06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

一気に南へ 列島縦断バス旅6 

まず3階にある展望デッキへ。JAL機が離陸したかと思えば今度はANA機が着陸。総裁が乗ったスカイマーク機の隣には別便が着き、またしてもお客がバス移動しています。冬を思わせる雲が高く伸び、空を鉛色に染めていました。

10110404

Blogの記事を打とうと2階のカフェコーナーに下りました。ここも滑走路が眺められる良スポットです。無線LAN来ているはずなのにネットに上手くつなげられず四苦八苦。そうこうしているうちに10:40になりました「安パイ」のバスに乗るため、適当な階段から1階に下りますが…工事中で進めん!! 間違った階段を使ってしまったらしい。じゃあどの階段かと迷っているうちばすの発車時刻を過ぎてしまいました。あーあ。


仕方ないので次の便にします。ダイヤ上はこれでも間に合いますし。みやげものを買い、今度こそにバス乗り場にたどり着きました。この便は中央バス担当。総裁を含めて4人が乗車しました。


しばらく下道を走って千歳から道央道へ。総裁の勝手なイメージでは札幌から千歳は街が続いていると思いましたが、すぐに家も街も途切れました。札幌南インターを出るまでアナウンスでいくつかのバス停名が流れましたが、全員が終点まで乗り通しました。到着直前、窓の外を一瞬雪が舞いました。


大谷地バスターミナルは地下鉄の途中とは思えないぐらい立派な建物。乗り場の大きさでいえば岡山の天満屋バスステーションといい勝負です。雪と寒さ対策のため、北海道のバスターミナル、バス停は総じてしっかりした建物や待合所があります。乗り場入口は自動ドアになっていて、バスが来ないと開かない仕組み。ウテシが降りて「●●行きです」とお客に呼びかけます。名古屋の名鉄バスセンターや宇野自動車の表町バスセンターと似たやり方。


ここからは函館行きの都市間バスで一気に北海道を縦断します。11:58発は11月から増えた便。この時間帯にできてくれたので、日付けが変わる前に青森に着けるようになりました。担当は道南バス。カラーリングが冴えていて、普通のクルマでもプレミアム感が漂います。お客は総裁を含めて6人。ちょっと寂しいかなあ。



さっきとは逆向きに道央道を走ります。ここで気付きました。左右の木々がすっかり色づいているのです。広島の山はまだ緑色。日本って広いんだなあと改めて感じました。

10110405

10110406

ほかのお客は道民らしく、見慣れた光景を撮る総裁に怪訝な表情を浮かべていました(^_^;)


千歳、苫小牧を過ぎるとぐんとクルマが減って来ました。このバスでは最近では珍しくなったオーディオサービスがあり、前のテレビで流れているSTVやラジオを見聞きできます。ただ苫小牧を過ぎたあたりから電波の入りが悪くなり、途切れがちに。総裁もひと眠りすることにしました。


休憩地・有珠山SAの手前で目が覚めました。小さな施設ですが、とにかく眺めが抜群! 記憶に新しい2000年の噴火で生じた平成新山、噴火湾、ジオパークを形づくる山々を一望できます。ちょっと感動して展望台に登ったら…寒い!! 写真だけ撮って退散しました。

10110407

10110408

函館までの最後の休憩になるので腹ごしらえをしました。

10110409

カニめし!


SAなので総裁が想像した通りの作り方でした。でも極上の眺めを楽しみながら食べると美味しいんですよねo(^▽^)o 味噌汁が甘めでカニとよく合いました。広島とは味噌が違うようです。


さあ、函館へ出発しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/612-0ff9d393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。