05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島発 バスに揺られて 2nd stage 

最高に落ち着いた気分(笑)で名鉄バスセンターを歩いてみた。前回工事中と書いたが、乗り場部分はほぼ完成しており、何とホームドアがある。眺めているとバスが到着し、ウテシが下車。スイッチを操作してドアを開ける。


これだけでも「ほう」と感心するのだが、何とウテシはそのまま客を出迎えるのだ。宇野自動車が似たようなことをしていたが、こちらは完全にホテルのボーイ状態。大都会のバスでこのような光景が見られるとは思わなかった。これだと「○○へ行きますか」といった質問や、バスカードのトラブルにも対応できる。


52.名鉄バスセンター18:44→19:52長久手古戦場駅(名鉄バス・基幹バス)引山 長久手車庫
07032005

(運賃は520円)

(このへんこのへんの地図をご参照ください)長久手車庫行きもウテシがお出迎え。普通のおっさんウテシだが、慣れていないので照れてしまった。


しかし、さすがに大都会。次から次へ乗ってきて、かなりの立ち客がいる。発車時刻になってウテシが乗り込みグィーンとエンジン音を響かせ出発した。少し狭い坂を下り一般道へ。名古屋高速下の道「若宮通」をスイスイ走り抜ける。


矢場町でさらに乗客が増え、大津通へ左折。名古屋の中心部・栄だ。


大阪、神戸では微妙に繁華街からズレた場所を通ったので、にぎわっている街のど真ん中を走るのは初めて。左右にそびえる高いビルは白く光り輝き、ネオンがきらめく。思わず見とれてしまう。タクシーの路駐が広島に比べてはるかに少なく、歩行者があふれていてもどこか上品な感じだ。そして繁華街の割に意外と多いマイカー。さすがトヨタ王国


栄でかなり乗り、大津通から一番右側車線=道路中央に寄り、名古屋オリジナル「基幹バス」の本領を発揮する。


この基幹バスは、大津通から引山まで道路中央部の専用レーンを走行。バス停は歩道ではなく、道路中央部に設けられている(Wikipedia「基幹バス」の項目に出ている上から3番目4番目の写真がとても分かりやすいです)。渋滞に巻き込まれないし、普通の系統よりバス停間の距離も長い。とにかく定時に走れるよう整えられているのだ。「限りなく路面電車に近いバス」と表現する人もいる。


一方で短所も。バス停のスペースが限られているためバスの渋滞が起きるほか、専用レーンに入り込むクルマに邪魔されることもあるようだ。またバス停の行き来に横断歩道を渡らねばならず、バスが見えたからダッシュして乗るなんて芸当はできない。


そして何より、道幅が広くないとできない。これが一番のネックだろう。加えて、共同運行する市営と名鉄で前払い/後払いが違うのはいけんじゃろう。


ちょっと悪く書きすぎたが、客の立場からすると快適だ。名古屋城のほとり、市役所前から「とどめ」と言わんばかりに人が乗り、超満員に。乗降に時間が掛かるものの、いざ動き出すと確かに速い。エンジン音とスピード感が何とも心地よい。しかも、15分程度で終わると思っていたら、いつまでも続くのだ。


スイスイ駆け抜けるうち、白壁で1人降り、茶屋ヶ坂あたりからやっとポツポツ降り始める。中央車線同様、都会的な街並みも随分続いたが、40、50分乗ったあたりで、ようやく郊外の風景になってきた。引山で半分以上が降りて、ガラガラに。ここで長々と続いた中央車線通行が終わる。


四軒家で総裁とおっちゃん1人を除いて全員が下車。右折して少し狭い道を進むうち、「次は長久手古戦場前」のアナウンスが流れる。


次のバス、日進駅行き最終便との接続時間は3分。基幹バスだからあるいはチャンスがあるかと思っていたが、古戦場前駅のロータリーに入るところで、日進駅行きとすれ違い、きょうの終点が確定。栄や市役所で乗降に手間取ったのが響いた。結局総裁とおっちゃんが始発からここまで乗り通した。

07032004愛知県から静岡県へ断線なく行くには、豊田市から山越えをするルートしかない。


名古屋から豊田市へ行くルートがいくつかある中、最終便が早いこのルートを選んだのはなぜか。そう、リニモに乗りたかったから。


国内初のHSST型リニアモーターカー。せっかく名古屋まで来たのだから、乗り物好きとしては、ここでしか乗れない交通機関を使いたい。もしかしたら広島空港のアクセス鉄道になっていかもしれん、と考えると何か因縁めいているじゃん。


駅舎はアストラムラインやゆりかもめなど新交通システムを髣髴とさせる。07032006ガラス張りで白を基調とした、ちょっと南欧チックな色使いの駅舎はテレビに出てくるデザイナーズマンションの趣き。それでいて各地の新交通での反省点を生かしている。


まずホームドアにも戸閉め確認の赤ランプがついている。いくら監視カメラがあってもどこの扉が閉まってないか、一見では分かりにくい。また、天井からでっかい路線図がぶら下がっている。既存機関ではホームドア付近に小さく表示されていて見にくかった。ホームにベンチが多いのも評価したい。


