05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

甲子園 今年も行きました③ 

一刻も早く甲子園へ行こうかと思いましたが、お目当ての広陵×聖光学園は第4試合。あんまり早く行っても暑くてかなわん。大学の友人と生徒は青春18きっぷで来ているので、ちょっと足を伸ばして元町の南京町で中華をがっつり食べました。


15時を過ぎ、少し涼しくなったところで甲子園入り。銀傘下を狙って「追加発売があるかもしれない」内野特別自由席の列に並びます。第3試合が終わり、やっと発売開始決定。場内に入って空いている場所を探したら、何と最前列のブロックに座れました! 甲子園自体、グランドと同じ目線で見られるのが魅力ですが、やはり前の方は格別です。
07101612

やむを得ず聖光学園側ベンチ近くなってしまましたが(^^; ベンチからの声が聞こえてくるんですね。見ると、誰よりも前に出て人一倍声を張り上げている選手がいました。試合は広陵が強さをいかんなく発揮したワンサイドゲーム。広島県民としてはうれしい限りですが、くだんの選手はどんなにリードされてもグランドの選手たちを激励し続けます。見ているこっちの胸にも響いてきました。ああ、甲子園ってエエなあ


試合の最終盤、ずっとベンチを温めていたその選手が代打で指名され、見事出塁。歓声と拍手が沸き起こります。聖光ファンはひたむきに頑張っていた姿を見ていたのでしょう、試合の中で、聖光応援団はそこで一番盛り上がっていました。


広陵は攻撃の手を緩めず、チャンスがあればガンガンに盗塁。めまぐるしく選手を交代し、層の厚さを印象付けました。いやあ、中井哲之監督も容赦ないのう、と思っていたら、広島に帰ってびっくり、何と監督がダウンして、選手が采配を取っていたそう。二重にびっくりしました。そりゃあ決勝戦までいくわけですよ。 昨夏の決勝第2戦ほどではないにせよ、今大会の節目となる試合を見られて大満足でした。
07101613

だから甲子園観戦は止められない。試合が終わるころ、グランドはカクテル光線に照らされ、何とも幻想的な眺めでした。


さて、そろそろ帰りのことを考える時間。帰りも行きと同じ路線の夜行バスに乗ります。まずは尼崎市内のスーパー銭湯で汗を流し、大慌てで土産などを購入。枚方駅で待っていたら、けさ乗ってきたバスが折り返しでやってきました。疲れが一気に回り、高速に入る前にはもう寝ていました。


翌朝、小谷SAのトイレ休憩で降りたら、なんばからの南海サザンクロスと、大阪からの中国JRバス呉大阪ドリーム号と揃い踏みになりました。
07101614

ちょっとだけ大阪の空気を引きずりながら、広島センターに着き、帰宅したのでした。ちなみにこの日いきなり夜勤だったわけですが、さすがに頭が回りませんでした…。
スポンサーサイト
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/201-7c013b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。