11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【CM】乗りバス本に参加しました 

(12月30日までこの記事が先頭に表示します)

昨年末、国内最大の同人誌即売会コミックマーケット(冬コミ)に行って「乗りバスのススメ」という乗りバス本を買いました。(感想などはこのへんを参照) こういうのを待っとったんよね、と帰りの新幹線で楽しく読ませていただきました。あれから1年。何と「ススメ」のまとめ役北天幻龍さんから出稿のお誘いをいただきました!


というわけで、当方も参加した「乗りバスのススメ 参」が今年の冬コミに並びます

2日目(30日)10時~16時 東5ホール
パ-44a「都営バス資料館」さまのブースにて 1部700円



年末年始行くところがないのう、という首都圏の皆さま、ぜひお越しください。
スポンサーサイト

スマートサイズ 

2年半使ってきたガラケーのバッテリーがへたってきて、フル充電しても1日しか持たなくなってきました。ハードな使い方をしたせいで見た目もボロボロ。電源が勝手に切れて再起動しなくなるトラブルも発生しました。なので、


スマホに機種変更しました。9月の話。いまさらの報告になりました(^^;


携帯を取り出してボタンをプチプチ…こないだまで「イマドキ」だった光景を見かける機会が減ってきました。代わりに増えてきたのが画面の指タッチ。iPhone登場で一気にスマートフォンが普及し、島根の山奥でも利用者が増えています。スマホは「色々な機能が付いている携帯」ではなく「通話ができる小さなPC」という発想。いままで旅をしてきた経験を考えると、PCと同じ画面のホームページが見られるのは大きな利点です。時刻表など交通機関のサイトってi-mode対応ページがなかなかないんですよね。


かくのごとく、前々からスマホに興味があったのですが、いまいち踏ん切りがつきませんでした。理由は


デカい。鈍い。壊れそう


Docomo以外電波が弱い地域なので、iPhoneは泣く泣く除外。初代のXPERIAあたりは昔の電卓みたい。でっかいし、太いし、動きももっさりしている。胸ポケットに入らないし、通話するにも手が疲れそうだし、バッテリーの減りがめちゃくちゃ早いし…とにかく評判が悪かったのです。その後薄型機種も登場しましたが、ズボンの後ろポケットに入れるとポキンと折れてしまいそうな頼りなさ。いっそほぼ完成形の域に達しているガラケーにしちゃろうかのうとも思いました。


しかし今夏「これなら何とかなりそう」と思える機種が出てきました。XPERIA Rayです。(公式はこのへん参照)

11122601

11122602


胸ポケットに入るコンパクトさで、太くなく薄すぎない厚み。バッテリーもへたったガラケーより持ちそうです。XPERIA当初のもっさり具合やアプリの不備も解消されてきたらしい。ただ唯一の問題点が、


キャッチコピーが「女子スマホ」


なこと。女性モニターの意見がかなり反映された機種なんだそうです。ドコモショップで「XperiaRayにしてください」とは言いにくいなあと思いながら、9月広島であったバスまつりの当日、某ドコモショップへ行きました。


「女子スマホ」のポップが並ぶ中、あたりを見回しながら体験機をいじり、機種変を決断。黒はテレビのリモコンみたいだし、白は業務用の貸与携帯と同じ色なのでパス。シャンパンゴールド(スケベイス色)はどうも好かん。というわけで赤(タラコ色)にしました。ただ、この赤はDocomo公式では「ピンク」。つまり総裁は


ピンクの女子スマホに機種変



したわけです。この字だけ見るとアタマがおかしい人ですね(笑) 意外に男性需要もあるようで、ドコモショップの店員さんは至って普通の表情。総裁が意識しすぎのようでした。内勤→外勤になったので料金プランも変更してもらいました。休日だったため事前の待ち時間を含めて1時間半近くかかりましたが、無事機種変などが終了。液晶画面の保護フィルムを貼ってもらいカバーを付けてスマホデビューを果たしました。


使い始めて3ヵ月。色々分かってきました。


・バッテリーは思ったほど減らない
機種変直前のガラケーがヘタり切っていたため、世間で言われるほどバッテリーの減り具合は気になりませんでした。もちろん節電には努めています。GPS、WiFiは基本オフ。画面の明るさも暗めにして、ネット接続はなるべくしない方向で。通話も事務所の固定電話や貸与携帯を使いました。朝フル充電で出発。普段は翌日夕方まで持ちます。ただしネットにガンガン接続すると夜にバッテリー残量20%以下になることも。使い方次第ですね。


