08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

山陽・乗り物模様 

年末年始は、夏休み、春休みとともに18きっぷシーズン。今季は東京へ行く計画があったので、埼玉の友人が使った残り(2回分)を買い取って準備万端…のはずでした。ところが先述のとおり扁桃炎にかかった影響で使わぬままに。このままだと紙くずになってしまいます。ちょうど期限前日の9日が休みになったので、広島支部長と大阪へブラブラしに行くことにしました。


最初に乗った三原行きは思った以上にガラガラ。幸先いいなと思っていました。ところが通路を挟んだ向こう側のオバハン2人連れ、正しくはその片方がガンでした。三原に着くまで、職場にいる派遣社員さん?の悪口を言いまくる言いまくる。いつも遅刻してくる、伝票の数字を間違える、こないだ「時間を守るのは社会の常識。そもそもアンタ正社員じゃないでしょ」と言ってやった…などなど。聞き役がいったん「楽しい話をしようやあ」と振ったにも関わらずです。一つひとつはごもっともなんですが、


アンタがそこまで言うけえ萎縮するんじゃないん?


と突っ込みを入れたくなりましたよ(^_^;) ちなみに、時間を守るのと同じくらい、電車の中で静かにするのも社会の常識です。


三原から乗り換えた岡山行きでは、定番の糸崎?尾道間で見える瀬戸内海のほか、東尾道手前で虹も見えましたよ!!!





松永から福山までは出稼ぎに来ているっぽい中国人の若い衆十人近くが乗りました。たまの休み、買い物をしたり遊んだりするのでしょう。広島県民は末期色だと嫌がっているJR西の新塗装も、彼らにとっては希望輝く色なのかもしれません。


岡山ではまたしても「ダントツラーメン」へ。前回は野菜2倍を食べられたので、今回は4倍に増量。相当キツかったです。その後乗った赤穂線も相当キツかった。


まさかの2両編成。


いきなりスタンディングスタートになりましたよ。2つ先の高島で成人式帰りの4人組が降りたので、席にはありつけました。ところが同じボックスにセルフ車掌ならぬ、セルフ実況アナなオッちゃんが登場しました。今や懐かしいカンペンと、旅の記録を書いているらしい大学ノートをスタンバイ。広島支部長と下手に旅トークをしたら割り込んで乗り鉄自慢をされかねない、不穏な空気です(皆さんも旅の途中でそんな経験ありますよね?) 刺激しないように寝て過ごしましたよ( ;´Д`)


かきまつりの影響で日生から結構な数のお客さんが乗ったこともあり、終点まで座席が埋まったままでした。その分播州赤穂からの新快速は平穏そのもの。三ノ宮から向かいに座ったオッさんが読んでいた大スポ(大阪向けの東京スポーツ)の、「バース復活」という見出しにドキドキしたぐらいです(笑)




宿泊は毎度のドヤ@新今宮。神戸で人と飲んでいたら大阪からの環状線、地下鉄が終わってしまいましたよΣ(゚д゚lll) 首都圏の終電が1時前なのに対し、関西は0時前がピーク。つまり1時間程度早いので要注意です。タクシー代を浮かせるために途中まで歩くことにしました。


大阪で改札を出た先に、タクシー運転手らしきオッさんが2人立っています。笑顔で「タクシーに乗られますか」「どちらまで行かれますか」。総裁の後ろにいた人が「門真と森ノ宮やけど」と答えると「せやったら左側へ行った先の乗り場になります」と案内しました。ああ、タクシー会社が案内の人を出してくれとるんじゃ…と思ったアナタ、


それは罠やで!!


某タクシー関係者のブログによると「ちゃぶり屋」というらしい。親切を装って行き先を聞き、近距離なら他に回し、遠距離なら自分のタクシーに誘導するそうです。門真は大阪市の隣、森ノ宮は環状線の駅なので「儲けにならない」と判断したんでしょう。総裁はカラクリを知っていたので「出た!!」(ますだおかだ風)と思いました(´Д` ) JRの駅の中で公然とやっているとは。節約指向と規制緩和で生活が厳しいのは分かります。でもフェアに勝負している人もいるわけですから。これでは大阪の印象が悪くなってしまいます。


新今宮は地下鉄御堂筋線・動物園前と同じ場所。ならば御堂筋を歩けば少しでも近付けるはずです。横断歩道がなく地下街も閉まっているので曽根崎のアーケードへ遠回り。何度もガールズバーの呼び込みに声をかけられながら南へ歩き、再び夜空が見える場所に出ました。目の前の歩道橋、ネットで見たことあるぞ。あ、


国道2号線の起点じゃ!



