10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

北海どう(道)でしょう22完 

眼下に、星空が地上まであふれ出したような夜景が広がってきました。千歳から2時間、関西まで戻ってきたのです。光の帯の一番端、黒い海にきれいな長方形を為すライト群は関空でしょうか。小振りな飛行機は旋回しながらゆっくりと下降。大阪の街が見えてから随分経ったような気がしたころ、やっと神戸空港に着陸しました。夜は周囲が真っ暗で、オレンジ色の誘導灯がまぶしいぐらいでした。


と、景色を思い出せるぐらい、機内ではまったく寝られませんでした。まだ気持ちが昂ぶっていたんでしょう。。結局ずっと本を読んでいました。


神戸空港ターミナル自体は一度来たことがあります(このへん)。殺風景な手荷物受け取り場でカバンを拾い上げてすぐポートライナーの駅へ。20:15に飛行機から降りて、20:55には三ノ宮に着きました。アクセスをウリにしているので、街にもっと早く着けるかと思いましたが…羽田と同じぐらいの感覚でしょうか。


三ノ宮からは阪神電車で大阪に出ました。西梅田駅のコインロッカーに荷物を預けて日本橋をフラフラ。午前0時前、西梅田に戻りました。ロッカーから荷物を出している途中で駅のシャッターを閉められ大慌てでしたよ(笑)




西梅田から向かった先は大阪駅横の中央郵便局前。ここから何かと噂のツアーバスに乗ります。そう、前述した「最後のイベント」です(このへん参照)。


ツアーバスは、片道だけで一切観光がないバスツアーに参加する形で乗車できる「高速バスみたいな乗り物」。セットストックなど大型野外コンサートの大都市発シャトルバスの長距離版です。楽天トラベルなどは「高速バス」と表記していますが、厳密には別物。


1.認可を得て走らす高速バスと違い、停留所、運賃、運行期間を自由に設定できる
2.バス規制緩和で貸し切りの実態料金が大幅に下がり、安くバスを確保できる



の2点から低価格を実現。ここ数年で急増しました。広島-大阪でいえば新幹線自由席が9440円、JR夜行バスが5700円なのに対し、ツアーバスは最安2500円。今回総裁が利用した日は3500円でした。それでも「お!」と思う金額です。


もっとも、安いものにはわけがあります。一部を除き4列シートの「普通の観光バス」が基本。またツアーバスには主に規制緩和で新規参入した会社や零細企業がクルマを出しています。年季が入った中古車や整備が万全か分からない車両が来る可能性もありますし、運転士が過重労働させられているとの指摘も絶えません。2007年4月放送の「NHKスペシャル」でそういった影の部分が浮き彫りになりました。


また、高速便で一般路線の赤字を穴埋めしているバス会社の収益を圧迫し、生活バス廃止の原因になっているともいわれています。


とはいえ、乗らずして意見を言うのはアンフェアでしょう。そこで今回体験してみようと思ったわけです。使うのはNスペ登場以来ヒール役が定着したウ○ラーです。




郵便局前には真っ赤なエプロンを付けたバイト風の兄ちゃんがいました。エプロンには色んな業者のロゴがベタベタ。この人が受け付けをしてくれるようです。「関東行き、広島行きのお客様はいらっしゃいますかあ」と言うので、早速声を掛けるとバス2,3台分の名簿にあった総裁の名前にチェックを入れました。予約はネット、代金はコンビニ払いなのでこれでおしまい。あとはバスを待つばかりです。


この人たちが同じバスに乗るんかあ、と見回すと予想通り若者が中心でした。ただ、オバちゃんや日本語が話せない台湾人?親子も。関東行きには白人もおり、どうも外国人の間で安い移動手段として広まっているようです。台湾人娘が「トイレはどこか」と英語で聞くもんだから、兄ちゃんアタフタしてましたよ。。


0:20ごろ、車両塗装が一切ないぁゃしさ満点のバスがやって来ましたよ。よーく見ると広島ナンバー。降りてきたウテシは兄ちゃんに広島弁で話し掛けていました。これが広島行きのようです。真っ白の三菱ふそう初代エアロバス。製造から約20年、老いてますます盛んなクルマで広島を目指します。