・ネット接続には限界アリ
ネットができる携帯ではなく、通話機能の付いた小型PCと考えてください…なんてよく言われます。しかし、ネットの接続速度は携帯程度なのでサイトを表示するまで結構時間がかかります。急いでいるときはイライラしそう。WiFiにつなげると少し早くなりますが、PCみたいにサクサクは動きません。ネットについてはPCのサブ端末と考えるべきでしょうね。


・合コンで困る
XperiaRayには赤外線通信とお財布ケータイの機能がありません。お財布~については携帯Edyでちまちまとマイルを貯めていたので、かなりショボーンですが、仕方ないと割り切りました。しかし、弱ったのは赤外線。合コンや仕事先で知り合った人と連絡先を交換するのに苦労するんです。自分の連絡先をQRコード表示するアプリを入れましたが、メールや電話をしてくれないと向こうの連絡先が分かりません。


・手帳代わりになる
従来の携帯にもスケジュールソフトは入っていましたが、ほぼスタンドアローンで使い勝手もイマイチでした。しかしPCと同期できる手帳ソフトをスマホに入れると、これがなかなか便利なんです。PCのgoogleカレンダーで編集、入力ができるので開いた時間にサッサと管理できるし、ホーム画面に表示されるようにしておけば今日の予定もすぐに見られます。3月に外勤になって以降もずっと紙の手帳は使っていません。ようやくそのレベルになりました。


ちなみに総裁がインストールした主なアプリは次の通り。


ADW.Launcher : プリインストールのホーム画面が総裁のニーズとかけ離れすぎたので速効で変更。自分で細かくカスタマイズできるのでオススメです。
電話帳R : 既存の電話ソフトは電話帳機能が貧弱でグループ化を思ったようにできない。このソフトはガラケーと同じぐらいの使い心地で連絡先を検索できます。こちらも速効導入。
年齢・干支・年号・西暦電卓 : 仕事で人の年齢を確認したり、和暦→西暦に書き替える機会が多いので重宝しています。
VoiceRecorder : 音質は悪いですがmp3形式で保存できるので、PCを含めて大概のハードで再生できます。ICレコーダーを買わずに、仕事での録音もこのアプリで済ませています。
Raziko : 公式ではない方です。総裁の住んでいる場所はNHKしか入りません。このソフトがあれば広島や大阪のラジオが聴けるので非常に助かっています。


とまあ、最初は不自由を感じていましたが、気づけば機械に慣らされています(^^; せっかく買ったので色々使い倒していきたいと思います。

終点を往く 備北交通都賀都橋 

備北交通は庄原に本社がある広島県北のバス会社です。かつては哲西町(現新見市)や羽須美村阿須那(現邑南町)など複数の路線を県外まで運行していました。しかし合理化やコミュニティバスへの転換などで、分断が相次ぎ、現在は作木線だけが県境を超えます。三次工業団地を出発したバスの終点が今回ご紹介する都賀都橋です。(このへん参照)

11082801

都賀都橋のバス停がある都賀本郷は旧大和村(現美郷町)の中心部。都橋はJR石見都賀駅からさらに北に走った、集落の北端にあります。旧街道の家並みが途切れた味わい深い終点だと思っていたら…4路線が行き交うジャンクションなバス停でした。


写真左端が都賀本郷と赤名を結ぶ飯南町営バスのバス停。

11082802

明らかに元国鉄バスのバス停を流用しています(^^;

11082803

旧大和~飯南は2007年、飯南町が町内で完結していた路線を延長して誕生しました。比較的最近県道の整備が進んだことをきっかけに、飯南高の生徒を旧大和村から確保しようという思惑があったらしい。コミュニティバスが増えて、自治体の外に出ないバス路線が増える中、珍しいパターンです。ダイヤも完全に通学対応。

11082804

左から2番目は大和観光の布施行きバス停です。布施は旧瑞穂町(現邑南町)の北東端で、瑞穂の中心部・田所と邑智郡の中心部・石見川本を結ぶ国鉄バス高原線と交わる八色石より少し東。邑南町営バスの終点でもあり、接続を考慮したダイヤになっています。さまざまな資料を見ると、元国鉄バスの路線っぽいですが、早いうちに移管されたようです。

11082805

11082806

大和観光は美郷町で唯一バスを所有する事業者。旧大和村内の町営バスのほか、バス事業者がいない川本町や町内の旧邑智町での貸し切りバスを引き受けています。


3つ目、写真右端の軒先が美郷町営バスの都橋バス停です。よーく見ると、何かが挟まっています。

11082807

11082808

石見交通のバス停です! 都賀都橋よりさらに南にある大和大橋まで石見交通のバスが来ていましたが、2010年9月末で廃止になり、町が運行を引き継ぎました。まさかバス停をこんな形で再利用していたとは。。