この道をずっと西へ走ると広島。大阪の街中と地元がつながった不思議な気持ちになりました。学生時代、東京駅で広島行きの新幹線を見てなつかしく思ったあの感覚です。道路で感じるようじゃあ、乗り鉄失格って言われそう(笑) 新御堂筋と合流、大阪市役所前あたりまでくると酔っぱらいもいなくなり、パニック映画で誰もいなくなった大都会にいる気分。とても新鮮な気分でした。


気付けば本町。40分かけて地下鉄2駅分歩きました。体も冷え切ってきたし、そろそろ潮時です。タクシーを拾って宿へ。先ほどの「ちゃぶり屋」と違って、近距離客なのに紳士的で親切な運転手さんでした。とかく悪い話ばかり聞く大阪のタクシーですが、こういう人もいらっしゃる。それだけに、ごく少数の悪い人間が評判を下げるのが残念です。




翌日の大阪も快晴。夜が明けた西成はのんびりした空気に包まれていました。



18きっぷは前日に完全消費したので帰りは高速バス。前から気になっていた、サザンクロスの昼行便です。案の定というかやはりというか、発車2時間前で半分空席でした。3連休最終日なんだけどなあ。


南海高速バスターミナルは夜中しか訪れたことがなかったので、明るい時間は今回が初めて。いつもおっちゃんが座っている受け付けに女性の事務員さんがいました。誘導員さんもいます。お客も少なく、全般にまったりムード。年中混み合うJRバスの大阪駅ターミナルにはない雰囲気でした。どんなに難波駅がスタイリッシュになっても、南海はこのへんの垢抜けないところが残っていて好きですね。


8:55発の広島行きは8:50前に到着。乗るときウテシが持っていた座席表を見ると、9列、10列あたりに「楽天席」と書いてありました。どうやら発車オーライネットだと前方、楽天だと後方を割り当てられるみたい。総裁は発オラ枠、しかも1A。夜勤に備えて寝る気満々だったのでウテシに言って楽天席の方に変えてもらいましたよ。サザンクロス昼行便は驚くべきことに、


シートに夜行用と同じブランケット!


足元が暖かいとよく眠れるんですよ。昼間のバスも寝られるにこしたことはありません。これは助かります。スリッパもありました。


夜行便のときはカーテンが閉まっていて見えませんでしたが、かなり細い道を窮屈そうに下り、これまた細い公道へ。ビル街の中を抜けると以前見たことがある景色が広がりました。熊野簡易軌道へ行くときに通ったOCAT下の交差点です(このへん参照)。きょうも2ブースのうち片方が閉まっていた湊川ランプから阪神高速へ。そして…気付いたら寝ていました。


バスが減速して目が覚めました。10:20、最初の休憩ポイント白鳥PAです。15分ほど止まって再び発車。竜野西ICの手前で再び意識が飛びました。次に目を開けたら岡山広島県境。なんだかんだ3時間近く爆睡してかなりすっきりしました。12:12、2回目の休憩ポイント福山SAに到着。初日の出帰りのときは朝ドラ「てっぱん」のポスター
が貼ってあるだけでしたが、この日はテーマ曲が流れていました。



ここからは本を読んだり、iPodtouchをいじったりしながら過ごし、広島センターには定刻より5分程度早着。無事夜勤に行くことができました。


レッグレストこそありませんが、広島~関西の昼行便ではサザンクロスが一番快適なことが分かりました。少し時間はかかるけど空いてて楽々だった赤穂線回りが、安住の地ではなくなったことを感じる旅にもなりました。「もしかしてなくなるかも?」と噂され、期間短縮の上でやっと発売された青春18。使い勝手がこれ以上悪くならないことを願います。
スポンサーサイト
旅・関西  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/642-d3899df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。