09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広島発 バスに揺られて(番外編12完) 

富士宮市内には日蓮正宗の総本山・大石寺がある。以前はたくさんの参詣客が訪れ、駅からは多数の団体専用列車が発着したという。しかし、1991年に正宗が創価学会を破門して以降、本数が大幅に減少。広い広い団体専用ホームと臨時入口が往年の名残を残している。


バス乗り場は、その駅前をくるりと取り囲むように伸びる歩道橋の下にある。街の規模に比べてスペースは広く、富士駅に近い構造だ。屋根、壁付きの待合室もあるが…あれ、お住まいの方?


富士急がほぼ独占するエリアだけあって、バスというバスがすべて独特の緑色=ハイランドグリーン。多数のバスが乗り入れる広島で生まれ育った人間からすると、公共のバス乗り場というより、富士急静岡バスの営業所みたいだ。(一応山交タウンコーチも乗り入れる)


ぼんやり眺めていると、回送車がこんな表示を出していた(^^;

09021304

そういえば広島→東京のバス旅で三島駅を通ったとき、こんな幕を出したバスがいたなあ。富士急静岡バスはその後、08年7月にICカード「PASMO」に加入。一部Blogによると、現在は「便利でお得な パスモ スイカ バスカード 使用できます」にいう表示になったらしい。商魂たくましい。。


6.富士宮駅9:50→10:25吉原中央駅(富士急静岡バス)宮76大月線 中央病院 吉原中央駅
09021306

(運賃は480円)

(順にこのへんこのへんこのへんの地図をご参照ください)富士宮市と隣の富士市は自治体こそ違えど、事実上1つの街といってよく、お互いの結び付きは強い。04年度、富士・富士宮・芝川の3市町で、自治体を超えた人の流れのうち、7割を富士-富士宮の行き来が占める。(静岡県「岳南都市圏パーソントリップ調査」による)


両市を行き来するバスは20分に1本。JR身延線富士-西富士宮間も電車が20分に1本あり、大都市圏並みの充実ぶりだ。そんな中、やって来たのは1日2本しかない、中央病院回りの系統。総裁ともう1人が乗った。長距離路線に入ることもあるためか、シートベルトが付きシート。PASMOに対応するため料金箱が新しくなっていて、ICカードリーダーにカバーが付いていた。


北向きに停まっていたバスは、ターミナル出口でUターンする形で南に向きを変え、駅舎前で東へ左折。ロードサイド店が並ぶ2車線道路をゆっくりゆっくりと走る。間もなくの萩間で1人降りて、もう貸し切り状態になってしまった。


やれる男 よっちゃんにお任せ」と書かれた選挙ポスターに吹き出しそうになっていると、天間高屋と下天間で1人ずつ乗ってきた。1日ぶりに第2東名の橋脚をくぐり、住宅入口、峰畑でさらに1人ずつ乗車。やっとにぎやかになったと思ったら、厚原東で総裁以外みんな降りてしまい、また「貸し切り」になった。厚原東は何の変哲もないバス停だったが、みんなどこへ行ったんだろう?


国道沿いの看板を見て、富士市に入っていたことに気付く。それぐらい風景は変わらない。片宿で東名をくぐり、伝法2丁目の先、富士IC入口の交差点を右に右折。ICは最近の新設タイプと違い、植え込みがしっかりあり、ランプウェイが長く伸びる。コストより重厚長大さが優先された時代の記憶を残す。


道路は一気に4車線に広がった。どうやら富士の市街地に入ったよう。ここで富士急ハイランド行きとすれ違う。ハイランドへは東京から中央道を使うイメージが強い。静岡側から行くのはマイナーな感じで、週末なのに対向のバスには2,3人しか乗っていなかった。富士急のエリアだからこそ残り続けているのか。


広島-東京のバス旅(このへん)では夜通ったのでよく分からなかったが、昼間に通って驚いた。道路は4車線だし、きれいに区画整理されているのだ。土地は広く切ってあり、大型店がどどんと並ぶ。富士駅あたりとは全然違う街に来たかのよう。wikiによると、このあたりは1980年代に水田をつぶして作られた新興商業エリアらしい。なるほど、広島の商工センターと似た街並みだ。クルマも多い。


