたいぎい
(=面倒くさい)けえ、外国でも東京でも同じ」
「ほかに金を使うことがあろうに」



と、とても暖かい反応(笑) かくて都民の皆さまの税金は、総裁が時々使うバス停をきれいに保つために使われました。ありがとうございました。このバス停には元都営、元東急、元京急のクルマも来ます。せっかくですから、是非一度乗りにお越しください。


(五輪招致を主張するぁゃしげな人を皮肉った文であり、一般都民の皆さんをバカにしたつもりはありません。念のため)

絶賛代車中 

4月に1000円高速で関西へ行ったときに発覚したカーエアコンの故障(このへん参照)。あのときは「すぐに直したる」と思っていました。しかし、特に遠出する機会もなかったため何となく先送り。結局6月下旬にディーラーへ持って行きました。


クーラーガス切れ程度と考えていましたが…。いつも無表情なメカニックさんがちょっと深刻そうな表情。「××さん(総裁の本名)、こりゃあ根本的な故障かもしれません」。クーラーガス切れやガス漏れなら、充填した一瞬は冷風が出るそうですが、総裁デミオはそんなことさえも起きない状態。クーラー機器の問題で何日かかけて様子を見ないと原因が分からないようです。


かくて「入院」決定。代車が全部出払っている、ということで翌週再び訪ねて預けることになりました。で、やって来たのがコイツ。


09050311


ファミリアバン(1996年式)!
 県の出先機関や電気工事業者が使ってるアレそのものです。車内は潔いまでに省装備。申し訳程度にAMラジオが付いている以外は、運転に最低限必要なものしかありません。


で、動かしてみるとアクセルが重い。普通に踏んだだけでは50キロ程度までしか出ません。ハンドルも熱を帯びるとねちょつく材質で、ライトのつまみは材質の問題以前にねちょついています(笑) そして、会社に乗って行き、夜勤が終わった後にこのクルマ最大の問題が発覚しました。


エンジンがかかりにくい!


5回チャレンジしてもダメ。エアコンもラジオもライトも切ってさらに3回試してやっと動きだしました。午前2時にこんなことが起きると焦ります、マジで。そんなことだから信号で止まるのが怖いです(^^;


エンジンを止めている期間が長いほど、起動に時間がかかります。きのう2日ぶりに乗ろうとしたら10回目でやっとエンジンがかかりました。走行15万キロで来春車検切れなので、廃車直前なのでしょう。それにしても、もう少し何とかならんのんか、マ○ダア○フィニ…。


先ほど連絡があり、デミオが無事に直ったそう。これから引き取りに行きます。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。