06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

初おろち 奥出雲盛夏・上 

夏は旅の季節。出かける機会が増えるのももちろんですが、広島にやってくる人もいます。8月1日、岡山時代によく飲んだ同業他社氏が大阪から来ました。何回か広島を旅したことがあり、宮島や平和公園など基本ポイントは訪問済み。ならばと久々に避暑がてら奥出雲へそばを食べに行くことにしました。もしかして席が取れるかなと横川駅の指定席券発行タイプの券売機をつついてみたら…


奥出雲おろち号に空席!


以前東京からの客人を案内したときは満席で総裁は乗れませんでした。土曜日に取れるとは運が良かったようです。


当日は快晴。クルマに乗っているだけでも窓から真夏の日差しが容赦なく注いできます。クーラーを全開にして合流。一路中国道を走り、13時過ぎ、備後落合駅に着きました。さすが夏休み中。普段は事実上停め放題の駅前はクルマでいっぱい。おろち号の利用者・見物人なんでしょう。


10081601


国道から橋を渡って坂を上る途中、道後タクシーの車庫跡?の向かいで大阪ナンバーのクルマが脱輪していました。脱輪というより、腹がこすっていました。道路と地面に段差があることに気付かずバックしてしまったらしい。前も脱輪したクルマを見た覚えがあります。実は魔の坂(まさかの坂)?


おろち号発車まで時間があるので、近くのジェラート店でクールダウン。廃国道にクルマを停めて再び駅に戻りました。もうおろち号は入線しています。春先(このへん参照)は枯れ草ばかりで寂しかった駅横広場は青々とし、自然の脈動に満ちあふれていました。


10081602


8月に入ったというのにアジサイらしき花が咲いていました。(アジサイらしき、としか書けないのがちょっと悔しい) 当日広島の最高気温は34度。庄原は31度で、備後落合はもう少し低いはず。涼しい場所ならではの光景ですね。


10081603


そろそろいい時間になってきたのでホームへ。普段は静かな駅にDE10のエンジン音が響きます。備後落合駅が一番にぎわう時間帯です。


[広告] VPS



ある方のBlogによると、かつて備後落合は多くの駅員が動き回りホームが人で埋まるような、まるで都会のような騒がしい駅だったそう。もちろん当時とは比べものになりませんが、普段の寂しさを知っていると胸が熱くなる思いです。


発車が迫ってきました。そろそろ乗りましょう。列車は2両編成。島根側が普通の客車で広島側がトロッコ車両。指定席は1両分しか発行されておらず、例えば「1A」の指定席券を持っていれば、トロッコの1Aにも客車の1Aにも座れます。中国山地沿いは夕立が多く、沿岸部より冬の訪れも早い。これはありがたいシステムです。


10081604


客車スハフ12を改造したので座ったときの狭さは普通列車規格。ただ席に厚みがなくテーブルもあるのでシートピッチは広く、結構快適です。総裁は横着なので備後落合~出雲坂根しか乗りませんが、人によっては宍道や木次から何時間も乗りますし。あと席に座布団があれば言うことなしです(ワガママか)


ちょっと近未来な感じの制服をまとった車掌さんが乗り込んで発車です。乗客対応のため出張って来たっぽいJRの人が見送ってくれました。


[広告] VPS



さっきまでうだるような暑さだったのに、走り出すと心地よい風が車内を通り抜けます。ほんのり草の匂いが薫る、天然のクーラーです。間もなく芸備線に別れを告げ、ぐいと右にカーブ。国道183号線をまたぐと道路とは川を挟んで反対側の斜面を行きます。


10081605


トンネルに入ってびっくり。むき出しの照明が山小屋みたいな趣を演出してくれます。車内のウッディーな感じとも合っていていい感じです。


10081606


並走する国道314号は改良済みで地形的な難所を大きな橋や盛り土のはるか上を走って乗り越えていきます。周囲に山しか見えない区間もあり、同じ広島県内とは思えないほど。クルマでは何度か走ったことあるエリアですが、全然車窓が違います。


うっそうとした林を抜けて集落が見えてきました。間もなく最初の駅・油木です。クルマで走っていて1回も目撃したことがなかった、木次線踏切が閉まっている瞬間を見ることができました(^^;


[広告] VPS



さすがの撮り鉄も油木にはおらず、乗り降りなく発車。線路が再び木々に包まれるころには集落も途切れました。


10081607


車内では一定区間ごとに違う業者さんが乗って弁当やお土産、お茶を売ります。備後落合~出雲横田は横田のお店が車販さん。黒豆茶を注文してみました。バレたらN○Tからやられそうなパンフレットの隣が商品。お茶というより黒豆汁と言った方が早いでしょうか。風が涼しいので暖かいお茶がちょうど良いです。


10081608


容器の中には黒豆がたくさん入っていて、飲み干した後、写真左上の棒で豆をすくい出します。特に味付けしたわけではないのだけどほんのり甘みがあって、大地のうま味を感じました。


いったんは線路から離れていた国道が近付いてきました。微妙に植生も変化。ちょっと北海道を思わせる白い木々の中を走り抜け、島根県に入りました。


10081609


[広告] VPS



さらに坂を上って三井野原に着きました。314号は分水嶺(坂のてっぺん)ではなく、上りの途中に県境があるんです。再び国道と別れて斜面にへばりつくような区間を走り、間もなくトンネル。再び車窓が開けた瞬間、車内の誰もが声を上げました!


10081610


おろちループを一望できたのです! クルマだと最初にループの中心に入ってしまうため、絶対に見られないアングル。何とすごい山々。何とすごい技術。同業他社氏ともども谷側の窓に釘付けになりました。もっと早く木次線に乗っておけば良かった! 


[広告] VPS



ここからは出雲坂根まで一気に下ります。


10081611


何本も長いトンネルを抜けたら、さっき眼下にあった橋がはるか上になっていました。


10081612
スポンサーサイト
旅・そのほか  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/556-8fc74991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。