09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

不器用な男ですから その2 

引き続き、ほかの展示車両を紹介します。
重ねて申し上げます。総裁は貨物は詳しくありません。素人ならではの浅はかな表現があるかと思いますが、許してやってつかあさい


まずは車両吊り上げ実演があった工場内から。吹田機関区所属のDE10-1561です。
08100201


実はDE10は思い入れがある車両なんです。


幼稚園の頃、トレインロボというトランスフォーマーの前身になるおもちゃがありました。車両が変形してロボットになり、6種類合わせると巨大ロボットになるという親泣かせ(笑)のシリーズ。新幹線や特急がある中、総裁がせがんだのはなぜかDE10でした。どこかで走っている姿を見たからでしょう。結局買ってもらったのはその1両だけ。ものすごく気に入って、いつも手に取っていたような気がします。


あらためて見るとエンジン、デカいですね。この威容と、赤と白の素朴な色遣い、グットきます。
08100202


次は吹田機関区所属のEF200-20。
08100203


民営以降、JRの旅客各社はデザインを重視したフレンドリーな感じの新型車両を開発しました。一方でJR貨物が生み出したEF200は近未来的なカクカクした車両。昭和気質の無骨さを見事今風に進化させました。それでいて欧米の機関車を彷彿とさせる風体でもあります。


ちょうど詳細点検中らしく、中がすっからかんになっています。こんな状態の車体が見られるのも車両所ならでは。台車や車両上部に付ける部品の大きさに驚くばかりでした。
08100204


向かいの工場に止まっていたEF66-2。伝統的な濃青と白の塗り分けとは違って、EF200に近い塗装で、国鉄とJRの過渡期を感じさせる車両です。
08100205


外に出ると大きなお友達がずらり。レンズの砲列の先にはヘッドマーク(特急の名称板)を付けた機関車たちです。時間によってヘッドマークを交換。いつまでも写真撮影が楽しめる趣向です。場所やシャッターを押すタイミングについてせめぎ合いがあり、微妙にピリピリした雰囲気。前を歩くのも気を遣います。。


まずEF66-1です。JR貨物の機関車は貨物けん引専用。普段は特急のヘッドマークを付けることはありません。しかし国鉄時代は寝台特急を引っ張っていたそうで、「昔の名前で出ています」(by小林旭)な感じです。砲列の反対側に来てしまったので何人かからにらまれています。よよよ。。
08100206


EF65-57。乗り物図鑑に出てくる典型的なのっぺりフェイスですね。青と白のオーソドックスな配色と違う、真っ茶色は新鮮でした。総裁の中で寝台特急の機関車はキン肉マンのロビンマスクに似たEF66のイメージ。しかし識者氏は「EF65を見ると寝台特急だなあと思います」。このへんは原体験の差なんでしょうか。
08100208


そしてEF65-1038(左)とEF65-1129。いずれも岡山所属のようです。
08100209


ネットで調べると、元高崎の1038は国鉄時代の塗装そのまま。撮り鉄から人気を集めていたようです。識者氏によると、1129は元JR西日本所属。相次ぐ寝台特急廃止で活躍の機会を失い、JR貨物へ転属してきました。思わず感情移入してしまいそう。人に歴史があるように、車両にもストーリーがあるんですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/290-83c902c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。