10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

梅雨時期もデンシノウタヒメ 

今年の梅雨は本当に雨が多い。各地でゲリラ豪雨を観測し、多くの被害をもたらしています。気分までジメジメしそうなこの時期、もうすぐ来る夏を思い爽快な気分になりたいですね。というわけで、ここ最近総裁が気になったり、紹介し忘れていたVOCALOID歌をいくつか取り上げたいと思います。


【初音ミク】Cher【オリジナルPV】(2010.7.2投稿)




ブルーを基調とした鮮やかなPVと、ひと夏の愛おしい思い出をギュッと詰め込んだ歌詞、そして疾走感ある曲調。微妙にかすれた声がクセになります。声が伸びる部分の調教に若干改善の余地を残していますが、そんなことを吹き飛ばしてくれる、総裁の中でのスマッシュヒットです。大学時代を首都圏で過ごし、転勤が多い会社に入った総裁にとって「もう一度君の笑顔を見せて/いつか来る旅立ちの瞬間まで/胸の奥に強く焼き付けて」というフレーズはグッときました。どんな人についても、記憶の中に笑顔をたくさん残せる関係でいたいですね。


【初音ミク】夏色☆キャンバス【みなと×みくる】(2008.8.12投稿)




90年代を思わせる王道夏ソング。最初聴いたときZARD「揺れる思い」を思い出しました。曲を彩る突き抜けた爽やかさと、ハッピーさが溢れている歌詞。中学生のころ「ワシもこういう思い出を作る日が来るんかなあ」と考えたものです。実現する前に時代が変わっちゃいましたけど(^^; 「32℃の日差し浴びて/夏を肌で感じてる/空を見てれば/暑さなんて忘れちゃうから」「二人の今は/空のように青く塗ったキャンバス」。こんな空気に浸りたくなる…夏はそんな季節です。


【初音ミク(とく)】ARiA【オリジナル曲PV】 (2010.4.29投稿)




第一線が能力全開でVOCALOID歌を作ったらこうなる!という見本です。とくPの正体はアンジェラ・アキ、Superfly、新垣結衣たちの楽曲に参加するアレンジャー・阿部尚徳さん。正真正銘「プロの犯行」です。イラスト・動画・デザイン、そして音楽のプロたちとネット上で知り合い、今回の作品が生まれました。PVはTVアニメを超えて映画のレベル。出てくるキャラクター女子の好き嫌い関わらず思わず見入ってしまうクオリティです。すごい。鳥肌が立った。集合知の可能性を感じました。


【初音ミク】 はやぶさ 【オリジナル曲】(2010.3.28投稿)




相次ぐエンジン故障、通信途絶…それでも奇跡な復旧を果たし帰還を遂げたJAXAの小惑星探査機「はやぶさ」。地球では「もう帰らないだろう」と諦められ、事業仕分けで蓮舫にボロクソに言われる中、けなげに仕事を続けた姿に総裁も感情移入しました。はやぶさが大気圏に突入する直前、最後に撮った地球の写真を見たとき目頭が熱くなりました。人間あきらめてはいけません。きっと誰かが見てくれている。


はやぶさを擬人化することに異論もあるでしょう。でもこの歌を聴くとあの感動を思い出せる。サビのエコー部分と最後の「ただいま」でこみ上げてきちゃうんですよ。つらいことがあった日に是非聞いてほしい。そしてはやぶさに思いを馳せてください。きっと希望が湧いてくる。輝いてみようと思うはずです。


【ミク・ルカ】Ladies First【オリジナル曲】(2010.5.27投稿)




昨年紹介した「one more kiss」(このへん参照)の続編といえる歌。ところどころに「one~」のエッセンスが埋もれてます。前回以上にストレートな百合歌。ところどころに「隣の恋よりも/ちょぴり壁とか多いんだよ?」「大きく好きだと叫びたいよ/いつかは……/そういつかね」なんて切ない歌詞もあります。でも、恋に心が弾んでいるようなミク声がすべて吹き飛ばしてくれました。聴いているこちらまでハッピーな気持ちになれる歌でした。


PVについては前回の方が良かったかなあ。ルカのピンクとミクのブルーでシンメトリーな感じにすればキレイなのに、ちょっとゴチャゴチャしすぎた感があります。


【初音ミク】傷心ライダー【オリジナル】(2010.6.2投稿)




せっかくの休み、家でごろごろしててもマイナス思考になっちゃうし、テレビはつまんねえし…よし、とにかく出るぞ! 大学時代、総裁はそんな衝動にかられてよく出かけました。何となく首都圏大回り乗車をしてみたり(大回り乗車についてはこのへん参照)、方向幕でしか知らない川崎市バスの終点へ行ったり、大学とは逆の方向にとにかく歩いたり。それは夏が多かった気がします。この歌の紹介文にある「夏のニオイって青春ですよね」に猛烈に共感しました。


もやもやした気持ち。すべてを包んでくれるような真っ青な空の下、胸一杯に空気を吸い込んでどこまでも走り続ける。爽快感あふれる歌です。どこかで聴いたようなコーラスの使い方だなと思ったら、総裁がボーマスでCDを買うた(このへん参照)れるりりさんが噛んでるんですね。ワシも久々にチャリに乗ってみようかな。


【mikiオリジナル曲】GO!GO! in the solidio【0108-音屋-】(2010.4.26投稿)




前作「Eraser」(このへん参照)がスマッシュヒットした0108さん。次に手掛けたのは、今や懐かしユーロビートでした(笑) ジメっとした空気から抜け出したい時はダンサブルなナンバーに限ります。歌詞に浸ったりせず、華麗にスルーできる歌って時々聴きたくなります(たとえばこのへん…スルーできない動きの人がいるのは気にしない方向で) いまCDを買うのってover30、40なんだから、釈放された小室もあのノリでまた歌を作ったら売れるんじゃないかと思うのですが。あ、最初に紹介したEraserも夏向けの歌なので是非。


【初音ミクAppend】原罪と未来のジレンマ【オリジナル】(2010.5.2投稿)




最後は日々戦うみなさまへテンションの上がる一曲を。何度か紹介している疾風P(このへんこのへん参照)の近作です。力強いミク声、闘争心が高まる歌詞、そして間奏のカコイイピアノ。最近のJ-POPは「普段は強いけど好きな人の前では弱い女」「冴えないけど好きになった人に思いを伝えたい男」の歌ばかりでこういう荒ぶる曲ってないですよね。古くて新しいオススメソングです。


ちなみにこの歌を「歌ってみた」方がいらっしゃいます。これがなかなか(・∀・)イイ!!


【歌ってみた】原罪と未来のジレンマ【サワキ】(2010.5.17投稿)




週間天気を見ると今週末から晴れマークが並んでいます。雨続きの日々ももうすぐ終わり。さあ夏だ!


【業務連絡】当BLOGをご覧いただいているわが社の某氏へ。当方が紹介している動画は週刊VOCALOIDランキングの上位ばかりとは限りません。下位からサルベージしている歌もあります。当BLOGの記事を見てVOCALOIDの流行りを知ったつもりになっていると、ちょっと違うかもです。
スポンサーサイト
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/544-13056965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。