08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

東京そして秩父路・後編 

目が覚めたら「アッコにおまかせ」が始まっていました。ん、「アッコにおまかせ」! そうです、昼過ぎまで爆睡していたのです。旅先だというのに…いやはや。友人の笑いもちょっとヒキ気味でした。


梅雨入りとは名ばかりの快晴。友人のクルマで秩父へ向かいます。


飯能自体、池袋から来るほとんどの電車の終点で、いわば首都圏の端っこ。市街地を出て、西武池袋線・秩父線沿いにクルマを走らせると、車窓に新緑が広がります。


友人曰く「ちょっと行けばすぐ自然に触れ合える。ずっとここに住みたい」。田舎者である総裁からすれば、街中に住んだ方が便利でええじゃろうに、とも思うのですが、確かにまったく緑がない都心にいるといつも以上に疲れた気がします。「自然に戻りたい」は人間の本能かもしれません。


クルマで行くこと1時間。秩父の中心部を過ぎ、秩父鉄道三峰口駅に着きました。07062401

ここから池袋行きの電車が出るなんて信じられないぐらいの山奥。谷あいに精いっぱい広げた構内に電車が並びます。まるで鉄道模型の世界が現実になったよう。駅前にある年季の入った店でそばをいただきます。


秩父はそばどころ。確かにこれだけ谷が深いと田んぼが造れませんわね。頼んだとろろそばは、出雲そばと違って白く、つるつるとしてコシもありました。


ボーっと外を見ていると、ひっきりなしに三峰神社へ行き来する路線バスが通ります。中には音楽を鳴らしながら走る「メロディーバス」なんてクルマも。首都圏の人にとって秩父は気軽に楽しめる自然なのかもしれません。


腹を満たしたら、今度は駅構内併設の車両公園へ。秩鉄で活躍した旧型車両がずらりと並びます。
07062402

07062404

まだ風が涼しい季節ですが、機関車のちょっとかび臭い運転席は真夏の暑さ。じわりと汗がにじみます。


展示車両の中でも意外だったのは貨車でした。
07062403

もっと鉄骨むき出しの無機質な室内かと思いきや、板張りで農家にある納屋に近い雰囲気。窓があれば車掌車にできそうな感じです。かつて鉄道コンテナがいとも簡単にカラオケボックスになっていたこともうなづけます。


ひと通り見学した後は、いよいよ秩父鉄道に乗車。贅沢に急行秩父路で長瀞へ行きます。友人はクルマを回送させるので、いきなりのひとり旅です。
07062405

急行用6000形は、元の車両である西武新101系の面影を強く残す一方、車体の色を変え、前面も改造してできる限りのイメチェンを図っています。ライオンズのユニフォームからすれば、案外この色の方が西武に合ってるのかも。
07062406

車内は西武の特急車両をリニューアルする際にいらなくなった座席を流用。無理やりボックス席にしたため、あまりリクライニングしないなど「おいおい」な点はありますが、プチ贅沢を味わえます。


15時42分、5、6人ほどを乗せて発車。山あいを自然に逆らわず、ゆっくりカーブしながら走ります。深い谷を越える鉄橋もいくつか。秩父鉄道線は1930年に全線開業しましたが、機材も技術も未熟だった時代、よくぞここまで線路をひいたものです。
07062407

あと驚きだったのは、各駅に駅員さんがいて、それなりに電車を待つ客がいたこと。いずれも急行の直後に出る普通電車に乗るのですが、ひなびたローカル線と思い込んでいたのでびっくりしました。いくら風光明媚な車窓とはいえ、ここは首都圏の郊外なんですよね。


御花畑、秩父でそれなりに人が乗り、座席が大概埋まってきたところで長瀞に到着。広島人でさえ聞いたことがある景勝地だけあって、みやげ物店が並び、観光客でにぎわっていました。


川くだりをするには時間が遅いので、名勝の岩畳へ。
07062408

結晶片岩が地上から隆起し、荒川の流れに削られてできました。長い年月が生み出した自然の造形に、思わず足が止まりました。目を閉じると滔々と流れる川の音だけが響きます。秩父まで来た甲斐がありました。


ここからは群馬県へ抜ける県道を登り、「満願の湯」なる温泉へ行きます。露天風呂から川と滝が眺められる絶好のロケーション。湯もとろみがあり、肌がつるつるします。島根県の美又温泉に近い泉質です。


正直首都圏近郊の温泉、ということで期待していませんでしたが、予想以上のクオリティで、思わず「日本人に生まれてよかったー」と連呼してしまいました。。ほかにも同感の人がおるんでしょうか、大広間のカラオケ大会が異様に盛り上がっていたことが印象的でした。


せっかく埼玉の端っこまで来たのだから、ということで一瞬だけ群馬県に足を伸ばし、あとは帰ることに。


ロードサイドで飲食店が多いと判断し国道17号へ。「米を食いたい」「ならば回転寿司」ということで一致したのですが、あるのはラーメン屋と焼肉屋ばかり…(国道脇にソープランドがあったのは衝撃的だった)。やっと回転寿司店があっても待っている人がメチャクチャいたり、駐車場に入れなかったり。


ブーブー文句を言ううちに、本庄、深谷、熊谷、鴻巣と都心へ近付き、埼玉県に戻って約1時間半後、鴻巣市と北本市の境でやっと寿司にありつけました。その後は鴻巣駅で別れて、浜松町のホテルへ。チェックインしたのは24時前ですた…。


昼過ぎスタートとはいえ、かなり中身の詰まった旅になりました。今回ナビゲートしてくださった友人に深く感謝します。
スポンサーサイト
旅・首都圏  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/160-d2de503c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。