09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

北海どう(道)でしょう16 

ボボボボボー。さすがに北海道の端だけあって猛烈な風。周りの草に合わせて髪も揺れます。


事前の調べで、北方館なる建物へ行くと視察証明書をもらえることが分かっていました。広島支部長と合流後、さっそくあたりを見回すと…巨大な塔が目に入りました。あれかなあ? 近付いて中をのぞくと入場料を取るらしい。


値段は大人900円!!高!!


北方館ホームページには無料ってあったんだけど? しかも行政系団体が運営しているはずなのに自衛隊員割引があるようだし…。どうやら違う建物のようです。海辺へ歩いていったらちゃんと本物の北方館がありました。帰宅後調べたら、この建物は笹川系団体(昔「一日一善!」とCMしてたアレ)絡みだそう。なるほど、だから自衛隊員割引か。入館した方のBlogによると、中は探偵ナイトスクープでいう「パラダイス」らしい。


北方館に入り、まずは入口で視察証明書をゲットしました。絵柄は3,4種類。「視察」なんて行政用語が使われているのでもっとお堅いものかと思いきや、意外にポップな感じ。

08101908

2階に上がると北方領土の歴史を紹介する展示がずらり。そんな中、こんなパネル群が。

08101901

北方館を視察した大臣集! 鈴木善幸首相、中川一郎科技庁長官、後藤田正晴総務庁長官、宇野宗佑外相…有名政治家大集合の様相です(肩書きはいずれも当時) もっとも最近はしょっちゅう大臣が代わるせいか、パネルを追うごとに小者になっていきます。

08101903

北方館の人も外したいんじゃないかなあ。


無料の望遠鏡もありましたが、前日羅臼から見えた国後島ほどはっきりと島々を確認できませんでした。


展示で一番驚いたのは北方領土の広さ。地図では非常に小さく扱われていますが、択捉島だけで沖縄本島の2.5倍あり、4島全体では千葉県の面積に匹敵するのです。正直今までは「小さい島々なんだし」と思っていましたが、実はとんでもない話だったのです。出口近くには戦前の住宅地図がありました。歯舞諸島の小さな島にも人が住んでいて、間違いなく営みがあったのです。納沙布岬近くにあった「島は奪われた」というポスターの気持ちが分かりました。


外に出てあらてめて岬に立ちました。

08101904

広島人にとって身近な海は視界のどこかに島がある瀬戸内海。沖に何も見えない海を見る機会はなかなかなく、しばらく見とれていました。写真の通り標柱にはく「本土最東端」とあります。日本最東端は南鳥島なので厳密に書くとこうなりますが、それ以上に「ここから先にも日本人が住んでいた場所があるんだ」という思いを感じました。


最後に本土最東端のトイレへ行き、日本最東端のチョロQを結局買ってしまいました(ロシアや南鳥島にはオリジナルチョロQはなだろうからこの表記で良いだろう)。

08101906

さあ出発です。




根室市街へ向かう途中、バスの中から見えて気になっていた場所に立ち寄りました。まずは「本土最東端の店」。

08101905

納沙布岬にあるみやげ物屋群は「店」ではないのか、とも思いましたが、まあ生活上必要な「普通の店」としては最東端なんでしょう。


行きは気付きませんでしたが、オリジナルガラナを発売中のよう。何だかグッときたので早速買いました。味は北海道内でよく売られている普通のガラナと同じ。でも、看板と同じオリジナルラベルで、「販売者」の欄を見ると…

08101911

ををを、店の名前が入っとる!!!! 本当にこの店でしか買えない一品のようです。


次に本道最東端の珸瑶瑁郵便局で広島支部長が旅行貯金。同じ目的の人が多いんでしょう、スタンプに「日本最東端」の文字が入っていました。


そして気になっていたこのバス停。

08101907

下車してふらりバス停の旅(笑) 漢字で書くと「婦羅理」。これも暴走族チックで良いのですが、分かりやすいようにバス停名はカタカナ表記になっています。


ちなみに本土最東端のコンビニは歯舞集落のセイコーマート(さすが北海道資本!) そして最東端の政党ポスターは民主党、2番目は意外にも共産党でした。蟹工船効果?




広島支部長はきょうで北海道を去ります。15:15女満別発の飛行機。ここからは一路女満別空港を目指します。「北の道ナビ」によると女満別まで4時間弱。休み休みで丁度間に合うぐらいです。


建物が途切れて少し走ったところで道の駅「スワン44ねむろ」に到着。きのうは夜で閉まっていたので、ようやくきょうカントリーサインをゲットです。貸切バスが何台も止まり、中はかなりにぎわっていました。

08101910

駅の裏には野鳥の宝庫とされる風蓮湖が広がり、ハクチョウたちが羽根を休めていました。

08101909
スポンサーサイト
旅・北海道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/346-9a13ff9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。