04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

北海どう(道)でしょう21 

クルマに戻り時計を見ると11時。道内の予定はこれでおしまいです。旭川15時発の特急で新千歳空港へ向かいます。「北の道ナビ」によると陸別-旭川は3時間19分。レンタカーを返す時間もあるのであまりのんびりできません。

08102124

分線、川上の両駅を見送り国道242号(陸別国道)を一気に北上。木々の中をぐいぐい登って行くと、やがて周りが牧草地になってきました。このあたりが「ちほく高原鉄道」の由来になった池北峠。AZワゴンでベタ踏みをするぐらいの傾斜なので、気動車だともっと大変だったでしょう。ここで反対側から来た牛柄の北海道北見バスとすれ違いました。鉄道廃止後に走り始めた路線。夢の世界を後にしたことを改めて思い知らされました。


常呂川を渡り久々に集落があったと思ったら、そこが置戸(おけと)。小さな丘の上に商店や住宅が密集していました。銀河線最終日には多くの鉄道ファンが訪れたと聞いていますが、山あいの街は静まりかえっていました。駅はどこにあるんだろう?


再び人家がなくなり坂を一気に下りたところで留辺蘂(るしべ)に着き、国道39号(北見国道)とJR石北本線と合流しました。ここで進路を北に取って遠軽を目指します。


地図上は39号を真っ直ぐ西へ行った方が早そうだし、観光地の層雲峡を通れます。しかし北の道ナビによると所要3時間43分で、遠軽回りより30分余計にかかる計算。時間的に結構タイトだし、1日目に道ナビが意外と正確なことが分かったので(このへん参照)、高速を使ってでも早く着く方を選びました。


留辺蘂を過ぎると両側から山が迫ってきて、さらに標高を稼いでいきます。窓を開けるとこの辺りもほんのり牛糞の香り。そろそろ慣れてきました(笑)


石北線でいえば遠軽から2つ北見寄りにある生野駅前で正午。遠軽の街を右手に眺めながら進路をぐいと西に変えて、道の駅まるせっぷに着きました。急ぎ気味の旅ですが、忘れちゃいけないカントリーサインマグネット。ここにはレアものもありました。


まずは遠軽町のマグネット。

08102125

そして旧丸瀬布町のマグネット

08102126

合併した場合、普通、旧市町村のマグネットは買えなくなりますが、丸瀬布は例外のようです。イラストのSLは北海道遺産指定の蒸気機関車「雨宮21号」が元ネタ。お蔵入りするよりは丸瀬布町があったという証しを残した方がいいですし、ここで買うなら遠軽の岩よりSLですよね。


トイレ休憩だけして、断続的に暫定開通している旭川紋別道を経由。旧白滝-白滝ICの一般道区間を含めてしゃかりきになって飛ばしてPAを兼ねた道の駅しらたきに近付くと…奴が居ました。道警パトカー!!! 幸いスピード違反車を捕まえたばかり。ほんの数分早かったら、と思うと肝を冷やしました。


そこまでして来た道の駅しらたきでしたが、ここも遠軽町だということが判明。浮島ICから上川国道、上川天幕から再び旭川紋別道に戻り、13時半、旭川北ICに着きました。浮島-上川天幕は山深い区間で並走する石北本線にはスノーシェードが続々。除雪した雪を置けるよう道幅も広く、冬場は難所のようです。白滝への国道の方は地図上でさえ激しく波打っていますので、旭川から来たらここが「地獄の1丁目」なんでしょう。


ここでi-Podを外して、AMラジオをセット。平日昼のにぎやかな情報番組を流しながら旭川郊外まで来るとロードサイド店がずらり。3日前に通った街ですが、随分久しぶりに都会に帰った気がしました。ラジオからパチンコ屋のレポートやクライマックスシリーズの話がにぎやかに流れるもんだから、何となく気持ちも明るくなってきます。


かのスタルヒン球場や裁判所の脇あたりになるとクルマも増えてきて渋滞するようになりました。またしても現れたロータリー(しかも今度は交通量が多い)と特徴のつかめない碁盤の目道路に苦戦しながら、何とかレンタカーを返しました。もう旭川は運転しとうない…




おみやげを買ったり、そばを食べたりして時間をつぶし、予定通り15時発の「スーパーカムイ」に乗車。ここで半袖に着替えました。疲れはピークに達し、ここで一眠りしたかったのですが、行きの特急同様目が冴えてしまうんです。夕日が沈む北の大地を眺めるうち、あれよあれよという間に札幌着きました。ここで一気に乗ってきて通路にも立ち客がぞろぞろ。一睡もできぬまま新千歳空港に着きました


エスカレーターを上ると、すっかり日が暮れていました。観光客、ビジネス客が本州へ帰るピーク時間帯で、みやげ物屋はどこも大混雑。かの花畑牧場が出店したと聞いたので生キャラメルを買おうとしましたが、60分待ちとのことで断念しました。てか、並んどる奴、どれだけ早く空港に来とるんじゃあ!


スープカレーでも食べようかと思いましたが、なかなかに高くこれも断念。保安検査通過後にカツサンドを食べてお茶を濁しました。北海道では駅や空港の外で食事・買い物を済ませんと泣きをみます。18時10分、カラフルな誘導灯に彩られた滑走路から全日空神戸行きが離陸しました。ありがとう、北の大地

08102127

大阪に着いたらいよいよこの旅最後のイベントです。
スポンサーサイト
旅・北海道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/360-82851f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。