04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島発 バスに揺られて 2nd stage 

71.寺尾橋17:35→18:29富士駅(富士急静岡バス)富47蒲原病院 富士駅
07070610

(運賃は740円)

このあたりの地図をご参照ください)富士から来たバスには誰も乗っていなかったようで、サーッと寺尾橋を通過。国道1号手前の空き地で一休みしてからやって来た。転回場があるのならバス停を動かせば良さそうなものだが、何か事情があるのか。


乗ると、運賃表上では寺尾橋が「整理券番号0/券なし」。富士急が清水まで乗り入れていた歴史は運賃データからも消えているのだろう。


すっかり真っ暗になった宿場町の旧東海道をバスは快走。駅のあたりが町の中心かと思いきや、藤枝と一緒で由比駅上からバス停7つ分離れた由比山橋あたりに役場や商店街があった。


おそらく海沿いに国道1号富士由比バイパスが整備されるまでは、この辺が海際だったのだろう。薄暗い中に港町っぽい、白い壁の建物が並んでいた。


似たような街並みが続くうち、気づいたら旧蒲原町に入っていた。


蒲原町は平成の大合併で静岡市と合併。由比町が単独町制を選んだため、現在は清水区の飛び地だ。由比町が合併したあかつきにはコミュニティバスが清水まで…と考えるのは妄想だろうか。


由比町は静岡市との合併協定に調印したが、町議会が関連議案を否決。今年(2007年)7月、あらためて合併協を設置することを両市町議会が可決している。


蒲原、新蒲原と両JR駅前を通るのだが、電車を待つ人こそいれど、バス停には誰もいない。悔しいがJRの方が速くて便数が多いので無理もない話だ。


新蒲原駅を過ぎたあたりからクルマの流れが悪くなる。普段この区間で客がいることの方が少ないのだろうか、ウテシがブツブツ独り言をつぶやく。


いったん街灯と民家が途切れて、富士川町に入ると、すぐ山道に入る。とても病人が歩けないような急傾斜をエンジン全開で走り蒲原病院に着く。


斜面に無理やり造った要塞のような建物。外壁を照らす白い照明がサーチライトのように見えた。由比から蒲原病院止まりの区間便があるほか、山梨交通の富士宮行きも発着する。


恐らくここがあるから路線が存続しているんだろうけど、またしてもこのバスに乗ってくる人はいなかった。


山を下って間もなく町の中心部。案の定富士川駅で乗ってくる人はいなかったが、バス停3つ先の富士川中前でついに2人目の客が乗ってきた。乗車35分、やっと貸し切り状態でなくなったのだ。


しかしクルマの流れはさらに悪くなった。ガンは片側1車線の富士川橋のようだ。改良しても良いのだろうけど、なんせ川幅が広いので話が進まないのだろう。これじゃあなおさらJRに流れるよなあ


結局15分以上渋滞にはまって富士川越え。フロントガラスの向こうに街の明かりが見えてきた。


せきを切ったようにロードサイド店が増えて富士銀座の手前で右折。道行く人が結構見られるようになった。軒先が屋根で覆われた、長い長い駅前商店街を過ぎ、富士駅に着いた。


富士市内から東へ行くバスが18時で終わるため、きょうは富士宿泊となる。結局これだけ渋滞するのなら、1時間前にあった1本前のバスに乗っても沼津行き最終バスに接続できなかったかもしれない。


駅に着いて写真を撮ろうとウテシに事情を話すと、「いいよ、何枚でも」と快諾していただいた。「じゃあオレ降りるからさあ」「全国回って雑誌とかに書いてる人?」と方言のイントネーションそのままにノリノリ。ありがたく写真を撮らせていただいた。


ちょっとほのぼのした光景が繰り広げられたわけだが、目の前にあった駅前交番の警官は終始無表情だった。ノリが悪いやっちゃなあ。


72.富士駅18:31→19:01吉原中央駅(富士急静岡バス)???確認できず

(運賃は300円)

このあたりこのあたりの地図をご参照ください)先ほどのウテシに別れを告げてバス乗り場を見ると、もう吉原中央駅行きが着いていた。総裁が乗って扉が閉まる。この旅初めての女性ウテシだ


6、7人ほどが乗り、今来たばかりの商店街を戻り、富士銀座の交差点で今度はさっき来た方向の逆へ。商店街を過ぎるとすぐ市街地が終わるのかと思いきや、どこまでも広がっている。


結構内陸にある富士中央病院や青島町から何人か乗ってくるし、降りる人もポツポツ。JRが海沿いを走っているため、バスに頼らざるを得ない地域が多いのだろう。それにしてもどの道も混んでいる。


何度も細い路地に入り、いよいよ方向感覚が分からなくなったところで、いきなり片側3車線の道に出て市役所。それまでは片側1車線の道ばかりだったので、あまりの変化に驚いた。どうやら駅前など今まで通ってきたところは富士の中心部ではなかったようだ。


市役所の通りから曲がると、富士銀座以上ににぎわっている商店街に出てきて、その真ん中に、ビルが建ち並ぶ中でちょっと埋没気味な、平屋の「吉原中央駅」があった(wikiに少し前の写真がある。外観は今も同じ)。富士のバスはココを中心に放射状に延びる。実はここが市内交通の中心だったりするのだ。


鉄道の路線図を見ても「吉原中央」という駅がなかったので、何だろう?と思っていたが、地方のJRバスにありがちな「バスの駅」だったのだ。結構年季が入った建物で、総裁の年代が想像する「駅」のイメージにかなり近い。ヘタなJR駅より駅っぽいなと思う。


