05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島は草刈り場? 

先日、地元紙の求人折り込みを見てびっくりしました。


10062802


神奈中(厳密には子会社の神奈交)が募集広告! 首都圏以外でも説明会を開いていると聞いていましたが、まさか広島で。周囲にローカルな求人が並ぶ中なのでとっても浮いていました(^^; ヨコハマで新たな一歩を!というキャッチコピーって地方の人間に響いてしまうんですよね…。


10062801


実は広島って、時々他県のバス運転手募集広告が入ります。先日は新聞の社会面に神戸山陽バスが出してたし、10年ぐらい前は西鉄がTVCMまでやっていました。神奈中、神戸山陽、西鉄…いずれも給料や職場環境についてネット掲示板によろしくない評判が並びます。地元で募集をかけても人が集まらないから広島で? 我が街は草刈り場になってしまったのでしょうか。切ないです。地場企業ガンガレ!
スポンサーサイト

とろとろの幸せ 

今さらですが…1週間前、三越広島店の東京物産展(正式には「やっぱりお江戸 TOKYO物語」)へ行ってきました。昨年に続いて大勝軒のもりそば(このへん参照)もありましたが、今回の目玉は、


人形町「玉ひで」の親子丼でしょう! 本家ではいつも行列ができるという逸品を広島で味わえるのです。


朝から出勤で、昼ごはんを少し離れたところまで食べに行ける日にほかのメンツに振ったら二つ返事でOKでした。物産展内の仮設店には1,2人しか並んでいませんでした。ラッキーと行列に10分少々並び、テーブルで待つことさらに15分。やっと親子丼さまに出会えましたよ。


10062107

黄金に輝いています!! 隣に座った上司と一通り感嘆の声をあげ、漆塗りのスプーンで一杯。


何と濃厚な味!!


口の中に玉子のまろやかさとみりん、醤油の甘めの風味が広がります。玉子ごはんみたく米までとろとろ。そのくせシャモ肉はしっかりとした歯ごたえでおいしい。物産展でさえこの味なら本店はもっとすごいに違いない。なるほど行列ができるわけです。


今回の東京物産展はほかにテリー伊藤氏実家の玉子焼きや今半の牛丼など、なかなかのバリエーションでした。この1年間物産展巡りをして、三越が一番ハズレがないように思います。ほかの市内3デパート、ガンガレ!!

鶴見線の終点へ 上京3 

行きと同じメンツに日曜出勤帰りを2,3人加えて、鶴見行きが発車。さっきとは逆に、車窓の運河が少しずつ狭くなっていって2,3分ほどで浅野に戻りました。ここで本線の終点・扇町へ行く電車に乗り換えます。


10051801


10051821


浅野駅の少しだけ西寄りでで本線と海芝浦支線が分かれるため、駅がY字型に広がっています。高徳線の池谷をもう少し大きくした感じでしょうか(このへん参照) 池谷と違って複線どうしが分かれるので構内は広々としています。


10051822


線路が枝分かれする部分=ホームが広がっているあたりに駅舎があり、おばあちゃんがネコたちとたわむれていました。無人駅だし休日でお客も少ないし、絶好のひまつぶし場所です。こういう老後もいいなあと思いながらネコに近付くと…彼らは警戒モードになってしまいました(^^; ふられてもうた。


鶴見臨港鉄道の創設者・浅野総一郎の名前にちなんだ人名駅。いまでこそ各地にできましたが、国鉄は「特定の人物や企業に肩入れしない」が大方針だったため、当時はかなり珍しい駅でした。鶴見線にはほかにも、安田財閥創業者・安田善次郎から付いた「安善」、日本鋼管創業者・白石元次郎から付いた「武蔵白石」もあります。この後行く「昭和」は昭和電工にちなんだ駅名。埋め立て地でちゃんとした地名がなかった地域だったこともあり、鶴見線はレア駅名の宝庫になりました。


