08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

物産展巡回中 

最近、よく物産展へ行ってラーメンを食べています。


総裁の職場は中心部から少し外れた街中。たまに日勤の日があって、会社近くで昼ごはんを食べるのですが、意外に選択肢がないんです。で、ある日気付きました。「チャリならデパートもそんなに遠くない。物産展へ行ってみよう」。


物産展のイートインって手際が悪いし、制約された環境で作ってるんだから、本場で食べるより多少味が落ちるのはやむを得ません。でも普段広島で食べられない逸品をいただけるし、最近はちゃんと選べば結構うまいメニューに当たるんですよ。


まずは先月(10月)上旬にあった、そごう広島店の北海道物産展。小樽の「初代」なる店が出ていました。総裁たちが行った時間はちょうど列が途切れて、すぐに入店。ラーメンを待ちながら外を見ると、もう鈴なりの行列でした。運が良かったです。睡眠不足気味だったので濃厚な味噌はパスして、塩ラーメンを注文しました。


09103101


どんと載っているチャーシューがとろとろ。これだけで幸せな気分になれました。スープは味がちゃんと付いていながら、後に塩辛さを残さないすっきり系。チャーシューと一緒にすするとなかなかエエ感じです。味噌ラーメンを食わす店って広島にもありますが、ちゃんとした塩って意外に少ないんですよね。数量限定の白たまり醤油ラーメンも興味津々でした。ネットで調べると、地元の有名店らしい。


そごうの歳事スペースは、広島のデパートでは一番広く、たくさんの店が並んでいました。おみやげ(結局自分が食うのですが)に森駅のいかめしと、マルセイバターサンドを購入。昨年の北海道旅行で見つけて以来、究極の眠気対策として使っている北見のハッカ油もありました! これは本当に効くので即買いしました。


次が先月中旬にあった福屋の全国うまいもの市です。昨年徳島で食べた(このへんの最後の方参照)「ラーメン東大」が出店。後輩から「マジ美味かったですよ!」との連絡を受け急行しました。


09103102


あれ? 徳島で食べたときよりうまいぞ。相変わらず濃厚なスープは、広島ラーメンの醤油豚骨をもう少しこってりさせた感じ。口の中が美味さに包まれます。天一ファンの総裁にとって、とても幸せな味です。徳島の店もそうでしたが、ラーメン東大はカウンターに生卵が置いてあります。味をまろやかにするためだそうですが、濃厚なスープがさらに濃くなるような気がしました。ライスとか餃子とか要りません。ごちそうさまでした。


出店の方は蓬莱(551)の豚まんに長い行列ができていましたが、あれって行列してまで食べるものなのかなあ? 個人的にはどこかの手羽先がうまかったです。


そしてラストが福屋の北海道展。三越→そごう→天満屋と続いてきた北海道物産展の締めくくりです。こちらには札幌の「五丈原」が出店していました。夜中3:30まで飲んだ翌日だったので、〆がてら味噌ラーメンを注文(笑)


09103103


塩辛くない、まろやかな味でした。これまたチャーシューがとろとろで、ちょっと薄いぐらいのスープでちょうどよい感じ。クチコミサイトによると、五丈原は「チャーシューおにぎり」なるものが名物らしいですが、メニューにそれらしきものはなし。札幌まで食べに…行くのは遠いなあ。


福屋の歳事スペースはそごうより狭く、店は少なめ。通路を挟んで反対側のバーバリーは売り物に匂いがつきそうでちょっと気の毒でした(笑) スイーツと海産物中心で、いかめしやハッカ油はありませんでした。残念。






物産展巡りをしていてふと気になりました。「広島物産展」ってどんな店が並ぶんだろう? 広島県内では絶対やらないでしょうけど、東京や関西のデパートならありそう。イートインはお好み焼きと尾道ラーメン、つけめん、ショップはもみじ饅頭はマストで、己斐にある櫟のワッフル、本川町のラブレなどスイーツもあるし、魚も盛りだくさん。想像するだけで腹が減ってきます。


で、ネットで検索しました。すると…


広島単独で物産展をやっていない!


「島根・広島物産展」(三越)「四国・瀬戸内物産展」(伊勢丹)「四国・山陽の物産と観光展」(小田急)「四国・広島物産展」(京急)「四国・瀬戸内の物産と観光展」(松坂屋)「九州・四国・瀬戸内うまいものと物産展」(京阪)など、大体が他地域とセットになっているんです。特に四国とのセットが多いこと多いこと。


一方で山口や島根、岡山は単独で物産展をやっているようです。広島の名産品だと力不足なのか、それとも広島人が消極的なのか。店を空けて遠くのデパートで付きっきりになるのは大変ですけど、なんか寂しい。


千葉三越「島根・広島物産展」のチラシ(このへん参照←古いのでリンク切れの際はご容赦を)や色々なブログを拝見すると、やまだ屋のもみじ饅頭、因島のはっさくゼリー、お好み村で使われているミツワソースが作った持ち帰り用お好み焼きが並び、イートインは尾道ラーメン…といった感じの無難な品揃え。ばくだんやとかみっちゃんとか、出てそうで出ていない。


一方で小田急・京急・松坂屋には「カツサンド寿司」なる、広島市民が聞いたことない品物が出ています。世羅町の業者が作っている広島空港の空弁らしい。どうせ空弁なら三原駅のあっぱれ多幸(こんなの)を出した方が売れそうなんだけどな…。恐らく作ってくれる量とか出荷とかで、百貨店にとって融通が利く存在なんでしょうねえ。中四国物産展だと魚中心になって肉が少なくなるし。


視点を変えたら、どんな店が物産展に来ているかちょっと分かった気がしました。これからも物産展を食い歩きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/456-4db455f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。