アストラムラインは密閉型のホームで、空調への苦情が多かったからだろう、ゆりかもめ以降、風が通るようにホーム上部を吹きっさらしにすることが多くなった。リニモもこのタイプを採用している。混雑時も空気が通るのは良いのだが、雪や雨、ごみが入り込むので、ホームが汚くなりがち。正直密閉型とどっちが良いのか、考えてしまう。


ウダウダ考えるうちに電車が来た。長久手古戦場駅からは総裁を含め3人が乗車。車内は全員で20人程度といったところだ。07032007ホームドア、次に車両のドアが閉まり発車。ふわりと浮き上がった感覚があり、スーッと加速する。


新交通システムとの差が顕著に出るのがカーブで、とても滑らかに静かに走り、何とも不思議な感覚がする。前面がガラス張りで眺めは良い。(写真は翌朝撮影)


一気に坂を下り花みずき公園駅。このテの乗り物にしては珍しく地上の高さに駅がある。これなら乗りやすい。次の終点・藤が丘まで係員が添乗し、運転台を開けて状態をチェックする。一番客が乗りトラブルが起きたとき面倒くさい地下区間(1駅分)は有人にしようというわけだ。


当初からしていたか、あるいは、当初はここも無人だったが、客が乗りすぎて発車できないトラブルがあって考えを変えたのか。ともあれ、安全面から考えて他社でもやった方が良い取り組みだろう。無人交通は何もなければコストが浮いていいことづくめだが、何かあったときはシャレにならないのだ。(06年のゆりかもめ事故を思い出していただければと思う)


丁寧に自動ブレーキがかかり、藤が丘に着いた。ホーム先端(乗ってきた電車からすれば一番後ろ)側が広がっている台形構造で、改札口から地下に降りてきた客を奥に誘導しやすくしている。また、改札口付近は客を滞留させられるよう広くなっていて、かなり混雑対応を意識している。


色々感心させられれたが、万博当時を知る人によると「そんなもん意味ないぐらい混んだ」とのこと。今はメチャクチャ空いており、そもそもこういう中途半端な交通機関を作るべきだったかと考えてしまう。会場選定を含めて長期的視野に立っていたのだろうか。


などと、考えながらエスカレーターを上るとちょっと昔っぽい建物の地下鉄藤が丘駅だ。名古屋や栄からかなり離れた場所だが、駅前は都会で人通りも多い。リニモと違い、地下鉄東山線は混雑の反対向きでも客が多い。途中からは立つ人も出たほど。


新宿駅と同じメロディーが鳴る栄に着き、乗り換え。21時過ぎ、やっとのことでホテルに着いた。部屋は殺風景。小さい窓がある以外は白塗りの無機質な壁に囲まれている。値段だけで決めた総裁も悪かったが、これではTVドラマに出てくる誘拐犯のアジト…。その上「LAN有り」と書いてあるも、テレビのアンテナ線みたいな謎の端子があるのみ


きょうどこまで行けるかで、あす以降の宿泊地が変わるので予約はしていなかった。少なしこのホテルでネットができるから、ここで予約すればと考えていた。それがこの体たらくで、予定が狂ってしまった。ローソンへ走り、ロッピーをいじくるも良い条件の宿はない。


結局楽天トラベルの携帯版があることが分かり、どうにかあすの宿を確保することができた。IT時代さまさまである。「名物ちゃんぽん」と書いてあるのに誰も頼んでいない中華料理店で夕食を済ませ、コンビニであすの朝食を確保。都会にいながら、街に繰り出すこともなく眠ってしまった。


キリのいいところまで来たので、ここまでの清算をしてみる。

明石駅-名谷駅 ¥740
名谷駅-妙法寺駅 ¥200
妙法寺駅-板宿 ¥200
板宿-熊野橋 ¥200
熊野橋-三宮町1丁目 ¥200
そごう前-西大島 ¥210
稲葉荘1丁目-野田阪神前 ¥210
野田阪神前-大阪駅北口 ¥200
大阪駅前-地下鉄門真南 ¥200
地下鉄門真南-京阪大和田駅 ¥220
京阪大和田駅-四条畷駅 ¥220
四条畷駅-田原台1丁目 ¥200
田原台1丁目-生駒駅南口 ¥290
生駒駅北口-学研北生駒駅 ¥360
学研北生駒駅-学園前駅 ¥290
学園前駅-近鉄奈良駅 ¥440
近鉄奈良駅-天理駅 ¥530
天理駅-上野産業会館 ¥1700
1日目合計 ¥6610


上野産業会館-関バスセンター ¥1040
関東口-亀山駅 ¥340
亀山駅-平田町駅 ¥560
平田町駅-近鉄四日市 ¥720
近鉄四日市駅前-山城駅前 ¥520
山城駅前-伊坂台アクセス前 ¥200
赤尾台-桑名駅前 ¥350
桑名駅-長島温泉 ¥500
長島温泉-名鉄バスセンター ¥1000
名鉄バスセンター-長久手古戦場駅 ¥520
2日目合計 ¥5750
1・2日目の合計 ¥12360




ちなみに明石-名古屋を新大阪乗り換えで新幹線自由席を使うと¥6720。西明石から新幹線自由席を使うと¥7560。グリーン車の場合も前者¥9590、後者¥11860。グリーン車+¥500でこれだけ日本の旅を楽しめた、と考えることにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/136-d2b7d760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。