駅舎は田舎の公民館みたいな造り。駅名板は「ちょっと前の最先端」って感じですね。新しくない、でも古くない…一番淘汰されやすい年代の建物です。


10051823


さらにグッとくる看板がありましたよ。


10051824

まさかの国鉄フォント!! 中身こそ最近のタッチパネル式券売機ですが、オレンジ看板は小さいころ駅で見たままです。分割民営化されたJRの中で特にCI戦略を加速させた東日本。残っているところには残ってたんですねえ。こうやってみると券売機って昔と比べて随分スリムになったんですねえ。


ベンチでのんびりしていると扇町行きが到着。海芝浦支線と違って色々な会社の人や住民が使うからでしょう、1両あたり10人ぐらい乗っていました。武蔵白石、浜川崎を過ぎると左側に貨物ヤードが見えてきました。そう、工場地帯を走る鶴見線にはたくさんの貨物列車もやって来ます。


10051825


右にぐいっとカーブ。刑事ドラマの聞き込みに出てきそうなアパート・町工場がポツポツあるあたりを過ぎると昭和駅です。鶴見線は工場のイメージが強いですが、住宅も結構あります。京浜東北の駅まで15分で、川崎への臨港バスも頻発。都心へ通勤する人にとっても、意外に便利なエリアなんです。


残り半分ぐらいのお客さんが昭和で下車。走り出した電車が間もなくスピードを落としました。終点の扇町です。左側にちゃんとした駅事務所が見えますが、よく見ると「JR貨物」の看板が。扇町は貨物メーンで旅客電車は端っこを間借りしています。首都圏なのでSuica機(海芝浦的表現)もタッチパネル式券売機もあります。どローカルな風情とのギャップがたまりません。


10051826


貨物線はさらに先へ続き、海芝浦のような「いかにも終点」という風情はありません。一方で鶴見線ホームには終端部があって、かなり草ぼうぼうです。灰色、茶色の光景が広がる鶴見線ですが、意外にも線路だけはふんだんに緑がありました。全面黄色の103系が走っていたころは、緑の葉っぱに黄色の花…春は菜の花色、夏はひまわり色の鉄路だったわけです。ステンレスの205系は工場地帯っぽい色になった一方、ちょっと寂しくなりました。


10051828


10051827


JR東日本の駅舎は実に簡素な造り。気持ちだけでも明るくしようとアーチ状の入口がありました。線路部分を駅舎の庭とらえた、逆転の発想。JRの偉い人は「線路の草ぐらい抜け」と眉をひそめそうですが、総裁はこういうセンス好きです。駅前には小さな和風庭園も。このへんの手作り感、いいなあ。


10051829


駅前だからといってコンビニもファストフードもありません。昔ながらの「商店」が何軒かある程度。それさえも開いている気配がありません。日曜でがらんとした工場地帯にいると、時間のはざまに置いてけぼりにされた感覚に陥ります。JRの人ものんきに自販機でお買い物。確かにローカル線の風情です。


10051830


駅舎前には当駅名物のネコがいました。人間に慣れているようでお腹を出してごろごろ。変な市民団体や無茶な子どもがいない場所だから安心しきっているのでしょう。一部Blogによるとほかに仲間がいるそう。折り返し電車の時間までしばしたわむれました。


10051831


ホームに立ち止まると遠くに聞こえる工場の音だけが響いていました。


[広告] VPS



今度は逆向きの鶴見行きに乗って安善駅まで戻ります。
旅・首都圏  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

JK 

先日温泉津へ行った帰り(このへん参照)、広島道の久地PAでこんな商品を発見。


10062104


女子高生キムチ! 発売当初からネットで話題になっていた商品。前から気になっていて、とうとう店頭で発見しました。即買いです(笑)


