06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

紅白歌合戦予想 

きょうあたり紅白歌合戦の出場者が発表になりそうな気がします。(この予想だけ当たったりして)←この部分を書いたのは11月29日。見事に外しました。


毎年紅白の出場歌手を予想するぞ!と思いつつ、先に発表があって後でグジャグジャ言う、というパターンが続いているので、今年はとりあえず今すぐ言える範囲のことだけでも書こうと思います。なお、この記事は今晩以降、適宜追加していくつもりです。


そうそう、総合司会が笑福亭鶴瓶、中居正広になったことは報道されていますが、目立たないところでNHK側の担当アナウンサーも発表されていました。TVは「英語でしゃべらナイト」でブレークし中堅どころのエースとなった松本和也アナと、バラエティ系の番組に引っ張りだこの住吉美紀アナ。この辺は妥当&無難。


そしてラジオは昨年DJ OZMAのボディスーツを見て「あ、裸です!」と口走った小田切千アナ、そして塚原愛アナです。


塚原アナは、総裁が仕事の都合で岡山に引っ越した当時岡山放送局にいて、夕方のローカルニュース「きびきびワイド610」を担当。話題の人でした。その後大阪のスポーツ担当を経て、東京進出。「お笑いオンエアバトル」の司会で見たときは近所の姉ちゃんが有名になったような、「あの子がこんなに大きくなったんじゃ」という思いがしました。いや、別に関係者じゃないんですけど(^^;



(初出場組)
YUI
主題歌を歌った映画の主演女優は爽やかな後味を残して消えていきましたが(笑)、auのCMに使われて以降の躍進は目を見張るものがあります。まさに2007年なアーティストといえるでしょう。CDTVとかで歌っているのを見たのでTV出演はやぶさかじゃないようですし。個人的には「LOVE&TRUTH」がいいような気もしますが、家族が見る紅白を標榜するなら「恋しちゃったんだー」の歌になりそうな予感も。

中川翔子
広告代理店や小売業が仕掛ける「流行」に対するアンチ勢力として、最近特に認知・評価されてきたオタク文化。何年も前から一定のコミュニティを築いていたのですが、これまでの代表的人物は宅八郎氏や岡田斗司夫氏などサブカル系中心で、バラエティ向きな人、特に「TVで映せる範囲の」女子はいませんでした。中川翔子の登場でやっと放送可能なヲタ女子が出てきた気がします。趣味は「スノボとフットサルでーす」みたいな流行側と「ワシゃあ好きなことに生きる」というアンチ流行側の二極化が進む2007年を代表する意味で、彼女の出演はアリと思います(いや、彼女が流行側の人間として生きていることも知っていますが)。最低でも審査委員として出てきそう。CDがさして売れなかった上戸彩でも出られたぐらいですから…。NHKへの貢献度も高いし。AKB48という声もあるようですが、当方はないとみます。リア・ディゾンはもってのほか。


うるまでるび
ご存じ「おしりかじり虫」のグループ。おしり…が「みんなのうた」で好評を博しました。ブームになったのは夏で、ちょうど総裁が痔の手術を受けた直後。夜中に出掛けたフタバでガンガンに流れていて、「おしりをかじる」という壮絶な歌詞に複雑な思いでした。「だんご三兄弟」「おさかな天国」ほど売れているか、となるとちょっと厳しいかなと思いますが、このへんでも出さないと、初出場組がよいよおらんようになる気も。よってここに入れておきます。


東京事変
総裁の職場にあるTVではNHKがずっと流れていますが、ある日の夜中、突然椎名林檎の声が聞こえてきました。何とまあ、NHKが特集を組んで本人がインタビューを受けてたんですね。PVを見る限り最近NHKに出られる程度に落ち着いてきていますし(笑)、アリと思われますが、どないでしょう。


ほかには初出場の予想がつきません。新人不作の年なんですね。。



(話題組)
あみん
某予想サイトによると、あみんは今年25年ぶりに再結成したそうですね。「待つわ」自体今も歌い継がれる名曲ですし、若手・演歌が多い紅白で昭和50年代ってエアポケットになりがちなので、意外にスッと出られそうな気がします。

ピンク・レディー
今年間違いなく阿久悠氏を偲ぶコーナーがあります。となると、「UFO」「ペッパー警部」など氏の作詞によって不動の地位を築いたピンク・レディーは欠かせません。単品よりはメドレーで聴きたいなと思います。当然白組からも阿久悠ソングを歌う人が出るでしょうけど、ピンク・レディーほど氏と一体になった人はいないでしょうね。


植木等関連
今年亡くなられた方として、植木等氏もいます。氏を追悼する歌が登場するのも確実。やはり「スーダラ節」を聴きたいですね。



(特別枠)
NHKは今年から紅組にも白組にも属さず、両組の勝ち負けに関与しない特別枠を設けることを明らかにしました。「音楽は競うものではない」と出場を固辞し続けた大物が出場しやすくなるため、とみられています。


音楽番組「SONGS」のスタッフが制作の中核を担うことから、同番組に出演した矢沢永吉、竹内まりやなどが候補と目されているよう。個人的には来月100回目の武道館ライブを達成する矢沢永吉はアリかなと。郵政公社とタイアップして切手を出すなど、官系とも意外に上手くやっている?


逆に特別枠でのサプライズは1人(組)が精一杯ではないかと。倉木麻衣や中島みゆきみたいな感じになると思います。



あ、あと放っておいても出場できそうな人たち、TOKIO、SMAP(そろそろジャニーズもほかのグループを出してあげたら?)、モーニング娘。と付随するハロプロ系(うたばんに出てるの見たけど、知らない人多杉)、小林幸子美川憲一和田アキ子五木ひろし北島三郎谷村新司氷川きよしさだまさし倖田來未浜崎あゆみ大塚愛アンジェラ・アキは鉄板。絢香aikoポルノグラフティも堅いでしょうね。


一部でささやかれる「千の風」秋川雅史の2年連続出場はないとみます。長年出場し続けたELTは落選の可能性も。昨年初出場のmihimaruGTやBONNIE PINKは厳しい。我らが広島出身のPerfumeも可能性アリとみるむきもありますが、難しいような気はします。どうせならもっと大きくなってから出てほしいなと。


藤あや子、香西かおり、坂本冬美、伍代夏子あたりの、今までスルーパスで出場してきた中堅演歌歌手がコンセプト変更でどの程度残るかも注目。夏川りみ、森山良子などJ-POPでも演歌でもない人たちはどうなるでしょう。


(出場歌手が正式決定するまで本項は適宜修正します)
スポンサーサイト
芸能  /  tb: 1  /  cm: 1  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

ワシも『趣味はボードにフットサルで~す』と吐かす奴らは無趣味な奴らとみなします。

URL | 武蔵のスキャットマン #-

2007/12/02 12:48 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/213-ef43c848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

産後 痔の手術の苦しみ

知らない人のために... 痛みについてはその程度 を示す明確な数値がなかったため、 『子どもを産んだときはすごく痛かったわ』 『痔の手術の後の抜糸は痛いなんてもんじゃない』 『ム...

痔手術体験

2007/12/08 12:09

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。