10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

広電の予言書? 

前回更新(このへん参照)に続いて、中央図書館で見つけたもう1つの「お宝資料」について。(今回は広島の人以外には分かりにくい特にマニアックな内容になっています。ご了承ください)


同じ交通の棚に「広島電鉄の自動車白書」なる冊子がありました。1995年2月発行。アストラム開業とアジア大会があった94年の翌年、といった方がいいかもしれません。バス事業のこれまでと現況、見通しについて広電企画調査室がまとめた資料。事業全体と市内線、郊外線、高速便ごとの乗客数、損益の推移などざっくりした内容が中心です。利用者が減り続けている、儲からない、しわい、といった暗い話が続きます。


その中で、広電サイドとしていくつか提案をしています。これが興味深い。


例えば市内線の系統分離。定時性確保を目指し、利用実態に応じて系統を分けようと考えていました。


(6号線・江波~牛田)江波~八丁堀・牛田~市役所に分離
(7号線・横川~仁保)紙屋町~仁保に短縮し、紙屋町~横川は電車、北方面郊外バスが担う
(12号線・戸坂~仁保)戸坂~御幸橋・仁保~八丁堀に分離


7号線についてはほぼ実現。横川~紙屋町は免許維持区間と化しました。一方で6号線は朝ラッシュに牛田を出る数便が市役所止まりになっただけ。12号線は現在もほとんど全便が通し運行のままです。また、提案が挙がらなかった10号線が全く違う姿になり、15号線にいたっては消滅しました。6-1、6-2と枝番系統が増えて分かりにくくなることを嫌ったのか、通し利用が意外に多かったのか。市内線についてはこの15年で再編されつくした感があります。新しい路線に打って出てもいい気がしますけど…。


郊外線、特に廃止代替路線(事業者が運行廃止後、沿線自治体が費用を負担してバスを走らせること。これまで運行していた事業者やグループ会社が引き継ぐことが多いので、路線が存続してるかのように見える)についても抜本的な系統見直しを提案しています。


・三段峡・戸河内・志路原・琴谷線は安佐営業所(飯室)までのフィーダーとし、安佐営業所から幹線を走らせる
・大朝・出羽・千代田は上根までのフィーダーとし、吉田営業所から幹線を走らせる
・湯来・杉並台は河内車庫までのフィーダーとし、藤の木団地から幹線を走らせる



安佐営業所分についてはある程度実現しましたが、ほかはほぼ夢物語に終わりました。アストラム開業で北方面路線を再編した直後だったからこその提案だと思いました。北部路線再編では、広島市中心部への直通路線をアストラム駅へのフィーダー路線に強制短縮。広電は想像以上に利用者を減らし、住民からはかなり不満が出ました。広電からしてみれば「煮え湯を飲まされた」という思いがあったのでしょう。2002年の高速4号線開通と同時に直通路線を一気に復活させました。


各地のバス再編議論で、幹線とフィーダーに分けるという案が出ています。安易に市街地への直通廃止を提案する有識者や役所の関係者は是非広島の実例を見ていただきたいと思います。よほど乗り継ぎストレスを減らさない限り、幹線・フィーダーへの分離は絶対に失敗します。(長大路線を惰性的に運行し続けるべきではないとは思いますが)


話がそれました。郊外線の団地路線についても提案がありました。当時は朝から晩まで広島市中心部までの直通運行が中心でした。「自動車白書」では、


・朝ラッシュ 鉄道駅へのフィーダー系統中心
・ベース=昼間 中心部への直通系統中心
・夕ラッシュ 鉄道駅からのフィーダー系統と中心部からの直通系統を半々運行



との考え方を提示。西方面の団地路線がこれに近い形になりました。むしろフィーダーへどんどんシフトしています。「白書」というベースがあって進んだ話だったんですね。


「白書」は最後に、バス事業の継続に向けて研究・分析が反復して行われるべきだとしています。営業損益は暗澹たる数字が並んでいました。カンパニー制度導入&合理化でだいぶ収支が改善されたと聞きます。中央図書館にないだけで、広電社内で議論が続いていることを願ってやみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

広電バス

14号は何処を走っていたかご存知ですか?

URL | yy #-

2010/07/18 22:21 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/489-cbadb036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。