07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

大阪-広島夜行バスまとめ 

銚子電鉄に乗った話を4回ほど書きました。18きっぷで大阪→夜行バスで銚子、という超強行軍でしたが、翌日も無茶しました。


さすがに早起きはできず、8時まで寝た後、ホテルの大浴場(今回宿泊した秋葉原のドーミーインは小さいながらもスーパー銭湯ばりに大浴場があった)にゆっくり浸かってスタンバイ。神保町の書泉グランデで交通関連本を調達し、東京駅へ。何とこの日も18きっぷを使いました


広島まで18で帰ろうとすると9時前の東海道線に乗らなければならないので、これは無理。とりあえず昼前に東京をスタートして、行けるところまで18を使おうという次第。結局上郡までしか行けないことが分かり、大阪から夜行バスを使いました。今回は中国JRバスの山陽ドリーム広島号。


で、はからずも広島-大阪夜行バス3路線(うち1つは枚方に立ち寄る京都行き)完乗を達成しました。パチパチパチ。(南海バス「サザンクロス」はここ、防長交通「まいこ号」・京阪京都交通「SANYO EXPRESS」はここで紹介)




せっかく3つとも乗ったので乗り心地とかを比較しておこうと思います。(停留所以外の時刻は総裁の腕時計による)


1.山陽ドリーム広島号 中国JRバス運行
(大阪駅桜橋口23:20-宝塚IC23:46-西宮北IC23:57-淡河PA(0:20-0:30)-中筋駅5:47-不動院駅5:57-広島バスセンター6:00-広島駅新幹線口6:10)
大阪駅-広島バスセンター 5700円
トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト→こんなの…太もも位置にあるやつ):有 スリッパ:無 毛布:薄い まくら:無 休憩:消灯前1ヵ所→淡河PA・深夜のため自販機のみ営業
※2号車=予備車だったため、本来の2階建てバスではない。念のため


2.サザンクロス 大阪発は南海バス運行
(あべの橋23:10-湊町バスターミナル23:30-南海なんば高速バスセンター23:50-中筋駅5:57-不動院6:03-広島バスセンター6:10-広島駅新幹線口6:20)
なんば-広島バスセンター 5700円
トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト):無 スリッパ:有 毛布:厚手 まくら:無 休憩:なし
021201



3.まいこ号・SANYO EXPRESS 防長交通・京阪京都交通共同運行
(洛西バスターミナル21:50-西本願寺前22:20-京都駅八条口22:35-京阪枚方市駅23:20-小谷SA(5:00-5:10)-中筋駅6:23-広島バスセンター6:36-大竹IC入口-7:19岩国駅前-7:33玖珂IC-8:03熊毛IC-8:14徳山駅前8:33)
京阪枚方市駅-広島バスセンター 5900円
京阪京都交通車→トイレ付き・3列シート 足置き(フットレスト):有 すね当て(レッグレスト):無 スリッパ:有 毛布:普通 まくら:有 休憩:早朝に小谷SA(24時間営業)
07071401





どれも同じに見える夜行バスですが、意外に違いがあります。


寝心地はレッグレスト付きの山陽ドリーム広島号と、枕付きのまいこ号が拮抗。起きたとき、より疲れが少なかったまいこ号が僅差で一番でしょうか。サザンクロスはごくごく標準的な座席ですが、特に平日は空いていることが多く、周りに気兼ねする必要がありません。


経路・時刻で軍配が上がるのはサザンクロスでしょう。23:50と大阪の発車時刻が一番遅く、人と飲んだり遊んだりするのも梅田よりなんばの方が何かと便利で、2次会までしっかり出られるこの時間は魅力的です。まいこ号は枚方という場所がネックになりますが、京橋発22:49(土休日は22:50)の京阪の急行に乗れば間に合うので、意外と遅くまで大阪にいられます。いずれも発車後すぐ消灯で、睡眠時間を長く取れます。


山陽ドリームの発車時刻も割りと遅め。最終的に梅田界隈やJR沿線で用がある方はサザンクロスよりこちらの方が良いでしょう。ただ、宝塚や西宮北に停まってから休憩があるため、0時半以降にならないと消灯されません。とっとと寝たい、という方には不向きですが、休憩があるのは心強いですな、やっぱり。


休憩といえばサザンクロスは唯一休憩がありません。乗る時はしっかり飲み物を買い込みましょう。(逆に言えばそれだけ寝ることに集中できます)


まいこ号は休憩ではなく「リフレッシュタイム」といいます。終点に着く前にトイレへ行ったり顔を洗うなど支度をする時間、という位置づけ。特にアナウンスなどはなく、気付いて外に出たい人だけが降りられます。まあ大抵の人はバスが停まると「ん」と気付くもので、なかなかスマートでよくできたシステム。


ちなみに大阪駅桜橋口は、地下にもぐってすぐのところ阪神梅田駅の西改札横に、南海高速バスセンターはエスカレーターで下りた南海なんば駅2階に、京阪枚方市駅は駅反対側の広場に、それぞれ関西私鉄系コンビニのアンスリーがあります。大阪は都会じゃのう。


まあこんなところでしょうか。バス選びのご参考までに。


惜しむらくは、総裁の中では意外と健闘しているまいこ号が今月末で廃止されること。徳山まで行くとダイヤ上色々制約を受けますからねぇ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/226-02b607a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。