04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

日本の最南端で都営バスに乗る(1) 

ハイサイ!


総裁、実は今沖縄にいます。(ハイサイは沖縄方言で「やあ」「こんにちは」の意味)


一番の目的はコレ↓
07102901

そう、沖縄県西表島にある日本最南端のバス停「豊原」に行ってきました。


世間が休みで混雑する時期を避け、今年も10月に夏休みをゲット。ちょうどANAのマイルが無料航空券をもらえるぐらいたまっていたので、思い切って当地を訪れたわけです。国内ならどこからどこへ行く航空券でも15000マイル必要。ならば、できるだけ飛行距離の長い路線に乗りたいですよね。28日(日曜日)夜、那覇空港に着きました。


ん、広島発那覇行きだったら午前中に着くじゃん、と思った方は鋭い。夏休み自体は27日(土曜日)から。今回は羽田から沖縄入りしました。実は船橋に住む大学時代の友人が結婚することになり、フリーソフト「朝刊太郎」を使って結婚新聞を作ることが決定。その取材をしたり、「タモリ倶楽部」で2週間にわたり濃密に紹介された鉄道博物館に行ったりしたわけです。


東京―沖縄便ということで「有名人がおるかも」と少し期待しましたが、んなことぁない、というわけで、飛行時間の半分以上爆睡(笑 ちょうど日暮れ時のフライトで、窓から見える空は昼の水色と夕暮れのオレンジ、夜の黒色がせめぎあい、起きていた時間はそのコントラストの美しさに見入っていました。


もちろん到着した28日からちゃんとバスに乗りました。むしろ「ゆいレール」に乗り忘れた、といった感じ(^^;


沖縄ではホームページすら持っていないバス会社もあり、「何行きに乗ればいいか」や時刻が満足に調べられませんでした。しかし国の沖縄総合事務所などが振興策の一環で、2004年度に沖縄の交通ポータルサイト「美ら島交通ナビ」を開設。後にバス停ごとの時間や経路検索ができるようになりました。(バス会社が自社サイトで時刻表を載せない要因になってる気もしますが、便利だからよしとしましょうか…)


おかげで何系統のバスに乗ればホテルへ行けるか分かったので心強かったですね。が、意外な落とし穴が。那覇空港のバス乗り場で待っていたら、ホテルへ直行できる99系統が来ました。塗装がそのままなので、見ただけで○戸市交通局からの移籍車と分かりました。。


しかし、ここに落とし穴。普通空港を通るバスって空港始発でどこかへ行くものと思って、行き先の地名がどこにあるか分からずに乗るとウテシが「このバス、具志行きですよ」。


何のこっちゃ、と思うも気になったので「那覇の街中に行かないんですか?」と尋ねると、漠然とした質問が悪かったのか、ウテシは答えに窮しているよう。「国際通りには行かない?」「ああ、行きませんよ(沖縄アクセント)」。


この99系統、郊外から出て空港を通って別の場所へ行く「空港を経由地として通過する」路線だったようで、いきなりやられました。散々バスに乗ってきたのに、この体たらく。もっともこのやり取りを聞いた別のお客さんもバスを降りたので、沖縄のバスが分かりにくいということでしょう、多分(責任転嫁)


しばらくしてやってきた、今度こそ本当にホテルへ直行するバスに乗りました。一番前の席の女子(地元民?)は方向幕に書いてあるのに、しきりに「このバスは名護へ行きますか?」「名護まで何時間かかりますか」とウテシを質問責め。広島空港みたく、空港バス乗り場に係員が1人いればだいぶ分かりやすくなるし、乗る人も増えるような。


沖縄のバスは時間にルーズ、特に国際通りを通る便は時間が読めないと聞いていましたので、渋滞にかかっても特に気にしませんでした。かなりスローペースで結構遅れたに違いないと思っていたら、予定のバス停で降りて時刻表を見たら5分遅れただけでした。沖縄の時刻表はだいぶ正確になってきた?


ホテルにチェックイン。ひと休みして、再びバスに乗ってみることにしました。
スポンサーサイト
バス旅・西表島  /  tb: 1  /  cm: 1  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

ついに!

沖縄バスの旅ですね!しかも本土の払い下げバスがそのままの塗色で走っているとは。バスも鉄道並に奥が深いですね。今後のレポに期待します。

URL | 武蔵のスキャットマン #/LqLaiUI

2007/11/01 02:01 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/203-b9259065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結婚新聞

結婚式... 受付には毎日新聞とかけて毎日結婚新聞が配られてよぉ~く見ると、新郎新婦の写真や馴れ初めなどが書いてある新聞でした♪ これも美穂子お手製の細かな記事やギャグ(?)が盛りだくさんの立派な結婚新聞でした(笑) アイデアもすごいし器用だなぁ~。 ...(続きを読..

結婚問題

2008/03/30 02:10

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。