05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

木次線沿線&奥出雲を往く・5 

さて、広島へ帰ろうと思ったところで、ふと、三成と亀嵩との分かれ道にあった「←三成・庄原」という標識を思い出しました。


そういえば前日、島根県冬期道路情報提供で見た「王貫」は、庄原市高野町につながってたし、路面に雪がなかったよな…。このままおろちループを戻るとまたチェーン巻かんといけんし。県境付近、つまり一番標高の高いところで雪がないんだから。


よし、王貫峠を回ろう。




このとき、高野町が広島県イチの豪雪地帯で、雪が降るといつも天気予報で積雪量が出る場所だということをすっかり忘れていました。あと、2-3日前に同町で雪合戦大会があったことも。




出雲三成駅付近でR314を左折し、R432へ。いつ酷道になるかと思っていましたが、どこまでも歩道付きの快適な2車線道路です。ああ、ここは故竹下登氏の選挙区だったな。実に分かりやすい。


雲行きが怪しかったので、少し飛ばし気味に走りましたが、阿井の集落に着く頃には雪がポツポツ。何とか県境まで行けるか…。思いとは裏腹に雪の粒は大きくなり、次第に道路をうっすらと覆うように。


可部屋集成館入口を過ぎ、いよいよノーマルタイヤでは危険な状態になってきました。とりあえず万が一のために、待避所の脇に民家がある場所に車を停め、チェーン装着に挑みます。


ますます強くなる雪。右側は割と簡単に付けられました。この勢いで左側も、とチェーンと格闘しますが、沼田PA同様、最後の金具が上手くはまらない。ジーパンの左側が濡れて足がジンジンしてきます。路面はあっという間に数センチの雪に覆われました。まさにゲリラ雪です。


気づけばあたりも真っ暗に。かれこれ30分は経ったでしょうか。このまま雪が降り続けば広島まで帰れなくなるかもしれません。追い詰められた総裁、とうとうテンパりました。


片輪チェーンでもそれなりに坂を登るんじゃないか?


悪魔が耳元でささやきます。気づけば金具が付けられないチェーンをトランクに収め、運転席に戻っていました。そして満を持して発車。


…あれ、動く…。


そう、総裁デミオは勢いよく雪をかき分け始めたのです。これで県境さえ越えればあとは下り坂。


しかし世の中甘くはありません。島根県のライブカメラがある辺りを過ぎ、坂が急に、そして積雪が深くなると時速20キロも出なくなってきました。片輪が空転しているせいか、スピードメーターが異常な動きになっています。


立て立て立ってくれ!登れ登れ登ってくれ!


祈るような思いでアクセルを踏み込みます。県境が見えてきました。
021401

行け。キュルキュルとタイヤが空転する音。この雪の中、外に出るのはもうイヤじゃ。何とか登ってくれ。ダメか…。あきらめかけた瞬間、時速5キロ程度でしょうか、ほんの一瞬デミオが動き坂のてっぺんへ。広島県に帰ってきたのです。


長い長い下り坂を、スリップしないようノロノロと進みます。気づけば(午後)6時半。高野町の中心部(新市)にたどり着くと、ちょうど広島からの高速バスが到着していました。


あ、バスが通れるぐらいの状態か。


でも、世の中そんなに甘くはありませんでした。


(最終回へ続く)実は次がクライマックスだったりします。
スポンサーサイト
ドライブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/15-f651e8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。