08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

センバツ行1 

今年も甲子園に球音が響く季節。例年3月はわが社の異動で単休しか取れないことが多いのですが、今年は何とセンバツ期間の23、24日に連休が取れました。東京の友人と共同で購入した18きっぷもあります。朝4時半まで飲んだ翌日、早速山陽本線に飛び乗ったのでした。


広島から18で旅立つ場合、岡山行きの電車に乗るのが一般的。広島より西の駅から乗れば、広島でたくさんの人が降りるときに席が確保できますし、多くが転換クロスシート車(このへん参照)で、岡山で姫路方面の電車に短時間で接続します。


と、まあいいことづくめに見えますが、この岡山での乗り換えがクセモノなんです。岡山より西側、岡山-福山間は1時間4-5本電車があるのですが、岡山兵庫県境の三石まではほぼ30分に1本。しかも県境を越える電車は1時間に1本しかありません。そう、電車4,5本分の客が1,2本に集中するのです。


加えて18シーズンは普通電車の利用者が多い上、岡山から関西方面に遊びに行く学生さんの流れもあります。兵庫県へ行く電車は直前に乗ると座れないことがあるのです。つまり短時間で接続する、という点がアダになってしまうわけです。岡山-姫路が18きっぷの難所と言われるゆえんです。


平和主義者(笑)の総裁は岡山での座席争奪戦が嫌いなので、18で岡山から姫路方面へ行くときは、岡山始発ではなく三原や糸崎始発の電車を選んで乗るようにしていました。1-2時間に1本ぐらいこういう電車があるんですよ。ところが今回の改正で、昼間帯を中心にほとんどなくなってしまいました。たとえ遠回りになる播州赤穂行きでもありがたい存在だったのですが…。


そこで、「あんまり朝早くない」「岡山での座席争奪戦を避けられる」「できるだけ座れる」「大阪に明るい時間に着ける」を優先して立てた行程が下の通り。


横川10:42-三原12:00(山陽本線普通糸崎行き344M)
三原12:01-倉敷13:17(同普通岡山行き452M)
倉敷13:35-播州赤穂15:08(伯備線・赤穂線普通播州赤穂行き1834M→1920M)
播州赤穂15:09-大阪16:43(赤穂線・山陽本線新快速野洲行き3276M)



播州赤穂行きに岡山ではなく倉敷で乗り換える、というのがミソ。あわよくば倉敷で席を確保できるし、ダメでも岡山で座れる。岡山で列に並ばなくてもいいし、ホームで一服できる、というわけです。順調に乗り換えられ、運よく倉敷で座席ゲット。開業したばかりの西川原・就実の簡易ぶりに驚いたり、姫路で駅そばをすするため1本後(15分後)の新快速に乗り換えたりしましたが、それ以外は新快速が3分遅れたことも含めて予定通り(笑)でした。終始座りっぱなし。うん、美しい行程だ。




そして、ウトウトするうち、尼崎に着きました。ふと思い立って今回はここで降りました。なぜ尼崎? 駅前再開発街区「アミング潮江」に誕生した「鉄道ショッピングモール」ともいうべき「ホビスタ」へ行くためです。


オープン自体は昨夏。お恥ずかしながら総裁は先日まで知らず、今さらながらの訪問となったのです。もっとも西日本最大級を売り物にする巨大ジオラマが完成し、グランドオープンしたのが今年3月8日。実はいい時期だったのかも。


1階はごくごく普通のスーパーで「こんな建物にあるんかいな」とエスカレーターで3階へ。そこは確かに鉄道好きの楽園でした。
スポンサーサイト
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/250-e4630549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。