06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

旅の終わりも白角水割り 2車中泊3日熊野旅9完 

10102231


だいぶ日が暮れてきました。くまかんでだいぶ歩いたので眠気に襲われる可能性は高い。アタマがしっかりしているうちに走れるだけ走ろう、という方針でポルテを北に向けました。間もなく和歌山県の飛び地に入り、30分もかからないうちに奈良県に。こうやって考えてみると奈良って地味に広いですよね。。高速or高規格道路ができれば一発ですが、この険しい自然こそが世界遺産に決まった要因なので難しいところ。

10102230

下北山村の池原で休憩し、出発したところで「↑橿原・奈良(国道169号) ←十津川(国道425号)」という標識がありました。「行きと同じ道を通るのは芸がないよな」「十津川といえば奈良交通の『日本最長路線バス』の通り道だよな」「あのバスって大和八木始発だから、大和八木にも帰れるよな」。さまざまな悪魔のささやきが聞こえてきました。現在17時。普通に帰るとちょっと早いし寄り道しようか。ウィンカーを左につけてしまいました。


ところが。待ち受けていたのは猛烈な山道。急傾斜とヘアピンカーブで、あっという間に池原がはるか眼下になってしまいました。脳裏の危険信号が鳴り始めました。十津川は北方領土を除けば国内で一番面積が広い村。南北も相当距離があるはずで、R425が村のかなり南に出てしまった場合、20時大和八木着はほぼ絶望的になります。20時はおろか、GSが閉まる21時さえきわどい。しばらく進むとキャンプ場?があり、付近の観光案内図がありました。確認すると…


やはり十津川村のかなり南側に出るっぽい。。


名誉ある撤退を決めました(´д`) 帰宅後調べたらこれが大正解。十津川村で国道168号に合流するまで2時間弱かかかるルートでした。あなおそろしや。


まじめに国道169号を北上。南吉野地域と大和地域を結ぶ唯一の幹線道路だからでしょう、ぐねぐねカーブなのに地元車は飛ばしまくっていて何度も道を譲りしました。あたりは真っ暗。と、川上村中心部の手前あたりから、ダム湖沿いにこうこうと明かりが照らしている工事現場が何カ所もありました。日曜夜なのに土木工事? そこまで突貫でやらんにゃあいけんことって?


家で調べてびっくり。見た目稼働しているように見える大滝ダムですが、まだ未完成だったのです。


東の八ツ場、西の大滝といわれるほど激しい反対運動があり、建設が大幅に遅れた上、試験湛水段階で地滑りにつながる亀裂が見つかりました。住民によっては住み慣れた土地を離れ、村内の代替地に移ったのに、さらに別の場所に引っ越すはめになったそう。この突貫作業は地滑り対策工事でした。大滝ダムは、ずさんな計画・調査が住民に必要以上の負担を強い、事業費を膨れあがらせた公共事業の「悪い見本」だったのです。wikiの大滝ダムの項目にはダム建設の正当性を主張する【要出典】の記述が並び、何ともいえない気持ち悪さを感じさせました。


18時過ぎには吉野町、19時過ぎには橿原市街地まで戻れました。幸い眠気に襲われることなく、道の駅奥吉野でタバコ休憩をしたぐらい。もう30分ぐらいくまかんにいれば良かったかなとも思いましたが…慣れない土地で無理な運転はしたくないですしね。


「2車中泊」のもう片方も南海バスサザンクロス。なんば23:50発なので、早く大阪についても仕方ありません。レンタカーを返すまでの時間つぶしに、マックに入り、iPodtouchでBlogを更新。20時にポルテを返しました。ちょうど目の前をバスが通り過ぎてしまったので、今度は歩いて大和八木駅へ向かいます。橋を渡ってJRの線路をくぐったら商店街のはじっこに。思った以上に歩きやすく、15分ほどで着きました。


快速急行で大阪に戻った後は日本橋を徘徊し、毎度の白角水割を買って30分以上前からなんば高速バスターミナルで待機。ちょうどほろ酔いになったころバスがやって来ました。乗り場探しに手間取って遅れてきた外国人を待って発車です。バスターミナルの坂を下りきった記憶もなく寝落ち。気付いたら「間もなく中筋駅に到着します」のアナウンスが流れていました。




その後くまかんさんは平谷中野駅の構内配線変更に着手。総裁が自分の足で、堀川ちゃんで歩んだレールはもうなくなっています。柚ノ木谷への延伸や新線など、くまかんさんのアタマの中にはたくさんの構想があるようです。進化し続ける熊野簡易軌道。次の一般公開となる来年3月にはどんな姿になっているのでしょうか。今から楽しみです。重ね重ねになりますが、くまかんさん本当にありがとうございました。また行きます。


(最後にお願い)
くまかんさんBlogにも注釈があるように、最近くまかんさんが留守の時にやって来て無断で敷地に入ったり、軌道運搬車を動かしたりする人がいるようです。いくら門や塀がないからといって、他人の敷地に勝手に入らないのは常識中の常識。くまかんさんが何年もかけて築いてきたご近所との関係を崩すことにもなりかねません。とても温厚で気遣いをする人が、あれだけ強く注意書きされる思いをご理解の上、事前の断りなしでの訪問はお控えくださいますよう、いちファンからもお願い申し上げますm(_ _)m
スポンサーサイト
旅・熊野  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/601-9fcdb5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。