きょうは客が少ないらしく、座席表を見ると1人で2席使う配置。助かりました。シートのヘッドカバーには「OKK」の刺繍。大阪空港交通?両備系の岡山交通?ともあれどこかの中古車のようです。一通り客が乗ったところでウテシが通路に立ってあいさつと案内をします。普通の貸切バス仕様なのでマイクは球状部分が金色に輝くカラオケ用なので、結婚式のスピーチに見えてしまいました(笑)


時間になってもやってこない客がいたらしくしばらく待っていましたが、15分遅れの0:45、見切って発車しました。どの方のツアーバス体験記にも遅れ/勝手にキャンセルな人が出てきますが、これってもはや名物なんでしょうか。。


JRの高速バスだと大阪駅北口から阪神高速に入りますが、バスはまっすぐ新御堂筋へ。そのまま中国道までずーっと一般道で行きましたよ。節約…なんですね。そしてこのバスに重要な物がないことに気が付きました。


前にカーテンないやんけ!!!


そう、フロントガラスから対向車のライトや標識、ネオンの光が全部入ってくるのです。総裁は運悪く前から2列目だったので照らされまくり。前のシートで遮れるようにもぞもぞと体を動かし、1時過ぎに何とか眠れました。


と、バスが止まりました。最初の休憩場所三木SAです。一般の高速バスでは乗客がすぐに戻れるような小さいPAで5分程度休みますが、このバスは40分休憩。ツアーバスはスケールが違います。トイレに行ったりタバコを吸ったりしながらウロウロしていたら、ウテシがスナックコーナーでメシを食ってました。


次に発車してからは完全に爆睡。次に気付いたときは岡山ICを降りたときでした。駅近くの林原駐車場で2,3人降ろしたら再び山陽道に戻り、吉備SAで2回目の休憩。ここも30分ぐらい停まっていました。タバコを吸ってトイレに行ってバスに戻ったらもう意識が飛んでいました。


次に目覚めたのは福山駅北口に着いたところ。ここでも2,3人降りました。その後意識が戻ったときには広島東ICを出るところでした。広島高速に入る頃には車内に朝日が差してきました。ここでウテシが間もなく広島駅到着のアナウンス。普通に聞き流していたら、


なお、このバスは折り返し京都行きになりますので…


ちょっと待て!!! 一気に目が覚めました。確かに大阪から来るバスが京都→大阪→広島駅→広島大学、逆向きが広島駅→広島大学→大阪→京都となってて変だなと思っていましたが、ここで分かりました。このバスは京都→大阪→広島駅→広島大学→大阪→京都をぐるぐる回っていたのです。ウ○ラーHPに出ていた時刻表がアタマでつながりました。そして次の疑問が。


このウテシが京都まで運転するの?


東広島のバス会社なので広島大学で車両交換/運転士交代があるんですよね…きっと。ていうかそうあってほしい。一抹の不安を残しながら広島駅新幹線口に着きました。


ツアーバス、確かに安かろう…でしたが、想像よりはマシでした。つごう5時間寝られたし、2人席を1人で使える日なら結構ゆったり過ごせます。青春18きっぷで新快速の混雑にもまれて、姫路でたっぷり並ぶことを考えれば、終始座席が保証されている点は大きいです。意外に使えるかもと思いました。


その後、ウ○ラーは大阪-広島便をリニューアル。3列シート車を含む自社仕様のバスを入れるようになりました。08年10月当時と現在(09年2月)では様子が変わっていることでしょう。




広島駅からバスに乗り、朝8時に帰宅。北海道より少しだけ力強い日光が出迎えてくれました。長かった旅もこれでおしまい。中国地方とは比べものにならない、雄大な北の大地を満喫し新しい発見の連続でした。カントリーサインマグネットは旧丸瀬布町を含めて17市町村分集まりました。そしてもっと旅したい場所がまた一つ増えました。さあ夜勤に向けて眠ることにしましょう。おやすみなさい。


北海どう(道)でしょう おわり

スポンサーサイト
旅・北海道  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/361-f530a50b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。