製造元の北備食品は建設業の子会社。公共工事が減る中で始めたサブビジネスです。斬新なネーミングは、社長曰く「降りてきた」。平たく言えば思いつきです(^^; でもこの名前で一気に有名になりました。「カプサイシン+コラーゲン入り 私のようなプリプリお肌に」なんて商品紹介を見ると、キムチの良さを上手くとらえたネーミングだと分かります。


女子高生箱?の中には発砲スチロールの容器があり、ビニルに入ったキムチ登場。


10062105


早速つまんでみました。


10062106


最初は酸味。そして徐々に辛みが広がります。しっかりうま味があるのに、後はあっさり。甘口の、味が濃いキムチはどうも…という方にはうってつけです。イロモノ商品ですが、中身自体は本格派キムチです。たまたま賞味期限が近い商品でしたが、製造からそんなに経っていないと、もう少し味が違うのかもしれません。


女子高生キムチが思った以上に売れのか、「女子高生激辛キムチ」「女子高生キムチ 萌え黒」「男子高生カクテキ」「広島カープ激烈キムチ」…と商品ラインナップが大幅に増えています。高野町(現・庄原市)は広島県の最北端。青森市と同じ気候で冬場は雪に閉ざされます。そんな街からヒット商品が生まれるなんて痛快じゃないですか。少々高めですが、総裁も応援したいと思います。

カッとしてビリビリ 

16日(先週の水曜日)の夜中、カッとなって島根県大田市の温泉津温泉まで行ってきました。昔ながらの湯どころがほとんどない広島と違って、島根は良泉が点在する「温泉天国」。中でも温泉津は成分が濃く、長い時間入ると半日は体がほくほくビリビリするほどです。5年前岡山から広島に戻ってきた当初は夜勤後に時々出かけていましたが、その後の原油高などですっかり足が遠のいていました。


朝は午前5時から入浴可能。我が家を午前2時半出発しました。中国道安佐SAで休憩中の福岡~出雲線の中国JRバスを眺め、霧に包まれた浜田道を北上。28日から無料化になるので、有料時代最後のドライブです。浜田ICまで行くと遠回りになるので、金城スマートICで下りてくねくねの農道を進み、午前4時半、江津市内のローソンでひと休み。公共浴場が開く直前に温泉津に着きました。


10062101


温泉津温泉には有名な公共浴場が2つあります。響きと歴史の古さから「元湯」が最初に紹介されますが、少し狭くて時間を問わず混雑気味。総裁はもう一方の「薬師湯」が好みです。空いている分ゆっくり浸かれるし、多少観光客を意識しているので敷居も低い。


10062102

見事一番風呂をゲット! 鉄分と酸味がする濁った湯に身を任せます。最初は熱さだけですが、ジンジンと成分がしみてきます。ああ極楽。


間もなく地元のオッさん5,6人が入ってきて世間話に花が咲きます。少年野球の監督?らしく、県大会展望のほか高校野球や社会人野球についてもたっぷり話が聞こえてきました。体がホクホクしてきたところで上がりました。やっぱり温泉津の湯は効きます。汗がしばらく止まりませんでした(^^;


ちょうど日の出の時間。朝イチの浜田行きになる石見交通のバスが港の片隅に止まっていました。


10062103


たまにはいいですね、朝風呂。体の芯から生き返った気がしました。浜田道が無料化になったらお客さん増えそうだなあ。高架工事が進む山陰道を横目に通勤時間帯の広島へ帰りました。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

メイドさん募集? 

芸備書房前店主がTwitter(このへん参照)で紹介した「メイドさん募集します」(このへん参照)。名前を入力すると自分向きのメイドさんを募集する求人文を勝手に作ってくれます。一時期あった成分分析(このへん参照)みたいなもんですね。


総裁も早速やってみました。まずはハンドルネームの「下道会総裁」で。



 メイド募集中
 年齢:18~29歳まで
 身長:155cm前後
 体型:痩せ型
 日給:4200
 賞与:年1回
 住込可能な方
 備考:料理が得意な方歓迎  
 連絡:下道会総裁まで。




うーん。年齢と「料理が得意な方歓迎」はいいセンいっていますが、痩せ型はちょっと違う。本当に住み込んでいただけるなら、もうちょっと日給を出します(笑) では本名だとどうなるでしょうか?



