07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

夏の島へ 列島縦断バス旅20 

朝5:30。携帯のアラームが鳴り響きました。本当はツアーの余韻を楽しんで惰眠をむさぼりたい。でも、きのうで着替えが切れてしまいました。ホテルから徒歩10分程度の場所にあるというコインランドリーへ行くための早起きです。ベッドから起き上がろうとして気付きました。


体が重い。


きのうの夜は「広島~大阪の高速バスを使った程度の疲れじゃなあ」と思える程度だったんです。ところが1日たってずしりときました。我ながらハイテンションになってたんだなあと思いました。普通に考えれば32時間もバスに乗ったんだから疲れて当たり前ですよね。


フロントでコインランドリーの場所を聞き、重い足取りで住宅街をてくてく。「次の宿にランドリーがある保証はないので、できるうちに全部洗おう」と2往復しましたよ。鹿児島のランドリーはハイテクで、乾燥機の数字パネルに自分の携帯番号を打ち込んだら、終わったころに電話をかけてくれるんです。これはかなり便利でした。道すがらにあったコンビニで地元紙・南日本新聞と西日本新聞の鹿児島版をゲットしました。

10110702

そうそう、ホテルのすぐ近くにフレスポジャングルパークなるショッピングセンターがあり、こんなものが鎮座していました。(写真はホテル出発時に撮影)

10110703

SL!? 線路や駅など鉄道関係の施設があった場所ではありませんが、D51が鎮座していました。しかも山口県生まれで小郡機関区にもいたという中国地方がらみの1台。

10110704

実はSLがある場所、かつてジャングルパークという遊園地でした。鹿児島県内最大規模でジェットコースターも観覧車もありました。少子化や施設の老朽化で2005年閉園。道路の南側はショッピングセンターになりました。


SLは遊園地当時からの展示物。ここに子どもたちの笑顔があふれていたころの名残というわけです。後ろにチラっと見えるジャングルパークの結婚式場・ボウリング場「ベイサイドガーデン」も09年に閉店しましたが、SLだけは残りました。海際で野ざらしの割にきれいな状態。誰かが手入れしているのでしょう。総裁の記憶にナタリーが残っているように、ジャングルパークが思い出の場所、という人もいるのでしょう。何とか残ってほしいと思います。


服の心配がなくなったところで、今回のホテルのウリ「展望温泉」でひと休みです。そんなに広くないのに加え、朝からたくさんの人が入りにきたのでなかなかの混雑ぶり。曇り気味で桜島はよく見えませんでしたが、浴槽で「あ゛~」と疲れを吐き出し、サウナで汗を流したら重い体がちょっとだけ楽になりました。暖め器にさつま揚げが入っていたバイキング朝食も結構良かったです。鹿児島出身の上司によるとこのホテル、市内では「中の上」だそう。でも、この大浴場とスタッフの対応の良さで総裁の中では「上」ランクでした。部屋を出るころには雲が取れて青空がのぞいていました。

10110701

土産やらご当地新聞やらで荷物が膨張していたので、これから必要なもの以外宅急便で自宅に発送。8:15、一気に軽くなったところで出発です。本当は9:15に回送ツアーのお見送りがあったのですが、飛行機の時間があるのでパスしました。ほかの参加者のみなさん、どうぞよい旅を!


ホテルから昨夜乗った鹿児島中央駅行きのシャトルバスを使おうと思いましたが、空港行きバスの総裁が乗ろうとしている便と上手く合わず。結局普通の路線バスを使うことにしました。コインランドリーの行きがけに時刻表をチェックしたら、駅行きが1時間に2,3本。あまり家のないエリアでしたが意外に充実しているんですねぇ。真っ白な鹿児島交通のクルマがやってきました。全部自社広告…。十数分、160円で駅に着きました。

10110705

空港行きを待ちながらバス乗り場を見物していると、鹿児島交通は自社広告か「バス広告募集」という広告か、「官より民です」「民営鹿児島交通 赤字補填はありません」というきな臭い広告ばかり( ;´Д`) 広島のバスと比べて殺伐とした印象でした。バス利用者が全体的に減っているんだからケンカしている場合じゃないと思うのですが。9:05発の空港行きは南国交通の担当便。こちらは普通の塗装でした(^^; きのうたっぷり走った九州道を、今度は北向きに疾走。定刻通り9:45にターミナルへ着きました。


搭乗ゲートに向かう途中「航空展示室SORA STAGE 2階」という看板がありました。何だろうと探しましたが、飲食店ばかりでそれらしい場所はありません(後になって考えると、総裁は3階をぐるぐる歩いていました。どうやら疲れが取れていなかったらしい) 何となく展望デッキに出たら、端っこにすんごい目立つオブジェがありましたよ。

10110706

飛行機エンジンを包む丸いやつ(正式にはノーズカウルというらしい) 「ジャンボジェット」という名前が最初に付いたB747で使われていたそうです。直径は総裁の背丈より大きい。ここをくぐって中に入ります。中はさらにびっくりする展示がありましたよ!

