06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

あけましておめでとうございます 

09010101

新年あけましておめでとうございます。


今年も岡山県瀬戸内市のいつもの場所に初日の出を拝みに行きました。雲は厚かったものの下に垂れこめていたため、一度出た太陽が隠れるという事態は回避。結構きれいな姿を見ることができました。きょうの日の出みたく、最後に「良かったなあ」と思える一年にしたいものです。




今年も初日の出見物がてら神戸、山陽両紙と朝日、読売、毎日、産経、日経を購入。地元中国新聞も我が家に届きました。というわけで、今年も「正月各紙表紙の芸能人は誰だ!?」をやります。去年は「女子は誰だ」じゃなかったっけ、と思われた方は鋭い。実は09年大河ドラマ「天地人」の主演が男性のため、女子縛りをするのが少々厳しくなったのです。まあこんな年もありますわい。


というわけで結果はこんな感じでした。


中国:綾瀬はるか
山陽:北乃きい
神戸:相武紗季
朝日・読売:妻夫木聡
毎日:多部未華子
産経:仲間由紀恵&加瀬亮
日経:谷村美月&吉高百合子&水嶋ヒロ



地元紙に綾瀬はるかさまキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

09010104

何年か前にも見た気がしますが(笑)、「ハッピーフライト」を見たばかりの総裁にとっては実にタイムリー。それにしても左寄りにある変顔は何ですか(^^; 山陽や神戸と違ってインタビュアーの名前があるので自前取材? 郷土の宝の価値を再認識したんじゃろうて。


「ハッピー」での広島弁を喋るシーンは08年の萌え・オブ・ザ・イヤーといっても過言ではありません。08年の綾瀬はるかさまは本当にたくさんの映画に出演しました。でも「ハッピー」を除けば興行収入的には微妙。作品に恵まれなかった感があります。09年は「おっぱいバレー」の公開が控えています。綾瀬はるかさまのYC(よこ○ち)ブームが大襲来すると信じたいですね。


山陽と、神戸の中面は北乃きいでまったく同じ記事内容。どうも通信社が今年配信したのは北乃きい・北川景子っぽいですね。

09010105

09010106

北乃きいがなぜツナギを着ているかは別にして、09年に伸びそうな1人であることは間違いないでしょう。ウナコーワのCMで「もろこし、もろこし」と歌ってるときは「この人どうなん?」と思ったものですが。逆に北川景子を出してきたのはどうなんだろう。


前述の通り、神戸の表紙は相武紗季。

09010107

CMだと「おお」と目を引くのですが、なぜかドラマになると…。綾瀬はるか同様作品に恵まれていないのに加えて、演技は向いていないのかなあ。神戸新聞は昨年の新垣結衣(この写真の左側)に続いて今年も新聞らしからぬポップな見栄え。それだけに相武紗季の写真のイマイチ加減が目立っちゃいますねえ。レイアウトする人が気の毒。



朝日、読売が今年の大河ドラマ「天地人」に主演する妻夫木聡を取り上げました。この2紙は昨年の表紙?も大河でした。今年は「篤姫」が人気を博した翌年だけになおさらですわね。

09010102

09010103

従来の男臭い大河と一線を画して人気だった「篤姫」。一部夕刊紙の記事によると天地人はコミカルな仕上がりで従来の大河とは違う作品のよう。果たして2匹目のドジョウとなるでしょうか。


大河もいいけどどうせなら「ウチはこの人がイチオシ!」という独自色を出してほしいなあと思っていたら、中面に面白い特集がありました。朝日は平成20年度に20歳を迎えた人としてメーンに戸田恵梨香を配置。読売はローカルタレントを紹介し、我らがアグレッシブ中嶋尚樹が登場でつよ!!

09010109

また、今年の朝日のテレビラジオ特集は本来紙面を広告で挟んだバージョンでした。

09010108

一瞬表紙が外タレかと(笑)



毎日の多部未華子は間違いなく09年の本命でしょう。総裁と広島支部長がスーパー銭湯で「09年は誰がくるか」を話したときにその点で一致しました。

09010110

毎日は普段前年のCM女王を表紙に持ってきますが、今年は突出して出た人がいなかったので、誰をもってくる?と思っていました。きれいめだけど決してずば抜けていない。でも気になる。そんな魅力を、初の大舞台となる春からの朝ドラでどこまで開花できるか。注目したいと思います。


産経はまったくの独自路線。なぜ仲間由紀恵と加瀬亮かといえばフジテレビの50周年記念ドラマに出るからのよう。そういう考え方もアリか。

09010111


そして毎年ヒットする人を当てる日経は、これまた09年の対抗・谷村美月を出してきました。前述のスーパー銭湯談義でも登場しました。

09010112

映画のヒロインやドラマのちょい役を数多くこなし、NHKドラマ「キャットストリート」では主演。夜勤中職場のTVで流れていて、初めて動く谷村美月を見ました。キレイなのに加えて存在感があって、ついつい見入ってしまいました。作品に恵まれれば一気にメジャー入りしそうな予感です。


とまあこんな感じで今年もヨコシマにマニア視線で色々書いていきたいと思います。本年も当blogをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/339-d0237bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。