 メイド募集中
 年齢:18~27歳まで
 身長:165cm前後
 体型:ぽっちゃり
 日給:4900
 賞与:年1回
 住込可能な方
 備考:未経験者歓迎
 連絡:××××まで。




身長とぽっちゃり可能、日給は当方の好みに近付きました(^^; 住み込み可能とか賞与年1回は誰がやってもこうなるのかなあ? 最後に、総裁が募集するならこんな求人票でしょうか。



 メイド募集中
 年齢:22~35歳まで
 身長:165cm前後まで
 体型:極端なやせ、肥満でなければ構いません
 日給:5000
 賞与:年1回
 住込可能な方
 資格:自動車運転免許(AT限定可能)
 備考:家事が得意、話好きな人は歓迎
   飲酒・喫煙に寛大な人を希望します
   思想信条について詳細に面接します
   巨人、朝青龍、中田英寿ファンはお断り
 連絡:下道会総裁まで。




実際にこんな求人票を出したら法に触れますね…。そもそも広島県の最低賃金を下回っとるし(^^; 以上妄想でした。

ホタルノヒカリ 

窓の外からポツポツポツ。今年も夏待ちの季節がやってきました。雨続きで洗濯物は乾かないし、蒸し暑い。水不足にならないための大切な時期だと分かっていてもどんよりした気持ちになりがちです。でも、1つだけ楽しみがあります。


ホタルの光です。敵から身を守るためとも、異性を引き寄せるためともいわれるはかない光。怒りや羨望など心の中の澱(おり)まで照らされているような気がして、不思議と穏やかで優しい気持ちになれます。広島支部長(最近ではこのへんに登場)から東広島市内にきれいに見られる場所があると聞き、12日(土曜日)の夜に独りで行ってきました。


目印と教えられた志和堀のセブンに着くと、駐車場には30~40台がずらり。店内にいるお客さんは1,2人ほどなのでほとんどがホタル目当てのクルマです。タダ停めは申し訳ないのでタバコなどを購入。ほかの家族連れの後ろに付いて川沿いに行くと、人だかりができているエリアがありました。のぞき込むと…


ホタルが乱舞! 正直あまり期待していませんでしたが、なんのなんの。エリアこそ狭いものの、たくさんのホタルが飛び交っていました。さっそくアマチュアカメラマンのおっちゃんの横に三脚を立ててD100をセット。ホタル撮影に初挑戦です。シャッタースピードを「バルブ」にセット。シャッターを開きっぱなしにしました。


10061205


ぽい写真になりましたが…明るすぎてホタルの光を相殺しています。向こう側に街灯があるせいです。シャッターを開きっぱなしだと些細な光でも必要以上に明るくなります。向きや場所を変えたり、シャッターを開く時間を変えたり。
いい感じにホタルが集まってきて「よし!」と思った矢先に…


うつけ者がフラッシュ!


今まで待った時間が台無しです。思わずアマチュアカメラマンのおっちゃんとともに「こらえてくれぇや!」。おっちゃんは途中から説教しに行くようになりましたよ(^^; さらに車内から見物しようという横着者も出現。クルマのヘッドライトをガンガンに点けて通過するもんだから、またやり直しです。訪れやすい場所の宿命です。おっちゃんはついに帰ってしまいました。


総裁も子どもに三脚を揺らされたり虫に刺されたりと苦戦。21時を過ぎて人が少なくなり、ベストアングルと思われる場所を発見しました。後はシャッターを開く時間を調整しながら何枚か撮影。何とか形になりました。(上はシャッターを2分開放、下は5枚の写真を合成)


