08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

さかな、さかな、さかなー 

日本の大動脈を支えた0系新幹線が44年間の営業運転を終えた11月30日。広島でもう1つのものが幕を閉じました。宮島水族館です。2011年にリニューアルオープンするまでの一時閉館ですが、現在の建物は姿を消します。小学生時代の思い出に出合うため、20年ぶりに訪ねてみました。


いや、乗り物好きとして0系引退も関心があったのですが、総裁が最期を見に行くべきではないと思ったのです。確かに乗り物図鑑で見て以来憧れの存在でした。しかし0系に乗ったのは、広島-徳山、福山と博多-岡山の3回だけ。それも人生の節目でも何でもないときで、お世辞にも思い出に残ったとはいえません。そんな総裁が行くことで、人生のそばに0系があった方がホームで立つ場所がなくなるのは、乗り物好きとして本意ではありません。だからこそ離れた場所で静かに送ろうと思った次第です。



山沿いに錦秋を満喫しながら水族館へ。なぜ11月末なんて中途半端な時期に閉館?と思っていましたが、宮島が一番輝く季節にこそピリオドを打ちたかったのかもしれません。

08092601

最終日ということでチケット売り場は行列が。もちろん家族連れもいましたが、総裁ぐらいの世代も結構いました。みんな小学校や幼稚園の遠足で来たクチなんですね。


中に入ると大水槽スペースがパーテーションで区切られていて、まるで海中に潜ったよう。猛烈な数の魚に圧倒されました。ここで総裁、気付きました。ワシ、魚の名前知らん…。 説明板を読んでも似た種類が多くてなかなか区別がつきません。さかなクンって偉大なんだなあ。。


小さい水槽にはそれぞれ2,3種類の生き物がいます。中でも総裁が気に入ったのはニシキアナゴとチンアナゴ! ムーミンに出てくるニョロニョロのような風体で、ただボーッと立って、流れてくるプランクトンを食べるだけの生活です。細いので食われたら苦しむことなく一瞬で死ねそうですし、何て楽な人生!! 憧れます。生まれ変わったら貝よりニシキアナゴやチンアナゴです。(そんな彼らを見習って写真を撮っていないので、適当に検索してご参照ください)


きれいな熱帯魚もいますが、カキいかだの海中を再現した水槽や、タコの吸盤使いの方が見とれますね。アナゴが本当に筒の中に密集しているさまには驚きました。意外と知らなかった広島近海の世界は新たな発見の連続でした。小学生だった総裁の心に焼き付いていた電気ウナギも健在。800v大放電中でした。


愛くるしいスナメリに癒され、「実験」で魚を与えられたのに食欲がなかったピラニアに自分を重ね合わせていると飼育員さんたちが大声を張り上げて回ってきました。「まもなくペンギンのお散歩が始まりまーす」。へえ、あれって旭山動物園だけじゃなかったんだ。


観客の多さに興奮気味だったゴマフアザラシの前で待つこと10分、やってきましたー。

08092602

ぺたぺたとペンギンのちっぷ君(さん?)登場。まるでイラストの世界から飛び出してきたようなかわいらしさに、年甲斐もなく手を振ってしまいましたよ。ここで初めて知ったのは、ペンギンが生臭いこと(笑) 海に住んでいるから当たり前ですが、これも水族館に来なければ分からないことですね。

08092603

それにしてもペンギン君はおとなしい。よく訓練されているからかもしれませんが、ちゃんと飼育員さんの言うことを聞くんですよね。人間との信頼関係が成り立っているからこその触れ合いイベントなんでしょう。はしゃぐ子どもたちを見ていると心が暖かくなりました。


直立することでTV出演を果たしたワニのだいごろうや、ぬいぐるみと見まごうばかりのカワウソ、実はたくさん仲間たちがいたペンギンの群れを見ていると、やたら甲高い声が聞こえてきました。


あ!さかなクン!! リスペクトし始めた途端に出会えました。何という偶然。昭和のかほり漂うアシカショー(←このフォンがまたグッときます)のステージでトークショーをしていたのです。独特のしゃべりに子どもたちの食いつきは抜群。しかもよく聞くと結構ためになる。タコのアタマって、頭部じゃなくて実は胴体ということを初めて知りました。リスペクト度、さらにアップです。


最後に食堂でひと休み。いまどきビールの自販機があったり、弁当持ち込み可だったりとゆるーい昭和の空気が流れていました。リニューアル後は触れ合いを重視した造りになるそうです。この肩肘張らない雰囲気、残してほしいですねぇ。休館前に来ることができて本当に良かった。新宮島水族館がオープンしたらまた行きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/324-f20ba724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。