04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

完全マニア対応? 

ネットが普及し始めた当初はバス会社のホームページなんてほとんどなく、時刻表調べはもっぱら個人サイトに頼っていました。それが今やほとんどの事業者が時刻表・路線図を掲載した自社サイトを持つ時代。使いやすい使いにくいの差は大きいですが、間違いなく便利になりました。広島の我が家にいて北海道や沖縄のバスの時刻表が分かるんですから。


中には変わりダネのホームページを作っている会社もあります。有名どころでは京都バスこのへん)。メニューリストから飛べる「京都バス博物館」は内容濃厚です。中でも「車両紹介」は、全車の写真、解説入りとまるでマニアページ(笑) 京阪からの転属車については以前の写真まで掲載したほか、いすゞエルガと日野ブルーリボンⅡの見分け方まであります。ここまでオープンにすればマニアが変な質問をしてくることはないでしょう。毒を以て毒を制す。


変な質問といえば、熊本の九産交このへん)。「WEBご意見箱」(このへん)というコーナーがあり、HP経由で利用者から届いた意見をほとんど公開。中の人が全部に回答しています。「確かにそうだよな」という意見がある一方、重箱の隅をつつく内容や、言いがかり、ヲタの自己満足的質問も相当数…。そんなのにもちゃんと答え、時には掲示物を大きくする、ダイヤ変更の検討を明言するなど、結構真摯な対応をされています。


九産交は一度経営破綻し、産業再生機構の支援を受けて復活しました。その中で利用者ニーズに応えるという基本に立ち返ろうとしたのでしょう。バス会社には常連のクレーマーが多く、荒れる恐れもあります。大きなリスクを承知した上で続けている姿勢に頭が下がります。広島の事業者にも見習ってほしいし、全然業界が違うわが社も取り組むべきだと思います。


内情といえば、千葉内陸バスこのへん)もなかなかすごい。見た目普通のサイトですが時刻表を見ると、運賃表or方向幕の設定番号?や乗務員交代の注釈が付いています。明らかに内部資料をそのままupしています。今までお客向けに路線全体の時刻表を作っていなかった→HPのために改めて作るのは大変→なら運転手向けの資料をupすればいいや、になったんでしょう。バス運用の一端が見られる興味深い資料です。


広島のバス会社サイトは、広電がアタマ一つリードしているほかはドングリの背比べといったところ。もっと使いやすく、便利なサイトに進化してほしいなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

先日小豆島へ行ってきたんですが、「シマバス」から引き継いだ「小豆島オリーブバス」が、現地で配布している時刻表は、見やすい上に航路の時刻表も出ていて、予定が立てやすかったです。

特に、土庄・池田・草壁から高松への船の時刻をひとまとめにしていたので、土庄~映画村線からの帰りに、「どこから一番早く、高松への船に乗れるか」とかを、すぐに判別できましたから。


地元の客はもとより、観光客の足にも欠かせないバス、割と本数も多くて便利なのに、なぜか未だにHPがないのは残念で、「島へ来る客を遠ざけていないか」、ちと気になります。

URL | せとたか #-

2010/07/12 22:28 * 編集 *

>せとたかさん
お久しぶりです。ご覧いただきありがとうございます。

小豆島の取り組みは◎。利用者としては「1枚で交通機関の時刻がすべて分かる」ことが理想的ですから。路線ごとに時刻表が別の紙になっているのは事業者の都合ですからね。笠岡では鉄道・バスを全部まとめた時刻表が新聞折り込みに入っています。事業者のHPに上げるのが難しいなら、せめて役所のHPで見られるようにしてほしいです。

ちなみに小豆島のバス時刻表は事業移管後も小豆島バスのHPで見られます。この分かりにくさはいけんですね。

URL | 総裁@管理人 #-

2010/07/13 14:09 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/539-0d8440b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。