09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

サツマイモは続く 

以前blogで書いたように(このへん参照)、実家から大量のサツマイモを引き取ることになりました。「1カ月ぐらいは戦時中並みにイモを食べ続けんにゃあいけんのう」と思っていましたが、「拾う神」がいましたよ! 会社に、奥さんが鹿児島出身でサツマイモはナンボでも食べるという人がいたんです。さらに子だくさんの家庭や、別のイモ大好き夫婦からも引き合いがあり、一気にさばけました。ありがたい限りです。


そんなわけで前回ご紹介した翌日に再び天ぷらを作ったら、あと数本だけに。今季最後。ふかすだけってのも芸がないなと思い、何人かにオススメ調理法を聞いてみました。そしてでき上がったのがポテトサラダ風サツマイモ。


09110106


教えていただいたレシピは…

1.皮付きのままサツマイモを茹でて粉ふかして
2.粗くつぶして
3.塩茹でしたさやいんげんを適当な長さに切って
4.ツナ缶(水気は切る)とマヨネーズと塩少々とあらびき胡椒で和える



実は総裁、キュウリとポテトサラダが大の苦手。でもこのレシピではキュウリが出てこないし、マヨネーズを少なめにすれば、粗挽きこしょうと相まってマッシュポテトみたいになりそう。これならイケると思って作りました。


これが結構美味い! ツナ缶の塩味と紅イモのほとほどの甘みがマッチするんですよ。教えてくださった方は「ごはんのおかずにならん」とメールに書かれていましたが、何の何の。これならごはんもいけそうです。サツマイモデイズのいい締めになりました(^^)v


ところが。


再び実家へ行ったら「食べきれんけえ、これを持って帰りんさい」「会社でいる言う人がおるじゃろう」と大量のサトイモが登場。。 さすがにこれ以上はきついので、1食分だけ持ち帰りました。学生時代にテストの点数についてギャアギャア言うのと同じように、健康診断の数値に騒ぐウチの親。やせろ!と連呼するのと矛盾してません?


数日後、黒霧島のCMで見て以来気になっていた「いもたこ」を作りました。


09110107


料理酒がなかったので、ちょうど余っていた黒霧島を代用(笑) ほろ酔いになりそうな味でした。もうちょっと醤油味が濃くても良かったかなあ。一人暮らし12年生にして、料理の幅が広がる日々。ある人にとうとう「いいお嫁さんになれるよ」と言われました(^^; まあ、褒め言葉なので良しとしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/460-84e829fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。