もろに富士急の敷地っぽいので、ウテシに撮影の許可を撮ろうとすると、「ええっ…!?」と悩まれてしまった。


警戒感むき出しの表情。実家に飛び込みのセールスマンが来たときオカンが見せたあの表情だ。「すぐ終わりますから」「クルマさえ写ってれば良くて、運転士さんは一瞬下を向いていただければそれでエエです」と畳み掛けるも「後ろが詰まってますし」と拒否モード。


無理強いしてトラブルのはイヤなので撮影は断念。今後女性ウテシが増えるとこういうことも増えるのだろうか…。厚顔無恥な総裁だが、さすがに凹んだ。中央駅ではヤンキーがたむろしてた。
73.吉原中央駅19:30→19:40吉原駅(富士急静岡バス)???確認できず
07070611

(運賃は230円)

このあたりの地図をご参照ください)きょうのラストランはほんの10分で終わる回送みたいな路線。2人だけを乗せて発車した。


吉原中央駅から商店街の中を走る。郊外の大型ショッピングセンターに押されて空洞化-というのは地方の商店街が共通して抱える悩み。当地も例外ではないようだが、吉原の場合これを逆手にとって色々イベントを催している。


空き店舗前のスペースを利用してフリーマーケットを開く「シャッター前市場」、閉店したヤオハンのシャッターで焼いた菓子「シャッター焼き」、空き店舗のシャッターをアーティストが彩る「ストリートアート・スタジアム」…。ここまでの開き直ると、潔さすら感じる。


富士市は公共交通への取り組みも熱心で、市内循環バスを積極的に走らせるほか、富士急静岡バスが21世紀になって7年経つのに自前のホームページを持たないもんだから、市ホームページで時刻表を掲載している。こういう地方の意地が実を結んでほしいと思う。


間もなく商店街が終わり、岳南鉄道の吉原本町駅。もう1人の人はここで下車。歩いても良さそうな気もするが、まだバスが身近な足として使われているということだろう。


駅横の踏切を渡ると、一気に住宅地になりあたりは街灯の明かりだけに。元々薄暗い車内がさらに暗くなる。


そんな静まり返った雰囲気を打ち破ったのが東京ヘ○スのネオン。富士って工場地帯だから、需要があるのだろうけど、あまりに淫靡な、前近代的なたたずまいに思わず目を奪われた。あれって五反田だけじゃないんだ。。


新橋あたりから工場街に突入。さらに殺風景になり、開け放った窓からは製紙工場独特の臭いもたちこめてきた。そんな臭いの真っ只中である左富士から1人乗り、パルプ工場の脇を抜けたらもう吉原駅だった。


バス乗り場は駐輪場の片隅、自転車の中で埋没したような場所にあった。悲しいかな、ここではバスより自転車の方がエライようだ

07070612きょうは富士駅前のホテルを予約した。JRで戻ろうと駅舎に入ると結構人がおり、電車も座席が一通り埋まっていた。これが現実か。


扉の前に立ち、カバンから本を取り出そうとビニール袋をカサカサさせると、脇に座っていたおっさんが不機嫌そうに咳払い。神経質なやっちゃなあと見やると、ポータブルDVDプレイヤーでさだまさしのライブを見ているではないか。電車の中でそんなもん見るお前がどうなんじゃあ!と言いたいのをぐっとこらえる。


近頃の若い者は、とよく言われるが、エエ年こいたヤツでもメチャクチャなのがおるよなあ。


ちょっと不機嫌になって富士駅で下車。ホテルにチェックインして、すぐ隣のイトーヨーカドーに出掛ける。


予定ではあす東京駅に着く。その前祝をしようというわけだ。居酒屋に行ってもいいが独りではどうも…なので、スーパー。ちょうど駅弁フェアなるものをやっていたので、どっかのとりめしをカゴに入れ、ビールやチューハイ、ウィスキー缶などを買い込んだ。


部屋に戻りエアコン全開。シャツもズボンも脱いでぐびぐびやるうちに意識が飛んでいた。


次に気づいたら時計は午前1時半。何と冷房をガンガンに効かせた中、上半身裸で泥酔して寝ていたのだ。ともすれば死にかねないシチュエーションに、文字通り肝を冷やした。


キリのいいところまで来たので長久手古戦場-吉原駅までについて清算する。


長久手古戦場駅-日進駅 ¥400
日進駅-和合 ¥140
和合-豊田市 ¥520
豊田市-四郷 ¥260
四郷駅-足助病院 ¥400
足助病院前-稲武 ¥500
稲武-田口 ¥900
田口-本長篠駅 ¥900
本長篠駅-竹平 ¥210
竹平-浜松駅 ¥630
浜松駅-横須賀車庫 ¥630
3日目合計 ¥5490


袋井駅-大東支所 ¥730
大東支所-浜岡営業所 ¥410
浜岡営業所-相良営業所 ¥600
相良営業所-藤枝駅南口 ¥920
藤枝駅-新静岡 ¥600
新静岡-清水駅 ¥480
清水駅-興津駅前 ¥280
寺尾橋-富士駅 ¥740
富士駅-吉原中央駅 ¥300
吉原中央駅-吉原駅 ¥230
4日目合計 ¥5290



3・4日目合計 ¥10780
1・2日目合計 ¥12360


1-4日目合計 ¥23140




名古屋から新富士まで新幹線の自由席で¥6820、グリーン車で¥10820。今回はコミュニティバスが多く運賃が安く済んだ分、グリーン車より安く済んだ。ちょっと意外。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/181-1c62d870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。