10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

痔ダイアリー3日目 

おはようございます。昨晩は昼寝をしたせいかなかなか寝付けませんでした。きょうからは少し昼寝を控えようと思います。


看護師さんらの口ぶりからして、かなり順調に治っているよう。ただ、昨晩2度目の排便をした後、トイレットペーパーを若干スライドさせたところ、ちょうど創部に当たったらしく激痛が走りました


総裁が受けたている治療はウミの管にゴムを通して、少しずつ切開する「シートン法」(詳細はこのへんを参照)。肛門からゴムひもが出ている状態で、これに当たったのです。


「ウォシュレット後は擦らず、押し拭きしてくださいね」と言われていましたが、まさかほんのちょっとでこんなになるとは…。順調とはいえ手術直後ですから、当然といえば当然ですね。


けさからシャワー解禁になりましたが、そんなことがあったので、肛門付近は恐る恐る洗いました。とはいえ、久々に体や髪を洗うととても気持ちがいいです。シャワー後は1階の診察室に下りて消毒してもらい、再び自由時間。


病室でのんびりしていると、隣室のオッサンが電話で話している声が聞こえました。少しだけ漏れ聞こえる内容からして、オッサンはどこかの会社の偉い人のよう。部下らしき人を相手に愚痴三昧、文句連発。こちらが疲れてきそうです。


痔ろうは、ストレスなどで肛門の免疫力が弱る→便秘で力んだり、下痢で出口付近の肛門腺窩というポケットに便が押し込められる→免疫力が弱っているので炎症が起きる→ウミがたまり「ろう管」という管が外側に作られる、という流れで発症します。(もっとも、ストレスがあれば必ずなる、というものではなく、運次第の面もあるよう)


このオッサン、これだけストレスを抱えていたらまた再発しそうです。いま、部下らしき人が見舞いに来ていますが、早速文句を垂れています。入院中ぐらいプラス思考でいたいものです。
スポンサーサイト
痔ダイアリー  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/168-59f9e6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2007/07/04 17:16

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。