08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

乗車! 1円電車を訪ねて3 

カタンカタンとくろがね号が戻ってきました。1円を払おうとしたら、きょうは無料とのこと。にもかかわらず当時の乗車券を模した記念証までいただきました。こういう細かい演出が心憎いですね。「メイシン」と聞くと名神高速を思い出しますが、明延では軌道のこと。明延と神子畑を結んでいたから「明神」だそう。

10102717


総裁の背より少し低い入口から身を屈めて乗ります。既に7、8人が乗車。今回同行した芸備書房前店主らは座れず、しゃがんでの1円電車体験になりました。週刊誌に取り上げられて以降、一般の乗車を制限するようになったのもうなづけます。機関車が警笛を鳴らして発車です。

10102716



小さな格子窓越しに景色が動き始めました。線路は更地にありますが、くろがね号の車内から見ると鉱山の作業場内を走っている感覚になります。貴賓車としても使っていただけあって、狭い車内ながらシートの座り心地はなかなか。姫路から2時間近くかけて戻ってきた明延の人は腰を下ろして安堵したんじゃろうなあ。



ぐいーっとカーブを曲がり終点到着。ここから折り返します。周りを見ると、大きなお友達以上に地元の皆さんが目を輝かせていました。わずか1分半ほどの1円電車体験でしたが、その何倍も楽しました。座れなかった芸備書房前店主はもう一回乗車したほどです。総裁たちが降りた後にゆるキャラも駅にやって来ました。養父市観光協会のマスコットらしい。

10102720

このサイズじゃ乗れんじゃろ(笑)

たくさんのハードルを乗り越えて今回の運行にこぎつけた地元の皆さんにアタマが下がります。地域の過疎化が進んだ上、播但エリア以外での知名度が低いため、なかなか募金が集まっていないそうです。感謝を込めて募金箱にお金を入れ、一円電車グッズを買いました。

10102721

露店やステージが並ぶエリアの真ん中には足こぎトロッコが登場。乗ったら間違いなく楽しいと直感しましたが、三十路男が一人乗るにはなかなかに、ねえ。あ、でもこれも立派な線路だから物を運ぶのが便利になるし、何よりこのサイズならお手軽に敷けるのでは…熊野へ行って以来そんなことばかり考えるようになってきました(;´∀`)

10102719




きょうは鉱山跡の見学会もあります。普段は予約が必要で個人ではなかなか機会がない。せっかくなので行ってみることにしました。養父市と書かれたシャトルバスで朝来から来た道を戻ります。ぐねぐねと坂を登って、行きがけに見たテント前で下車。500円を払ってヘルメットを受け取りました。ぱっくりと口を開けた坑道入り口に集合。入り口こそ子ども向けっぽい造りですが、中をのぞくと普通に鉱山です。気分は川口浩探検隊♪

10102718
スポンサーサイト
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

2フィーター用の「てトロ」があったら即購入なんですが☆

都合により当方のブログを交代(?)しました。
引き続きリンクを貼らせて戴きたいと思います。
よろしくお願いします。

URL | くまかん #-

2010/11/02 22:23 * 編集 *

Blog変更確認しました。引き続きのリンク、ありがとうございますm(_ _)m
こちらもリンクを貼らせていただいて良いですか?

「末期色」なんて記述があったので、一瞬広島方面のJRに詳しくなられたのかと思いました。
(JR西の方針で広島地区の電車は真っ黄色、気動車はタラコ色に塗り替えられています。
 あまりにも後ろ向きな変更に、ネット住民は「末期色」と呼んでいるもので…)

URL | 総裁@管理人 #-

2010/11/03 02:43 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/604-2d6ada9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。