05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

青空ロード 3 

宇品~吉島までは対面通行。防音壁に囲まれている上、出島ICを過ぎると左にゆるくカーブしているため見通しが悪いので圧迫感があります。そのためか、よーく見ると…


10041861


10041871


ポールの高さが違う!(下の写真はウオーキング区間の別の場所で撮影) 何本かに一本の背が高く、ほかは低くなっています。あと縁石。見た目はブロックですが、実はプラスチック製でした! クルマが乗り上げたらコンクリ製でも傷が付く→取り替えになるからコストダウン・メンテナンス軽減を図ったのでしょう。実は頼りない分離帯なので、運転するときは気を付けたいものです。


ついでなのでほかの道路構造物にも目を向けます。


10041862


距離表示。西日本高速区間と違って目立たない場所に、目立たないように付いています。開通区間は結構長いように感じますが、実際は2号線5.9km、1号線2.2km。逆に言えば、これだけつなげれば交通の流れを一気に変えることができるのです。


10041863


そして橋の銘板。昨年春にはもう完成していたんですね。この先、宇品IC手前の銘板は「2007年9月」だったので、少しずつ延びていったさまがうかがえます。よく見ると周囲の壁がほかと微妙に色が違います。少し広めの空間にはめ込んで、コンクリを流し込んで付けたっぽい。これだと盗まれる心配はありませんね。てか、ここにクルマを止めるのは自殺行為か(^^;


10041864


橋のつなぎ目は思った以上に幅がありました(歩いている人と比べると分かります)。接着部分の黒い物体は意外と硬かったです。壁側はどうなっているんだろうとカメラを向けたら、地上が見えましたよ。完全にはつなげずに、何かあっても橋ごとに切れるようになっているようです。


10041865


間もなく2つめのスタンプ机がありましたが、混んでいたので帰り回し(笑) そして出島ICから10分ほど歩いた先に、高速道路には欠かせない非常電話がありました! 開通お披露目イベントだから触らしてもらえるかも?なんて妄想していましたが、ちゃんと封印済み。考えてみれば既に開通している区間と併用しているんだから触られたらオオゴトですわな。


10041866


山陽道にあるタイプと違って細身で背が高い。道路設備も進化しているんだなあ。そうこうしているうちにウオーキング区間のもう1つの出入口・宇品ICを通過。吉島以上に人があふれていました。


10041867


さらに左にカーブしたら、視界が一気に開けました。防音壁が金属壁から透明な板に変わったのです。後日中国新聞に出ていた特集によると、港を眺められるようわざとこういう造りにしたそう。まずは広島港側から。ウオーキングイベントの一環で設けられた「にぎわい広場」が見えます。奥には広島港ターミナルや元宇品、金輪島も。あたりに住宅がないからとはいえ、なかなか粋なはからいです。


10041868


反対側。昔は何にもなかった場所でしたが、この10年で一気に開けました。宇品からもたくさんの人がウオーキングイベントに向かっています。


10041869


よく見るとこの透明板、柱に固定しているほか吸盤とワイヤーのようなものも付いていました。何かの拍子で外れても下に落ちない工夫? それとも揺れや衝撃を吸収するため? 微妙な形(あえて何に似ているかは触れません)といい、興味津々です。


透明板を過ぎるとまた金属製の防音壁に戻り、コーナンの横あたりで左へぐいとカーブします。反対車線にはみ出さないよう道路自体が傾斜していて(カントという)、思った以上に角度がついています。用地買収の都合とはいえ、なかなかに線形が悪いです。


10041872


カーブを曲がりきったあたりで非常電話に続く、「近くで見たかった施設」がありました。


10041873


非常口! 従来広島の高速道路は山間部を通っていたし、市街地を走る区間で唯一開通していた仁保~宇品にはこういう首都高、阪神高速仕様の非常口はなかったはず。そもそもこのタイプの非常口標識は広島初登場ではないでしょうか。


10041874



ドア部分に室内型の非常口ランプを付けるなど気合いが入った施設ですが、残念ながらここも封印。機会があれば一度下から眺めたいと思います。クルマで走ると短い間隔である非常設備ですが、歩くと結構距離があることに気付きました。緊急の際は冷静な対応とともに、素早い行動が求められるようです。


さらにカーブを曲がった先に3つ目のスタンプ机がありました。ピークの波が2つ目で滞っているせいか、すぐに押せました。答えはアレしかない!と思うのはまだ早い。「広陵高校」だったらどうするんですか(笑)


10041876


電車通りをまたぐあたりで少しきつめの左カーブ。都市高速とは思えないこんな標識までありました。中国道じゃないんだから(^^; 


10041877


その横には車両感知器がありました。阪神高速関係のサイトを色々調べると所要時間を割り出すために使うらしい。いつの日か「広島東ICまで●分」なんて表示板ができるのかもしれません。


10041878


カーブの途中から既に開通済みの区間が見えてきました。こうやって見ると随分高いところを通っています。


10041879


防音壁にこんなプレートがありました。これは迷いそう。非常口を使うレア体験がしたいなら西側、車線が広がって圧迫感が少しでもないのは東側でしょうか。映画ならここが人生の分かれ目になるんでしょう。


10041880


国道2号出汐交差点から南へまっすぐ続く市道をまたぐ手前から、すでに開通している区間と同じタイプの防音壁になりました。こちらの方が明るい色で圧迫感がありませんが、途中で方針を断念したっぽい。汎用的な銀色タイプの方が安いのかなあ。


10041881


市道の上は広島港周辺同様、透明な板になっていました。陸側はこんな感じ。左奥がマツダ宇品工場、右奥に行くと競輪場です。総裁が仕事で南区を担当していたときはこのへんは2車線道路でしたが、完全4車線になってすっかり印象が変わりました。


10041883


海側は大きい倉庫が視界の半分を占めます。海がちょっとだけ見えるのが救いですね。塔が建っている左奥が1万㌧バース、右側に行くとアクタスがあり、手前右奥へ行くと第六管区海上保安本部のビルがそびえています。


10041884


4つめのスタンプポイントがあったので、ペタン。もはや他の語句の可能性がなくなりましたね。PA・SAが一切ない区間なのでこのあたりに簡易トイレ群があって、列ができていました。海が見えるPAとか作ったら…DQNのたまり場になるか。。


10041882


市道を渡ってようやくウオーキングコースの終点に着きました。道路はこの先で片側2車線になるみたいです。みんな記念撮影。


10041885


延伸区間の中で一番最初に着手した区間です。銘板を見ると橋梁は宇品ICあたりより2年早く完成していました。巨大土木工事は普通に取り組むと相当時間がかかることをあらためて思い知りました。名阪国道が2年で暫定2車線開通までこぎ着けたことが伝説の域として語られるわけです。


10041886


3号線ウオーキングは吉島IC、宇品ICからしか出られません。戻ることにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/516-e686b441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。