06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

リアル無防備都市 

昨晩悪夢を見ました。


RCC(広島のTBS系民放)でカープ中継を見ていたら試合途中で放送が終わりました。昨年「総力報道」のために20時にならないと中継を始めなかったストレスと相まってついに苦情電話。受話器の向こうからどこかで聞いたことあるような声がしたなあと思ったら、いつもTVで見ていたアナウンサーさんと、地元で知る人ぞ知る高尾六平氏でした。こちらの怒りを静かに「うんうん」と聞いてくださり、徐々にクールダウン。最後はとても心が暖かくなって電話を切りました。


それから後輩と流川へ飲みに行き、東京の有楽町駅前みたいに店外まであふれたテーブルで一杯やる店へ(実際の流川にそんな店はないのですが) ビールを飲んでいると他部署の先輩が通りかかり「やっとるねえ」と声を掛けられました。店先を警官が何人も歩いていき、捜査車両らしきクルマも通過。しばらくして二軒目に行こうと立ち上がるとさっきの先輩が戻ってくるところでした。「どっかの店がやられとるらしいよ。こがな日は帰った方がエエ」。それもそうだなと切り上げることにしました。


次の瞬間、実家のある団地にいました。今は閉店したヤマザキデイリーストアがなぜか復活していて、前の路上に警察車両が何台も止まっています。シャコタンシーマを挟み込んで運転手らしきチンピラの男と警官が激しく応酬していました。「こがにたくさん(警官が)出て来て、ご苦労さんじゃのう」と思っていたら、急に警官たちがクルマに乗ってどこかに行ってしまいました。ん? と、向かいにあった駐車場の壁から…


ハングルが書かれた白い戦車!


壁をぶち破るのではなく、はい出てきました。明るい色合いからして韓国軍のよう。総裁に向けて機銃掃射をかましてきました。へっぴり腰でデイリーストアに逃げ込むと今度は砲撃。一瞬真っ白になりました。気付けば外にいて、さらに街中を逃げ回ります。バケモノみたいな戦車で壁があろうと、地下だろうと、狙われたら最後。萌えるのではなく、一瞬のうちに消滅してしまうのです。


ここで場面が変わり、今住んでいるマンションに戻っていました。ふうとため息をつきカーテンを開けると景色が一変。


高い建物が軒並み消滅!


とりあえずテレビを付けても、放送局がやられたからでしょう。どのチャンネルも砂嵐。ふと「最後の手段として原爆を使おう」という声が聞こえました。真っ暗になって目の前に菅直人が浮かび上がり、苦渋の表情でコクリ。


この瞬間目が覚めました。西部警察第1回「無防備都市」(分からない人は検索を)の激しい版です。とりあえず原爆が落ちなくて良かった。総裁、かなり疲れているようです。悪夢とはいえ早起きできたので、サッサと会社に行って仕事を済ませました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/559-db572ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。