06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

永田町潜入! 上京5完 

おはようございます。


10051901


総裁が泊まった浜松町(というよりゆりかもめ竹芝)にも朝が来ました。前夜は都心をうろつき、ホテルに帰ったのは1時すぎ。県外へ行くときは「できるだけ安く」「できるだけ便利」「どうせなら大浴場があったらいいな」などとホテルのハードルを上げるのですが、結局寝に帰るだけ。そろそろ考えを改めた方がいいのかもと思っています。


TVをつけ、普段広島では見られないテレビ東京にセット。午前8時の「レースガイド」は健在でした(笑) 昔に比べればポップな画面になりましたけどね。。


10051902


コーヒー屋などで時間をつぶし、芸備書房前店主と合流。まずは下道バス本を納めに国立国会図書館へ行きました。(このへん参照) 表口から入ろうとしたら「納本は通用口から」という旨の看板が。外周をぐるりと回り、そのへんの役所みたいな外観の裏口へ行きました。受け付けには10人以上の守衛さんがいて物々しい雰囲気。総裁たちのような不慣れな人も多いからか、納本窓口を聞いたら丁寧に教えてくれました。


10051903


薄暗い廊下をてくてく。納本の部屋に入るとパーテーションに囲まれた通路があり、奥に小さなカウンターがありました。ほとんどの業者は代行機関や郵送を使うからこんなもんでいいんでしょう。


簡単な申請用紙に名前などを書き、本を渡しておしまい。奥をのぞくと、何人もの人たちが段ボールを開けて本を仕分けたり、PCにデータを入力したりしていました。猛烈な手作業の世界。前店主曰く「まるで本屋だなあ」。下道バス1000kmもこの皆さんのおかげで国会図書館の蔵書になります。どうぞよろしくお願いします。




最後は永田町の中枢の中枢、参議院に突撃します!…ちょっとオーバーか。実は国会議員の紹介や事前申し込みがないと見学できない衆議院と違い、参院は本会議中以外の平日なら誰でもその場で申し込んで見学できるのです。今回はこの仕組みを利用しました。データイムの毎時0分発。午前10時ぎりぎりで少し焦りましたが、何とか間に合いました。


申請書に記入して、空港にあるような金属探知機を通過。エスカレーターで地下に降りると、ただっ広い空間が開けていました。修学旅行や議員後援会など、相当な人数が来ても対応できるようになってるんですね。


10051904


「しばらく待っていてください」と言われたので資料などを見学。と、奥に議席があるじゃないですか! 座っていいとのことだったので遠慮なくふんぞりかえってみました。最近の会議室イスと違って背もたれが直角に付いているので、座り心地は微妙。長い間座ると疲れそうです。かつてPKO法案で野党が牛歩戦術を取りました。あのときは与野党とも体がワヤになったんじゃないでしょうか。


10051905


10051906


名札の下には確かに賛成/反対ボタンがありましたよ。一時期ニュースになったアレです。武闘派議員がよくやるみたいに名札をギッコンバッタンしていたら職員さんがやって来て「そろそろ出発しますので」と言われました。迷惑見学者ですね。はい。


総裁たち個人見学者4,5人と、どこかの議員の紹介を受けた団体20人ほどが集合。国会内の警備や警察権の行使を担当する「衛視」さんが案内してくれます。国会は警察組織についても審議するので、独自の警察組織を持っています。案内慣れしている方で目配りも忘れません。ここからは写真撮影はNGと説明されました。


大理石張りの内装、赤じゅうたん…。TVでは議員と周りの記者ばかり気になって後ろまで目が向きませんが、誰もいないと実に重厚で厳かな空気を醸し出しています。国家三権の一翼を担う場所にふさわしい造りです。登院する人の品格が問われる場所ともいえます。


議場は一般の映画館とは比べものにならない高さで、天井には唐草模様のステンドグラス。モダンと伝統が融和した実に美しい場所です。傍聴席のイスに座ってテープ解説を聴きました。先ほどの議席レプリカ同様、ここも90度座席。胸を反り返らせる形になり、ちょっと偉そうげな気持ちになりました。。


最後に中央広間・中央塔部分を見学。廊下からですが、天皇陛下が開会式に参加されるときに使う休憩室も見られます。


とここで、佐○公○登場! 議員紹介の団体さんは、広島選出・○藤○治の紹介だったのです。どうりで広島弁が聞こえたわけだ。支援者一人ひとりに握手してご挨拶。衛視さんも慣れたもので、見学はしばらく休憩、個人参加者の質問タイムになりました。支援者には時々勘違いがいて、衛視さんの言いつけを守らずに写真を撮ったり、なかなか付いてこない人もいました。どうせ次の選挙は通るんだから、佐○さん、ひと言注意してやってください(笑)


一通りあいさつが終わったところで再出発。議員支援者たちは○藤公○とのトークに夢中なので、個人参加者だけで国会敷地内の庭を歩きました。驚くべきことに、ここには47都道府県の木が全て植えてあるのです。北海道も沖縄も一緒なので植生グチャグチャな緑地帯になっていますが(^^; 現地と気候が全然違うのによく維持しとるよなあ。国が本気になればこんなこともできちゃうんですねえ。


10051907


もちろん、我らが広島県のモミジもありました。さらに山梨県の木もモミジであることが判明。知らなかったなあ。


そして最後は当選者が集う国会議事堂らしくバンザイで締めました。まあ総裁が議員として来ることはないでしょうし、来るつもりもありませんけどね。


10051908




帰りの飛行機の時間が迫ってきました。地下鉄に乗り、有楽町と浜松町で鬼ダッシュ。間に合う時間に羽田へ着けそうです。途中、国際ターミナル駅建設工事をしていました。


10051909


ちょうどルート変更をした直後だったので、旧線も残っていました。ちょっと珍しい、モノレール軌道の断面。(姫路に行けば見られるという声は聞こえないふり)


10051910


例のごとく第2ターミナルの一番先端まで歩かされ広島行きに搭乗。広島空港に着いたら土砂降りでしたよ。。


というわけで上京の記録は今回でおしまい。Vocaloidに鉄に参議院に、何の脈絡もないつながりだけどそれぞれが濃い旅を満喫できました。…実は再来週に組合関係の出張があって再び東京へ行きます。普段なら断る話ですが、ちょうどVocaloidMasterの日に東京にいられる日程。二つ返事でOKしました。次はどこへ行こうかなあ。
スポンサーサイト
旅・首都圏  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/538-8d8db022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。