11082809

石見交通時代と比べて、ダイヤは夕方の1本を減らした上で、30分~1時間程度変わりました。三江線の空白時間を縫うように運行し、一部で江の川の対岸を走ります。下潮は旧大和村の北端。旧邑智町側へ行くバスは昼で終わります。利用者数を考えると仕方ないんでしょうけど、実に寂しいダイヤです。


最初に書いた備北交通のバス停はどこに? 実は交差点から少し離れた、冒頭の写真で赤丸で囲ったあたりにあるんです。都橋を渡って大和の中心部へ歩きます。レトロな標識を背に5分少々。スレート拭きの車庫跡がありました。

11082810

三次~都賀都橋は、都賀を朝出て夜に帰ってくるダイヤでしたが、いつからか昼間の1往復だけが来るようになりました。日野RLあたりが寝床にしていたっぽい建物は一般の車庫に。加藤博和著「備北交通(広島県北)を考える」(1995年)によると、かつてはドル箱路線で増発便も出たそう。現在は三江線の空白を埋める便だけで細々と生き残っていますが、もはや風前の灯です。

11082811

むかしは良かった、みたいな寂しい話になってしまいました。せめてバスが走っているうちに雄姿を記録に残したいと思います。

バースト!! 

9月某日、仕事でお世話になっている方と「広島に行こう」という話になりました。総裁大好物のホルモン天ぷらとカムジャタンを楽しむ食い道楽ドライブ。ついでに車検に出してきます。広島で合流するため島根を出発しましたが…何か変なんです。


ハンドルがカクカクしてクルマが安定しない感じ。2,3日前からでしたが、この日は症状がひどくなっていました。そういえば1週間前、となり町のガソリンスタンドで給油したとき店員さんから何か言われましたが、声が小さかったのと急いでいるのとで内容が聞こえず、生返事をしました。タイヤかなあ。まあ広島で車検に出すから、あと100km持ってくれればいいや。


そんな思いで走り続けました。しかしカクカクは激しくなるばかり。浜田道から中国道に出て、時速70km程度で慎重に走ります。そして、広島北ICを過ぎて、3つ目のトンネルに差し掛かる直前、


バァァーーーーーン


クルマが左前側にボコっと落ち込みました。そう、


左前輪がバーストしたんです。さいわい付近にはトラックが1台だけ。トンネル入り口で登坂車線が終わるところだったので、本線脇に停めやすいスペースもありました。ここなら大丈夫そう。

11122402

11122401

派手にやってしまいました。とりあえずJAFに電話して場所を伝えると「1時間ほどかかります」とのこと。そして「高速道路会社への連絡はこちらでしておきます」とも。総裁、ついに電光掲示板に「●km先故障車有」を灯しました(^^;


トンネルの電気を供給する変電施設を眺めたり、通りかかる高速バスなどを観察したり、Twitterで状況をつぶやいてみたり。30分後ぐらいに反対車線をJAFのクルマが走っていくのが見えました。どうやら市内中心部から来るみたい。そして電話で言われた通り、ぴったり1時間でレッカー車が到着しました。


ここで作業するのは危ない、ということでトンネルの向こうにある久地PAへ移動。廃車回送ではありませんが、アタマにドナドナが響きます。

11122403

最近のレッカー車はハイテクで、スタッフさんがボタンを押すと車両後部が下がってスロープが出てきました。荷台にクルマを移動させ、輪止めでがっちり固定。総裁がレッカーの助手席に座って、いざ出発です。


久地PAに着いて、再びクルマを観察するスタッフさん。「××さん(総裁の本名)、こりゃあ右前輪もはあダメですよ」。聞くとタイヤからワイヤーが出ていて広島市中心部の車検工場まで持たないだろうとのこと。高速や西広島バイパスでバーストするのは御免被りたいので、追加料金を払って、工場までクルマを運んでもらうことになりました。7000円は安くないけど、命には替えられない。


工場へ向かう途中、JAFのスタッフさんから色々と話を聞きました。島根県は拠点が少なく、民間のレッカー業者に業務を委託しているが、そちらも台数は多くない。トラブルが多発する冬場は浜田や益田あたりだと広島から応援に行くことも多いそうです。つまり、冬に浜田や益田でJAFを呼ぶ事態になった場合、助けが来るまで2,3時間かかる可能性があるのです。これには背筋がゾッとなりました。


現場から1時間、車検工場に到着。車検とともにタイヤを全部変えてもらいました。クルマが変な動きをし始めたら、まず点検。苦い教訓になりました。


なかなかに恥ずかしい現場だったわけで「知り合いに見られたらイヤだなあ」と思っていました。案の定数日後、某役場に行ったら職員氏から「あんたぁ、あがなところでどしたんかな」と聞かれました。次から気をつけます。
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。