05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワールドプロレスリング 

総裁は仕事の関係で深夜に帰ることが多い、というのは以前書いたかと思います。


帰宅後は真っ先にテレビを付けるので、通販番組のみならず深夜番組全般に詳しくなっています。テレビ新広島(TSS)の「道楽のココロ」とか、大好きですね。


仕事が速く終わる/遅くなるは曜日に関係ないのですが、最近毎週見ることができているのが「ワールドプロレスリング」。総裁自身が弱い生き物なので、小さいころからプロレスごっことかやらなかったし、あまり詳しくはありません。


でも、見てるとおもろいんですわ。特にK-1と違って輝きまくっている曙
022802

K-1の時は動きが緩慢で、一度でも倒れたら最後、もう立ち上がれない…そんな印象がありました。相撲のように一瞬勝負じゃないと勝てないのではと。


でも、広島で28日に放送があった「レスナー・中邑×曙・長州」の試合は凄かった。レスナーの強烈なラリアットを喰らってもびくともしない。逆にラリアット返しを喰らわす。そして、220kgで一気にボディースラム。文字通り「潰す」わけです。


(その前にレスナーがみなぎるパワーで長州を攻め、あの「リキラリアット」を受けても多少崩れた程度だったわけで…なおさら曙の馬力が伝わってきます。)


レスナーも曙にバックドロップをかましましたが、逆に腰を痛める結果に。もっとも、レスナーにやられている長州を曙が助けるとき、長州にもダメージを与えてしまっていましたが…。


相手の苦悶の表情は見ていて多少気の毒に思いますが、頭や首を狙った技巧派な戦いに比べて何だか実に清々しいんですわ、これが。


途中、四股を踏んだところで見ているこっちまで興奮しました。人が戦う姿を見て久々にワクワクした次第。もう少し長く見ていたい試合でした。


曙。K-1で負けまくっていた当初は「この人もうダメかも」と思ってましたが、新日の爆弾岩的存在として一定の地位を築いたよう。楽しみができました。


※あくまで、プロレスを知らない素人の意見です。人によっては曙の力任せの戦い方をイクナイ! (・A・)と言われているようなので念のため。あ、ちなみに総裁はプロレスに筋書きがあってもいいじゃないか、と思っているクチです。
スポンサーサイト
テレビ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/31-6b991f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。