08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島発 バスに揺られて 2nd stage 

66.浜岡営業所9:12→9:47相良営業所(しずてつジャストライン)特急新静岡東名経由
07070504

(特急静岡御前崎線←07年4月改正で区間短縮・運賃は600円)

このあたりの地図をご参照ください)次のバスまではしばらくある。


飲み物を買いにすぐ近くのサークルKに行くと、広島で古いポプラに漂う独特の臭いが。。サークルKは名古屋資本で、恐らく広島にポプラが広がった同じ時期に開店したのだろう。


岡山に大量にあったサークルKは比較的新しい店舗ばかりだったのでちょっと意外。新聞コーナーにはついに東京新聞が登場した。


まだ時間が余ったので営業所敷地の片隅にある待合所で一服。本を読んだりするうち定刻の9:02になったが、まったく来る気配がない。


日本語が不自由そうなエンジニアの人と待ち続けると、しばらくして街の方から貸切型のバスが姿を現したが、ここには止まらず、海沿いへ走り去った。


もしかしてシカトされた? そろそろ営業所に聞きに行こうかと思った矢先、さっきのバスが新静岡行きになって戻ってきた。どうやら浜岡行きの段階でかなり遅れたようだ。


途中の吉田インターから東名に入るから、デラックス(死語)なクルマなのだろう。靴を脱いで、座席をリクライニングさせて至福のひとときに浸る。営業所を出て2つ目が「マックスバリュ前」で、その2つ先が「浜岡原子力館」。


え、原子力? 右手にはテレビで見たことがある原発の建物がそびえる。浜岡原発、という言葉は聞いたことあったが、まさかこんな街の近くに。。いや、街中と言っていいかもしれない。


よく見ると今走っている道路は街の規模に似つかわしくない、高規格な2車線バイパス。ああ、これが原発マネーの力なのか。思わず息をのむ。


しかし150号からいったん別れ、浜岡原発入口のバス停を過ぎると、御前崎市が持つ別の一面が分かる。雨垂でサーフボードを持った若い衆がバスを待っていた。


そう、御前崎は台風中継でお馴染みであるように、太平洋の突端に位置する、海と太陽のリゾート地なのだ。確かに(原発を除けば)風光明媚な場所だし、その割に買い物する場所も整っている。


さすがにサーフボードは車内に持ち込めないようで、ウテシがトランクを開けて収納した。こういうこともあるんだなあ。


150号の旧道?は2車線あるものの、離合しにくい道幅。大型トレーラーとすれ違うときはバス停すれすれのところを通る。そんなウテシの苦労もあってかなくてか、少しずつ乗客が増え、10人ぐらいになっただろうか。


堀野新田東で再び150号に合流。大型トラックが多い中を東進し、地頭方辻を過ぎたところでついに海に出た。どこまでも広がる濃い青の世界。ところどころに波しぶきが立つ。三原で見た(このあたり)瀬戸内海と違う、まさに大海原だ


山手に濃い緑がまぶしい茶畑が広がる海沿いの道を、バスはゆっくりゆっくり北上。サーフボードの若い衆は特に長い砂浜が見えた須々木海岸で降りた。波から波へのバス旅。そんなものいいなあ。


幸せな気分に浸れる景色だったが、バスはダダ遅れ。当初はこの先の静波海岸入口まで乗って藤枝駅行きに乗り換えるつもりだったが、間に合いそうにない。


その次の藤枝駅行きは間もなく着く相良営業所始発だ。なら相良営業所で降りよう。バスは営業所構内にある乗り場に滑り込んだ。


最後にウテシから遅れについてお詫びのアナウンス。東名・大曲橋架け替えの集中工事で渋滞し、浜岡着が遅れたとのこと。まあこんなこともあるさ。総裁ら数人が降りた後、入れ替わりで10人以上が乗車した。

67.相良営業所10:29→11:31藤枝駅南口(しずてつジャストライン)藤枝駅南口 榛原病院経由
07070505

(藤枝相良線・運賃は920円)

このあたりこのあたりの地図をご参照ください)それなりにちゃんとしたバス乗り場だが、自販機、トイレ、ベンチがあるぐらい。付近にコンビニもないので、ぼんやり本を読みながら過ごす。


時間ちょうどにやってきたのは、大東支所→浜岡営業所で乗ったような、少し古めのバスだった。客は総裁を入れて3人。


2、3階建ての店兼住宅が並ぶ相良の中心部をゆっくり走り、すぐ国道150号に合流した。


正面から見た駿河湾は横から見る以上にダイナミック。内陸育ちのサガか、何度海を見てもテンションが上がる↑↑ せっかくの快走路だが、新静岡行きと違ってこちらはローカルバス。相良の次の集落で150号と別れ、港町特有の狭い路地に入る。


かつての駿遠線榛原町駅で、ちょっとした車庫になっている静波海岸入口を過ぎ、静波3丁目でやっと4人目の客が乗ってきた。


旧榛原町中心部の1.5車線道を走るうち、左手にドラマに出てきそうな超近代的なビルが姿を現した。ここが方向幕にある榛原病院だ(外観写真はこちら)。今までの穏やかな街並みとはまったく違う威容に面食らう。


榛原病院を過ぎて旧吉田町に入る手前で再び150号に合流。国道は吉田で内陸にカーブを切るので海とはしばしの別れとなる。


かのオカモトやソニーミュージックの工場脇を過ぎたら、いよいよ大井川だ。新幹線みたく富士山は見えるかと北側を見るも、空がかすんでいて×。「越すに越されぬ」と称されただけあって、バスでさえ渡りきるまでに2-3分かかった。


大井川町に入ると道の両側にロードサイド店が林立する、典型的な郊外道路に。


そんな場所だからか、上新田南に清水銀行の「ドライブインサービスステーション」なる建物まであった。銀行もドライブスルーの時代ですよ、奥さん。ていうか、クルマに乗ったままローンの相談とかしたくないな。。(地元の方のブログを見ると、ドライブスルーのATMがあるそう。これはこれで便利かも)


仁義なき割り込み車のせいで前のめりになりながら、宗高新町で左折。東名高速をくぐると乗る人が一気に増えて、結局10人以上になった。うち半分は太田川町以西からの客だった。

07070506今回乗った浜岡営業所管内は、いま路線再編のさなかにある。少し触れているが、特急静岡御前崎線は相良営業所までに短縮され「特急静岡相良線」になり、浜岡営業所からのバスは相良営業所までの区間便だけになった。藤枝駅から相良営業所を経て御前崎へ行くバスもあったようだが、これも相良営業所までとなった。


さらに静岡県ホームページ中「静岡交通ニュース」54号によると、しずてつジャストラインが区間便だけになった浜岡営業所-相良営業所間の撤退を申し出たのだ。ほかにも浜岡関係は袋井・掛川方面と御前崎市を結ぶ路線以外のほとんどが撤退の対象。


完全に調べきれていないが、静岡-浜松が断絶する恐れが出てきた


総裁が乗った限り、浜岡-相良はそれなりに客がいた路線なので子会社化されるか、コミュニティバス化されると信じたいが、正直予断を許さない状況。地域住民限定のデマンドタクシーになると総裁みたいなヨソモノが乗れなくなるし。。


しずてつジャストラインは各営業所にマスコットキャラクターを設定し、バスの窓にステッカーを貼っている。浜岡はウミガメ。そのウミガメが本当に海に去ってしまうことがないよう願いたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/175-1e2d7b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。