10110707

10110708

ノーズカウルの中でぐるぐる回っている羽根(ファンブレード)と主翼の先っぽに付いているあがったり下がったりするやつ(ウイングレット)です。ファンブレードもB747使用品。もっと黒いと思っていましたが、意外にメタリックな感じです。そしてかなり薄い。一部ファンサイトによると1基あたり羽は38枚。羽は1枚150万円もするそうです。ウィングレットは機体の後ろに付いているでっかいやつと間違えるぐらいの大きさ。猛烈なスピードで飛ぶ中で空気の流れを変えようとすると、これだけの大きさが必要なんですねぇ。

10110709

B747はタイヤもジャンボ(写真右) 昔小学校で馬跳び用にあった巨大タイヤを思い出しました。ただジャンボジェットを支えていたことを考えると…思ったより小さいかな。飛行機は広い旅客スペースを確保する一方で、そのほかの部分を薄く、軽く、小さくする技術の集大成だなと感じました。

10110710

そのほか航空技術や鹿児島の空の歴史を紹介したパネルもありました。現鹿児島空港は海沿いの鴨池から山間部に移転してできました。広島・岡山と歩みが重なる部分も多く、興味深かったです。広島空港もデッドスペースがあるし、渋滞を警戒して早く来る人が多いんだから、こういう展示スペースがあるといいなと思います。本当はゆっくり見たかったのですが、飛行機の時間が迫ってきました。再訪を誓って搭乗ゲートに向かいました。

10110711

離島路線の小型機がたくさん待機する中を那覇行きは離陸。ああ、鹿児島の街が見えてきたなあ…と思ったころには意識が飛んでいました。。次に気が付くと窓に水の筋がたくさん。外は雨模様のようです。陸地が見えてきて長い長い滑走路に着陸。飛行機から外に出ると…むあ~っとした熱気に包まれました。完全に夏の空気です。

10110712

3年ぶり、沖縄! 外が大雨なのでなおさらジメジメします。ハーフコートもニットも脱いで南国モードに切り替えました。何回か沖縄に来ていますが、傘が必須なほどの本降りは初めてです。


まずは那覇バスターミナルへ行くため、バス乗り場へ。12:10発の琉球バス113系統具志川行き(高速経由)がやって来ました。観光タイプの車両で、フロントガラスの車内側に大きな行き先表示が付いています。高速バスだからさもありなんと思っていましたが、中に乗ってびっくり。以前は貸し切り用だったのでしょう。ものすごい突貫改造ぶりだったのです。押しボタンが荷物棚の側面に!! しかも


ガムテープに「ボタンはここです」のマジック文字


乗合用になって結構長いはずだぞ…。あるBlogで「沖縄のバスの大半は変なクルマ」と表現していた通りですね(^^; まあ趣味的には面白いんですけど。脱力感に襲われる中、バスは発車。国際線ターミナルから米軍施設沿いの殺風景な場所を走り、軍桟橋前を過ぎてから民家が建ち並ぶようになりました。モノレールの橋脚が見えてきて、旭橋駅の下を通過。たくさんのバスが見えてきて、那覇バスターミナルに到着です。日曜昼の郊外行き、ということもあり、終始貸し切り状態でした。

10110713

ここは沖縄のバスの聖地ともいえる場所。きょうもたくさんのクルマが休んでいました。ほんの2,3年前まで「730車」と称するモノコック車が大体いたのですが(このへん参照)、今やすべてスケルトン車。ポンチョまでいましたよ! 中年女性がバスが停まっているあたりを歩いて、ウテシに話しかけていて「ユルい土地柄だなあ」と思っていたら女性のウテシさんでした。


那覇交通、琉球バス両社が第一交通グループ入りしてから一気に首都圏・関西圏の中古車を導入。東陽バスも730車を次々廃車にしていきました。4社ともがホームページを持ち、時刻表が検索できるように。沖縄のバスにとってこの3年は激動の時期だったのです。

10110714

10110715

ロッカーに荷物を預け、道路向かい側のココストアで傘を購入。スタンバイが整ったところで出発です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/632-aace726d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。