09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

07年紅白歌合戦 

紅白歌合戦、ご覧になりました? あの日総裁は夜勤。12月31日更新で「職場でずっと紅白を見る」なんて書きましたが、結局まじめに仕事をしたため(いえ、普段からまじめにやってるのですが)、最初の1時間しかゆっくり見られませんでした。もっと突っ込みどころを知りたい方は今(08年1月14日)発売中の週刊文春が特集をしていますので、そちらもどうぞ。


まず11月29日更新で書いた予想の結果。ごめんなさい(めざましテレビ占いコーナーの高島彩風)、流行語同様惨敗でしたm(_ _)m


YUIや東京事変は出やしないし、AKB48、リアディゾンは出ちゃうし、「初出場は思い付かない」なんて書きながら、広島に縁のある馬場俊英を外すし…。mihimaruGTや秋川雅史は2年連続で出るし、北山たけしは何事もなかったように登場。あみんを当てたことが唯一の救いでしょうか。にしてもピンクレディーを出さないこと、サプライズが寺尾聰止まりだったのは意外でした。いや、ルビーの指輪が聞けてうれしいんですけど。




本番を振り返ると、しょっぱなはモーニング娘。一派「ハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊」でした。以前からそうでしたが、今回特に「××紅白バージョン」「●●紅白スペシャル」みたいなパターンが増えました。CD売り上げが全体に芳しくない中、知られていない新曲より、みんなが知っている歌を、という傾向が強まったのでしょう。「LOVEマシーン」とかが歌われました。


なぜハロプロ10年を公共の電波で祝わないといけないのか(出場者が決まったとき、職場の人が一斉に言った)というのは置いといて、宝塚大劇場ばりの大人数は確かに圧巻でした。しかし、昔に比べて歌唱力が落ちている。中学生のカラオケを聞いているようでした。マァ08年ノ紅白シーズンマデ残ッテルカ分カラナイシネ。


Berryz工房や℃-uteの初耳な歌を聞かされ、さらに後味は悪くなりましたが、次の美川憲一が吹き飛ばしてくれました。何とホストみこしに乗っての登場です。あまりに度肝を抜かれて笑うしかありませんよ、こうなると。電飾衣装より遙かにインパクトがありました。で、いかにもイマドキな登場をしたのに、歌うのは「さそり座の女」。いや、これには負けた。


さらなる異変は中村美律子あたりから。突然バックにマッスルミュージカルが登場。歌の雰囲気を無視して跳び箱をしたり、バク転をしたり、やりたい放題し始めたのです。こりゃあワヤじゃ、と思ったのですが、気付いたら後ろで繰り広げられる筋肉の躍動に釘付けになっている自分がいました。


よくよく考えると上手い演出です。ハッキリいって中堅どころの演歌は若者ウケしない。普通に歌わせるだけだと、お茶の間で子どもたちが「チャンネルを変えようよ」とギャアギャア言い出し、他局にスイッチされかねない。これだと「演歌に興味がない方はマッスルミュージカルをご覧ください」な見方もできるわけです。チグハグっぽいですが、実は演歌好きと演歌に興味がない人をつなぐ演出だったのです(総裁仮説)


おかげで、総裁が興味ないゾーンを一気に通過することできました(笑)


mihimaruGTで大量のエキストラに驚き、EXILEの間に仕事を進めたら、総裁の好きな布施明「君は薔薇より美しい」、前川清「そして神戸」。そして「おしりかじり虫ショー」です。痔の手術をした総裁はこの歌を聞くと激痛の記憶がよみがえり、心から楽しめません。それ以前にこの歌、おさかな天国とかだんご三兄弟みたいに盛り上がりましたっけ?


ショーが終わり、案の定客席が盛り上がらなかったAKB48とリアディゾンの後はしょこたん。当方と、同じ職場のアニメファン、「空色デイズ」が主題歌になったアニメを子どもと見ていた上司はこれが一番の楽しみでした(^^;


奇抜なコスプレきぼんぬだったわけですが、意外にも(ていうか、それが当たり前ですが)普通の衣装。まあアニメの衣装は著作権とか他局との絡みとかありますからね。。




というわけでここまではちゃんと見ました。あとはたまにテレビを見たとき、気になった点をいくつか。


小林幸子の衣装は回転あり、ラメあり、電飾ありで期待通り。少しコンパクトでしたが、紫っぽい光が美しかった。今年は「この衣装はこんな風になっている」みたいな楽屋裏ネタもあり、興味深かったです。


あと、ラスト。紅か白か勝った方の色に東京タワーが染まるという演出があり、白組が勝ったので、白色のライトが点灯しました。しかし、どう見ても青色だろ! 4時間半の紅白で唯一職場から一斉に声が上がった瞬間でした。


色々意見はあるでしょうけど、07年は総じて楽しい紅白でした。視聴率はイマイチだったようですが、前年より下がらなかったんだからオンの字じゃないでしょうか。初日の出を撮影する間、後ろにいたジイさんカメラマンたちも「今年のはワシらが見ても面白かった」と言ってましたし。


例年なら再放送がありますので、是非ごらんになってみては。視聴率が下がったといっても国民の4割近くが見る娯楽番組ってそうそうあるもんじゃないですし。総裁も見逃した後半部分を楽しみたいと思います。それでは!
スポンサーサイト
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/229-4d720c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。