10061206


10061204


途中地元の方と話す機会がありました。前日(11日・金曜日)がピークで、もう半減したらしい。翌日から雨の予報なのできょうが最後の見ごろだったようです。広島市内から1時間以内でここまでホタルが見られるなんて思いもしませんでした。小学生が清掃するなど地域ぐるみできれいな川を守っているそう。アタマが下がります。心からの感謝を胸に刻んで帰途につきました。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ラー油を食べる その後 

以前(このへん参照)紹介した「食べるラー油」。1カ月たちましたが相変わらず品薄です。細かくスーパーを回っていますが桃屋には一度も会えず、エスビーだけ先日やっと再会できました。2瓶買ったのは言うまでもありません。スーパー側も滅多に仕入れがない=ほとんどの間棚が空になっている状態をよしと思わなくなったようで、桃屋&エスビーラー油のコーナー自体をなくす店が出てきました。残念。


一方でこのブームをチャンスとみて、無名メーカーが少しずつ参入してきました。総裁が以前桃屋ラー油を買えたスパーク堺町店にも「当店限定」ポップが付いた商品が登場。


10061201


食べらぁ。会社のPCで作りました、といった感じのラベルがたまりません。発売元は西区草津南のBMLという会社。似た住所に同名のガラスメーカーがありますが、そのイチ事業部? ネットで調べると製造所所在地には、ラベル中に記された「めん楽」というラーメン屋があるよう。一部Blogによると、広島ラーメン、尾道ラーメン、博多ラーメン、汁なし担々麺がメニューに並ぶお店みたい。普通に考えると微妙よねぇ。


10061202


中は桃屋やエスビーみたいなジャリジャリ感はなく、ドロドロした感じ。桃屋やエスビー同様、コンビニむすびに載せて食べてみました。


10061203

うまいじゃん、これ。ジャンキーさはありませんが、ドロドロしている分ちゃんと具が入っていて、のり佃煮やそぼろの食感に近い。ニンニクや肉、タマネギなどの味が出ていて、白めしを濃厚に彩ります。2段落上で微妙な店なんて書いてごめんなさい。


そして何よりちゃんと辛い。桃屋・エスビーラー油で物足りなかった部分が上手く出ています。そう、総裁が待っていた「食べるラー油」ってこういうやつなんですよ。今や冷蔵庫の必需品です。


ところがすごく売れ残っています。元々食べるラー油って知っている人は知っているけど、知らない人は知らない一品。さらに桃屋やエスビーと違って知名度が低く、一般消費者からすれば「謎の食品」。チャレンジする猛者は少ないでしょう。このままではスパーク堺町店で取り扱わなくなるかもしれません。どっかのTVでラー油特集とかやって取り上げんかのう。。

広島で姫路気分 

中国地方より西側に住む18キッパーなら誰もが知っているあの味がカップ麺になりました!


10053101


姫路の駅そばです! そばだしに中華そばの異色コラボ。そば粉が不足し中華麺しかなかった戦後直後に生まれました。びっくりするほどおいしいわけではありませんが、一度食べるとクセになり、姫路駅を通るたび食べてしまいます。大阪発祥の日清食品が目を付けてこのたびインスタント化。近畿限定で販売しています。兵庫県在住の友だちに頼んで送っていただきました。多謝m(_ _)m


10053102


どん兵衛のそばだしとインスタントの中華麺が合わさった感じ。生麺とかじゃない、一番安いタイプの商品なので本物とはだいぶ違います。でもそばとは違う、麺がつるつるした食感は「ぽい」仕上がりになっているんじゃないでしょうか。日清って色々技術を持っている会社。少々高くていいので、もっと再現度を上げたバージョンを作ってほしいなあと思います。






一気に更新が止まってご心配をかけました。総裁は生きています。業界労組の全国大会@広島が終わればちいと楽になって更新できるようになると思いますので。。
旅・そのほか  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。