07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島-熊野線に大ナタ 

7月下旬から11回、広島-明石を路線バスで旅した話を紹介しました。その際「あるとき上手くいったルートは、その日そのときだけ成立する」なんて書きましたが、早速、総裁がたどったルートが「過去のもの」になることが決まりました。広島電鉄が広島-熊野線の大幅ダイヤ改正を発表したのです。


一般道経由便の大幅減便と、系統分離が主なポイント。総裁が乗った朝イチの熊野行きは海田市駅始発となりました。大洲通りの渋滞で遅れが頻発。JR西が天神川駅を開業、快速列車を充実させるなどして利用客数が大幅に落ち込んだためのよう。


「いつかは…」と覚悟はしていましたが、早朝から割と乗客があった区間だけに少し驚いています。西方面のアルパーク-五日市のように(深夜便を除く)路線バスが途絶えてしまうのではないか、と不安になってきました。


実は今、路線バスの旅の続きをやろうと計画し、色々調べているのですが、いたるところで断線、高速バス化が進んでいて、かなり厳しい行程になりそうです。愛知-静岡県境とか「どうにかしてくれ」と言いたくなります。


鉄道もそうですが、一度なくしたものを復活させるには、イチからつくる以上に労力が要ります。「広島市は交通局を持たなかったからこそ、アジア大会の時に色々造ることができた」と言われましたが、そろそろ交通について真剣に考え直す時期に差し掛かっているように思います。


すぐ、セオリー通りに幹線・枝線の分離やフィーダーバス化を持ち出す学者サマではなく、住民目線が求められています。いくつかの街では住民がNPO法人を設立して地域の足を確保しているところもありますし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/112-846df381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。