08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

焼く尾道ラーメン 再会 

尾道ラーメン焼きそばを食べた(このへん)翌日。13時過ぎに起きて異常を察知しました。胃のあたりが猛烈にキリキリするのです。総裁は以前食中毒になったことがありますが、その比ではないぐらい。


周期的に痛みが来て布団で悶絶。「このままじゃあ絶対仕事にならん」と思い、病院へ行くことにしました。ひげをそるときも、歯を磨くときもキリキリが襲ってきて、マンションを出る頃には顔は真っ青、額には脂汗がにじんでいました。親族に胃ガンをやったのがいるので、不安が膨らみます。


とりあえず近所にある新しめの病院に行くと「診療時間 午後3時~」。俺を殺す気か!(上島竜平風)


というわけでマンションの真裏にある別の病院へ。ここは2時スタートで、事情を話したらすぐ診察室に呼ばれました。総裁の表情がよほどヤバかったのでしょう。院長先生が「こりゃあ、すぐカメラやろう」と言い、看護師さんに早口で指示を出します。こういうときテキパキしたお医者さんは助かります。血液検査の結果白血球値がかなり高かったらしく、年配の看護師さんが驚いていました。


見た目は診察室、処置室だけの一般的な病院ですが、奥にどこまでも通路が延びていたのです。レントゲン室や腹部エコー、内視鏡室、浣腸室があって、まるで秘密基地のよう。この病院に来ている広大のインターンさんがやって来ました。


腹部エコーで「痛いのはこのへんですか?」とやるうち、インターンさんがひと言。「こりゃあ胃じゃなくて腸ですね。多分腸炎」 へ? 胃潰瘍、ひいては胃ガンかもなんて思っていたのでちょっと拍子抜けです。


それでも念のためということでレントゲンを撮り、初体験となる内視鏡検査=胃カメラへ。最初は自分の胃の中をしっかり見ちゃろうと思っていましたが、管が食道を過ぎたあたりで苦しくなってそれどころではありません。一回オエっ!とやってしまってからは、もう虫の息です。ああ、もっと真面目に生きとれば良かった…。そんな時、ちらっと画面を見たら奴がいたんですよ。


昨晩食べた尾道ラーメン焼きそばが。


まさかこんなところで再会するとは。インターンさんと院長先生が「午前2時に食べたもんがまだ残っとるということは相当胃腸が弱っとるねえ」。とりあえず小腸炎ということで胃腸薬を処方されて一段落となりました。


腸炎ということで少し拍子抜けでしたが、ネットで調べるとかかった人はみんな総裁と同じように悶絶したよう。発熱することもあるそうです。会社を何日も休んだ人も。実は身近で怖い病気だったのです。しばらく養生します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/371-95ad5e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。