07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島発 バスに揺られて 2nd stage 

68.藤枝駅11:42→12:41新静岡(しずてつジャストライン)新静岡
07070508

(中部国道線・運賃は600円)

このあたりこのあたりの地図をご参照ください)時刻表を見ると11時30分の便が出たばかりのようだ。次は50分。


「さて一服でもするか」とタバコに火をつけようとしたら、もうバスが来た。「どうせ50分だし」と余裕をかましつつ「冷房が効いた車内にいた方がいいか」と乗ったら、すぐ扉を閉めて発車。どうやら30分発の便が遅れていたようだ。


静岡駅まではJRの方が当然早い。始発から乗る人は少ないだろうと思ったが、意外や意外10人ぐらい乗っていた。先月(2006年9月)に完成したばかりの新駅舎(wikiに写真がある)こそ立派だが、10万都市の中心部にしてはちょっと寂しい。


と思っていたら、街の中心は駅前を直進し、青木川を渡った先にあった。ゆるいカーブの両側にびっしりと店が並んだ商店街。店の前が屋根でつながっている、広島人に分かりやすく言えば、屋根が低い中央通りといったところか。


サッカーどころの静岡だけあって、「サッカーもなか」と書かれたのぼりが至るところに立っている。地元の方のブログによると、本当にサッカーボールの形をしているよう。ちなみに高校サッカーの強豪・国見高がある長崎県雲仙市国見町にも、「ストライカーもなか」というそっくり菓子がある。どっちが元祖なんだろう?


商店街は結構にぎわっているのだが、その分路駐や急な右折車が続出。何度もきつめのブレーキがかかり、そのたびにカクンカクンと揺れる。


藤枝大手を過ぎ、今度は住宅地の中に入る。全然交通量がない道なのだが、4台前のLifeがガンらしく、大名行列状態。やっとLifeが去り、流れ出したら、今度は一番後ろの席で大騒ぎしていたオバちゃんが「あ、さっきのところで降りるんじゃなかったっけ」と言い出した。バスはすでに国道1号に入っている。


オバちゃん、やおら前に歩いてきて「ここで降ろして」。さすがにこれにはウテシも「いや、ここはダメだから。次まで待って」。しかし国道1号はバス停の間隔が長い。ノロノロ運転で数分走ってやっと次のバス停に着いた。しかもオバちゃん、降りるときになって両替してるし…


その後も歩道を走っていた男子高校生の自転車が飛び出してきたり、外車のショートワゴンが大名行列をつくったりと、ウテシは災難続き。見ているこちらが気の毒になった。そりゃあ、藤枝着が遅れるわけだ。


藤枝市を出て岡部町に入ったあたりからウテシに運が向いてきた。流れもスムーズになり、変な飛び出しもなくなった。横添を出たところでいよいよこの路線一番の見所、国道1号岡部バイパスに突入。いっきにエンジン全開!といきたかったが、東名通行止めの影響でクルマが多く、制限速度いっぱいが限界だった…。


道の駅の脇から上りがきつくなり、トンネルに。真っ暗な車内でウテシ席後ろの広告が光ります。しかし、またウテシに災難。車内のウツケ者が窓を開けたままにしていたのです。入り込むスス、ばい煙。思わず息を止めます。そろそろ苦しくなってきたころ、トンネルを出て静岡市に入りました。


前を走る郵便配達バイクに邪魔され、ヘロヘロなスピードで丸子(まりこ)ICを出て、本来の快走区間が終わった。と、そのとき反対車線に広電グループの貸切カラーをまとったバス(広島でよく見かけるこんな塗装…リンクはwiki)が走っていきました。


あまりの興奮に社名を見忘れましたが、芸陽か備北でしょうか。まさか静岡で見るとは!! 見知らぬ街で同郷の人と会ったような、うれしい気分。しかしバスでここまで来るのは大変だっただろうに。。て、総裁が言うことでもないか。


バイパスを出てからどんどんお客が乗ってきて、座席がだいぶ埋まってきました。12時半に安倍川を渡り、いよいよ静岡の中心部へ。やっと片側2車線の通りになって、高層ビルも見られるようになりました。


「本通×丁目」なんてバス停が続いた後、「県庁静岡市役所葵区役所」なんて「ラーメンライス餃子つき」みたいな欲張りな名前のバス停を経て、いよいよ新静岡。藤枝から乗り越した人も3、4人いた。


このバスは12時50分発ですぐ藤枝へ折り返していった。ちょっとダイヤがタイトすぎやしないかと思うのだが。。

07070509新静岡は静鉄新静岡駅に併設したバスターミナル。JR静岡駅から約400メートルの場所で、距離的には広島駅から的場町の電停ぐらい。


広島バスセンターが地上にある感じの造り。ホームは20、10台近くが停められる待機場もあり、当たり前だがそのほとんどすべてをしずてつジャストラインが使っている。


広島・岡山のように多数のバス会社が存在する街で育った人間から見ると、同会社のバスがずらりと並ぶさまは壮観だ。広島センター街にあたる「新静岡センター」なる専門店街もある。


変則的で多少分かりにくいターミナルだが、全乗り場に屋根がついてるし、街中にしてはよく整っている方だろう。しかし総裁が使ったときもかなり老朽化している印象があった。


静岡鉄道も気にしていたようで、今年5月、全面建て替えする方針を固めた(このへん参照←静岡新聞の記事をコピペした2ちゃんのスレ)


総裁は以前から広島都市圏の公共交通は、同格都市とされる福岡や仙台より、静岡に近いと考えていた。


理由として①新幹線が通り、JR在来線は普通・快速ばかり(広島と同じくパターンダイヤ)、②JRと並走する私鉄がある、③JR駅とは違う場所にバスターミナルがある、④地下鉄がない…など。


広島バスセンターもかなり古い。せんだって乗り場の一部や案内表示がリニューアルされて使いやすくなったが、建物の寿命もあるからそろそろ全面建て替えが検討されてもおかしくない。


新静岡には、そのときのお手本になるようなバスターミナルになってほしいと思う。1社寡占の乗り場だから運行会社間の調整はいらんだろうし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/177-a0b674e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。