市役所周辺を大回り。ホームセンターの脇道を抜け、再び2車線道路に戻る。このへんでやっと何人か乗ってきた。少し走ると昔ながらの商店街に。と、目の前に年季の入ったあのバス乗り場、吉原中央駅が姿を現した。広島-東京バス旅、補足旅(このへん)の時と同じで、きょうも空は鉛色だった。次は青空の富士が見たい。




09021310これで総裁が心残りだった、天理駅-亀山駅、清水-吉原中央駅を「よりちゃんとした」ルートでつなげることできた。それぞれのスタート/ゴールは一度訪れた場所なのに、何だかんだと新しい発見の連続だった。これが旅の醍醐味なんだろうなあ。


最後に清水-吉原中央駅の精算。

清水駅-但沼車庫 ¥540
但沼車庫-清水工業団地入口 ¥330
瓜島-芝川 ¥240
芝川-柚野支所 ¥390
柚野支所-富士宮駅 ¥450
富士宮駅-吉原中央駅 ¥480
合計 ¥2430




広島-東京バス旅のとき、清水駅-吉原中央駅は約2時間の徒歩をはさんで¥1550だったので、まあ順当かな。最後にご当地グルメをしっかり味わってしまいましたが、ともあれ広島-東京バス旅、これにて本当の完結です




さあ、後は帰るのみ。西富士宮のホテルに預けた荷物を取りに行くため、バスで富士駅へ行きます。やって来た中型バス(日野レインボー)は木の床。これは広島バスで見慣れているので驚きませんでしたが(それもどうかと思う話ですが)、運賃が変わるときに衝撃が走りました。


プルルルルルルル!!


そう、昔広電バスでも鳴っていたあの音が響き渡ったのです。これはなつい!!!! そんなハイテンションな総裁をよそに、バスは広島-東京の時とは逆に、住宅地を西へ西へ。30分ほどで商店街に入り、富士駅に着きました。途中フィランセというバス停があり、何かの工場かと思ったら保健所兼福祉施設でした。何でも愛称をつけるのは考えもんなのかも。


富士駅からは再び青春18きっぷ旅です。手持ちの本をすべて読み終わったので、身延線待ちの間にキオスクで何冊か文庫本を買いました。その中にあったのが「朝湯、昼酒、ローカル線―かっちゃんの鉄修行」です。辛口コメンテーター・勝谷誠彦氏の旅行記。TV出演時みたく文句ばっかり言いながらも、しっかりローカル線を楽しんでいるのが何とも滑稽で面白かったです。


そして、作品中に天竜浜名湖鉄道新所原駅(JR東海道線新所原駅に隣接)のウナギ屋さんが出てきたのです。何とタイムリーな(笑) これで昼メシは決まりました。


西富士宮から富士に戻り、12:00発の島田行きに乗車。興津、浜松で乗り換えて、愛知県境の新所原には14:30に着きました。静岡県、広すぎorz でも随分西に戻ったせいか空の雲がなくなりました。


そして目指すウナギ屋さん(ていうか駅)に到着~。


09021307


まず右の建物に行くも…ここは持ち帰り用の蒲焼きだけ。何と左隣のプレハブ?が食堂だったのです。なまじカーテンが閉まってるもんだから、最初は倉庫だと勘違いしていました。。 入ったら入ったで、普通の民家の部屋みたいで「本当にここ?」と思ったほど。総裁の後に来た女性3人はドアを開けて中を見回した後、食堂でないと判断して帰っちゃいました…。


名物という「うなぎうどん」を注文。ウナギが焼ける珠玉の香りを楽しむこと十数分、やっと来ました。


09021308


まるまる一尾載ってます!(ピンぼけしたので画像サイズは小さめに) 食べると、ふっくらとした肉と香ばしさが口の中いっぱいに広がります。今まで食べてきたウナギは何だったのか! あまりのうまさに、目が普段の2倍ぐらい開きました。これが国産の力。


大満足で新所原を出発。その後、豊橋で乗り換え、米原で新快速に乗る頃にはすっかり日が暮れていました。大阪で晩飯を食い、夜行バスで広島へ。最後に手元に残った青春18には…横川、新今宮、西富士宮とマニアックなスタンプが並びました(笑)


09021312


広島発バスに揺られて おわり

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/392-a1b033ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。